最近のトラックバック

カテゴリー

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

昨日は5羽、今日は6羽のヒナ連れ・・・「御所湖のカンムリカイツブリ」

ほとんどの人は、あまり興味の無い話だと思いますが・・・昨日(6月14日)は元御所橋上流に「5羽のヒナ連れカンムリカイツブリ」を観察した。今日(6月15日)は安庭橋上流で「6羽のヒナ連れカンムリカイツブリ」を観察した。

御所湖(岩手県雫石町)では2016年6月4日に「4羽のヒナ連れカンムリカイツブリ」(岩手県初記録の繁殖成功記録)を観察して以来「6年連続での御所湖での繁殖成功記録」が続いていますが、ひとつの番(つがい)での過去の最大羽数は5羽だったので、「6羽のヒナ連れカンムリカイツブリ」は過去最高の羽数になります。

御所湖は遊歩道が整備されているので、沢山のBWが訪れても「繁殖に影響無いと判断した」ので、このブログに撮影場所と新鮮な観察情報を書きます。(「野鳥はみんなのもの」精神で、仲間内だけの野鳥情報共有は性に合わない)

「繁殖場所は人に聞かない、教えない」を宣言してるので、私には「野鳥情報は全く入らない」(スマホを持ってないのでラインはしない)が、環境が整備されてる(遊歩道がある、私有地ではない、沢山のBWが集まっても地域の生活に迷惑をかけない)ので、ブログに「新鮮な野鳥情報」を書きます。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6132blog01

6132blog02

6132blog03

6132blog04

▲ 2021年6月15日 カンムリカイツブリの幼鳥6羽  御所湖(岩手県雫石町)

ブッシュの中から、2時間に一度(30分位)、親の「ク~ク~♪」の鳴き声とともに(安全確認後)出てきます。

過去6年間で、一つの番(つがい)では「6羽のヒナ」は最大羽数ですね。

カンムリカイツブリに雛狙いで、アオサギがブッシュに2時間も3時間もパーチ(止まる)してるのを見かけていたのですが、最近は無農薬の水田も増えてきたので「田んぼのカエルやドジョウ」狙いになってるからでしょうか。

余談ですが、最近は6月の雫石水田で「アオサギ」、「亜種チュウダイサギ」、「ササゴイ」を良く見るようになりました。

6132blog11

6132blog12

6132blog15

▲ 2021年6月15日 カンムリカイツブリ  御所湖(岩手県雫石町)

ヒナ分け(5対1)するのかと思い、良く観察しましたが、結局ヒナ分けしないで「番(つがい)でまとめて6羽育てる」方向で行くようです。

6132blog21

6132blog22

6132blog31

6132blog32

6132blog33

▲ 2021年6月15日 カンムリカイツブリ  御所湖(岩手県雫石町)

6羽も連れているカンムリカイツブリはいいですね。

興味のある方は御所湖(岩手県雫石町)に来て撮影して下さい。

※盛岡市は最近6月に入ってから連日「10万人あたり20の新規感染者」で出てる「ステージ3(10万人あたり15以上)」なので、コロナ対策は十分しないと「ヤバイTシャツ屋さん」ですね。「ヤバTのライブに行きたいな~。(笑)

6年連続、「御所湖(雫石町)でカンムリカイツブリ繁殖成功!」する

2016年6月に「岩手県初記録のカンムリカイツブリ繁殖成功」を観察してから、毎年繁殖してくれるのですが、今日「御所湖で繁殖成功のカンムリカイツブリの記録写真」を撮る事ができました。

3年目位までは、毎日のように御所湖に出かけて観察してたのですが・・・、(抱卵中は撮影しない、巣に近寄らない、巣立ち後からの観察)最近は「ヒナ連れの記録写真が撮れればオーケー」にしてます。

2021年は「3ペアの繁殖」でした。(昨年も3ペアでした)

ヒナ5羽連れのペアもいるので、見ごたえはあります。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6131blog01a

6131blog01b

▲ 2021年6月14日  カンムリカイツブリ  御所湖(岩手県雫石町)

5羽のヒナ連れのカンムリカイツブリペアです。

初めて御所湖で繁殖した頃は、「ヒナ分けして育てる」のが普通でしたが、昨年からは「ペアで5羽まとめて育てる」のを観察するようになりました。

御所湖は餌が豊富なので、「ヒナわけしなくても十分巣立ちできる」のと、「天敵の猛禽類はミサゴだけ」と言うのもあるのかも知れません。

最初の1年目(2016年)を無事巣立ちできた(抱卵中は観察しない、撮影しない)から、「6年連続の繁殖成功」につながったと思います。

6131blog21

6131blog22

6131blog23

6131blog24

6131blog31

6131blog32

6131blog33

▲ 2016年6月4日 カンムリカイツブリ  御所湖(岩手県雫石町)

「岩手県初記録のカンムリカイツブリ繁殖成功」個体です。

青森県、秋田県、宮城県の隣県は「カンムリカイツブリ繁殖成功記録」があるのに、岩手県だけが・・・。

もしカンムリカイツブリが繁殖するなら御所湖(岩手県雫石町)だとうと狙いをつけていたが、その通りになってくれました。

最初の1年目、抱卵場所もわかっていたのですが、「無事巣立ちするまで観察しない、撮影しない」を守ったので、成功してくれました。

1年目を無事成功できれば、後は何年でも連続して繁殖してくれます。

思いの他、飛翔能力が高かったノスリ

トビ以外の猛禽類で、一番目にするのが「ノスリ」です。が・・・、何故かBWや野鳥カメラマンには人気がなく、「馬糞(まぐそ)タカ」などと、猛禽類の仲間では、一段も二段も低く見られてます。でも~「ノスリ」って、大型猛禽のイヌワシと同じようなディスプレイフライト見せるし、ホバリングは出来るし、思いのほか、「飛翔能力が高い」ですよね。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像で(1000x666)見る事ができます。

6129blog01

6129blog02

6129blog03

6129blog04

6129blog05

6129blog06

6129blog11

6129blog12

6129blog13

6129blog14

6129blog15

6129blog16

6129blog17

6129blog18

6129blog21

6129blog22

6129blog23

6129blog31

▲ 2021年6月1日 ノスリ 七つ森森林公園  (岩手県雫石町)

「ノスリのふかん写真」を撮りたくて、600ミリ望遠は捨て、24-105ズームレンズでノスリを撮影してみました。

眼の前でディスプレイフライトをしてくれた時には、まるでイヌワシを見てるようでした。

「風景のなかの野鳥写真」は、私の永遠のテーマになってます、合言葉は「大砲(600ミリ)を捨てろ!」ですね。

6129blog41

6129blog42

6129blog43

6129blog51

6129blog52

6129blog53

▲ 「大砲(600ミリ)で撮影したノスリの飛翔写真」

誰が撮っても同じような構図になるので、面白みがまったくありません。

「大砲(600ミリ)で撮影する猛禽類の飛翔写真」は一番簡単ですね~。

「ノスリ」と思ったが「ハチクマ」か?

いつものように、「新幹線のふかん写真」を撮りに出かけたが・・・。そこは「ノスリ」が近くで繁殖してるので、(過去20年間でハチクマも2回営巣してくれた。ノスリの空巣を利用して)何も考えず、「ノスリだろう」と思って撮影し、ピント確認の為、画像を拡大してみたら、「何かハチクマのような気がする?」と・・・。

「新幹線のふかん写真撮影」なので、望遠レンズではなく「24-105広角ズーム」だけ1本の身軽な装備に(山に重い600ミリを持って入れない)「あ~、400ズームも持って来れば良かった」と、後悔先に立たずです。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6128blog01

6128blog02

6128blog03

6128blog04

6128blog05

▲ 2021年5月20日 たぶん「ハチクマ」か? トリミング拡大画像  生森山(岩手県雫石町)

新幹線画像の左の森に「ノスリの営巣場所」があるので、つい「ノスリ」と思って撮影してました~。が・・・、画像を拡大したら、「ハチクマ」に見えて来た。

20年弱、「ハチクマ観察」を続けているが、例年「5月25日前後がハチクマの初認日」(一番早い年で5月13日が1回だけあった)との思い込みと、ノスリ営巣場所近くの思い込みが重なったのが「たぶんハチクマか?」としか言えない情けなさです。

6128blog21

6128blog22

6128blog31

6128blog32

6128blog33

6128blog41

6128blog42

6128blog43

▲ 2021年6月1日  ハチクマ♂  雫石の養蜂場(岩手県雫石町)

「養蜂場のハチクマ」は・・・、「動物園でハチクマを撮影する感覚」なので、ここ10年は養蜂場に入らず、近くの小山で「飛翔するハチクマ撮影に専念」してました。「10年近く、養蜂場のハチクマ撮影」を続けていたら、何か「飽きてきたと言うか、動物園でハチクマを撮影してる感覚」になり、急に嫌になってきてる自分がいました。

が・・・、「ハチクマとわからず撮影した」ので、急にハチクマに会いたくなり「養蜂場のハチクマ」に出かけてきました。

ピンクの花の近くにハチクマがパーチ(止まる)してくれたので、600ミリを取り出し、撮影する気分になりました~。その後は「いつもの養蜂場のハチクマ」なので、もう養蜂場通いは終了です。(養蜂場のハチクマ撮影は完全に飽きてる)

20年前に「養蜂場のオーナーさん」に挨拶してからの撮影(それまで、500M離れた場所でレンズも出さずに双眼鏡で観察するだけ)に、オーナーさんが感激してくれて、「貴方ならいつ養蜂場に入って撮影してもいいよ」との許可をいただきました。私は仕事がら「職人の気持ち」がわかるので、(養蜂作業中は絶対目に入る場所にいない。必ず500Mは離れてる。カメラは出さない、撮影しない)

2年目には、「休憩時間にクーラーボックスに冷え冷えの缶コーヒの差し入れ」する仲に。

3年目には、「携帯番号の交換や養蜂作業の手伝い」をする仲に。

オーナーさん言うには「カメラ屋は一人、二人と仲間を連れてやって来る。作業中も近くに陣どって目障りだ」と。しかし「あんたは職人の気持ちがわかるし、3年もたつのに仲間を連れて一度も来た事ががないから信用できる」と・・・。

4年目には「花とともに全国を渡る養蜂業者のお話や、養蜂業界の暗黙のルールや、東北の養蜂場所の位置」など・・・。そして「仲間内の養蜂場でハチクマを撮影したかったら、俺の名前を出せばオーケーだよ」などなど。

なんでも「最初の挨拶」がかんじんとの事です。

仲間の山形県の養蜂業者は、「ハチクマに発信機を装着する」とかあって「えらい迷惑した」と言ってたらしい。

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ