最近のトラックバック

カテゴリー

« 「海のアオバトとハヤブサ撮影」をもくろんだが、またしてもコロナ感染者が・・・ | トップページ | 2020年、秋の見前水田(盛岡市)でタカブシギ6羽 »

10年ぶりに・・・「船越海岸(秋田県男鹿市)」でシギチ観察

2011年の「311東日本大震災のトラウマ」で、海岸でのシギチ観察が出来ないでいたが・・・「無性に海のシギチが見たい」衝動にかられ、自宅から一番近い海岸の「船越海岸(秋田県男鹿市)/120キロ」に出かけて来た。岩手県内はリアス式海岸で、少しばかりある砂浜は「海水浴場」になってるので、シギチ観察にはむいてないし、高い防潮堤(平均12Mの壁)がある関係で、海岸に車で入ることができない。万が一、「311クラスの大地震があれば、地震後20分以内に巨大津波到達するので、最低でも駐車場から10分以内(車で避難する時間を10分として)でなければ、安心して「シギチ観察は出来ない」ですね。

まったく個人的な感想ですが、「仕事で、鳥見で、遊びで」東北6県全市町村を歩いてる自分から見て、「船越海岸(秋田県男鹿市)」は「東北では一番」だと思ってます。それと・・・、「秋田市・男鹿市」周辺に生まれていたら、「間違いなく野鳥写真家」を目指していたと思う。八郎潟は近いし、船越海岸に男鹿半島、少し足を伸ばせば小友沼、森吉山、鳥海山や仁別の森もあるし、一年中「野鳥を見れる環境」が羨ましい。

B6013blog01

B6013blog02

B6013blog51

B6013blog72

▲ 2020年8月19日 船越海岸(秋田県男鹿市)

私の知ってる限り、「波打ちぎわを車で走れる海岸は東北では船越海岸だけ」ですね。他の東北の砂浜には車で入れても、波打ちぎわは走ることができないですね。たとえ大きな地震があったとしても、「車で海岸から直ぐに避難できる」のが船越海岸です。

B6013blog03

B6013blog04

B6013blog11

B6013blog12

B6013blog13

B6013blog14

B6013blog15

B6013blog21

B6013blog22

B6013blog23

B6013blog24

▲ 2020年8月19日 ミユビシギ  船越海岸(秋田県男鹿市)

内陸に住んでる自分としては、ミユビシギは水田に入らないので、見れるだけで嬉しい。

B6013blog52

B6013blog53

B6013blog54

B6013blog55

B6013blog56

▲ 2020年8月19日 トウネン  船越海岸(秋田県男鹿市)

水田で見るトウネンよりも、やっぱ海岸で見るトウネンの方が好きです。

B6013blog59

▲ 2020年8月19日 秋田県警のヘリコ  船越海岸(秋田県男鹿市)

地上50M位の高さを飛んでました。今のヘリコプターって、「エンジン音が静か」なので気がつきませんでした。

B6013blog74

B6013blog81

B6013blog75

▲ 2020年8月19日 ミサゴ  船越海岸(秋田県男鹿市)

船越海岸では95%以上の確率でミサゴを見てます(必ずっていいほどミサゴは見れる)

私は「シギチ屋」なので、トウネンの方が見飽きる事がないです。

« 「海のアオバトとハヤブサ撮影」をもくろんだが、またしてもコロナ感染者が・・・ | トップページ | 2020年、秋の見前水田(盛岡市)でタカブシギ6羽 »

【野鳥】 ミユビシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「海のアオバトとハヤブサ撮影」をもくろんだが、またしてもコロナ感染者が・・・ | トップページ | 2020年、秋の見前水田(盛岡市)でタカブシギ6羽 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ