最近のトラックバック

カテゴリー

« 11月下旬なにに、山はドカ雪なんて・・・「地球温暖化」が犯人だぞ~! | トップページ | 「早池峰山におけるライチョウ生息の可能性」の論文が突然届いた。 »

車の前を「オオマシコ20羽+」に横切られて・・・

昨日は昼でも「マイナス3度の真冬日」に、赤い鳥を期待で林道を走行していたら・・・・「オオマシコ20羽+の群れに横切られてた」。

今朝は「5センチの積雪」に気を良くし、「必ずオオマシコを撮影するぞ!」と気合十分での、「赤い鳥リベンジ」を決行した。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見ることができます。

7004blog01

▲ 2021年12月19日  積雪5センチの雫石郷   

雪はちらつく事はあぅたが、今シーズン初めての積雪になりました。

オオマシコの撮影ポイントは「除雪車が入らない林道」なので、20センチ以上の積雪になれば「4WD車でも無理はしない」と決めてます。まあバリケードもないので、「自己責任で入るのはかまわない」のでしょうが、社会人の常識として、「他人にご迷惑をかけない」のが当たり前。

7004blog02

▲ 2021年12月19日  大地沢   (岩手県雫石町)

自宅から20分ほどですが、積雪は10センチ位だったので、4WD車なら問題なく入る事ができます。

7004blog21

7004blog22

▲ 2021年12月18日  ノスリ   (岩手県雫石町)

昨日、車で走行中「オオマシコ20羽+の群れ」に横断されて、車を停車して2時間ほど待ってみましたが、オオマシコの群れは来てくれませんでした。

オオマシコとベニマシコを瞬時に見分けるポイントは「尾羽」です。ピンク色なので他の小鳥と誤認はないのですが、ベニマシコは「セキレイみたいに尾羽が長い」しオオマシコは「尾羽が短い」です。

それと~、個人的な観察記録ですが、「ベニマシコの群れは10羽が最高の羽数」でしたが、「オオマシコは10~200羽の群れ」なので観察してます。20羽のオオマシコの群れは少ない方で、だいたい50羽位ですね。

ノスリがネズミを捕まえて食事してくれました。「10秒ほどで、ネズミ一匹を丸のみ」しました。

7004blog23

▲ 2021年12月18日  エナガ  (岩手県雫石町)

7004blog24

▲ 2021年12月18日 シジュウカラ   (岩手県雫石町)

記録写真としては、「腹の黒色(通称ネクタイ)」が見えないので、「失敗作」になります。

まてどくらせどオオマシコが現れないので(2時間も待った)、暇なもんで、エナガとかシジュウカラを撮って遊んでました。

7004blog03

7004blog04

▲ 2021年12月19日  おう滝   (岩手県雫石町)

オオマシコの撮影に出かける時は「おう滝にご挨拶」してます。すぐ近くに「山の神神社」のあるので、林道に入る時は、参拝する事にしてます。

7004blog11

7004blog12

7004blog13

7004blog14

▲2000年以前 (※フィルムでの撮影です。デジタルカメラではありません)  オオマシコ

1月~2月は積雪1~2メートルは積もるので、「根雪前の12月の積雪時(20センチ以下)」の時に撮影。

朝一番で積雪の状態を確認し(自宅庭で10センチ以下)、晴れを待ってオオマシコ撮影ポイントにGo!です。

オオマシコは飽きるほど撮ってるつもり(5000カット)ですが・・・、「飽きる事は無い」ですね~。

« 11月下旬なにに、山はドカ雪なんて・・・「地球温暖化」が犯人だぞ~! | トップページ | 「早池峰山におけるライチョウ生息の可能性」の論文が突然届いた。 »

【野鳥】 オオマシコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月下旬なにに、山はドカ雪なんて・・・「地球温暖化」が犯人だぞ~! | トップページ | 「早池峰山におけるライチョウ生息の可能性」の論文が突然届いた。 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ