最近のトラックバック

カテゴリー

« 毎日、毎日増える「雫石水田の亜種チュウダイサギ」@2022年6月23日 | トップページ | 雫石バイパス水田でアマサギ3羽@2022年6月26日 »

「亜種チュウダイサギ」は雫石から盛岡に移動したのか?

今日は「梅雨入りの雰囲気」で、朝から雨でした。

「亜種チュウダイサギ」の様子をみようと、いつもの雫石水田に出かけて来た(Am9:00~11:30まで)が、4羽の羽数に変わりなく、1ペアが出来たような雰囲気と、バラバラで2羽がいてくれた。

午後からは盛岡市内に用事があり、いつものシギチ観察の癖で見前水田と矢巾水田を回り、飯岡水田経由で家に帰ろうとしたら・・・・

なんと「飯岡水田に4羽の亜種チュウダイサギが・・・」とてもびっくりした。

組み合わせも「1ペアと2羽のバラバラの亜種チュウダイサギ」。こんな偶然があるのだろうかと思い、急いで「雫石水田」に回ったら、雫石水田には亜種チュウダイサギは見ることができなかった。

普通に考えれば「雫石水田から飯岡水田に移動した」(距離間20キロ)と思われる。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

 

7059blog01

7059blog02

7059blog03a

▲ 2022年6月24日 亜種チュウダイサギ4羽  雫石水田(岩手県雫石町)

 

7059blog11

7059blog12

7059blog13

▲ 2022年6月24日 亜種チュウダイサギ4羽  飯岡水田(岩手県盛岡市)

たぶん、雫石水田から飯岡水田(盛岡市)に移動し、北上川沿いに南下すれば県南(花巻市、北上市、奥州市、一関市)の水田で亜種チュウダイサギ4羽を見る事が出来ると思う。もっと南下すれば伊豆沼周辺(宮城県)か。

カリガネが使う移動ルート(八郎潟~雫石水田~伊豆沼)

 

« 毎日、毎日増える「雫石水田の亜種チュウダイサギ」@2022年6月23日 | トップページ | 雫石バイパス水田でアマサギ3羽@2022年6月26日 »

【野鳥】 ダイサギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎日、毎日増える「雫石水田の亜種チュウダイサギ」@2022年6月23日 | トップページ | 雫石バイパス水田でアマサギ3羽@2022年6月26日 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ