たぶん三日坊主に終わる「趣味の自転車」

2014年はNHK-BSで「ツール・ド・フランス2014の全21ステージ」を放送してくれたので、久しぶり(25年ぶり)にテレビ観戦が出来た。そもそも、私が自転車レースを始めたきっかけは、1985年にNHKが放送した「ツール・ド・フランス1985」を見てからで「ベルナルト・イノー(フランス)が優勝」しましたね~。

※NHKは1985年~1991年までで、その後フジテレビに放送権利が変更。岩手では見る事ができなくなった。

当時はまだ日本では自転車レースはマイナーで「自転車競技と言えば競輪」でした。一般の人は自転車のロードレースと言う競技はなじみがなかったと思います。

1986年からは「自転車の草レース(競技登録していない一般の市民レース)」に燃え、東北エリア中心に(年5レース位)参戦してましたね~。

1542blog01
1542blog02

▲ 1988年 「第3回三陸気仙ロードレース(ビギナーの部2位)」で初めてお立ち台に上がりました~。翌年からは(3位以内の入賞者はカテゴリリーが上がり、上級者クラスになります)、草レースと言えども、実力者ぞろいで、第一集団に入る事すらできなかったで~す。ただし、どの草レースも「完走」はしました。草レースと言えども一般公道の車を止めてレースをするので、100キロ位の間にチェックポイントが数か所あり、先頭(トップ)が通過してから(12分?だったかな)制限時間がたてば「失格」になり、レースを続けられませんでした。

NHKの「ツール・ド・フランス」の放送終了(1991年)とともに、熱が冷め(バードウォッチングに燃えました)、長期休養になりました。その頃の体重は70キロ前後で、今は90キロのお相撲さんですね~。

当時「御所湖一周(10キロ)のタイムは15~16分前後」でしたが、今日タイムをみたら25分もかかってました。御所湖の上り坂でも、「ハ~ハ~、ヒ~ヒ~」する事もなく、また心臓もバクバクする事もなかったで~す。

もう、年が年なもんで、「草レースには出ないで、気が向いた時に乗る」と言うことにしますは~。

当面の目標は「センチュリーラン(160キロを8時間で完走する。タイムと順位は競わない)ですが・・・、8時間では走れないな~。草レースをしてた頃は6時間~6時間30分で完走してた)

まずは・・・、雪が降る前に何回自転車に乗るかですね~。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年ぶりにロードレーサー(自転車)を引っ張りだす。

日々の生活に「変化」を求めて、20年ぶりに倉庫からロードレーサー(自転車)を引っ張り出してみた。バードウォッチングを始める前7年ほどは、夢中でロードレーサーを踏んでいた(ペダルをこぐ)「市民レーサー」でした。東北、関東の自転車レースには、積極的に参加していたんです。日本ではサイクルレース(自転車レース)はマイナー競技なので、ほとんど目にする事はないと思いますが、ヨーロッパでは、「サッカーと同等」位にメジャーで、「ツール・ド・フランス」(世界最高峰の自転車ステージレース)は、ヨーロッパあげての「お祭り」騒ぎになります。

20年前の体系は「175cm×72キロ」のスプリンタータイプだったのですが、今は「175cm×88キロ」で10キロ以上も重くなりました。なんとか体重を落とさなければと「毎年のように」思っているのですが、何をやっても長続きせず、直ぐリバウンドしてしまいます。でも、もう年ですので、アマチアには引退はないと言われますが、「自転車競技」にカムバックはできないですね~。競技は遊びと違うので、辛いんです。(平日は毎日30キロ、レースの無い週末は100キロ~150キロの練習でした。)

700blog01

▲ 20年ぶりに「ズノー・Z1」を引っ張りだしてみました。全然錆付いていないので、いかに踏んでいなかったか(乗っていなかった)バレバレですよね。ビルダー(自転車加工職人)が、私の体系を測って(足の長さ、手の長さ)ハンドメイド製作したので、「世界に1台」と言うか、私にしかあいません。

700blog02

▲ ビルダー(自転車職人)が製作した、20年以上の前のものを「クラシックロードレーサー」と言うみたいですね。今のロードレーサー(自転車)のフレームは「カーボン」で作っているので、超軽く、7キロ位の重さでしょうか。私の「ズノー・Z1」は、クロモリ鋼なので9キロほどの重さです。自転車の世界では、「1キロ10万」と言うので、2キロ軽くするのには20万の出費になります。私は「お金がないので、2キロの減量」をしま~す。(笑)

700blog03

▲ 変速機の部分を写してみました。当時(20年前)は6枚が普通でしたが、「8枚のディラエース(シマノ)」を組ました。ツール・ド・フランスでも、プロ選手がまったく同じパーツでレースをしていた「ディラエース(シマノ)」です。私は、部材がジュラルミンで作っていたので「ジュラエース」と言ってました。

市民レースでも、「平地の平均速度は40キロ、下りは坂80キロ」は出るので、バーツは信頼のある会社(変速機、タイヤ)のを使わないと、思わぬ事故に遭遇すると言うことに。(走行中にタイヤが外れる)それと・・・、自転車レースは、「写真判定の世界(1秒に10人は並ぶ)」なので、パーツは信頼感があるものを使わないと、最後のラストスパートでチェンが外れたなんて言ったら、笑われてしまいます。

ロードレーサーを購入するなら・・・。「街の自転車屋さん」ではなく、頑固親父のいる、一見敷居が高い「プロショップ」(ママチャリとか子供用自転車を置いていない店)をお勧めします。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『新幹線』 E7系  | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 【もういちど 野鳥観察】 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部