最近のトラックバック

カテゴリー

« マガモ雌の雄化個体。岩手県初記録か? | トップページ | 全国ガンカモ調査@御所湖(岩手県雫石町) トモエガモを探せ! »

雫石水田の2023-24年のガンカモ・ハクチョウは異変だらけ

御所湖で「ハクチョウの餌付け」した当時は普通に見れてたハクチョウも、鳥インフルの関係で餌付け禁止になってから、ハクチョウを見る事もなくなり寂しい思いをしていた。が・・・。今年は雫石水田には200羽ほどのハクチョウが滞在している。

ハクチョウを真面目に観察しているし、お陰でマガン4羽も混ざってるのを見れて嬉しいですね。伊豆沼や八郎潟に行けば「石を投げればマガンに当たる」ほどのマガンの羽数を見てる人は不思議に思うかも知れないが、「雫石水田ではカリガネよりマガンが珍鳥と言う逆転現象」なんです。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見ることができます。

7111blog01

▲ 2024年1月10日  マガン(1Ad+3Juv)  雫石水田(岩手県雫石町)

前日まで積雪ゼロ㎝でしたが、10㎝ほどの雪が降りました。これでも根雪になるかどうか分かりません。過去70年弱で一番遅い根雪は年越して1月5日だったので、根雪の遅い記録更新中ですね。

7111blog11

7111blog12

▲ 2024年1月10日  ハクチョウとマガン  雫石水田(岩手県雫石町)

雪が降ってしまうと、ハクチョウが見ずらくて仕方がないです。しかし、雫石水田のハクチョウは人なれしてない「野生のハクチョウ」なので、観察しても、写真撮影してても緊張感があるので楽しいですね。

7111blog21

7111blog22

▲ 2024年1月10日  マガン   雫石水田(岩手県雫石町)

マガンの数は4羽と少ないので、成鳥か幼鳥かの記録もフールドノートに書くようにしてます。

このマガンは2日前に雫石水田に入りました。ハクチョウも7割がオオハクチョウ、3割がコハクチョウ、おまけとして亜種アメコ雑種3羽。

 

 

« マガモ雌の雄化個体。岩手県初記録か? | トップページ | 全国ガンカモ調査@御所湖(岩手県雫石町) トモエガモを探せ! »

【野鳥】 マガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マガモ雌の雄化個体。岩手県初記録か? | トップページ | 全国ガンカモ調査@御所湖(岩手県雫石町) トモエガモを探せ! »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ