最近のトラックバック

カテゴリー

« 2024年4月 | トップページ

どうしようもないな~。今頃「春に撮影したシノリガモ」の写真整理してる。

「野鳥写真燃え尽き症候群、一歩手前」である事は確かなのだが、春に撮影したシノリガモ、クロガモ、コクガンの写真整理をしてる。撮影してハードデスクに取りこんだままの画像がありすぎて、もうお手上げ。

なんとかシノリガモだけでも・・・。個人的にはライフワークの野鳥(シノリガモ、コクガン、オオマシコ、アオバト、ハチクマ、エリマキシギ)なので、ここでサジを投げたら「6回目の野鳥写真燃え尽き症候群になる」ので、2週間(6月1日から)ばかりカメラから離れてました。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7143blog00

7143blog01

7143blog02

7143blog03

7143blog04

7143blog05

7143blog06

7143blog11

7143blog12

7143blog13

7143blog14

7143blog15

7143blog16

▲ 2024年2月28日  シノリガモ  種市海岸(岩手県洋野町)

シノリガモは飽きるほど撮ってるが、最近は大きな群れに会う事がないので、「10羽ほどの小群でも満足」して撮影してる。300羽ほどの群れが越冬してた時代が懐かしいな~。

7144blog01

7144blog02

7144blog03

7144blog04

7144blog05

▲ 2017年3月11日  シノリガモ  種市海岸(岩手県洋野町)

7147blog01

7147blog02

7147blog03

7147blog04

▲ 2014年12月23日  シノリガモ  種市海岸(岩手県洋野町)

7145blog02

7145blog03

7145blog04

7145blog05

7145blog07

7145blog08

7145blog09

7145blog13

7145blog21

7145blog22

▲ 2003年3月18日  シノリガモ  種市海岸(岩手県洋野町)

2003年からデジタルでの撮影になります。

7146blog01

7146blog02

7146blog11

▲ 1993年11月28日  シノリガモ  種市海岸(岩手県洋野町)

ポジフィルムをミノルタのスキャナーでデジタル現像しました。

当時は「種市海岸はサーフィンのメッカ」でしたが、海に入るサーファーに「10分だけ海に入るのを待ってくれませんか?」と頼んだら、快く承諾してくれました。いつも「挨拶」してたので顔見知りになってたのが幸いしました。結局「大砲の後ろで(600ミリ)30分待ってくれました。後にも先に見「ブルーの海にシノリガモ♂が横一列に並んでくれた」のはこの時だけです。二度と撮れないと思う。

何時もの悪い癖で「撮影しっぱなし」の画像が・・・。

無類のガン好きの私が、「2023-24年のガン6種」をコンプリート(6種全部見る)出来ない事に気が付き、2月末に「種市海岸(岩手県洋野町)にコクガンを見に行かねば・・・」と車を走らせた。運悪く「春のドカ雪」で3時間30分(いつもなら高速つかわない下道で2時間30分で着く)の一時間オーバーだったが、天候に恵まれ「晴天」でした。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7131blog01

▲ 2024年2月28日  コクガン     種市八木漁港(岩手県洋野町)

車内からパチリと1枚です。ハンドルとかワイパーをわざと入れて、フロントガラス越しに撮影しました。

何となく画質が落ちるように撮ってみました。ほんと「おへそ曲がり」だよね。

7131blog02

7131blog03

 

7131blog04

7131blog05

▲ 2024年2月28日  コクガン  種市八木漁港(岩手県洋野町)

車内撮影をしたのは「超初心者の頃の画質に触れてみたい」と思ったから。

30数年前の頃はこんな画質(荒い)でしたね~。

7131blog17

▲ 2024年2月28日  コクガン  種市八木漁港(岩手県洋野町)

車から降りて撮影してみました。ほんの少し画質が良くなった感じかな?

7131blog20

7131blog21

7131blog22

7131blog23

7131blog24

7131blog25

▲ フィルム時代なので、30年位前かな?   種市海岸(岩手県洋野町)

超初心者の頃から「リバールフィルム」で撮影してたので、生意気と言えば生意気。ネガフィルムで野鳥を撮った事がない。(印刷代がもったいないので、ルーペで見るだけ)

初心者の頃は、こんな感じでコクガンを撮るのが好きでした。

 

えっ!カルガモを撮るんだ~。何処にでもいるカルガモだよね~。

カルガモを撮ってる自分がおしょす(恥ずかしい)ですが・・・、ノフジ(自然の藤の花)の前を横切られれば、迷わずシャッター切るのが「カモしか撮れないヨツヤさん」なんです。ほんとにおしょす(恥ずかしい)な行動です。

※「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7141blog01

▲ 2024年5月18日  カルガモ   雫石川水系(岩手県雫石町)

超初心者(40年前)の頃から、識別の勉強の為にカモ写真を「ハクチョウ給餌場(御所湖)」撮っていたが、カルガモでもオナガガモでも単独個体で撮る事を心がげていた事もあり、ノフジ(自然の藤の花)の近くにコガモやオシドリがいたので「仕方が無く600ミリで撮影」した。

本当は「サンニッパ(300ミリ)で藤の花を中心にカルガモ撮影」したかった。

7141blog02

7141blog03

7141blog04

▲ 2024年5月18日  カルガモ  雫石川水系(岩手県雫石町)

藤の花を大きく入れて、カルガモだけで撮影(コガモとかオシドリが入らないように)するにに、3時間待ちました~。

「やれば出来る子」なんです。(笑)

7141blog11

7141blog12

7141blog13

7141blog14

7141blog15

▲ 2024年5月18日  カルガモ  雫石川水系(岩手県雫石町)

「100-400ズーム」も持ってるが、藤の花は単焦点のレンズでなければクリアに撮影出来ないので「サンニッパ(300ミリ)」で撮影してみました。正直に言うと「カルガモよりも綺麗な藤の花」を撮りたかった。

30年前は「カモしか撮れないヨツヤさん」と言われてたよな~。

野鳥写真にはあまり興味がなく、「カモ中心の記録写真」の撮影でした。特に内陸では「ヨシガモ」「トモエガモ」、沿岸では「シノリガモ」「コクガン」ばかり一生懸命追いかけていたな~。初心者の頃から、「観察&撮影ポイントは自分で探し出すのを良し」としていたので、いつも自由に、他人を気にする事なく一人で撮影してた。(今現在も継続中です)

2024年は・・・初心者の頃の「カモ中心の撮影」に戻りました~。BWは「カモに始りカモに終わる」との格言通りです。

※「写真」をクリックすると大きなサイズ(1000x666)で見る事ができます。

7140blog03

▲ 2024年5月18日 コガモ♂    雫石川水系(岩手県雫石町)

コガモ♂がノフジ(自然の藤の花)の中に入って来たので「パチリと一枚」です。超初心者BWの頃を思いだしながら撮影してました。この場所は40年前も今も環境がまったく変わらないでいる雫石川水系です。オシドリとヤマセミの「野外スタジオ」ですが・・・、アカショウビンやアオバトの声も聞こえてくるので、最高の場所ですね。自宅から車で3分で到着です。5月15日にアオバトの声を聴いてるが、そろそろアカシュビンも見れる頃ですね。

7140blog04

7140blog05

7140blog01

7140blog02

▲ 2024年5月18日  コガモ  雫石川水系(岩手県雫石町)

コガモ♂がノフジ(藤の花)を抜けたと思ったら、コガモ♀が入ってきました。

 

 

タニウツギのピンク色の花とオシドリを撮影してみました。

毎年のことだが、春のガン観察(主にカリガネ群れの観察と撮影)が終われば、「オシドリ野外スタジオ」に出かけてのオシドリの観察と撮影になります。その後は「ハチクマ野外スタジオ」となるのだが、NHKのテレビ放送(ドキュメント72時間 長野 タカを見上げる)を見てから「ハチクマの撮影(養蜂場に飛来する)」は魅力を感じなくなったので、もっぱら「水田でのチュウダイサギの追っかけ」をしている。ハチクマは6月1日~15日までが当たり日で、95%以上の確率で観察&撮影できるのおですが・・・。

まずはともあれ「オシドリ野外スタジオ(95%以上の確率で観察&撮影できる)に通い、タニウツギの花を咲くのを待っていた。例年より2週間は早い開花です。

※「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7142blog00

▲ 2024年4月5日  オシドリ  雫石川水系(岩手県雫石町)

繁殖の為オシドリの雄が集まってくる。多い年だと1羽の雌に10羽の雄と言うこともあったが、2024年は5羽の雄が1羽の雌の争奪戦になってました。

7142blog01

7142blog02

7142blog03

7142blog04

7142blog05

▲ 2024年5月18日  オシドリ  雫石川水系(岩手県雫石町)

1羽の雌に雄があちこちから集まってきます。

「オシドリの野外スタジオ」なので、いつ出かけても空振りする事はありません。

7142blog06

7142blog07

▲ 2024年5月18日  オシドリ  雫石川水系(岩手県雫石町)

雌がほかの雄を「追い出し行動」をしてました。

7142blog11

7142blog12

7142blog13

▲ 2024年5月18日  オシドリのペア  雫石川水系(岩手県雫石町)

雌に主導権があるみたいですね。

7142blog31

7142blog32

7142blog33

▲ 2024年5月23日  オシドリ♂2羽  雫石川水系(岩手県雫石町)

雄が2羽で行動してました。

樹木のタニウツギの花が開花し、ピンク色で綺麗ですね。

林道ののり面には沢山咲いてるタニウツギの花ですが、例年ならまだ咲かないので2024年だから(4月が異常に暖かった)撮影する事ができました。

7142blog51

7142blog52

7142blog53

7142blog54

7142blog55

7142blog56

7142blog57

7142blog58

7142blog59

7142blog60

▲ 2024年5月23日  オシドリ♂  雫石川水系(岩手県雫石町)

オシドリ♂1羽ですが、どこからともなく現れて、タニウツギの花周辺がお気に入りみたいでした。

撮影するには恥ずかしいが、パチリと1枚撮影してみました。

例年6月中旬なので、「タニウツギの花」とオシドリ」は、2024年だから撮影できたかな?

春だったら(繁殖前)雫石川水系のこの場所(オシドリ野外スタジオ)なら、いつでも「普通にオシドリは撮影」できます。

 

« 2024年4月 | トップページ

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ