最近のトラックバック

カテゴリー

« 「早池峰山におけるライチョウ生息の可能性」の論文が突然届いた。 | トップページ | 「オカヨシガモ♂幼鳥」を内陸で見れるとは・・・ラッキーでした。 »

BW超初心者だったころ・・・「カモ(鴨)しか撮れないヨツヤさん」と言われ続けていたな~。

バードウォッチングは「カモに始まりカモに終わる」と言われてるが、最近は「ガンカモ・ハクチョウ」ばかり撮ってるような気がする。野鳥写真撮影では「ガンカモ・ハクチョウは苦労する事無く撮影できる」ので、初心者とか「野鳥写真燃え尽き症候群の私」には、うってつけなんですよね~。

車内で好きな音楽CDを聴きながら、目的もなく「風景を見、野鳥(カモ)を待ってる時間」は至福」なんです。

▲ Amy Belle (エイミー・ベル)   「I Don't Want to Talk About It」(もう話したくないよ)

エイミー・ベルは無名の歌姫ですが、私には「本物だ」と言うことがわかります。

オリジナルはニールヤングのバックバンドのギタリスト、「ダニー・ウィッテン」が1971年に発表、翌年29歳の若さで世を去った。麻薬中毒とされている。ニール・ヤングは「生きていたなら、数々の名曲を発表したことだろう」と・・・。

7006blog01

▲ 2021年12月5日   小岩井ため池(鬼越ため池とも言う)に岩手山が・・・。

今シィーズン(2021年)は、御所湖の埋設土砂撤去工事があったので、カモ類がほとんど「小岩井ため池」に移動してました。

7006blog11

7006blog12

7006blog21

7006blog22

7006blog31

▲ 2021年12月5日  ハシビロガモ♂  小岩井ため池(岩手県滝沢市)

※ サブエクリプス羽です。脇腹の羽毛にサブエクリプス羽の模様が出てます。このタイミングでなければ見れなかったと思われます。
成鳥♂の頭部は光沢の緑色で綺麗なのですが、岩手県内陸部には「まずハシビロガモは入らない」ので、サブエクリプス羽を見れてラッキーでした。初めての観察です。

「シギチ屋」なもんで、カモの仲間でも成鳥雄だ~、雌だ~、幼鳥だ~、エクリプス羽だ~と言いながら見てしまします。

初心者だった頃でも、コアなBWになっても、野鳥の見方は「変わらない、変えてはいけない」。

« 「早池峰山におけるライチョウ生息の可能性」の論文が突然届いた。 | トップページ | 「オカヨシガモ♂幼鳥」を内陸で見れるとは・・・ラッキーでした。 »

【野鳥】 ハシビロガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「早池峰山におけるライチョウ生息の可能性」の論文が突然届いた。 | トップページ | 「オカヨシガモ♂幼鳥」を内陸で見れるとは・・・ラッキーでした。 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ