最近のトラックバック

カテゴリー

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

飯岡水田(盛岡市)でミヤマガラス・・・・

 昨日は用事があって午後から盛岡に出かけた。が「電線にカラスの大群」とくれば、ミヤマガラスの群れと相場は決まってるので、待ち合わせ時間1時間前だったので、「30分だけ撮影」しました~。なんで「ミヤマガラスは春と秋に同じ場所に飛来するのか?」とても不思議で~す。

個人的には「ミヤマガラスか~」とテンションは下がるのですが・・・「もしかしてコクマルが混ざっていればラッキーだよね」と思っているので、いつも双眼鏡で見るようにはしてます。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見ることができます。

7076blog01

7076blog02

7076blog03

7076blog04

7076blog05

7076blog06

▲ 2022年11月7日  ミヤマガラス300±  飯岡水田(盛岡市)

いつも、「コクマル混ざっていないかな~」と思いながら見てる。

でも、盛岡市民からは「カラスを撮ってる変な人。かかわりは持ちたくない」と避けられますね~。雫石町内なら「見慣れないカラスですけど、名前を教えて下さい」と声をかけられる事もあります。

7076blog11

7076blog12

▲ 2022年11月7日  ミヤマガラス300±  飯岡水田(盛岡市)

雫石ではないよ。盛岡(飯岡水田)だよ。と言うことで、「必ず背景に動かぬ証拠」(上の写真にはバックの背景にマリオスのビル。下の写真には新幹線の高架橋)を入れて撮りました~。

今では「ミヤマガラスだったら、証拠写真もいらない普通種」ですね~。毎年、春と秋には観察できる。20年前は、「岩手県限定のプチ珍鳥」だったので、写真は絶対撮るようにしてました。

7076blog50

7076blog51

7076blog52

▲ 2022年11月8日 皆既月食   雫石水田(岩手県雫石町)

「赤いお月さん出てるよ。明日写真みせてね」と電話があったので、撮ってみました。

「野鳥写真」撮ってる人って、何でも撮影できると「大きな勘違い」してるよな~。ブツブツ・・・。

 

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ