最近のトラックバック

カテゴリー

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

10年ぶりに・・・「船越海岸(秋田県男鹿市)」でシギチ観察

2011年の「311東日本大震災のトラウマ」で、海岸でのシギチ観察が出来ないでいたが・・・「無性に海のシギチが見たい」衝動にかられ、自宅から一番近い海岸の「船越海岸(秋田県男鹿市)/120キロ」に出かけて来た。岩手県内はリアス式海岸で、少しばかりある砂浜は「海水浴場」になってるので、シギチ観察にはむいてないし、高い防潮堤(平均12Mの壁)がある関係で、海岸に車で入ることができない。万が一、「311クラスの大地震があれば、地震後20分以内に巨大津波到達するので、最低でも駐車場から10分以内(車で避難する時間を10分として)でなければ、安心して「シギチ観察は出来ない」ですね。

まったく個人的な感想ですが、「仕事で、鳥見で、遊びで」東北6県全市町村を歩いてる自分から見て、「船越海岸(秋田県男鹿市)」は「東北では一番」だと思ってます。それと・・・、「秋田市・男鹿市」周辺に生まれていたら、「間違いなく野鳥写真家」を目指していたと思う。八郎潟は近いし、船越海岸に男鹿半島、少し足を伸ばせば小友沼、森吉山、鳥海山や仁別の森もあるし、一年中「野鳥を見れる環境」が羨ましい。

B6013blog01

B6013blog02

B6013blog51

B6013blog72

▲ 2020年8月19日 船越海岸(秋田県男鹿市)

私の知ってる限り、「波打ちぎわを車で走れる海岸は東北では船越海岸だけ」ですね。他の東北の砂浜には車で入れても、波打ちぎわは走ることができないですね。たとえ大きな地震があったとしても、「車で海岸から直ぐに避難できる」のが船越海岸です。

B6013blog03

B6013blog04

B6013blog11

B6013blog12

B6013blog13

B6013blog14

B6013blog15

B6013blog21

B6013blog22

B6013blog23

B6013blog24

▲ 2020年8月19日 ミユビシギ  船越海岸(秋田県男鹿市)

内陸に住んでる自分としては、ミユビシギは水田に入らないので、見れるだけで嬉しい。

B6013blog52

B6013blog53

B6013blog54

B6013blog55

B6013blog56

▲ 2020年8月19日 トウネン  船越海岸(秋田県男鹿市)

水田で見るトウネンよりも、やっぱ海岸で見るトウネンの方が好きです。

B6013blog59

▲ 2020年8月19日 秋田県警のヘリコ  船越海岸(秋田県男鹿市)

地上50M位の高さを飛んでました。今のヘリコプターって、「エンジン音が静か」なので気がつきませんでした。

B6013blog74

B6013blog81

B6013blog75

▲ 2020年8月19日 ミサゴ  船越海岸(秋田県男鹿市)

船越海岸では95%以上の確率でミサゴを見てます(必ずっていいほどミサゴは見れる)

私は「シギチ屋」なので、トウネンの方が見飽きる事がないです。

「海のアオバトとハヤブサ撮影」をもくろんだが、またしてもコロナ感染者が・・・

お盆休みが終われば、秋のシギチががじまるので、コロナが怖いが岩手県内(久慈市)なら大丈夫だろうと計画をたてたが・・・、「計画を立てればコロナ感染者が発生する」と言う奇妙なことが連続でおきました。(1回目の照ヶ崎海岸(神奈川県大磯町)は、関東の爆発的なコロナ感染者で、「岩手県一号のコロナ感染者にはなりたくない」との思いで断念。2回目の北三陸・久慈市でのアオバトとハヤブサ撮影も、三人続けての久慈市のコロナ感染者(8月13日)の発生にまたしても断念)

2020年の夏は「何処にも出かけない」で、「お部屋で野鳥写真の整理」をすることにしました。

※「写真」をクリックすると大きな画像で見る事ができます。

6012blog00a

6012blog00b

6012blog00c

オラは「猛禽屋さん」ではないが(シギチ屋です)、ハヤブサが飛べば撮ってしまいます。猛禽撮影は淡泊で、数枚撮れれば「満足」します。

6012blog01

6012blog02

6012blog03

6012blog04

6012blog05

6012blog06

6012blog07

6012blog08

6012blog09

6012blog10

6012blog11

6012blog12

6012blog13

6012blog14

6012blog15

6012blog16

6012blog17

6012blog18

6012blog19

6012blog20

6012blog21

6012blog22

▲ ハヤブサがアオバト♀をキャッチしたところです。撮影時間は10秒位だった。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの一曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

世界三大ギタリストのクラプトンが大好きで・・・「レイラ」いいですね。

Eric Clapton / Layla ※「エレキギター」

Eric Clapton / Layla ※「アーコステックギタ―」

動画で見る「盛岡のチョウゲンボウ/2014年版」

4年連続、盛岡市南仙北の新幹線高架橋にチョウゲンボウが繁殖してくれました。が・・・、(この場所での最後の繁殖になりました)観察&撮影してても「繁殖は最後の年かな?」との危惧はしてました。高架橋の営巣場所の箱に巣材の小枝がまったくなくなり、直接コンクリート床に卵を産まなければならない。それと~、「繁殖途中で雄が変わる」と言う信じられない事が起きたからです。(一瞬だったが、雌が卵を捨てたように思えたが、最初は目の錯覚だと思った。4日間雄が現れず、雌だけだったので、放棄するのかと考えた。結果は3羽の巣立ちを確認したので、雌だけでの巣立ち個体は3羽との「覚悟の卵放棄」だったのかも知れない)

▲ 盛岡のチョウゲンボウ(孵化 8日め) 岩手県盛岡市南仙北

▲ 盛岡のチョウゲンボウ(孵化17日め) 岩手県盛岡市南仙北

▲ 盛岡のチョウゲンボウ(孵化37日め) 岩手県盛岡市南仙北

※ 2014年は「繁殖途中で雄の交代」があったが、結局3羽が無事巣立ちしてくれました。

6011blog01

▲ 盛岡のチョウゲンボウ(抱卵 7日め) 岩手県盛岡市南仙北

  雄Adと雌Adが抱卵交代する時です。日中の時間に、雄が抱卵する事はめったに無い。95%雌が産座にいます。この2014年は産座がなく、直接コンクリート床に卵を産みました。

6011blog02

▲ 盛岡のチョウゲンボウ(抱卵18日め) 岩手県盛岡市南仙北

 2014年4月28日の朝に雄Adを見たきり、その後4日間営巣場所付近にも、巣の中にも雄は現れず、「雌が卵を捨てるような行為」にびっくりし、巣の中で、明らかに雄Adではない個体と「交尾」が始まり、頭が混乱しました。尾羽は雌と同じ「横しま模様」だったので、最初「雌どうしで疑似交尾してるのか?」と思った。

6011blog11

6011blog12

6011blog13

6011blog14

6011blog15

6011blog16

6011blog17

6011blog18

6011blog19

▲ 盛岡のチョウゲンボウ(抱卵19日め) 岩手県盛岡市南仙北

 抱卵中に巣の中を空にすると言うことはほとんどなかったのですが・・・、2014年は「あれって思う、へんなこと」が良くある年でした。巣の中を1時間も空にしたり(抱卵中の卵が冷えるじゃない?)して心配しました。

 結局は「途中で雄が交代したのに3羽が巣立ちした」と言う事実。

 そして「雄若(2年目雄と思われる)」は交代後には「4日連続、爆発的な交尾回数」と言う事実。(正常なら、抱卵中に巣内で交尾することは無い。若雄の巣内の交尾にびっくりです。

 出会い1日目 交尾回数 1回  求愛給餌 ネズミ 4匹
 出会い2日目 交尾回数 4回  求愛給餌 ネズミ 6匹
 出会い3日目 交尾回数 6回  求愛給餌 ネズミ 7匹
 出会い4日目 交尾回数 7回  求愛給餌 ネズミ 3匹
 出会い5日目 交尾回数 3回  求愛給餌 ネズミ 1匹 スズメ2羽

 5日連続「交尾」をしました。その後は交尾を見ることはありませんでした。(9:00~17:00の間)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの一曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

たぶん、60歳以上のひとには「なつかしい曲」だと思う。
8月になれば、必ず思い出す「石川セリの名曲」ですすね。(あの井上陽水の奥さんです)

石川セリ / 「八月の濡れた砂」

石川セリ / 「八月の濡れた砂」 (※本人の映像です。少し年齢を重なってますが・・・)


2日連続、自宅に居ながら「アオバトの声」を聴く。

「オーアオアー、オーアー♪」の声に、「え!アオバト」と思い自宅の窓を全開にして、聞こえて来た方向を注意して見たが姿を見ることはできなかった。次の日も「オーアオアー、オーアー♪」が聞こえてきたので、「間違いなく里山の森で繁殖している」ことが推測できます。2010年代以降、これで3回目の「アオバトの声」に、自宅の庭の木に繁殖してくれないかと、密かな期待をしてしまいますね。

もしかしてと思い、「桑の木」「姫リンゴ」「山椒の木」の実のなる樹を伸ばし放題(10M近くの高さになり、葉がたくさんついてくれた)にしている。笹やぶも切らないでいるので、ウグイスがいついてくれて、毎日朝晩に「ホーホケキョ♪」を聴くことができます。

「アオバト」は、「奥山の広葉樹林帯の森」で見るものでも、「海岸に出かけて」見るものでもなく、里山の生活圏で「普通に見れる日」が来てるのかも知れませんね。30年定点観察している「撮影フィールド」では、3倍位アオバトの数が増えている事実もあります。

※「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6010blog01

6010blog02

6010blog03

6010blog04

6010blog05

6010blog06

6010blog07

6010blog08

6010blog09

6010blog10

6010blog11

6010blog12

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの一曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

夏がくると、思い出したように「ジャニス・ジョプリンのサマータイム」を聴きたくなる。
50年たっても「オラの心の中で、ジャニスは永遠に生き続けてます」そして・・・
「ジャニスを超える女性シンガーに出会う事がない」ですね。唯一無二の存在感で~~~す。

Janis Joplin / 「Summertime」

▽▽▽▽▽▽▽▽▽【今日のおまけの一曲】▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

Janis Joplin /「Ball and Chain」


« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ