最近のトラックバック

カテゴリー

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

雫石水田のハクガン@2020年12月17日

「ハクガン観察疲れ」で、撮影写真を見るのも嫌だった。が・・・、気を振り絞って、なんとか写真整理を続けています。

もう、ハクガン写真はどうでも良くなってきました~。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6053blog01a

6053blog01b

6053blog01c

▲ 2020年12月17日 ハクガン(幼鳥)とハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

12月中旬の20㎝の積雪に少し驚いた。

毎年の事だがハクチョウは、根雪を感じれば、「雫石水田」から内陸北上川沿いに移動する。

「稲刈りをしてない田んぼが1枚」あったので、雪が降れば「きっとこの田んぼにハクチョウが集まる」と予想してたが、予想通りになった。

6053blog02a

6053blog03a

6053blog04

6053blog05

6053blog06

6053blog07

6053blog08

6053blog09

▲ 2020年12月17日 ハクガン(幼鳥) 雫石水田(岩手県雫石町)

積雪前は、稲の根や落穂と雑草を食べていた。雪が積もり、稲が倒れて食べやすくなるのを待っていたなんて・・・。頭がいいね。

6053blog10

6053blog11

6053blog12

6053blog13

6053blog14

6053blog15

6053blog16

6053blog21

6053blog22

6053blog23

6053blog31

▲ 2020年12月17日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)

「飛翔するハクチョウ目当ての白鳥屋さん(カメラマン)」がいたが、水田のハクチョウには興味がなく、私ががいたので「水田に入ってハクチョウを飛ばす行動もできず」、諦めて2時間ほどで白鳥屋さんはいなくなった。

私は、「カメラのフレームにハクチョウを入れないで(ハクガンだけを撮る)撮る」ことに専念するだけでした~。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【思い出の野鳥写真・ソデグロヅル3枚】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

6053blog71

▲ 2005年11月3日 ソデグロヅル(幼鳥)  御所湖(岩手県雫石町)

ソデグロヅルの幼鳥の観察・写真は珍しいと言うことで、英国野鳥の会(日本野鳥の会・本部を通して)から、「観察情報・写真提供の依頼」がありました。バードニュースとして、「世界的珍鳥・ソデグロヅル幼鳥の撮影を日本で撮影観察される」とか言ってました~。私が第一発見者で、ホームページに情報を公開そたら、全国からBWやカメラマンがかけつけました。(一日200人は後にも先にも、ソデグロヅルの時だけです)

6053blog72

▲ 2005年12月4日 ソデグロヅル(幼鳥) 御所湖(岩手県雫石町)

御所湖は餌が豊富(昆虫のバッタみたいなのを良くたべてました)なので、根雪になるまではいてくれると予想してたら、その通りになってくれました。ソデグロヅルを追いかけ回すカメラマンが一人もいなかっいたからだと思います。遊歩道がしっかり整備され、手すりもあるので、誰も御所湖に入らなかった。  

6053blog73

▲ 2005年12月11日 ソデグロヅル(幼鳥) 御所湖(岩手県雫石町)

12月としては珍しく、「早い根雪」になったので、餌が獲れなくなり、この日が「終認日」になりました~。

「雫石水田のハクガン観察」疲れが・・・。

毎日の「雫石水田のハクガン観察疲れ」が出てきてます。(嫌ならフールドに出なければいいのだが、自宅から3分なので、つい出てしまうBWのサガが・・・)。なんと言うか、「撮影写真の整理」がだんだん嫌になってきました。「ブログに写真を貼り付ける」行動がなければ「撮りっぱなし(ハードデスクに保存したまま)」のいつもの悪い癖がでてしまう。

整理できた分だけでも・・・・。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6052blog00

6052blog01

6052blog02

6052blog03

6052blog04

6052blog05

6052blog06

6052blog07

6052blog08

6052blog09

▲ 2020年12月9日 ハクガンと白鳥  御所湖(岩手県雫石町)

いつもの「雫石水田のハクガン撮影」に飽きてきたので、白鳥屋さんが陣どってる雫石水田から離れ、御所湖(岩手県雫石町)に出かけて撮影してみました~。5羽ほどの白鳥には「白鳥屋さん」は興味が無いので、「御所湖(雫石町)のハクガン幼鳥」は私一人での撮影です。

6052blog11

6052blog12

6052blog13

6052blog21

6052blog22

6052blog31

6052blog33

6052blog41

▲ 2020年12月9日 ハクガン幼鳥  雫石水田(岩手県雫石町)

雫石水田の「白鳥屋さん(カメラマン)」は、ハクガンに興味がなく、誰も撮影しません。

これが、ローカル新聞やテレビに紹介されると、「ハクガンいますか~?」とか「変わった鳥いますか~?」と雫石水田を車で右往左往して追いかける姿を目撃(過去にシジュウカラガンが地元紙に掲載された時があった。私は投稿してません)してる。

「雫石水田のハクガン(幼鳥)観察疲れ」で、私の興味は・・・。

誰かが、「地元紙やテレビ局に情報を公開すかる?」に興味が湧いてきました。

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【思い出の野鳥写真・オオマシコ3枚】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

私自身が「雫石水田のハクガン(幼鳥)に飽きてる」ので、口直しに「過去に撮影した、思いでの野鳥写真」貼り付けてみました~。

6052blog71

▲ 珍しく湿った雪が降ってくれたので(いつもは気温が低く、粉雪です)、「きっと松に雪が着雪する期待」をしながらフールドに出かけてた。30年オオマシコを見てるが、「後にも先にもこの日だけ(一度きり)」でした~。と言うことで、個人的には「とても貴重な雪のオオマシコ」写真になりますね~。

6052blog72

▲ 垂直の樹木に雪が着雪してくれる事はまれ(横枝ならいつも着雪する)なので、とても興奮して撮影した(いつかは撮りたいと思ってた絵コンテ通りの撮影)。納得に一枚です。

6052blog73

▲ リコーGRレンズ(コンパクトカメラ)で、フィルムは「フジRDPⅡ」で撮ってみました。

超広角での撮影なので、「青空に雲」をしかり入れながらオオマシコを撮影できました。撮影距離は1M前後です。ほとんどのオオマシコは警戒心が薄いので、じっと動かなければ(追いかけ回さない)オオマシコから寄ってくれます。

私のオオマシコ撮影は、「絵コンテ通りの場所で、石のように動かないで待つ」のを良しとしてます。

今日の雫石水田のガンたち@2020年12月15日

昼でも-4度の寒い一日だった。
自宅から3分で行ける「雫石水田」に、野鳥との出会いを求めて出かけて来た。
ただ、余りにも寒さに、車の窓が氷ついて動かず、仕方がなくドアを少しだけ開けての撮影に「我慢できない寒さ」に2時間で切上げざるおえなかった。三脚も使わないので、「写真のクオリテーはいまいち」ですが、「記録写真」と言うことで・・・。


 


野鳥は思いもよらない出会いがあり、ラッキーでしたが(ハイイロチュウヒとコチョウゲンボウ)、飛び回る猛禽を撮るには三脚無しでは無理があり、双眼鏡で見るだけ。


 


その代わり「ガン3種(マガン、シュウカラガン、ハクガン」は、「記録写真程度には撮影」できました~。


 


※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。


 


6051blog01


 


▲ 2020年12月15日 マガン  雫石水田(岩手県雫石町)


 


こころところ、毎日同じ田んぼにマガンが入りますね~。


 


6051blog21


 


6051blog22


 


6051blog23


 


6051blog24


 


6051blog25


 


▲ 2020年12月15日 シジュウカラガン  雫石水田(岩手県雫石町)


 


シジュウカラガンは3回目です。(過去の2回は、ゼロ泊6時間で飛び去る)


 


2020年11月27日  7羽
2020年12月12日  4羽
2020年12月15日  1羽


 


6051blog31


 


6051blog32


 


▲ 2020年12月15日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)


 


2020年11月24日 2羽 ~今日まで21日連続「雫石水田」にいついています。が・・・雪の案配で、「餌が取れなくなれば」、ハクチョウとともに「越冬地(伊豆沼)?」に飛び去るでしょう。


 


 


12月の真冬日に、凍えながらハクチョウを撮る

例年12月中旬は、「赤い鳥の案配(オオマシコ)」を見に、奥山に出かけるのだが・・・、予想外の積雪(20㎝)に断念せざるおえなかった。林道なので除雪車は入らないので、今シーズン(2020年)は終了か?

赤い鳥(オオマシコ)を諦め、いつものように「雫石水田」に寄ってみたら、珍しく「カメラマンが誰もいない」ので、「凍えながらハクチョウ撮影する事」にした。

今日は曇り空なので、「白鳥屋さん(青空のハクチョウの飛翔写真に一日頑張れるカメラマン)」がいなかったので、「鳥屋さん(野鳥の生態写真や記録写真に夢中に頑張れる人。写真コンテストには興味がない)ハクチョウ観察を一日楽しむ事ができました~。

※ 「写真」をクリックすると、大きな画像(1000x666)で見ることができます。

6050blog01

6050blog02

▲ 2020年12月14日 オオハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

豪雪地帯の雫石町ですが、12月中旬に20㎝の積雪は珍しい。このまま「根雪」にならない事を願うばかりです。

「鳥インフルエンザ」の関係で、「ハクチョウの餌ずけがなくなり」(高松の池(盛岡市)ではまだ餌ずけする一般市民がいる)、「野生のハクチョウを見れる雫石水田」です。

6050blog21

6050blog22

6050blog23

6050blog24

6050blog25

▲ 2020年12月14日 オオハクチョウ(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)

「白鳥屋さん」は、まず撮る事はないと思われますが・・・、「鳥屋さん」は幼鳥を好んで撮ります(オラだけか?)

と言いつつも、「まずハクチョウの写真は撮らない」のです。

理由は・・・、BWなら「このハクチョウの幼鳥写真」を見れば、わかるでしょう。

6050blog31

▲ 2020年12月14日 コハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

雫石水田では、「オオハクチョウ」と「コハクチョウ」が混在しています。

20年前は「岩手県でコハクチョウが見れるのは御所湖(雫石町)だけ」でした~。

雫石水田にマガン50羽@2020年12月13日

伊豆沼や八郎潟に出かければ「マガンは星の数ほど沢山いる」のですが、雫石水田には秋と春に「奥羽山脈を横断する群れが必ず立ち寄ってくてる」のが嬉しいですね。

マガンはあまり撮影する事はないのですが・・・「雫石水田のマガン」と言うことで、撮影してみました。

今シーズン(2020年の秋)の雫石水田は、ハクガン、シジュウカラガン、マガンと見れているので、「ガンの当たり年」になりました。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6049blog01

6049blog02

6049blog03

6049blog04

6049blog05

6049blog21

6049blog22

6049blog23

6049blog24

▲ 2020年12月13日 マガン   雫石水田(岩手県雫石町)

マガンの群れは警戒心が強く、ちっとした「車の音」とか「犬の散歩人」に直ぐ反応して、飛び回ります。ただ、伊豆沼や八郎潟と違って、一分位飛び回り、「同じ場所」に舞い降ります。大きく飛び去る事はないので、撮影はしやすいですね。

6049blog31

6049blog32

6049blog33

6049blog41

6049blog51

6049blog52

▲ 2020年12月13日 マガン  雫石水田(岩手県雫石町)

午後から雪が降り出しました~。

雪が降りだすと、赤い鳥(オオマシコやハギマシコなど)が見やすくなるので、「マガンを撮ってるばわいじゃない」だけど・・・。年々、「寒さに我慢できず(車から降りて雪上を歩かなければならないから)、何かと勝手に理由をつけて「足が遠のくばかり」ですね。

11月中旬には「ハギマシコ20±は確認」してます。

 

飽きるほど撮ってはいけないと思いつつ・・・ハクガン(幼鳥)を撮る@2020年11月28日

飽きるほど撮ってるのに・・・自己嫌悪です。

「昔、珍鳥」の思いがあるのか(1990年代前半)、どうしても「ハクガン」を撮り続けてます。自宅から3分で行けるのも影響してるのかも知れません。

1990~1995年は、何度空振りしたことか。(伊豆沼(宮城県)3回。福島潟、瓢湖(新潟県)2回。弘前市のため池(青森県)1回。陸奥湾(青森県)1回。八郎潟(秋田県)2回。)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6048blog01

6048blog02

6048blog03

6048blog04

6048blog05

6048blog06

6048blog11

6048blog21

▲ 2020年11月28日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)

「COLLINS」の野鳥図鑑の挿絵の「ハクガン1st-winter(第1回冬羽)」では、「嘴が黒、足が濃いピンク」です。実際10M前後での撮影では「コリンズ図鑑」通りでした。嘴も「斑点のように濃いピンク色」があるので、春先(3月頃)には「ピンクの嘴」になるのでしょうね。

シギチ屋の習性で、「芸術写真」より「記録写真(羽軸がわかるほどの鮮明な写真)」を意識して撮ってます。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの一曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

中島美嘉 / 『雪の華』

雪の雫石水田にハクガン(幼鳥)@2020年11月28日

11月下旬の積雪は「過去に何度かあった」ので珍しい事ではないが・・・、今までだったら「粉雪(パウダースノー)」なので、除雪も楽でした。でも最近は「地球温暖化の影響」か「水分の含んだ重いベタ雪」です。(3月下旬の春先に降る雪)
氷点下になれなく、ゼロ度だからなんでしょうね。(冬は-5~-20度が普通)

15センチの降雪があったので、「ハクガン(幼鳥)は伊豆沼に南下しただろう」と思いながら、雫石水田に出かけてみたら、上空を2羽のハクガンが飛翔してました。

7羽のシュウカラガンは抜けてました(ゼロ泊6時間)

※ 「写真」をクリックすると、大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6047blog01

6047blog02

6047blog03

6047blog04

6047blog05

6047blog06

6047blog07

6047blog08

6047blog09

6047blog10

6047blog11

6047blog12

6047blog21

6047blog22

6047blog23

6047blog24

6047blog31

6047blog41

6047blog42

▲ 2020年11月28日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)

白一色の雪景色ですが、「水分を含んだベタ雪」なので、夕方までには全部溶けてしまいます。

なもんんで、「午前中勝負」と言うことで、撮れるだけ撮ってみました~


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの一曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

今日はジョン・レノン没後40年。

ファンの銃弾に倒れたニュースに衝撃を受けたのを、昨日のように思いだします。

「イマジン」は、アメリカより日本の方が先にヒットした名曲です。

英語が苦手のオラだったが、「辞典片手に日本語訳にチャレンジ」しました。

やればできるじゃん。(笑)

雫石水田に滞在4日めのハクガン@2020年11月27日

朝からの晴天に、雫石水田は「白鳥屋さん(カメラマン)」や「スマホで白鳥撮影のGoTo観光客」、そして「高級双眼鏡(スワロスキーとツアイス)持参のBW」など、とても賑やかな雫石水田になりました。

盛岡周辺は、「コロナのクラスター発生」で神経を使いながらの野鳥観察(一歩も車から出ず、面識の無い人との接触はしない)なのですが、「早く談笑しながらのバードウォッチングしたい」ですね。

20人位のカメラマンやBWが来ても、「誰一人ハクガン幼鳥に気がつかず」(ハクガン幼鳥だから気がつかないのかも知れない)、「白鳥を大きく撮りたいと追いかけ回し、ハクガンを飛ばしてくれる勢子役」までしてもらいました~。(白鳥は飛び立たないがハクガンは飛び去る)ラッキーと言えばラッキーでした。(飛翔写真を撮れたから)

ハクガンは朝水田に飛来すれば、夕暮れの塒入りまで飛び立つ事はありません。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6046blog01

6046blog02

▲ 2020年11月27日 ハクガンとシジュウカラガンとハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

この田んぼから100M位離れた水田にハクチョウ200羽ほどが群れ(オオハクチョウ、コハクチョウ、亜種アメリカコハクチョウ4羽)が入っていたので、カメラマンやBWはみんなそちらに勢ぞろいでした~。「BWはアメコだ~」と言ってる声が聞こえてきそうでした。

ハクガンやシジュウカラガンは目に入らなかったみたいですね。(誰も寄ってこなかった)

6046blog03

6046blog04

6046blog05

6046blog11

6046blog12

6046blog13

▲ 2020年11月27日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)

人や車が近寄らない限り、「雫石水田のガンは朝から晩まで同じ田んぼにいるのが普通」です。過去10年間での雫石水田で観察したガン(マガン、ヒシクイ、カリガネ、シジュウカラガン)はすべて、フレームアウトする15M前後の距離で撮影できてます。

6046blog21

6046blog22

6046blog23

6046blog31

6046blog32

6046blog33

▲ 2020年11月27日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)

観察&撮影距離が短いのが雫石水田です。

雫石水田に飛来して4日たっても、地元ローカル紙やテレビ局の投稿サイトに「ハクガン」はなかったので、大勢のカメラマンやBWが来ても「誰一人気がつかなかった」のでしょうか。

コロナ禍でなければ「京都ナンバーのBWの車(30分ほど滞在)」もいたので、「ハクガンいますよ~」と教えられたのに・・・。

飛ぶまでまとうハクガン(幼鳥)/ 雫石水田

11月の雫石水田は「ハクチョウ写真目当てカメラマン」が集まってきます。が・・・、誰一人「ハクガン」には興味をもたず、ひたすら「ハクチョウの飛翔」を待ってます。

数年前に、ローカル新聞に「珍鳥シジュウカラガン」なんて写真付きで掲載されると、(私はシジュウカラガンでは、写真も情報も新聞社に投稿しません)「にわかパパラッチ野鳥カメラマンに変身」、シジュウカラガン目当てに右往左往した姿を目撃してるので、「ハクガンもいずれ誰かが新聞社かテレビ局に情報提供する」のだろうと・・・。

2020年11月の「雫石水田のハクガン(幼鳥)」は、シジュウカラガンと違って「灰色」なので、「白鳥カメラマン」には目に入らなかったのだと思われます。

今日現在、ローカル新聞と地元テレビ局に「ハクガン(雫石水田)」の情報は見当たらないです。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6045blog01

6045blog02

6045blog03

6045blog04

▲ 2020年11月26日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)

白鳥カメラマンが、車の外に出て近寄って接近したら、「白鳥は飛ぶ事はなかったがハクガン(幼鳥)が驚いて飛び立った」ところを「パチリと1枚」です。

6045blog21

6045blog22

6045blog23

6045blog24

6045blog25

6045blog26

6045blog27

6045blog28

6045blog29

6045blog30

▲ 2020年11月26日 ハクガン(幼鳥) 雫石水田(岩手県雫石町)

ハクガンは・・・「やっぱ純白な成鳥の方が綺麗」ですよね。

6045blog31

6045blog32

6045blog33

▲ 2020年11月26日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)

雫石水田は警戒心の強いガンでも、撮影距離が近いのがいいですね~。どんなガンでも15M前後で撮影出来るし、他のガンの群れも入らないので、「図鑑写真」「記録写真」を撮るにはもってこいです。

雫石水田の定番写真は「新幹線と・・・」@2020年11月26日

雫石水田での「ガン・カモ、ハクチョウ写真の定番」は、「赤い新幹線こまち号」か「雪の岩手山」と決まっているので、撮影ポイントに車を止め、ハクガンがカメラのファインダーに入ってくれるのを待つ事にした。

思惑通り、ハクガンが寄って来てくれたので、後はシャッターを切るだけです。

※ 「写真」をクリックすると、大きな画像(1000x667)で見る事ができます。

6044blog01

 

6044blog02

6044blog03

▲ 2020年11月26日 ハクガンとハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

晴れたり曇ったり、そして日没寸前の強い光線と、とても忙しい一日でした~。

雫石水田では、新幹線こまち号か岩手山バックで撮るのが「定番写真」になります。ただ野鳥のことなので、「思惑通りに野鳥が寄ってきてくれる保障」はありません。空振りがあるのも、野鳥写真の楽しいところでしょうか。

6044blog04

▲ 2020年11月26日  ハクガンとハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

日没まじかですが、デジタルカメラは普通に撮る事ができます。

6044blog11

6044blog12

▲ 2020年11月26日  ハクガン  雫石水田(岩手県雫石町)

伊豆沼や八郎潟でのガンカモ撮影距離は100Mは必要ですが(警戒心が強い)、雫石水田でのガンカモ撮影は15M前後なので、とても近いです。

ガン5種(マガン、ヒシクイ、シジュウカラガン、カリガネ、ハクガン)を雫石水田で撮影してますが、すべて最短距離は15M前後でした~。ガンとの距離間が近いのがいいですね。

6044blog21

6044blog22

▲ 2020年11月26日  ハクガン  雫石水田(岩手県雫石町)

刻々と変わる日没寸前の光線が好きですね。

 

雫石水田にハクガン第一回冬羽2羽飛来@2020年11月24日

八郎潟(秋田県大潟村)に出かければ200羽のハクガン群れを普通に見る事ができます。が・・・、雫石水田では2例目の観察記録になりました~。過去30年の観察データで2回目の記録ですから、「雫石水田ではめったに見れないハクガン」と言うことになります。

個人的には、「ハクガンは相性が悪い野鳥」で、1990年代はハクガン目当てにあちこち出かけましたが空振りが多かったですね~。(新潟県の瓢湖。宮城県の伊豆沼。青森県の廻堤大ため池など)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見ることができます。

6043blog01

6043blog02

6043blog03

6043blog04

6043blog05

6043blog06

6043blog07

6043blog08

6043blog09_20201202233401

▲ 2020年11月24日 ハクガン第一回冬羽  雫石水田(岩手県雫石町)

Go Toの影響か、他県ナンバー(京都のBMW。品川のベンツ。仙台のアウデイ)や盛岡ナンバーのレクサスなどが「白鳥目当てに雫石水田」に来てたがハクガンには気がつかなかったみたい。

岩手県はGo To前は「感染者ゼロ」が続いていたが、ここ3週間の間に(クラスターが5か所も発生)200人超えのコロナ感染者。と言うことで、車から降りて、「面識に無い人との会話」はしないようにしてるので、「ハクガンが情報を教える事はできなかった」ですね~。

 

 

ハクチョウの泥のついた嘴に頭を悩ます。

めったにハクチョウを撮影する事はないのだが、「真っ黒い嘴のハクチョウ」なんかを双眼鏡で見てしまうと、つい「識別意欲がモクモクと頭をあげ・・・」、カメラで撮影してしまう。

「泥のついた真っ黒い嘴」は、「トランペッター(ナキハクチョウ)」や「アメコ(亜種アメリカコハクチョウ)」に見えてきたり、「オオハクチョウがコハクチョウ」になったり、「コハクチョウがアメコ(亜種アメリカコハクチョウ)」に見えたりと、目まぐるしく変わります。

面白いと言えば面白いだけど・・・、でもやっぱハクチョウなので「本気撮りにはならない」ですね~。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6024blog01_20201201223101

6024blog02_20201201223101

6024blog03_20201201223201

▲ 2020年11月24日 オオハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

嘴の黄色が「コハクチョウ」に見えたが、カメラで撮影し、拡大機能を使ってみたら、「オオハクチョウの嘴に泥がついていた」

6024blog11_20201201223601

▲ 2020年11月24日 コハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

「アメコか~(亜種アメリカコハクチョウ)」と思ったが、カメラで撮影してみたら、「コハクチョウ」だった。

6024blog21_20201201223901

6024blog22_20201201224001

▲ 2020年11月24日  ハクチョウのいる雫石水田の日没寸前の「ハクチョウのいる風景」

なんとなく、撮影してみました~。

デジタルカメラなので、日没寸前でも撮影できました。

※ ビデオなら、真っ暗でも明るく撮影できます。ビデオは凄く暗さに強いですね。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの二曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

Olivia Newton-John  / 「Jolene」


Olivia Newton-John / 「Have Yon Ever Been-Mellow」

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ