最近のトラックバック

カテゴリー

« 春はノビタキ@2022年4月12日(初認) | トップページ | アオサギの交尾は10秒と以外に長かった~ »

「足環付きコハクチョウ 赤C47」の放鳥記録が届きました~

2022年3月16日に、雫石水田で「足環付きコハクチョウC47」を観察・撮影した。が・・・「山階鳥類研究所」に報告するのも面倒くさい(直接メールを受け付けてない。迷惑メール対策か?)し、どうしたもんかな~と思っていた。

何の気なしに「バードリサーチ(NPO法人の野鳥研究機関)」のホームページを見たら、会員でもなくても「標識鳥の受付ページ」があったので、観察記録と写真を報告。昨日、「放鳥記録」が送られて来た。

放鳥場所 ロシア・チャウン湾  2021年8月1日

 

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7049blog01

7049blog02

7049blog03

7049blog01

7049blog11

7049blog12

7049blog13

▲ 2022年3月16日  足輪付きコハクチョウ 赤C47  雫石水田(岩手県雫石町)

雫石水田に北帰行のコハクチョウ500+が入りました。

普段は真面目にコハクウチョウウを1羽1羽双眼鏡で見る事は無いが、たまたまヒシクイの撮影をしてたら「足環付きコハクチョウ赤C47」がカメラのファインダーに「チラッと」入ってきたので、ヒシクイの観察・撮影を一時休憩し、コハクチョウの撮影に没頭しました~。

シギチ屋なもんで、足の色とか嘴の形には「直ぐ反応」するので、一瞬でも目に入れば、「見おとす事は無い」(笑)

7049blog99

▲ 出典 山階鳥類研究所 「発信機追跡を行ったカリガネの渡ルート」の地図

ロシア・チャウン湾の位置関係がわかるように「地図」を貼り付けてみました。

※ 発信機を付けたカリガネの位置情報ですが、山階鳥類研究所のHPにも「公開資料」としてあります。

  「伊豆沼」で捕獲したカリガネなのですが、家族の群れの個体では無いようです。単独行動(はぐれカリガネ)なので、マガンの群れとともに行動したのでしょうね。

実際、3年連続で(2022、2021、2020年)3月の北帰行で20~40羽のカリガネ家族(雫石水田ではマガンとかヒシクイと混ざる事なく、カリガネの家族だけて行動しる。お陰で、カリガネ家族だけの写真を飽きるほど撮る事ができました。)での行動です。

雫石水田のガン類5種(マガン・ヒシクイ・シュウカラガン・カリガネ・ハクガン)は、秋田駒ケ岳を目指して飛んでいきます。(八郎潟か小友沼か?)奥羽山脈越えの渡のルートが出来てます。

大型猛禽のオジロワシも、雫石川上流から秋田駒ケ岳を目指して飛んでいきました。大型猛禽類も八郎潟~伊豆沼の渡ルートを使っているのだろうか?カモ類も利用してるので・・・。

« 春はノビタキ@2022年4月12日(初認) | トップページ | アオサギの交尾は10秒と以外に長かった~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春はノビタキ@2022年4月12日(初認) | トップページ | アオサギの交尾は10秒と以外に長かった~ »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ