最近のトラックバック

カテゴリー

« 2021年の「御所湖のカンムリカイツブリ」繁殖観察記録 | トップページ | ブナの森のアオバトに拘り続けて30年・・・ »

アオバト写真12万カットをどうするか・・・?

飽きるほどアオバトを撮影してみたが(約12万カット/6TBのハードデスクがパンパン)、毎日毎日「削除する画像チェックに没頭」してます。できれば1000枚ほどにしたいのだが、いつもの悪い癖で、「途中で投げ出してしまう」今日この頃・・・・。今シーズン(2021年)も30回ほど撮影に出かけているが、チェックする事なく、ハードデスクに入れっぱなしになっいてる。

6137blog00

2003年8月22日。デジタルカメラには懐疑的で、遊びでデジ一眼(Canon EOS D60)を購入してみて、「デジタルカメラの初撮りは海のアオバトにしよう」と思っていた。

当然、「デジタルのアオバトは試し撮り」で、メインはEOS-1HS2台のリバーサルフィルム(フジRDP2)36枚×20本がいつもの一日の撮影でした。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6137blog01

6137blog02

6137blog03

▲ 2003年8月22日 海のアオバトをCanon EOS D60で初めて撮ってみました。

仕事で小泊漁港(青森県小泊村)に出かけ、そのまま高速道路で家に帰るのも芸が無いので、津軽半島や竜飛岬を周遊しで海岸沿いを走行していたら、「濃い緑色のハトを目視」し、直ぐにアオバトの群れとわかったのですが、カメラ600ミリ望遠機材を積んでなかったので、「アオバトを広角レンズで撮影」して終了。

6137blog04

6137blog05

6137blog06

6137blog07

6137blog08

6137blog09

6137blog10

6137blog11

6137blog12

6137blog13

6137blog14

6137blog15

6137blog16

6137blog17

6137blog18

6137blog19

6137blog20

6137blog21

6137blog22

6137blog23

6137blog24

6137blog25

6137blog26

20年前に撮影した「海のアオバト」ですが、「森のアオバト」に比べて、簡単に撮影できるので、直ぐ飽きてしまいました。

6137blog51

6137blog52

6137blog53

6137blog54

6137blog55

6137blog56

6137blog57

6137blog58

6137blog59

6137blog60

6137blog61

6137blog62

6137blog65

6137blog66

6137blog68

6137blog69

6137blog70

6137blog71

6137blog72

「森のアオバト」は警戒心が強いのでブラインドに入って撮ってるので、「海のアオバト」でもブラインドに入って試してみました。

6139blog01

6139blog02

6139blog03

6139blog04

6139blog05

とりたてて撮りたいと思わないけど、「順光でアオバトの発色を意識して」飛び立つアオバトを撮ってみました。

6138blog01

6138blog02

6138blog03

6138blog04

6138blog06

6138blog07

6138blog08

「森のアオバト」はいつもブラインドに入って撮影してるのですが・・・、とても警戒心が強く、「最初の1枚目」で飛び立たれます。だから30年以上も(リバーサルフィルム時代から)撮り続けてるのかも知れません。

難しいものにはファイトが湧くんで~す。

こんな同じようなカットが「12万枚」もあるなんて・・・。

« 2021年の「御所湖のカンムリカイツブリ」繁殖観察記録 | トップページ | ブナの森のアオバトに拘り続けて30年・・・ »

【野鳥】 アオバト」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^_^)

深浦町の千畳敷近くのカブト岩付近に撮影に行きますが、
アオバトの魅力的な瞳がたまりませんね

6月末に鶯宿温泉で「キョロロ~キョロロロ~♪」
って聞こえてきてビックリです。
数年前には鶯宿川で「ヤマセミ」を目撃しているし、
超過密な十二湖は避けて
来年あたりコソコソ探検に行ってみようかと思っています。

satukiti さん。 こんにちは。

私の知ってる限り、東北でアカショウビンを撮るなら「十二湖」がかと・・・。
10年以上十二湖には出かけていないので、現状はどうなってるか想像もできません。

私の経験では「奥胎内(新潟県」が一番の過密(カメラマン100人)でしたね~。

羽黒神社(山形県)や田沢湖(秋田県)は、「一人でじっくりアカショウビン」を撮影できました~。

私が十二湖に出かけていた当時は、カメラマンは5人以下だったので、顔も名前もわかり、和気あいあいと、食べ物をわかちあったりと、楽しい時間が凄しました~。

一日「十二湖のアカショウビンを独り占め」する事もけっこうありました。観光客は多かったけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年の「御所湖のカンムリカイツブリ」繁殖観察記録 | トップページ | ブナの森のアオバトに拘り続けて30年・・・ »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ