最近のトラックバック

カテゴリー

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

大砲(600ミリ)を封印したお陰で、アオバトの「究極の1枚」を撮る事が出来た。

アオバト写真は12万カット(日本で一番アオバトを撮影してる、見てる男と自負してます)あるが、半分も整理できないでいる現状なのに、「600ミリを封印し、24-105ズーム(50ミリ相当、肉眼で見ている距離)で撮影する事が出来た。普通、広角レンズなら、ブラインドも使わず撮影するのが一般的だろうが、迷彩シートと穴あき迷彩を頭からかぶり、雪が降るまでの勝負と言うことで、本気モードに入り(水だけあれば、パンだけで我慢できる)1週間通いつめて撮影する事が出来た。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見ることができます。

「究極の1枚目」は手元に残し、「2枚目」を貼り付けます。(インターネットは自分の写真を削除しても永遠にネット内に残るので)

7001blog08

▲ 2021年10月10日  たぶんアオバト 24-105ズーム(50ミリ相当で撮影)

ブナが色ずきはじめ、カエデが赤くそまったが、(正味3日しかもたない。後は茶色になって枯れるだけ)年によって、全く違うので「過去30年で初めてのイメージ通り」になりました。

30年×3回=90回のチャレンジと思うでしょうが、濃いガスのおおわれたのは「30年で初めての事」だったので、たぶん「最初で最後の撮影」だったと思います。

ブログに貼り付けたのは「究極の2枚目」ですが、「究極の1枚目」は毎日見ても飽きがきません。

デジタル時代ですが、フィルム時代の「最初の1枚目が勝負の感覚を指が覚えている」ので、シャッターチャンスは逃しません。

写真の師としてる「ロバート・キャパ(戦場カメラマン)」の教え(ピントよりもシャッターチャンス優先。望遠レンズを捨てろ!)をいつも思いながらの撮影になります。

 

7001blog01

▲ 2021年10月23日  雫石五山   

7001blog02

▲ 2021年10月28日  雫石五山

ブナ紅葉は、「たった5日間で直ぐ黄色くなる」のですが、3日後には茶色に変色するので、桜の撮影と一緒ですね。

7001blog10

7001blog11

▲ 2021年10月23日

里は曇り空だったが、標高が上がるほどにミゾレになり、雪に変わりました。

例年だったら、山はすべて「落葉」してるので、2021年(紅葉が遅い。温暖化か?)は特別な年になりました。

7001blog12

 

7001blog13

 

7001blog14

 

7001blog15

7001blog16

7001blog18

7001blog21

7001blog22

7001blog23

7001blog24

7001blog25

7001blog31

いつもの事ですが、「写真コンテストには応募しない。興味無し」なので、他のカメラマンや観光客に会う事はありません。この「紅葉風景をいつも一人しめ」です。

「野鳥写真」でも「風景写真」でも、撮影ポイントは自分で探し出す事に喜びを感じま~~す。

7001blog41

7001blog42

7001blog43

7001blog44

7001blog45

▲ 2021年10月23日 

熊さんが怖いが(2021年は4年に1回のブナの実の大凶作)、カメラ機材を背負うと「熊の恐怖心」がなくなります。突然の出会いならアウトでしょうが、50M離れてれば「熊さんが先に移動してくれた~。2回ほど経験有り」。声は出さない。背中を見せない、視線を外さないが原則です。

7001blog61

7001blog71

7001blog72

7001blog73

7001blog74

7001blog75

7001blog76

7001blog81

7001blog82

7001blog83

7001blog84

7001blog85

7001blog86

7001blog87

7001blog88

7001blog89

7001blog91

▲ ブナ紅葉の中のアオバト写真館

5回目の「野鳥写真燃え尽き症候群になりました~」

「5回目の野鳥写真燃え尽き症候群」になって、「歯を食いしばって2021年秋のシギチ写真整理」をしてる。

当分は・・・「600ミリの大砲は封印」する事にした~。(野鳥写真を撮りたいと思うまで)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができあます。

6168blog01

6168blog02

6168blog03

▲ 2021年9月3日  タシギ  見前水田(岩手県盛岡市)

シギチの写真にはこだわりがあって、「脚が見えないシギチの撮影はしない(カモ写真みたいになってしまうからね)」と決めていたが、なんとなく気になって、シャッターから指を離さないでスタンバイしていた。ら・・・、「タシギが飛出し」(至近距離だったので、目にピントがあい、あわてて飛び出したのでしょう)てくれた。

タシギじゃなければ「やったーね!」と喜ぶところだが、タシギなので、「画像確認もせずにハードデスクにぶっこんだまま」でした。

タシギは「飽きるほど撮影」しているが、「次列風切りの白帯がはっきり見える画像」は持っていなかったから、ラッキーと言えばラッキーだった。

6168blog10

「野鳥写真燃え尽き症候群」になった時は・・・

「蝶々」もあるし~、「お城」、「滝」、「桜」もあるが・・・

「マイブック」を作ってみようかと最近は思ってる。

6168blog11

6168blog12

6168blog13

数年前に「マイブックを5冊」試しに作ってみた。(写真枚数は100枚)

わりと、「発色はいいかんじ」だったので、「個人で楽しむのは十分」だと感じた。

6168blog21

6168blog22

6168blog31

「お城巡り」も好きだったりするので、仕事で出かけた時に近くに「お城」があれば立ち寄る事にしてる。(わざわざお城目当てで行く事はない。いつも仕事や鳥見についでに立ち寄ります)

6168blog32

6168blog33

6168blog34

6168blog35

6168blog36

▲ 2019年10月17日  松本城 (長野県松本市)

仕事で軽井沢(長野県)に出かけたので、寄り道して「松本城」と「上田城」に出かけた。軽井沢から松本城まで、高速で1時間ちょつとで行けるので、普段鳥見で沿岸に出かけてる身としては(2時間30分くらいかかる)、とても近く感じた。

2019年10月は、「まだコロナ禍」ではなく、「松本城内には1000人位の観光客がいたが、9割は海外の人(欧米3割、アジア7割)だらけで、ここは外国かと思った。いろんな国の言葉が聞こえてきました~)

「野鳥写真燃え尽き症候群」からの解決は・・・、別な趣味に没頭するしかないです。(過去の経験から)

今は「コロナ禍」なので、自宅で出来る「マイブック作り」にせいをだそうかと思ってます。

 

やっと1ヶ月前に撮影した「エリマキシギ」の整理が出来た~。

もう、とことん「野鳥写真撮影が嫌になってきた」。

やっとエリマキシギの写真整理が出来たのだが・・・。他にも、タカブシギやヒバリシギ、タシギ、トウネン、クサシギなどなど沢山あるが、もうどうでも良くなってきた。春先に撮影したコクガン(2021年3月)は、「まったく手つかず」なのだが、もう少しすればコクガンも飛来すると言うのに・・・。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6167blog01

6167blog02

6167blog03

6167blog06

6167blog11

6167blog12

6167blog13

6167blog14

6167blog21

6167blog22

6167blog23

6167blog24

6167blog25

6167blog28

6167blog31

6167blog32

6167blog33

6167blog34

6167blog35

6167blog36

6167blog37

6167blog38

6167blog41

6167blog42

6167blog43

6167blog44

6167blog45

▲ 2021年9月3日 エリマキシギ幼羽  見前水田(岩手県盛岡市)

エリマキシギは初列風切りが長く「風が吹くとめくれる」ので、風が吹くのをじっと待ってました。

ただ、「でっかくエリマキシギを撮影しても面白くない」ので、ひらひらと風切りがむくれるのが「絵コンテ」でした。

絵コンテ通りの撮影が出来たので、満足には満足です。が・・・

つくずく「野鳥写真撮影」が嫌になってきた。

1枚あればいいのにね。

羽根を痛めた「御所湖のコハクチョウ(越夏個体)」は、仲間と再会できるか?

例年、10月中旬になると「御所湖&雫石水田には第一陣のコハクチョウが次々と渡って来る」(過去一番早い年は2019年10月14日)のですが、今年(2021年)は、羽根を痛めた越夏個体のコハクチョウ1羽が御所湖にいたので、「無事仲間と再会できるか?」気をもんでる。

全く飛ぶことが出来ないので動物(キツネなど)からの身を守る為に日々居場所を変えていた。

給餌された頃の「御所湖の傷ついたハクチョウ」は、キツネの格好の餌になっていた。氷上では最初にキツネが腹にかぶりつき、トビからハシブトガラス→ハシボソガラスと食べられ、また最後にキツネが現れ、「頭からかぶりつき氷上には羽根しか残らない」のを見た事がある。何も残らない。

9月中旬までは「越夏コハクチョウを見ていた」が、その後見る事がないので「何処に潜んでるかはわからない」が・・・、全面結氷する御所湖では、コハクチョウは餌が獲れなくなるので、「キツネに襲われる現実が・・・・」

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6166blog01

▲ 2021年6月25日  コハクチョウ  御所湖・元御所橋上流(岩手県雫石町)

カンムリカイツブリを観察していた時に、何処からともなくコハクチョウが現れた。(羽根を痛めてる事は直ぐわかった)

6166blog11

6166blog12a

6166blog12b

▲ 2021年7月2日  コハクチョウ  御所湖・安庭橋上流(岩手県雫石町)

頭部が泥で茶色になっていた。

開けた場所に出て来る事はめったに無いのだが・・・。余程疲れていて、休憩していたのだと思う。

6166blog21

6166blog22

▲ 2021年7月12日  コハクチョウ  御所湖・安庭橋下流(岩手県雫石町)

頭部の茶色もとれ、水のあるブッシュの中に潜んでた事がわかります。

6166blog31

6166blog32

▲ 2021年9月9日  コハクチョウ  御所湖・元御所橋下流(岩手県雫石町)

この日を最後に、「御所湖の越夏コハクチョウ」は見る事が無い。

毎日観察してるわけではないので、何処に潜んでるかはわからないが・・・。

仲間のコハクチョウと1年ぶりに再会できればと・・・思ってる。

6166blog51

6166blog52

▲ 2019年10月14日  コハクチョウ  雫石水田(岩手県雫石町)

例年10月20日~25日に「第一陣のコハクチョウ」が御所湖に渡ってくるのですが、この年は10月14日でかなり早かった。

オオハクチョウはコハクチョウから一か月遅れて渡ってきます。

そうなると、「コハクはコハク、オオハクはオオハクで撮りたい性分」なので、混ざらない群れを見つけるのが大変になります。

ハクチョウの撮影は、「アメコ(亜種アメリカコハクチョウ)もいるんじゃないかと」いつも「ハクチョウの嘴に目が・・・」

BWのサガなんでしょうね。

10月になると思い出す・・・「ミヤコドリのあるある話」

バードウォッチングの「あるある話」なんだけど・・・。

珍鳥ではないが岩手県内陸に住んでると、「まず絶対見る事が出来ないミヤコドリをわざわざ関東遠征して見たことがある」が、数年以内に「岩手県内海岸で簡単に見れてしまったミヤコドリ」の事を、10月の声を聞けば思いだします。当時は高速道路もあるので、関東位までは躊躇なく遠征してました~。(今は1種位では出来ないな~)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像で(1000x666)で見る事ができます。

6149blog02

6149blog01

6149blog10

6149blog11

6149blog12

6149blog13

6149blog21

6149blog31

6149blog22

▲ 2004年10月19日  ミヤコドリ  津軽石川河口(岩手県宮古市)

わざわざ4年前に、ミヤコドリの為に「三番瀬(千葉県)」まで遠征したのだが、(同時にオオメダイチドリ冬羽も三番瀬で見れた)、岩手県沿岸でミヤコドリを見れるとは、当時はぜんぜん思いもよらんかった。

ライファーの感激も無く、岩手県内で見れたから「少しだけ嬉しい」と言う気持ちでした。

見たい、見たいと思ってた野鳥が「一回見れれば、簡単に二回目がある」と言う、バードウォッチングの「あるある話」でした~。

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ