最近のトラックバック

カテゴリー

« 飛ぶまでまとうハクガン(幼鳥)/ 雫石水田 | トップページ | 雪の雫石水田にハクガン(幼鳥)@2020年11月28日 »

雫石水田に滞在4日めのハクガン@2020年11月27日

朝からの晴天に、雫石水田は「白鳥屋さん(カメラマン)」や「スマホで白鳥撮影のGoTo観光客」、そして「高級双眼鏡(スワロスキーとツアイス)持参のBW」など、とても賑やかな雫石水田になりました。

盛岡周辺は、「コロナのクラスター発生」で神経を使いながらの野鳥観察(一歩も車から出ず、面識の無い人との接触はしない)なのですが、「早く談笑しながらのバードウォッチングしたい」ですね。

20人位のカメラマンやBWが来ても、「誰一人ハクガン幼鳥に気がつかず」(ハクガン幼鳥だから気がつかないのかも知れない)、「白鳥を大きく撮りたいと追いかけ回し、ハクガンを飛ばしてくれる勢子役」までしてもらいました~。(白鳥は飛び立たないがハクガンは飛び去る)ラッキーと言えばラッキーでした。(飛翔写真を撮れたから)

ハクガンは朝水田に飛来すれば、夕暮れの塒入りまで飛び立つ事はありません。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6046blog01

6046blog02

▲ 2020年11月27日 ハクガンとシジュウカラガンとハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

この田んぼから100M位離れた水田にハクチョウ200羽ほどが群れ(オオハクチョウ、コハクチョウ、亜種アメリカコハクチョウ4羽)が入っていたので、カメラマンやBWはみんなそちらに勢ぞろいでした~。「BWはアメコだ~」と言ってる声が聞こえてきそうでした。

ハクガンやシジュウカラガンは目に入らなかったみたいですね。(誰も寄ってこなかった)

6046blog03

6046blog04

6046blog05

6046blog11

6046blog12

6046blog13

▲ 2020年11月27日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)

人や車が近寄らない限り、「雫石水田のガンは朝から晩まで同じ田んぼにいるのが普通」です。過去10年間での雫石水田で観察したガン(マガン、ヒシクイ、カリガネ、シジュウカラガン)はすべて、フレームアウトする15M前後の距離で撮影できてます。

6046blog21

6046blog22

6046blog23

6046blog31

6046blog32

6046blog33

▲ 2020年11月27日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)

観察&撮影距離が短いのが雫石水田です。

雫石水田に飛来して4日たっても、地元ローカル紙やテレビ局の投稿サイトに「ハクガン」はなかったので、大勢のカメラマンやBWが来ても「誰一人気がつかなかった」のでしょうか。

コロナ禍でなければ「京都ナンバーのBWの車(30分ほど滞在)」もいたので、「ハクガンいますよ~」と教えられたのに・・・。

« 飛ぶまでまとうハクガン(幼鳥)/ 雫石水田 | トップページ | 雪の雫石水田にハクガン(幼鳥)@2020年11月28日 »

【野鳥】 ハクガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛ぶまでまとうハクガン(幼鳥)/ 雫石水田 | トップページ | 雪の雫石水田にハクガン(幼鳥)@2020年11月28日 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ