最近のトラックバック

カテゴリー

« 赤い鳥と言えば・・・。 | トップページ | 2020年はヒレンジャクの当たり年か? »

2020年・「御所湖のガンカモ調査」

例年、1月中旬に(昔は1月15日の成人の日が全国ガンカモ調査日だった)「全国ガンカモ調査」が行われてます。1989年から、「御所湖(岩手県雫石町)担当」をしてるので、30年連続に月日を感じてます。暖冬の年(結氷率70%)は5000羽ほどで、大寒波(結氷率99%)の年は200羽前後でした。今年は(2020年)結氷率が80%なので、久しぶりの1000羽超えでした~。

◆ 2020年1月13日(月) 御所湖(岩手県雫石町) 9:00~11:00 曇り  

1 マガモ     754羽

2 カルガモ    257羽

3 オナガガモ    18羽

4 ホシハジロ   540羽

5 キンクロハジロ  34羽

ガンカモ以外は、オオバン6羽 カンムリカイツブリ 2羽 でした~。

5109blog01a

5109blog01b

5109blog02

▲ 2020年1月13日  ホシハジロの群れ  御所湖(岩手県雫石町)

ばっと見で500羽位かと・・・。カンターで数を数えたら520羽。家に帰ってきて、A4に印刷して数えたら540羽でした~。

「年に一度だけ、野鳥の会・会員活動」です。

後は、「せっせと会費を支払う(年7000円)」だけの「なまけもの会員」で~す。(30年だから21万円もはらったのか~)

5109blog21

▲ 2018年1月7日 ホシハジロとオオホシ  高松の池(盛岡市)

ホシハジロの写真を撮る事が無いので、2年前に高松の池(盛岡市)で撮ったホシハジロとオオホシを貼っときま~す。

5109blog12

▲ 2018年1月13日 オオホシハジロ  高松の池(盛岡市)

日本では大騒ぎの「オオホシハジロ」ですが、逆にアメリカだったら「ホシハジロ」を見れれば大騒ぎするでしょうね。

5109blog22 5109blog23

オオホシハジロで~す。

嘴がホシハジロと違いますよね。雌の識別の時は「嘴に注意」しとけば、誤認する事はないでしょう。たまにホシハジロ雌でも真っ黒の嘴のホシハジロ(よく見ると先端に灰色が極端に薄い個体がいる)が誤認騒ぎの騒動をおこしま~~す。

« 赤い鳥と言えば・・・。 | トップページ | 2020年はヒレンジャクの当たり年か? »

『野鳥・その他』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤い鳥と言えば・・・。 | トップページ | 2020年はヒレンジャクの当たり年か? »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ