最近のトラックバック

カテゴリー

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

今年も(2021年)エリマキシギが見前水田に飛来してくれた。

毎年、秋のシギチシーズン突入とともに「エリマキシギを見るまで見前水田に通う」ことを1998年から23年間も続けている。(連続観察中)今年(2021年)も、エリマキシギを見れたので、「休耕田のシギチ観察は終了」にしようと思ってる。

今年は「見前水田で面識の無い野鳥写真愛好家の車」を10台は見てるので、「こんなにシギチが人気があったけ?」と不思議な気持ちにになりました~。

今日はたまたま、面識の無い初対面の野鳥写真愛好家と会話したが、(最初はカメラ無で、目視で観察してたからか?)色々と私に野鳥の事をレクチャーしてくれた。

私は柔和な顔をしてるし、威圧感が無いので話しやすいのだろうと思うが、タカブシギとかタシギばかりだったので、カメラを出すこともなく野鳥の話を聞いていたが、エリマキシギが飛んで来たので、車に戻り、三脚とカメラと取り出し撮影をした。

ら・・・、急に初対面の野鳥写真愛好家が「先生、あの鳥の名前を教えて下さい」と・・・。

 

ヨツヤ 「私は先生ではないですよ。あなたと同じ野鳥写真愛好家で~す」と言いつつ、あの野鳥は「エリマキシギ」ですよ~。

Aさん  「写真は色々撮ってきたが野鳥写真を撮りたくて、去年から野鳥写真にのめりこみました~。その為に農道に入りたくて軽4WDも購入しました。」「軽の中古車と同じ値段がする600ミリの大砲までは手がまわらないので、望遠ズームで我慢してます」

ヨツヤ 「エリマキシギを撮りましょう!」「貴方と同じ野鳥写真愛好家ですから、先生と言うのは無しでお願いします」

 

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6150blog01

6150blog02

6150blog03

6150blog04

6150blog05

6150blog06

6150blog07

▲ 2021年8月30日  エリマキシギ  見前水田(盛岡市)

飽きるほどエリマキシギを撮ってるが、つい肉眼で見てしまうとカメラを取り出し撮影してしまいます。

25年前は「盛岡のシギチ観察」と言えば北上川の河川敷が一般的でした。

私は「淡水系のシギチが必ず休耕田に入る信じ」、誰もBWがいない見前水田と矢巾水田に春と秋に通いつめて、1998年に見前水田でエリマキシギを見れた時は「小躍り」しましたね~。

空を見ろ。アオバトだ!!

26日は「藤原埠頭9時集合(岩手県宮古市)の仕事」が入っていたので、久しぶりに「海のシギチでも見てみよう」と早起きして、「仕事と鳥見の一石二鳥」をもくろんだ・・・。が、シギチはさっぱりだったが、「アオバトの声が聞こえてきた」ので、鳴き声の方向に「全集中」してたら、「青空に1羽のアオバト」が眼の前を横切った。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6148blog01

▲ 2021年8月26日  宮古湾(岩手県宮古市)

期待のシギチはさっぱりだった。

この場所では

1996年1月2日 クロツラヘラサギ1羽(岩手県初記録。私が第一発見者)

2004年10月19日 ミヤコドリ2羽

を見てる。

6148blog02

▲ 2021年8月26日 アオバト  宮古湾(岩手県宮古市)

遠くからアオバトの鳴き声が聞こえてきたので、全集中してたら、「目の前をアオバトが横切ってくれた」

後は、いつものように「一に観察、二に観察、三、四が無くて、五に観察。そして撮影はオマケ」

6148blog03

▲ 2021年8月26日 アオバト  宮古湾(岩手県宮古市)

アオバト観察30年。(井の中の蛙と言われそうですが、「日本で一番アオバトを撮影してる男か???」12万カットが未整理でハードデスクに残ってる)

アオバトの行動パターンは何処も一緒なので、撮影は簡単です。

6148blog04

6148blog05

6148blog06

▲ 2021年8月26日 アオバト  宮古湾(岩手県宮古市)

海水吸引のアオバトは、「飛んできてすぐ海水吸引すると思われがち」ですが、行動パターンとして、高い森のなかから、5回位枝うつりしながら、30分ほど時間をかけ海岸に降りる。海水吸引は60秒ほどなので、ほんの一瞬です。

6148blog11

6148blog12

6148blog13

6148blog13

6148blog14

6148blog15

6148blog16

6148blog17

6148blog18

6148blog19

6148blog20

▲ 2021年8月26日  アオバト  宮古湾(岩手県宮古市)

海水吸引をするアオバトです。

6148blog21

6148blog22

6148blog23

6148blog24

6148blog25

6148blog27

6148blog28

▲ 2021年8月26日 アオバト  宮古湾(岩手県宮古市)

「青空にアオバト」は何処で撮っても同じですが・・・、群れ飛翔は「中望遠ズーム」で撮影して見ました。

アオバトの撮影ポイントを10カ所ほど知ってるが「いつも自力で探し出す」ので、他のカメラマンに会う事はありません。

自力で撮影ポイントを見つけだす事が大好きで~~す。

久しぶりに「見前水田でアオアシシギ」を動画撮影してみた。

姿よし、声よしのアオアシシギを久しぶり(6年ぶり)に、「見前水田(盛岡市)で動画撮影」する事が出来た。

野鳥写真は「燃えつき症候群状態」なので、真剣みがなく「適当に動画撮影」してみたり、「ピントはオート撮影(手動でマニアル撮影が好き)でただただシャッターを切るだけ」の状態で・・・。双眼鏡でアオアシシギを見たり、他の野鳥を観察したりと、「観察派」になってしまいました。

「一に観察、二に観察、三、四がなくて五に観察」です。写真撮影はオマケですかね~。

▼ 「動画」で鳴き声も一緒に撮ってみました。姿よし、声よしのアオアシシギを楽しんで下さい。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6147blog01

6147blog02

6147blog03

6147blog04

6147blog21

6147blog22

6147blog23

6147blog24

6147blog25

6147blog26

6147blog14

6147blog31

6147blog41

▲ 2021年8月23日  アオアシシギ  見前水田(盛岡市)

普通種のアオアシシギですが、見前水田で見るのは6年ぶりの観察です。(あくまでも個人的な観察記録)

姿よし、声よしなので、とても大好きです。鳴き声は良くとおるので、姿が見えなくても「あっ!アオアシシギがいるな」となります。

あとは黙ってまっていれば、休耕田にアオアシシギが降りてくれます。

と言うことで、他の野鳥より、「撮影はとても簡単」で~~~す。


13年ぶり8月に「見前水田(盛岡市)でシマアジ」を観察した。

見前水田(盛岡市)での秋のシギチ観察をスタートしたのですが・・・、カモの仲間の「13年ぶりのシマアジ」を観察することが出来た。前回(2008年9月7日)はeclipes(エクリプス羽)1羽だけだったが、今回(2021年8月22日)は、エクリプス羽と雌成鳥と思われる番(つがい)の2羽です。

「シマアジ」は東南アジアで越冬するので、繁殖地(シベリア)から、早く渡ってきて、日本列島を時間をかけて(休憩しながら)南下し越冬地に向かうのでしょうね。

逆に春は4月中旬過ぎに「綺麗な雄の夏羽」を見る事ができます。

30年前は、綺麗な夏羽見たさに伊豆沼(宮城県)湖畔の水張休耕田に出かけたもんです。BW仲間では「シマアジを確実に見るなら伊豆沼」が知れ渡っていて、関東のBWと「珍鳥情報交換」するのが、楽しみでもありました。その後は「葉書で珍鳥情報交換する(地図が書き込めるので)」が一般的でしたね~。まだファクス送信は一般的ではなかった。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6146blog02

6146blog01

▲ 2021年8月22日  シマアジ(左はエくリプス羽、右は雌成鳥) 見前水田(盛岡市)

ほんと地味なカモですが・・・、雄夏羽は「ほんと綺麗」ですよね~。

1560blog13

▲ 1996年4月7日  シマアジ雄夏羽  御所湖(岩手県雫石町)

ライファーは1990年4月13日伊豆沼ですが(珍鳥ではないが、準珍鳥あつかいで伊豆沼に東北、関東のBWがシマアジ狙いで集まってました)マイフィールドの御所湖で「わりと近くで撮影できた時は感動もの」でした~。

1560blog05

▲ 2010年4月15日  シマアジ(左は雄、右は雌) 北上川(花巻市)

花巻在住の鳥友Hさんから「シマアジ」6羽入ってます」との電話をもらい、当日直行しました。感謝、感謝です。(雌を見た事がなかったもんで)

日本は越冬地ではないので、中々見る機会に恵まれないカモなので、見れただけで嬉しい。写真撮影はオマケみたいなもんです。

2021年、「盛岡近郊(見前水田)の秋のシギチシーズン突入」です。

シギチの案配が気になって、今日は「見前水田(盛岡市)」に出かけて来た。

期待通りに「シギチ観察」が出来たので、有意義な一日になりました。

◆ 2021年8月22日(日) 見前水田(盛岡市)  曇り→小雨  10:00~12:00

1 クサシギ  1羽

2 タシギ   8羽

3 タカブシギ 5羽

 

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6145blog01

6145blog02

6145blog03

6145blog04

▲ 2021年8月22日(日) クサシギ  見前水田(盛岡市)

普通種のクサシギですが、中々開けた場所に出てこないので、「撮影機会に恵まれないシギ」です。(個人的なマイフィールド見前水田での感想です)見れただけで嬉しくなりますね~。

6145blog11

6145blog12

▲ 2009年8月23日 クサシギ  見前水田(盛岡市)

10数年前に、まったく同じ場所(見前水田)で撮影したクサシギです。

当時は今現在と違って、「真面目にブラインドに入ってシギチ撮影」してました~。

今は、ハイアマチアのプライドを捨て「野鳥写真愛好家(アマチア)宣言」してるので、「ちゃっちゃと記録写真を撮っておしまい」です。ただもともと「観察派」だったので、2時間も双眼鏡でシギチを見ることにストレスはありません。

普通は10分も見れば十分なのでしょうが、シギチは何時間見ても飽きがきませんね~。

 

30年前も、今現在も、アオバトは同じブナの小枝にパーチ(止まる)する。

30年前はリバーサルフィルム(銀塩フィルムとも言っていた)は、「コダック社の一人勝ち」で、「富士フィルム」もベルビア(RVP)の発売とともに、なんとかコダック社に張り合えるかな~と・・・言う状態。試供品で(36枚X20本)「さくらのリバーサル」の提供もあったが、一本で発色がイメージに合わなく、19本は捨てた。

30年前は「コダックKL(ISO200)」でも撮影が多かったが、(一日の撮影は36枚を10本位)、連射する事もなく、「ワンショット(1枚目に集中)撮影」する日々でした~。

そんな事を思いだしながら「30年前にブナの小枝でアオバトを撮影したが、同じ場所でデジタルで1000枚を簡単に撮影してる今日この頃」です。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6134blog01

▲ 1992年8月31日 アオバト♂ コダック(KL200)で撮影→デジタル画像(JPG)にスキャン。

30年前に撮影した画像です。

「ど素人アマチアカメラマン」だったので、これが精一杯の画像です。一枚、一枚集中して時間をかけて撮影してました。

6134blog11_20210821210201

▲ 2021年8月4日 アオバト♂と♀  デジタルRAW画像→JPGに変換。

ブナの小枝が30年でかなり太くなりました。

今はデジタル撮影なので、フィルム代の事を考えなくてすむので、「緊張感もなく連射」してます。

2021年だけでも「アオバトは30万カットはハードデスクにぶっこんだまま」なので、過去の「アオバト厳選12万カット」もあるので・・・。

たぶん・・・「日本で一番アオバトを撮影してる男」かな???

6134blog21_20210821211401

6134blog22

6134blog31

6134blog41

6134blog51

6134blog52

▲ 2021年8月4日  

8月4日に撮影したアオバトは1万カットだったが、まだ半分も残ってる~~。

RAW画像で撮影してるが、1枚1枚「30倍に拡大」してピントの確認をするので、これが大変。

その後で、「ブログに貼りつける画像をJPGに変換」。それを縮小して名前(クレジット)を書く・・・。

途中で飽きてきま~す。

 

ブナの森のアオバトに拘り続けて30年・・・

アオバトは・・・、海岸での撮影なら障害物もなく、見通しがきくので「スッキリ、クッキリのアオバト写真は苦労なく撮影出来る」が、あまりにも簡単に撮影出来るので、「3年も撮影すると燃えつき症候群状態」になってしまいます。(あくまでも個人的感覚)

ブナの森のアオバトは障害物だらけで「30年撮影を続けても飽きる事はない」のですが、「やっと苦節30年、撮りたいと思っていたブナの小枝にアオバトがパーチ(止まる)してくれた」。

ぞくな言い方なら「30年に一度のシャッターチャンス」で撮影する事ができました。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6142blog00

6142blog01

6142blog02

6142blog03

6142blog04

6142blog05

6142blog06

6142blog07

2021年は「4年に一度のブナの実の大凶作」なので、実がひとつもついて無いです。が・・・

ブナの実の大凶作の年は「熊が冬眠前に餌を求めて歩き回る」ので、9月以降から積雪前までは注意が必用です。過去30年で2回「熊に遭遇」してるが、「脱兎のことぐ逃げてくれた(三脚を持ってると猟銃に見えるもかな?熊撃退スプレーは持ってるけど使用した事が無い)」

6142blog11

6142blog12

6142blog13

6142blog14

6142blog15

6142blog16

6142blog17

6142blog18

6142blog19

6142blog20

6142blog21

6142blog22

6142blog23

6142blog24

6142blog25

6142blog26

6142blog27

6142blog28

6142blog29

6142blog30

6142blog31

6142blog32

6142blog33

6142blog34

6142blog35

6142blog36

6142blog37

6142blog38

6142blog39

6142blog40

6142blog41

6142blog42

6142blog43

6142blog44

6142blog45

6142blog46

50枚ほど貼り付けましたが、実際は「1秒に8枚の連射」なおで、「500枚は連射されてる」

8月4日のアオバトは「64MBのCFが5枚」で1万カット撮影してました~。普通は3000カット位なので、3倍も・・・。

「30年に一度のシャッターチャンス」だったからかもね。

 

 

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ