最近のトラックバック

カテゴリー

« オオマシコは・・・もう飽きたからいい加減にしろ!と言う声が聞こえてきそうだが。 | トップページ | 「オオマシコ写真は飽きたよ!」と思われているだろうが・・・。 »

未来に残したいオオマシコ写真は・・・

 「バードウオッチャーに正月は無い」と言うことで、自宅から秋田駒ヶ岳や岩手山の積雪状況をみて、何処のオオマシコ撮影ポイントに行くか決めていた。一晩で30㎝ほど積もってくれればベストなんだけどね。その代わり、道路の除雪の行き止まりに車を置いて30分は歩かなければならないが、「雪とオオマシコ」の為なら苦になりません。(八割の確率で遭遇できる)

 「若い頃はなんだってできる」ですよね~。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

 

7087blog01a

▲ 1997年1月2日  オオマシコ

キャノンEOS1HS  EF600f4    富士プロビア(RDP2)

「おっ! オオマシコ」・・・・でも雄はいくら待っても(60分)手前には出てきてくれない。仕方が無いので別の撮影ポイントに移動する事にした。(午後から順光になる場所)

7087blog01b

7087blog01c

12月上旬なら雪が降らないので、車で林道に入れるので楽ちんです。

フィルムもプロビア(RDP2)でなくベルビア(RVP)で撮ってみました。

ベルビアは赤と緑が濃いので、肉眼で見るオオマシコと違うくみえます。自分の撮影の腕が上がったと勘違いしてしまいま~す。

7087blog02a

7087blog02b

▲ 1997年1月2日  オオマシコ

キャノンEOS1HS  EF600f4  富士プロビア(RDP2)

午後から順光になります。萩の実の雪は落ちて無くなるのですが、昼でもマイナス5度位なので樹木の雪が落ちる(溶ける)ことは無いです。

7087blog03a

7087blog05

7087blog06

7087blog03b

個人的には「オオマシコB級写真」なので、ハードデスクの中で「塩ずけ」になります。

« オオマシコは・・・もう飽きたからいい加減にしろ!と言う声が聞こえてきそうだが。 | トップページ | 「オオマシコ写真は飽きたよ!」と思われているだろうが・・・。 »

【野鳥】 オオマシコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオマシコは・・・もう飽きたからいい加減にしろ!と言う声が聞こえてきそうだが。 | トップページ | 「オオマシコ写真は飽きたよ!」と思われているだろうが・・・。 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ