最近のトラックバック

カテゴリー

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

種市漁港で「ハヤブサ幼鳥」を撮る。@2021年2月18日

30年間も、冬シーズン年10回は「種市海岸」に出かけているが、猛禽類はほとんど見る機会に恵まれていなかった。唯一、1990年2月4日に、「蕪島(八戸市)でコクガン観察の帰りに、JR種市駅付近の水田でケアシノスリ1羽」を観察記録した事があったが、(記録写真有り)、それ以来の猛禽類の観察になります。

当時はBWを初めて2年目だったので、「超初心者扱いで、誤認じゃないの?」と言ってる人がいると耳に聞こえてきたが、「下手な写真でも記録写真を正面から撮影」したので、「動かぬ証拠」(生意気にもポジフィルムのコダック64で撮影してた)で、一晩で「BW2年目の超初心者から、少しは野鳥の事知ってる初心者」扱いになりました~。

30年ぶりの種市海岸での猛禽類に、「もしかして、亜種ウスハヤブサ幼鳥じゃないよね?」とかも考えてしまうのですが・・・、「頬のハヤブサひげ班が太いから、やっぱハヤブサ幼鳥か~」と。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6083blog01

▲ 2021年2月18日 ハヤブサ幼鳥  種市漁港(岩手県洋野町)

カラスがハヤブサ幼鳥を追い出す為に飛んできました~。幼鳥と言えども「威嚇反応」します。

6083blog02

6083blog03

6083blog04

6083blog05

6083blog06

6083blog07

▲ 2021年2月18日 ハヤブサ幼鳥  種市漁港(岩手県洋野町)

6083blog21

6083blog22

6083blog23

6083blog24

6083blog25

6083blog26

▲ 2021年2月18日 ハヤブサ幼鳥  種市漁港(岩手県洋野町)

何か捕まえてきたのですが・・・、鳥と言うことはわかるにだが、頭がついてないので・・・。デジタル画像を目いっぱい拡大して見たら、「足指はカイツブリの仲間、腹は白い、背中は銀黒色・・・、たぶんミミカイかハジカイ」。

カイツブリの仲間だったら潜水して逃げると思うので、幼鳥にしては中々に狩り上手なのかも。

6083blog31

6083blog32

6083blog33

6083blog34

6083blog35

6083blog36

6083blog37

6083blog38

6083blog39

6083blog40

▲ 2021年2月18日 ハヤブサ幼鳥  種市漁港(岩手県洋野町)

チョウゲンボウみたいに、ホバリングの真似事をしてました。

漁港内でのんびりしてる、カモやカイツブリを狙うのでしょうね。

ハヤブサのイメージとしては、猛スピードで小鳥の群れに突入なんだけどね。

6083blog51

6083blog52

6083blog53

6083blog54

6083blog55

6083blog56

6083blog57

6083blog58

▲ 2021年2月18日 ハヤブサ幼鳥  種市漁港(岩手県洋野町)

種市海岸(岩手県洋野町)は、ハヤブサの営巣できるような岩礁もなく、高いビルもない街なので・・・、いったい何処から来たのだろうか?とても気になるところです。が・・・、「猛禽屋さん」じゃないので、春になれば興味もなくなるだろうね。

種市漁港でアカエリカイツブリ@2021年2月17日

前日(2月16日)は、北日本を「爆弾低気圧が通過」したので、漁港内に「珍・海ガモとダイバー系を期待」して出かけて来た。が・・・、いつものように空振りでしたね~。

「あら、あら、アラキンじゃなくて~、あか、あか、アカカイか~」と思惑通りにいかないのがバードウォッチングですね~。

それでも「アカエリカイツブリの夏羽(正確には移行中か)」を初めて見る事ができました。

いつもカイツブリ3種は確実に見れるのですが、アカカイをみれれば「1日でのカイツブリの仲間のグランドスラム達成(ハジカイ、ミミカイ、カンムリ、アカカイ)になります。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6082blog01

6082blog02

6082blog03

6082blog06

6082blog07

6082blog08

6082blog09

▲ 2021年2月17日 アカエリカイツブリ(冬羽と夏羽)  種市漁港(岩手県洋野町)

海が荒れると、漁港内には海ガモやカイツブリの仲間が入ってきます。

いつもカイツブリ3種(ミミカイツブリ・ハジロカイツブリ・カンムリカイツブリ)は普通に見ることができますが、「アカエリカイツブリ」は漁港内に中々入らないので、見れればラッキーな気分になりま~す。(夏羽は見る機会が無かったのでラッキーでした)

本来の期待は「アラナミキンクロとウミスズメの仲間」だったで~す。(1997年2月9日に、シロハヤブサの砂崎岬/北海道で200m沖合にいたアラキン♂を見たが・・・あの顔が忘れられない)

6082blog11

6082blog12

6082blog13

▲ 2021年2月17日 アカエリカイツブリ夏羽  種市漁港(岩手県洋野町)

初めてアカカイの夏羽を見る事ができました~。ラッキーです。

内陸に住んでる私(海岸から120キロ)として、アカカイは内陸の湖沼に入ってこないので、一番見る機会が少ないカイツブリに仲間ですね。

6082blog21

6082blog22

▲ 2021年2月17日 アカエリカイツブリ冬羽  種市漁港(岩手県洋野町)

漁港内に入る、海ガモ(クロガモやシノリガモやビロードキンクロなど)は警戒心が薄いので、10M前後の距離間で撮影できます。

カイツブリの仲間(ハジカイやミミカイやカンムリなど)も手の届く近さまで寄ってきてくれますね~。

記録写真にはもってこいですが・・・、「野鳥写真」としては面白みがばくなりますね~。

 

種市海岸で「黄色のカラーリング付きコクガン」を見っけ! 2021年2月18日

今シーズン(2020-2021)2月15日にのマガンの渡りを自宅庭で見ていたので、もしかして「コクガン」も渡りを開始しているのでは思い、種市海岸(岩手県洋野町)に出かけて来た。

15日のマガンは、午前10時頃自宅から国見峠方向(八郎潟方向)に50羽ほどのV字編隊でしたが、20分後に踵を返して、南昌山方向(伊豆沼方向)に飛び去りました。(16日の爆弾低気圧を察知したのだと思う)

16日は「爆弾低気圧」の影響で、一歩も家から出ない。

17日はコクガン目当てで種市海岸(岩手県洋野町)に。コクガンは100+100+50+50の4グループが北に飛び立ち。夕方まで種市海岸にはコクガンは不在。

18日はコクガン100のグループと後から「黄色のカラーリング付きコクガン13羽が滞在」(10時30分飛び去り)。夕方までコクガンは見当たらず。

「コクガンの北帰行」が始まってます。(滞在するコクガンは北から南に飛び回ったり、一日種市海岸での休憩です)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6081blog002

▲ 2021年2月18日 コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

24-105ズーム(50ミリで撮影。肉眼とほぼ同じ)で「種市海岸のコクガン」をパチリと1枚。

コクガンの数を数えようと、双眼鏡で見ていたら・・・。「うん?コクガンの足に黄色のカラーが見えたようなみえないような・・・」

こんな時は、望遠レンズで撮影し、「画像を拡大して見るに限る」のがいつものパターンです。

6081blog003

▲ 2021年2月18日 コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

デジタル画像を拡大して、番号を確認しようとするが・・・、「番号なしの黄色のカラーリングと銀の足環だけ」でした。

6081blog01a

6081blog01b

▲ 2021年2月18日 コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

下の画像はトリミング拡大した画像です。

6081blog02a

6081blog02b

▲ 2021年2月18日 コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

下の画像はトリミング拡大した画像です。

6081blog03a

6081blog03b

▲ 2021年2月18日 コクガン  種市海岸(岩手県洋野町)

下はトリミング拡大した画像です。

ナンバーの刻印したカラーリングではなく、「足環がついてるから注意してよ~」と言うことで、黄色のカラーリングを装着したのでしょうね。

バードウッチャーの務めとして、「見て見ないふりは出来ないよね~」(しかし・・・、山階鳥研に報告するのが面倒くさい)と・・・。

いつも「見なければ良かった」と後悔します。

昔「ジロゲーター装着と銀の足環の番号がわかるムナグロの写真」を山階鳥研に報告したら、アメリカの鳥類学者からA42枚の「英文の手紙のメール」が来て(1週間ほどで。鳥研の人は考えられない速さの礼状と言っていた)ビックラポンでした。

「日本のバードウッチャーのミスターKoji YOTSUYAの撮影は鮮明で感激した」とか言ってましたね~。

 

晴天につられ「ハギマシコ」狙いで一日待つ、が・・・。

今シーズン(2020-2021)は、御所湖(岩手県雫石町)で「オオマシコ」と「ハギマシコ」を見てるので(オオマシコは過去30年で初めての事)、晴天のつられ、本気モードで野鳥写真撮影に出かけた。が・・・、見事に空振りでした~。(二匹目のドジョウはいなかった)

6079blog01

▲ 2021年2月13日  御所湖から見る岩手山  (岩手県雫石町)

御所湖でオオマシコは今シーズン初めての観察。ハギマシコは何度か見てるので・・・。

絵コンテは「雪上にハギマシコの群れと岩手山」だったが、狙い通りにはいきませんでしたね~。

野鳥は「記録写真」として(野鳥図鑑のように、横向きにでっかく撮る)ほとんど撮影済なので、今はよほどの野鳥(ライファーの鳥とかライフワークの鳥とかシギチ類)でなっ限り、双眼鏡で見て終わりにしてる。

今は・・・「風景の中の野鳥」以外は「本気モード」にならないな~。

6079blog11

6079blog12

6079blog13

6079blog14

6079blog15

6079blog16

6079blog17

▲ ハギマシコ  

記録写真(真横で野鳥図鑑のようにでっかく撮る)として、撮影してみました。

ハギマシコは警戒心が薄いので、撮影距離が1M前後で撮れるから、「岩手山バックの雪上のハギマシコ」は撮れると思っていました。が・・・。空振りで思うようにはいきませんでした~。

6079blog21

6079blog22

6079blog23

6079blog24

▲ 2021年2月13日 御所湖から見る岩手山  (岩手県雫石町)

たぶん、鳥屋さんが「なんで岩手山を撮るの~?」と思われるかも知れませんが・・・。

オジロワシが「ニゴイ狙い」で飛来する事もあるので、晴天の日はねらい目です。

あと一か月もすれば「ミサゴ」がきます。(御所湖周辺で繁殖してるので)

6079blog31

6079blog32

6079blog33

6079blog34

6079blog35

6079blog36

6079blog37

▲ ハギマシコ

『思い出の野鳥観察記・「ソデグロヅル」をデジスコ撮影する』


2005年10月30日に御所湖でソデグロヅルを観察したのですが・・・、前々から11月6日から「大砲(600ミリ)のオーバーホルの予約」を入れていたので、泣く泣く送りだした。(2週間は大砲(600ミリ)は使用できない)

手持ちのレンズは、望遠系は「100-400ズーム」と「サニンパ(300ミリ)」の2本。

仕方がないので、「5年ほど前に1週間だけ使ったデジスコ(プロミナにコンパクトカメラを接写する)」にチャレンジしてみた。

※ 塩ビパイプとエポキシ接着粘土で自作したもの。世の中に「デジスコ部品販売」される前に、自作で作っていた。1000~3000ミリ相当の望遠撮影は出来るのだが、「飛びものがまったく撮影不可能」とコンパクトカメラ(ニコンクールビックス)の画質がダメで使い物にならなかった。その後、「リコーGRレンズの流れをくむ、リコーのコンパクトカメラ」で、なんとか「遊び程度の画質」で撮れるようになった。当時、リコーだけが「接写距離が1セッチ」だったので、デジスコには一番あったコンパクトカメラでした~。

ソデグロヅルの2週間限定のデジスコ撮影です。(その後一度もコンデジ撮影はしてない。封印してる)

※ 「写真」はデジスコなので見るに絶えない作品ですが・・・一応「写真」をクリックすると1000x750サイズで見れます。

6074blog01

6074blog02

6074blog03

6074blog04

6074blog05

6074blog06

6074blog07

6074blog11

6074blog12

6074blog13

6074blog14

6074blog21

6074blog22

6074blog23

6074blog24

6074blog25

6074blog31

▲ 2005年11月6日~26日 ソデグロヅル(幼鳥)  御所湖(岩手県雫石町)

「プロミナ(興和)とリコーGX200」での撮影です。

フイルム時代は「リコーGR」を常用してましたが、当時は「リコーGRデジタル」は販売してませんでした。

「リコーGRレンズ」はとてもいいレンズで、キャノンの一眼レンズより「発色」は好きでしたね~。


カメラ機材はボデイより「レンズ重視」でした。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日聞きたい3曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

好きな曲を聴きながらブログを見る事がクセになってます。

Stevie Wonderの3曲

▼ 「Part Time Lover」


▼ 「Superstition」


▼ 「Sir Duke」

急に「オオマシコの写真整理」をしたくなった・・・。

この前、「御所湖でオオマシコ」を見たら、「無償にオオマシコの写真整理をしたくなった」。

飽きるほど、オオマシコを見てるし写真も撮ってるのですが・・・、今シーズン(2020-2021)初めてのオオマシコに
少しばかり「興奮」してるのかも知れない。(今シーズンは諦めていたから)

雪があると大変だが、「オオマシコには雪がお似合い」なので・・・。
岩手に住んでるから「雪上のオオマシコを撮れる事」に感謝するしかないよね~。

※ 「写真」をクリックすると大きなサイズ(1000x666)で見る事ができます。

6073blog01

6073blog02

6073blog03

6073blog04

6073blog05

6073blog06

6073blog07

6073blog08

6073blog09

6073blog10

6073blog11

6073blog12

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のおすすめの一曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

高校時代は「一人旅」が大好きで(すべてアルバイト収入で、親の援助無し)
泊まりはユースホテル。夕食後、食堂で「赤い鳥/翼をください」の大合唱がお決まりのパターン。

まさか「赤い鳥(オオマシコ)好きのBWになるとは・・・」。不思議な感じですね。

山本潤子(赤い鳥→ハイハイセット)  「卒業写真」 「翼をください」

「オオマシコ」からの挑戦状に・・・。@2021年2月5日

例年にない大雪に、すっかりオオマシコ観察を諦めていた。が・・・、昨日の夕方、調剤薬局に行く途中だったが、いつもは「おおけんど(国道46号)」を通るが、なぜか「こけんど(御所湖畔の町道)」を通る事にした。

「スズメ大の小鳥10羽の小群が車の前を横切った」。

普通は気にしないで、そのまま車を走らせるのだが・・・、「茶色の小鳥だが、尾羽が短く、ジズ(ぱっと見)でオオマシコか?」と思い、200M先でUタウンして、戻って車を停車し、双眼鏡で見たら、「オオマシコの幼鳥だ!」と・・・。

車は自家用車だったので、「大砲(600ミリ)は積んでいない」が、記録写真として「24-100ズーム」で撮影する事にした。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6072blog01

6072blog02

6072blog03

6072blog11

6072blog12

6072blog13

6072blog14

▲ 2021年2月5日  オオマシコ  御所湖(岩手県雫石町)

雫石町には2か所ほど「オオマシコの越冬地」があるが、雪が多く、4WDでも林道に入れないので「オオマシコ観察」は諦めていた。が・・・オオマシコが「識別してごらん」と挑戦状を突き付けられた感じでした。

過去30年一度もオオマシコを見た場所でないから、頭に片隅にもなかったが、「羽模様と尾羽」は車の走行中でも「止まって見える」のがコアなBWだからね。しっかり「オオマシコ」を観察できました~。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【過去に撮影したオオマシコ写真】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6072blog51

6072blog52

6072blog53

6072blog54

6072blog55

6072blog56

6072blog57

6072blog58

6072blog59

6072blog60

6072blog62

6072blog63

『思い出の野鳥観察記・ソデグロヅル(幼鳥)』2005年11月3日(岩手県雫石町/御所湖)

10月30日に御所湖でソデグロヅルを初認しての、最初の祝日が11月3日。どんな「ソデグロヅル祭り」になるか見当もつかないが、カメラマンが「大きく撮りたい衝動を抑えきれず」遊歩道から御所湖の湿地に入り、追いかけ回す行動だけは止めてもらいましょう。と決めていた。

私は「柔和な顔」をしてるので、良くなめられ「何の権利があって注意するんだ」とすごむカメラマンに何度も遭遇してる。が・・・、「売られた喧嘩は三度の飯より好き」と言うたち(性格)を、初対面の人は誰も知らない。腕力は無いが「熱いハート」があるので、「相手が悪かったね」と言うこちで決着します。

「一生に一度位は珍鳥の第一発見者になりたい」と思っていたが、マイフィールドの御所湖(岩手県雫石町)でその願いをかなえる事ができました。

まず最初に、「全国から大勢のBWやカメラマンが集まっても、地域の生活者にご迷惑をかけない」が大前提。

関係機関に情報の提供(マスコミ、役場、警察、駅、タクシー、観光協会、御所ダム管理事務所)をして、大勢の人が集まる事を理解してもらう。

駐車場(300台はある、堤防沿いに路上駐車するなら1000台でも可能)と水洗トイレ(5か所)の完備・・・・・。

そして、毎日19時に自分のホームページ(イーハトーブ 岩手の野鳥通信)に「御所湖のソデグロヅルの観察情報/(60分のタイムテーブルで)」を更新する。と決めていた。(関東とか遠くから来た人に、毎日の情報更新に感謝された)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6068blog01

6068blog02

▲ 2005年11月3日  ソデグロヅル(幼鳥)  御所湖(岩手県雫石町)

遊歩道からの撮影です。横一列に30人はいましたね。(同じ構図を撮ってる人も沢山いると思います)

11月3日は早朝から夕方まで、ローカル新聞(岩手日報)に掲載された最初の祝日だった関係で、「延べ200人は集まりました」

6068blog11

6068blog12

6068blog13

6068blog21

6068blog22

6068blog23

6068blog24

6068blog31

6068blog32

6068blog33

6068blog41

6068blog42

▲ 2005年11月3日  ソデグロヅル(幼鳥)  御所湖(岩手県雫石町)

ソデグロヅルが舞あがった時には「拍手と歓声」が聞こえてきました。

遊歩道には30人ほどのBWがいましたが、手すりがあるので、安心感があるのかソデグロヅルの大サービスをしてくれましたね~。

幼鳥なのか、ソデグロヅルがそうなのかわかりませんが・・・、「警戒心の薄い個体」でしたね~。

御所湖の環境が「ソデグロヅルの繁殖地」に似てたのでしょうか。(雫石水田にはハクチョウが沢山いたが、一度も水田に飛び立つ事はなかった)

個人的には「水田にソデグロヅルの写真じゃない、湿地でのソデグロヅルを撮りたい」と思っていたので、ラッキーでした~。

 

『思い出の野鳥観察記・ソデグロヅル(幼鳥)』2005年10月30日(岩手県雫石町/御所湖)

※ 「写真をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6067blog00

▲ 2005年10月30日 ソデグロヅル  御所湖(岩手県雫石町) 50ミリで撮影、肉眼と等倍です。

例年、10月中旬から「ハクチョウの初認日」を記録するために、朝と夕方に安庭橋上流の「御所湖のビオトープ」を覗いている。ハクチョウをカメラで撮影する事はないので、「肉眼で見て終わり」にしているのだが・・・、「あれ!、バフ色のサギ???。可笑しいな」と思い、双眼鏡で良く見てみるのだが、草むらに首をつこみ、足は水の中でわからない。

「バフ色のサギでないことは確か、ハクチョウの雰囲気でもない・・・」と思っていたら、首を一瞬出した瞬間に「あ!ツルの仲間だ!」「バフ色の幼鳥は、タンチョウかソデグロヅルしかいない」と・・・。

「車に戻って、プロミナ(望遠鏡)と大砲(600ミリレンズ)を持ってこなくては」とかなり慌てて、車に戻りました。

観察場所は駐車場から400Mの距離なのですが、1キロにも、2キロにも感じましたね~。

まずは、プロミナ(望遠鏡)を60倍にしてしっかり確認。「タンチョウではないソデグロヅルの幼鳥だ!」と。

あとはしっかり「記録写真を撮影すれば終了」です。

6067blog00bbb

▲ リコーのコンパクトカメラ50ミリで撮影してみました。(肉眼と等倍の距離です)バックの山は御助山なので、御所湖で撮影した「証拠」になります。

御所湖は周囲を手すり付きの遊歩道が整備され、綺麗な水洗トイレが5か所と無料駐車場5カ所300台が整備されているから、「オープン情報」にすると決めた。(第一発見者の胸先三寸で~す)

直ぐに携帯で、秋田のSさん(オープン)と盛岡のFさんに電話しました。(盛岡支部に情報をオープンにしていいです)。

午後には10人ほどのBWが集まり、「岩手県初記録のソデグロヅル祭り」になりました。

翌日(10月31日)は、「岩手日報の取材カメラマン」も御所湖に来ていたが、「ソデグロヅルが何処にいるかわからず右往左往していた」ので、「そこにいるよ」と教えたが・・・、レンズが200ミリじゃね~。

オープン情報にすると決めたので、こんな事もあろうかと思い、月曜の朝一番に、雫石役場の総務課に「観光課と警察とJR雫石駅とタクシー会社に問い合わせがあったら情報を流すよに」お願いし、その足で「御所ダム管理事務所」にも挨拶に出かけた。

※ 後で聞いた話ですが、「雫石役場には5件の問い合わせがあった」との事です。そういえば「関西から飛行機で来た」と言う人もいました。

6067blog01

6067blog02

6067blog03

6067blog04

▲ 2005年10月30日 ソデグロヅル(幼鳥)  御所湖(岩手県雫石町)

ソデグロヅルも御所湖に到着したばかりで、(前日に同じ場所で朝、夕見てるがソデグロヅルは見てない)中々近くに寄ってきてくれません。

水田に飛び去る事はなく、200M四方だけの狭い範囲での行動でした。

手すり付き遊歩道が整備されてるので、100人でも200人でも、大勢のBWが来てもOKと判断しました。

6067blog11

6067blog12

6067blog13

6067blog14

▲ 2005年10月30日 ソデグロヅル  御所湖(岩手県雫石町)

日没時間になり、私の周りには誰もいなくなっていた。静かな「いつもの御所湖」に・・・。

やっと一人になったら、ソデグロヅルの方から飛んで来てくれました~。

この時、「追いかけ回さなければ、根雪寸前(12月中旬)まで御所湖に滞在してくれる」と、なんとなく思いました。

ポイントを決めたら「石のように動かない」のが、私の撮影スタイル。どんな野鳥も応えてくれますね~。

 

 

 

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ