最近のトラックバック

カテゴリー

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

馬鹿みたいにシジュウカラガンを撮影して、自己嫌悪になる。

雫石水田はガンの越冬地ではないので、たとえマガンでも撮影します。

これが「シジュウカラガン」ならば「昔珍鳥(20年前)の思いがあった」ので、時間の許す限り、記録メデアが満杯になるまでと・・・。

そして、「なんで馬鹿みたいにシジュウカラガンを撮影したんだろう」と、自己嫌悪になるもがいつものパターンなんです。

6041blog01

6041blog02

6041blog03

6041blog04

6041blog05

▲ 2020年11月27日  シジュウカラガン  雫石水田(岩手県雫石町)

朝から青空で天気が良く、「白鳥カメラマン」も数人駆け付けて「青空を飛翔するハクチョウの撮影」に頑張っていたが、誰一人「黒いガン(シジュウカラガン)」には目もくれなかった。

「スマホで白鳥を撮る一般人」や「水田の白鳥に食パンをあげる人(最近の白鳥はパンを食べに寄ってきません)」など10人は来たでしょうか。でも、「黒いガン(シジュウカラガン)には興味なし」で、私が独り占めでの撮影ができました。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおススメの一曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

久ぶりに「アバ」を聴きたくなって・・・

Abba / 「Dancing Queen」

「シジュウカラガン」7名様、ゼロ泊6時間で雫石水田を飛び去る。

毎年のように「雫石水田」にシジュウカラガンが休憩の為に(八郎潟⇔伊豆沼)立ち寄ってくれるのだが、今年(2020年11月27日)はゼロ泊6時間の滞在になりました。次の日の「積雪予報」をわかってるとしか思えない「野鳥の予知能力」なんでしょうか?

奥羽山脈を横断する「ガン・カモ、ハクチョウの渡りのルート」が出来あがってるので、自宅から5分以内でいける「雫石水田」はありがたいですね~。伊豆沼にも八郎潟にも自宅からは100キロほどの距離ですが、わざわざ出かけなくてもよくなりました。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6040blog01

6040blog02

6040blog03

6040blog04

6040blog05

▲ 2020年11月27日 シジュウカラガン  雫石水田(岩手県雫石町)

シジュウカラガンは「昔、珍鳥。今は普通種」になった感じがしてますが(八郎潟に出かければ1000羽単位で見る事が出来る)、雫石水田で見れると嬉しいですね~。

私の感覚では「普通種シジュウカラガン」なので、ローカル新聞やTVに情報は出しませんが、数年前に「雫石水田に珍鳥シジュウカラガン1羽飛来」のニュースが流れて、「望遠レンズ片手のカメラマン10数台」がシジュウカラガンを撮影に右往左往してましたね(私は、新聞社に情報は出してません)

2020年11月27日は「シジュウカラガン7羽」ですが、「ゼロ泊6時間の滞在」なので見る事は出来ないかと・・・。(野鳥なので、また戻るかも知れませんが、確率はかなり低いでしょう)

今日の(2020年11月29日17時現在)の雫石水田は、オオハクチョウ50±、コハクチョウ4羽の淋しい数です。ガンは見れませんでした。(前日の10センチの雪が、日中の気温が低く、まだ残ってました~)

 

 

なんとなくカワウを撮って・・・落ち込んでる。

撮る気はなかったのだが・・・、目の前を飛び去る「カワウ」に反応し、シャッターを切ってる自分が嫌になる。

「野鳥写真」は、絵コンテを書いてじっくり時間をかけて撮るのが自分のスタイルなのに・・・。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6038blog01

6038blog02

▲ 2020年11月17日  カワウ  御所湖(岩手県雫石町)

6038blog11

6038blog12

6038blog13

▲ 御所湖はモーターボート禁止ですが、月に一度位「管理の為にモーターボートでパトロール」してるのを見かける。

本当は「野鳥を絡めて撮影したい」のですが、そうそう思い通りには行きませんね~。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの一曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

Gilbert O'Sullivan / 「Alone Again」

カンムリカイツブリの冬羽を撮る!

毎年、御所湖(岩手県雫石町)で繁殖するカンムリカイツブリだが、8月の盆前には忽然と御所湖から姿を消すのだが・・・。11月になれば、御所湖が結氷する前まで数羽のカンムリカイツブリが飛来する。30年ちかくも「御所湖のカンムリカイツブリ冬羽」を見てるのだが、御所湖は広く、撮影距離があるのであきらめていたが、今年(2020年)は、御所湖近くの、小さい「枡沢ため池」に移動してくれたので、撮影に挑戦してみることにした。(カンムリカイツブリは警戒心が薄いので、撮影は楽です)

6037blog01

▲ 2020年11月12日 カンムリカイツブリ4羽  枡沢ため池(岩手県雫石町)

「岩手山」を入れて撮ってみました~。正真正銘の岩手県雫石町に飛来してるカンムリカイツブリの記録写真になります。

6037blog02

▲ 縄張り意識の強いカンムリカイツブリですが、「仲良く4羽距離間をとって」くれました~。個人的には、初冬の御所湖のカンムリカイツブリは大陸から越冬の為に飛来した個体と思ってます。この「枡沢ため池(岩手県雫石町)」は、八郎潟(秋田県)から、伊豆沼(宮城県)にガンカモ、ハクチョウの移動ルート上にある為、休憩に利用してます。この日もマガンやオオバンが休憩に利用してました。

6037blog03

6037blog04

6037blog21

6037blog22

▲ 御所湖だったら撮影距離があるので撮らなかったが、枡沢ため池なので10M前後まで寄ってくれるので、撮影は楽でした~。この日は「釣り人」が1時間近くも竿を出さず、私の撮影に協力的でした。以前「御所湖でカンムリカイツブリですよと名前を教えた釣り人」だったのがラッキーでした。(釣り談義や野鳥談義をした間柄)

6037blog11

6037blog12

6037blog13

6037blog14

6037blog15

▲ 口角が壊れそうなくらいの「でかいフナ」を捕まえて、自慢するようにカメラに近寄って来てくれました。カワウもいたが、一度もフナを捕まえてれなかった。(カワウは警戒心が強く、カメラが気になって捕食どころではなかったのかもね)

カンムリカイツブリは警戒心が薄く、人間を怖がることはありません。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの三曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

なんか急に「キャロルキング」を聴きたくなって・・・・。

Carole King / 「It's Too Late」

Carole King / 「I Feel the Earth Move」

Carole King / 「So Far Away」

2020年の「雫石の紅葉」は・・・

2020年の雫石の紅葉は、過去10年では一番最悪の色模様(地球温暖化の影響か、もみじが赤くならない黄色)で、黄色一色の紅葉です。30年も「紅葉のアオバト」にこだわって撮影してきましたが・・・、テンションは下がりっぱなしで、「雫石の紅葉風景の撮影」ばかりしてました。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)サイズで見る事が出来ます。

6036blog01

6036blog02

6036blog04

6036blog05

6036blog11

6036blog12

6036blog13

6036blog14

6036blog15

6036blog21

6036blog22

6036blog31

6036blog41

6036blog42

6036blog43

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの三曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

アメリカ大統領選挙の「民主党バイデン候補の勝利宣言」の瞬間を、たまたまテレビで生中継を見ていたら・・・。
バックに流れていたのは「スティービー・ワンダーの曲/パートタイムラバー」だった。

とても懐かしく、そしてスティービー・ワンダーのなかでは一番好きな曲でした~。

Stevie Wonder  / 「Part-Time Lover」

Stevie Wonder / 「Superstition」

Stevie Wonder / 「Sir Duke」

【ミニWeb写真展】「ブナの森の秋の青空と紅葉と緑鳩(アオバト)」

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見ることができます。

アオバトと言えば、ほとんどの人が「照ヶ崎海岸(神奈川県大磯町)の海水を飲むアオバト」が印象に残ってるでしょうが、本来のアオバトは「広葉樹林帯でア~オア~♪の鳴き声を聴きながら見る」の理想の観察ではないでしょうか。鳴き声だったら、里山(自宅に居ながら)でも聞くことができるので、BWなら(一般の人ならアオバトの声を聴いても興味がわかないと言うか、鳴いてても聴こえないでしょうね)普通に見ることができます。

ブナも森の紅葉の中でみるアオバトは・・・、とても光輝いています。

「日本で一番アオバトを撮影してる男?(30年で1万カットは撮影してます)」がお届けする、「紅葉の中のアオバト」です。

6034blog01

6034blog02

6034blog03

6034blog04

6034blog05

6034blog06

6034blog07

6034blog08

6034blog09

6034blog10

6034blog11

6034blog12

6034blog13

6034blog14

6034blog15

6034blog16

6034blog17

6034blog18

6034blog19

6034blog20

▲ 半分以上の画像は「30年に一度のシャッターチャンス」で撮影しました。撮影後、10年たっても、15年たっても「同じ構図の出会いは無い」ですね~。感覚的には、「一生に一度のシャッターチャンス」で撮ってます。(撮ってても50年に一度、100年に一度だな~とわかります)

海のアオバトでも森のアオバトでも「ブラインド内から」の撮影です。(海ではライフジャケット着用。森では熊スプレー持ち込み)けっして海岸でもブラインドに入るので、一般人は「アオバトの撮影してる」とは気が使いんじゃないかな~?

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの三曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

毎日聴かずにわおられない、「今一番ハマって」ます。

Blondie / 「Heart Of Glass」

Blondie / 「Call Me」

Blondie / 「Sunday Girl」


« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ