最近のトラックバック

カテゴリー

« 音楽は「のん」の下手さ加減にメロメロだったが、2年後の「本格ガールズロックシンガー」にびっくり!! | トップページ | 新しく【「自由と孤独を愛する」オラのMUSIC LIFE 】のブログを作りました~。 »

「音楽」にジャンルと国境は無いよね~

「音楽」には国境は無いのは当然として、ジャンル分けも無いと・・・「ジャズが好きだからクラシックは聞かない」とか「クラシック好きだからジャズはちょっと~ね」とか「ロックが好きだからド演歌は趣味にあわない」とか何とか聞く事がありました。オラは昔から「音楽にはジャンル分けは無い」と思っていたので、多様性にとんで、何でも聞いていました。

中学生の頃は「音楽の授業でクラシックレコードを聴く」のが一番好きでした。(ベートベンとかが多かったですけど、レコードを聴く授業は年に2回位の2時間だけだったと思う)

テレビをまったく見ない中学生だったので、ラジオのHHKFMの朝のクラシック番組は良く聞いてました~。特に「チェンバロの音色が好き」だったのを覚えてます。

高校1年の時に「放課後にレコードコンサート」が2か月に1回位あったのですが(各自レコードを持ち寄って聞く)、当然オラは「ジャニス・ジョプリン」とか「レッドツエッペリン」を持っていったのですが、「レッドツエッペリンの天国の階段」で、古文の先生(クラシック好きでクラシュクのレコードを持ってきてた)と意気投合しました。

古文の先生に、次回は「バッハのチェンバロ協奏曲のレコードを持っていたらリクエストします」と言ったら、とても驚いてました~。「まさかクラシックのリクエストがあるなんて・・・。「高校教師をしてて初めての出来事」だったらしい。

「チェンバロの音色は大好きです」とか、時間をわすれて「クラシック談義」をしました~。そんな事があったかどうか知らないが「古文は20点の赤点でも、事業態度がいいから20点プラスの40点」といつもオラの成績は「赤点を取る事はありません」でした~。昭和の時代は「ゆる~い、いい時代」でした~。

▲ バッハ:チェンバロ協奏曲第1番ニ短調 BWV1052   トレヴァー・ピノック(イングリッシュ・コンサート楽団)演奏


▽ 「イーハトーブ 岩手の野鳥通信  四ッ家孝司写真集」から  写真をクリックすると大きな画像で見る事ができます。

5129blog21

5129blog22

5129blog23

5129blog24

« 音楽は「のん」の下手さ加減にメロメロだったが、2年後の「本格ガールズロックシンガー」にびっくり!! | トップページ | 新しく【「自由と孤独を愛する」オラのMUSIC LIFE 】のブログを作りました~。 »

「音楽」クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽は「のん」の下手さ加減にメロメロだったが、2年後の「本格ガールズロックシンガー」にびっくり!! | トップページ | 新しく【「自由と孤独を愛する」オラのMUSIC LIFE 】のブログを作りました~。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ