最近のトラックバック

カテゴリー

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

シギチ屋の撮る、「盛岡のセイタカシギ写真」は・・・。

シギチ屋のオラが一番撮影しているのは「エリマキシギ」です。あまり観察機会に恵まれないが(それでも、過去30年で10回は遭遇してるかな)なんと二番目は、なにを隠そう「セイタカシギ」なんですよ~。単純に「美しい」こともあるが・・・「昔珍鳥だった(今は普通種か?)」ころの思いを知ってるので、ついつい、「飽きるほど撮影」してしまいます。

※ 「写真」をクリックすると、大きなサイズ(1000x666)で見ることができます。

6020blog01

6020blog21

▲ 2020年8月26日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

バックの建物は「盛岡南高校」です。

シギチ屋の習性として、バックに建物や山や環境を入れて撮る(動かぬ記録写真として、見前水田のセイタカシギと言うことが、一目瞭然)ことをいつも考えて撮影してます。どんなに野鳥が小さく撮れてても、パソコンで拡大して見れば、「種がわかる」からで~す。ただ、大きくセイタカシギを撮る事はしません。

6020blog71

6020blog72

▲ 2020年8月26日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

個人的には、100ミリの中望遠で撮る「野鳥写真」が一番好きです。が・・・、撮影としては一番難しいですね。(野鳥が中々近くに寄ってれない)

6024blog01

6024blog02

6024blog03

6024blog04

6024blog05

6024blog06

6024blog07

6024blog08

6024blog09

6024blog11

6024blog12

▲ 2020年8月26日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

セイタカシギは「3点セット(ピンクの長い脚・赤い虹彩・光沢のある羽模様)」で撮らなければ満足できないのが「シギチ屋の習性」なので、仕方がなく600ミリ望遠で撮ることになります。

6024blog21

6024blog22

6024blog24

▲ 2020年8月26日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

セイタカシギの一番の魅力は「長い脚」だよね~。

ただ、水深が浅くなれば「他のシギチも混ざる」ので、写真的には困るが、でも「セイタカの長い脚が見れない」のもがっかりだし・・・。とても複雑な気分になりました~。

6024blog31

6024blog32

▲ 2020年8月26日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

水面に映るセイタカシギを意識して撮ってみました~。

6024blog41

6024blog42

6024blog43

6024blog51

6024blog52

6024blog53

6024blog54

6024blog55

6024blog56

6024blog57

6024blog58

6024blog59

6024blog60

6024blog61

▲ 2020年8月26日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

動き回るセイタカシギを撮ることにより、「いろいろな長い脚バージョンの写真」が撮れるのもいいよね。

6024blog71

6024blog72

6024blog73

6024blog74

6024blog75

6024blog76

6024blog77

6024blog78

6024blog79

6074blog80

6074blog81

6074blog82

6024blog83

▲ 2020年8月26日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

水面に映る「稲の緑」」を意識してみました~。

※ まだまだ写真はあるけど、今日はこのへんで・・・。

「写真」をクリックすると、大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

2020年、秋の見前水田(盛岡市)は「セイタカ祭り」でした~。

個人的に、「本業の仕事が忙しく」中々ブログを更新出来ないでいたが・・・、やっと4連休の休みに「野鳥写真整理」をした。

2020年8月23~29日まで、「見前水田(盛岡市)に6泊7日でセイタカシギ1羽が滞在」してくれました。例年なら、シギチ観察は、「一人での観察」が多かったのですが、2020年秋は「セイタカ祭り」(盛岡近郊では過去30年で3回目の観察記録)の影響で、「一人での撮影は一度もなかった」ですね。面識の無いカメラマンも多く、午前6時に出かけたら、「すでに数台の車が駐車してる」日もあり、これにはびっくりしたな~。

「セイタカシギ」は、1993年2月21日に「東京野鳥公園(東京都)」に「わざわざ新幹線で出かける珍鳥」だったが、2000年以降は、岩手県内でも「海岸のシギチ観察のついでに偶然に見れる(宮古市、久慈市)」ようになり、「昔珍鳥、今は普通種」になった感がします。

※ 「写真」をクリックすると、大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6017blog01

6017blog04

▲ 2020年8月23日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

休耕田の水が深く、「ピンクの足がまったく見えない」状態でした。

個人的に、セイタカシギの写真は「ピンクの長い脚」と「赤い目(虹彩)」と「光沢のある羽模様」の「三点セット」を撮れれば「大満足」で~す。

6017blog03

▲ 2020年8月23日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

なんとか、少しだけピンクの足が見えたが・・・・。

6017blog06

▲ 2020年8月23日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

「セイタカ祭りなので、たぶん飛ぶだろう」と思っていたら、予想通り飛んでくれた~。

6017blog07

6017blog08

▲ 2020年8月23日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

小さく環境を入れて撮るのが、個人的には大好きな写真になります。ただ、この写真は「600ミリの望遠」なので、自分が意図した構図ではなく、「広角ズーム」で撮るのが好みですね。

6018blog02

6018blog01

6018blog03

6018blog07

▲ 2020年8月24日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

広角ズーム(24-50)で撮ってみました。

「見前水田(盛岡市)」は、1995年以降「秋の淡水系シギチ探し」をしてて、観察ポイントを見つけました。当時は「シギチは海岸の砂地で見るのが常識」だったのですが、「どうしてもエリマキシギを見たい一年で」、水張休耕田(盛岡~花巻間)を探し回ってました。

1998年9月7日の見前水田でのエリマキシギ(オラが第一発見者です)が忘れられませんね~。

6019blog02

6019blog03

▲ 2020年8月25日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

30度超えの気温で、水田の水が蒸発してくれたので「長いピンクの足」が見れるようになりました~。

「三点セット(長いピンクの足と赤い虹彩と光沢のある羽模様)」で見れるようになり、ぺっこ(少し)だけ気合が入りました。

6019blog13

6019blog14

6019blog15

▲ 2020年8月25日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

水位が下がり、「ピンク色の長い脚」がやっと見れるようになりました~。

やっぱ、ピンクの長い脚を見なければ、「セイタカを見た気分」になれないですね。

6019blog21

6019blog22

6019blog23

6019blog24

▲ 2020年8月25日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

水位の浅いところにくれば、長いピンクの足が際立ち、「貴婦人セイタカシギ」と言われることもわかりますよね。

6019blog31

6019blog32

6019blog33

6019blog34

6019blog35

6019blog36

6019blog37

▲ 2020年8月25日 セイタカシギ  見前水田(盛岡市)

セイタカシギは、東京野鳥公園(東京都)、蕪栗沼(宮城県)、石巻埋め立て地(宮城県)、津軽石川河口(岩手県)、長内川河口(岩手県)、成田水田(岩手県)、見前水田(岩手県)、八郎潟(秋田県)、塩口水田(秋田県)、昭和町水田(秋田県)、六カ所湖沼(青森県)で見てるが、何処でも警戒心が薄いので、「写真撮影は楽」でした~。

2020年、秋の見前水田(盛岡市)でタカブシギ6羽

淡水系シギチでは、もっとも普通に見れる「タカブシギ」ですが、シギチ屋の自分としては「どんなに馬鹿にされようが写真を撮ってしまう」癖が・・・。(ほんとに空振り無に春・秋必ず見前水田に立ち寄ってくれる)お恥ずかしい限りです。でもまあ、頭の片隅には「コキアシシギ」あたりもイメージしながらの「タカブシギ」の撮影するのが「シギチ屋」なんで~す。(笑)

※ 「写真」をクリックすると、大きな画像(1000x666)で見ることができます。

6015blog01a

▲ 2020年8月20日 タカブシギ6羽  見前水田(盛岡市)

6015blog01b

6015blog01c

▲ 2020年8月20日 タカブシギ 見前水田(盛岡市)

もっとも普通に見れるタカブシギにカメラを向けるのは・・・「光沢のある黄色い脚のタカブだったら・・・」との思いが頭にあるからです。

6015blog11

▲ 2020年8月20日  タカブシギ  見前水田(盛岡市)

光沢の無い黄色い脚に・・・、「ちゃっちゃと撮影して終了する」のが「タカブシギ撮影」です。

6015blog21

6015blog22

6015blog31

6015blog32

6015blog33

6015blog41

6015blog42

6015blog51

6015blog52

6015blog61

6015blog62

▲ 2020年8月20日  タカブシギ  見前水田(盛岡市)

2020年・秋のシギチの口開けは「タカブシギ」でした。例年より1週間位シギチの渡りが早いような気がします。

ただ最近は「水張休耕田に助成金が支給されない」ので、転作作物の豆栽培とか蕎麦栽培とか荒地の水田がほとんどで、「淡水系シギチの受難の時代」になりましたね~。「シギチ屋」としては、寂しい限りです。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ