最近のトラックバック

カテゴリー

« 飽きるほど撮ってはいけないと思いつつ・・・ハクガン(幼鳥)を撮る@2020年11月28日 | トップページ | 12月の真冬日に、凍えながらハクチョウを撮る »

雫石水田にマガン50羽@2020年12月13日

伊豆沼や八郎潟に出かければ「マガンは星の数ほど沢山いる」のですが、雫石水田には秋と春に「奥羽山脈を横断する群れが必ず立ち寄ってくてる」のが嬉しいですね。

マガンはあまり撮影する事はないのですが・・・「雫石水田のマガン」と言うことで、撮影してみました。

今シーズン(2020年の秋)の雫石水田は、ハクガン、シジュウカラガン、マガンと見れているので、「ガンの当たり年」になりました。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6049blog01

6049blog02

6049blog03

6049blog04

6049blog05

6049blog21

6049blog22

6049blog23

6049blog24

▲ 2020年12月13日 マガン   雫石水田(岩手県雫石町)

マガンの群れは警戒心が強く、ちっとした「車の音」とか「犬の散歩人」に直ぐ反応して、飛び回ります。ただ、伊豆沼や八郎潟と違って、一分位飛び回り、「同じ場所」に舞い降ります。大きく飛び去る事はないので、撮影はしやすいですね。

6049blog31

6049blog32

6049blog33

6049blog41

6049blog51

6049blog52

▲ 2020年12月13日 マガン  雫石水田(岩手県雫石町)

午後から雪が降り出しました~。

雪が降りだすと、赤い鳥(オオマシコやハギマシコなど)が見やすくなるので、「マガンを撮ってるばわいじゃない」だけど・・・。年々、「寒さに我慢できず(車から降りて雪上を歩かなければならないから)、何かと勝手に理由をつけて「足が遠のくばかり」ですね。

11月中旬には「ハギマシコ20±は確認」してます。

 

« 飽きるほど撮ってはいけないと思いつつ・・・ハクガン(幼鳥)を撮る@2020年11月28日 | トップページ | 12月の真冬日に、凍えながらハクチョウを撮る »

【野鳥】 マガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飽きるほど撮ってはいけないと思いつつ・・・ハクガン(幼鳥)を撮る@2020年11月28日 | トップページ | 12月の真冬日に、凍えながらハクチョウを撮る »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ