養蜂場は草ぼうぼう

今日は「養蜂場のハチクマ」が気になっていたので出かけてきたが、草ぼうぼうで「蜂箱」は置いておりませんでした。雫石には2業者さんがいたのですが、「2013年の雫石豪雨災害」があり、1業者さんは2014年に廃業(高齢なのと林道が壊れて復旧のめどがたたなくて)、そして今年(2017年)は、残りの業者さんも「蜂箱」を置いてなく「休業」でしょうかね~。

3111blog01_2

▲ 2017年6月18日   高倉A養蜂場  (雫石町)

左の杉林の中にブラインドを作っていたのですが・・・、ここの養蜂場には「熊さん」がハチミツ狙いでくるので、いつも恐怖をかんじながらの撮影でした~。草ぼうぼうで、「2、3年蜂箱を設置しない」と、間違いなく林が出来てしまいますね。

3111blog04_2

3111blog05_2

3111blog06_2

3111blog07_2

3111blog08_2

3111blog09_2

3111blog10_2

3111blog11_2

3111blog12_2

3111blog13_2

▲ 2007年6月中旬  ハチクマ♂ 高倉A養蜂場  (雫石町)

ブラインドは動かせないので、ハチクマの撮影には運、不運がつきものです。レンズの前に樹木や草があれば、どうしてもクリアな画像は期待できません。

3111blog02_2

3111blog03_2

▲ 2007年6月中旬  ハチクマ♀  高倉B養蜂場  (雫石町)

2013年8月の雫石大豪雨で林道が壊れ、「通行止め」になり誰も入れなくなりました。2014年からは「蜂箱」が設置されてません(トラックが入れないから物理的に無理)

私が見たハチクマでは、「一番淡色(白っぽい)」の個体でした~。

ハチクマって体色のバリエーションが1羽1羽違うので、「シギチ好きにはたまらない猛禽類」ですね。大きくは「暗色系」、「中間系」、「淡色系」の3種類ですが、そこからまた微妙に違いがあるので、「個体識別が可能」と言うハチクマもいます。養蜂場が10キロ離れていても、「AにいたハチクマがBにも飛来する」個体もあれば、Aだけ、Bだけと言う個体も・・・。

個体識別ができるハチクマ観察は楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年5月の第二日曜日は・・・「養蜂場にご挨拶」です。

今日は毎年5月の第二日曜日に出かけてる養蜂場に「正装(迷彩服)してご挨拶」に出かけてきました。が・・・、まだ養蜂場に到着してませんでした。どんなに遅くても、5月10日までには来ていたのですが・・・、私より10個は上なので「お体がしんどくなった」のかな~?

お仲間は北上ルート(宮古市川井村→岩泉町→北海道と花を求めて北上)と秋田ルート(能代市→北海道)にいるのですが、宮古市川井村まで出かけて聞くのも・・・、あと一週間待って雫石に来ないようだたら、まあその時考えますは。

3096blog01a_2

3096blog01b_2

▲ 2017年5月14日  高○山養蜂場A・B  岩手県雫石町

3096blog02a_2

3096blog02b_2

▲ 2016年5月28日  高○山養蜂場A・B  岩手県雫石町

3096blog03a_3

3096blog03b_2

▲ 2009年6月2日 高○山養蜂場C  岩手県雫石町

上の写真で樹にパーチ(止まる)しているのはハチクマです。

下の写真で蜂箱にパーチ(止まる)しているのはハチクマです。

※ 写真をクリックすると大きなサイズ720x480で見れますよ。

この場所は「2013年8月の雫石大豪雨災害」で、林道が壊れてしまい、まだ復旧できておりません?(できてもパトロールが大変だから立入禁止にしてるのかな?????)そんなもんで、2014年以降は誰も入れてないと思います。当然「蜂箱(養蜂場)も設置してないと思います。

3096blog04

3096blog05

3096blog06

3096blog07

3096blog08

3096blog09

3096blog10

3096blog11

3096blog12

3096blog13

3096blog14

3096blog15

3096blog16

3096blog17

3096blog18

3096blog19

3096blog20

3096blog21

3096blog22

3096blog23

3096blog24

3096blog25

3096blog26

3096blog27

3096blog28

▲ 2006年6月21日  ハチクマ♂ 岩手県雫石町

写真をクリックすると大きなサイズ720x480で見る事ができます。

同じような写真で「飽きた~」と声が聞こえてきそうですが、連続して撮ってるので「養蜂場内でのハチクマの行動」が少しはわかるかと思いま~す。

個人的な観察記録ですが、蜂箱の上に降りるまでは、30分~60分枝移りしながら「警戒心が弱まるまでは絶対降りてきません。ただ、1羽が養蜂場内にいると、他のハチクマは直ぐ降りてきます。養蜂場内で争う事はありません。仲良く「蜂の巣材」をわけあってます。

たまにカラスも飛来しますが、蜂の攻撃に耐えられないので、1秒ももたず、直ぐ退散します。

ブラインドは3枚重ねにしないと、ハチクマに気ずかれるので入念に準備します。カモフラージュネットも(自衛隊が車にかけるやつ)「猛禽類の撮影には必需品」ですね。

夜明けから14時頃までは、毎日が「養蜂作業中」なので、場内立入禁止です。(ハチクマも離れた場所から、車がいなくなるのを待ってます)

私はたまに「養蜂作業をお手伝い」しましたが、必ず蜂にさされました~。ミツバチなので我慢できま~す。一緒に蜂に刺されるので「信頼」が生まれました~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年前の「ハチクマ」データが・・・出てきた~!

観察派の私は「野鳥写真は撮って終わり」なので、1年前の写真を見る事もなく、大切な写真データをどこに仕舞ったかを忘れているような(フィールドノートはきっちり保管してま~~す)バーダーです。机の中から出てきたMOデータに「10年前のハチクマ写真」が残ってました。

ここ2、3年前から、「ネット上のハチクマ写真」とか「NHKのダーウインが来た!のハチクマ特集」で、「養蜂場に飛来するハチクマの写真」は沢山公開されてますが、10年前から私は観察してたと言うことですか~。

3008blog01

3008blog02

3008blog03

3008blog04

▲ 2006年6月中旬  ハチクマ♂  雫石町

当時から「養蜂場にハチクマが飛来」することは知っていたが、「十二湖のアカショウビン撮影」に忙しく、本格的にブラインドを作ったのは2006年からです。

2006年当時は勝手がわからず、「熊撃退スプレー持参」で午前3時頃の真夜中にブラインドに入りました。徐々に勝手がわかり(ハチクマが養蜂所に飛来は13時以降が圧倒的に多い。養蜂業者の作業終了を理解していると思われる)、業者とバトンタッチしてのブラインド入りに変わりました~。

今では珍しくもない「養蜂場のハチクマ写真」ですが、20年前に奥入瀬渓流(青森県十和田湖)の水力発電所に仕事で出かけた時に、地元のローカル新聞に「十和田の養蜂場に飛来したハチクマ」と大きな写真が掲載されてました。私が知る限りでは、20年前の新聞写真が、「養蜂場で撮影されたハチクマ写真」ではないでしょうか?

十和田と同じように雫石でもアカショウビンやアオバトの声を聞きながらの「ハチクマ撮影」になりました~。声だけは毎年聞くことができます。姿は飛んでるだけで、中々アカショウビンは撮影できませんが、アオバトは撮影ポイントのひとつでした~。(今は自然災害で消失)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月は・・・「ハチクマ詣で」か~。

週末は・・・「養蜂場のハチクマ観察」に出かけて来た。6月10日前後は、観察できる確率が高く、今まで過去10年一度も外した(空振り)事がないので、今回も「絶対見れる」と自分を奮い立たせました。でも、「空振りがあるからBWは楽しい」ですよね。

2103blog01

2103blog02

▲ 2016年6月11日 「ハチクマ♀」 雫石町

養蜂作業中(採蜜作業)なので、上空をいったり来たりしながら「待機飛翔」をしてました。

2103blog03

2103blog04

2103blog05

▲ 2016年6月11日 「ハチクマ♀」 雫石町

ハチクマはあまり鳴かない猛禽ですが、他のハチクマが現れると、たまに「気の強いメス」の個体で、威嚇の鳴き声をだす個体もいます。

養蜂場の中では、「ハチクマ同士で攻撃する」と言うことはありません。それと、養蜂場に沢山のハチクマが現れると、木にパーチして「順番待ち」をしますね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

養蜂場で見る「ハチクマ」は・・・。

「養蜂場で見るハチクマ」には、ほとんどのBWは興味がないと思いますが・・・(なんか知らないけど人工物を忌み嫌うBWが多いような気がします)「シギチう屋の私」には、ハチクマはとても面白いですよね。

ハチクマには他の猛禽類と違って、体のバリエーションの違いが「シギチ屋魂を刺激」するんです。大きくわけて「白色型」「暗色型」「中間型」の3種類ですが、雄、雌の違いもはっきりしてるし、「白色型の中間」とか「中間型の暗色」とか、人間の指紋みたいに、1羽1羽違うのではないかと思うほど、体色のバリエーションが豊富です。

養蜂場に飛来するハチクマは、蜂箱の上を動き回るので、必ず正面から観察できるので、体色の違いがわかります。図鑑写真のように、真横からでは、どれを見ても同じハチクマに見えるので、面白みがありません。

2096blog01

2096blog02

2096blog03

2096blog04

2096blog05

2096blog06

2096blog07

2096blog08

2096blog09

2096blog10

2096blog11

2096blog12

2096blog13

2096blog14

2096blog15

2096blog16

2096blog17

2096blog18

2096blog19

2096blog20

2096blog21

2096blog22

2096blog23

2096blog24

2096blog25

2096blog26

2096blog27_2

白色でもなく、暗色でもなく、「中間型♀」と言うところでしょうか。

養蜂場で見るハチクマは、 あちこち動き回るので「正面からの観察」がわりと用意に見ることができます。シギチ屋としては、体色の違いを観察できるので嬉しいですね。

気温が20度以下だと(下界は真夏日でも標高700Mでは、日影だと夕方は20度位になります)ミツバチの動きも鈍く、ハチクマはそれをわかってるので、曇りの日が狙いめですか。

たまにハシボソカラスも飛来しますが、ミツバチの攻撃に耐えられなく、直ぐ退散します。その後でハチクマの攻撃も待ってますね。養蜂場にいるハチクマには攻撃しませんが、カラスには攻撃しました。

アカショウビンの声やアオバトの声をまじかで聞きながら(一度、アカショウビンに横切られた)のハチクマ観察もいいいもんですは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末は・・・お決まりのハチクマ観察に。

週末は「お決まりのハチクマ観察」に出かける事にした。暑くて大変だが、あまり動き回る事はないので(ブラインドに入る)楽には楽で~す。

2095blog01_2

2095blog02_2

▲ 2016年5月28日     雫石町

今年(2016年)はハチクマの当り年なのか、午前10時頃に養蜂場に到着したら、すでにハチクマが「来場」してて、お互い鉢合わせになり、びっくりして飛び立たれます。(今シーズン2回目)過去に鉢合わせになった事は一度もないのに、もう2回目ですから、ほんと「ハチクマの当り年」なのかも?

2095blog05_2

2095blog03_2

2095blog04_2

きっちりブラインドに入っていれば、こんな近さ(20M以内)で撮影できる事もあります。

2095blog06_2

▲ 2016年5月28日 ハチクマ♂ 雫石町

午後から別な養蜂場に移動しました。飛翔写真狙いなので、ブラインドに入る必要もなく(養蜂場から200M以上離れてる)近くに寄る必要はありません。息を殺して撮影する必要もなく、楽でいいですね~。

2095blog07_2

2095blog08_2

2095blog09_2

2095blog10_2

2095blog11_2

2095blog12_2

▲ 2016年5月28日 ハチクマ♂ 雫石町

撮影ではなく「ハチクマ観察」を楽しむ事にしました~。バードウッチヤーですから。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年の「養蜂場に飛来するハチクマ」は当り年かも???

例年、5月25日過ぎから「養蜂場に飛来するハチクマ」が増えだすのですが・・、2016年は25日前だと言うのに「一度に6羽。それも♀1羽が混ざっていた」にには驚きました。過去10年の観察記録では、5月25日前に♀が飛来した事はなかったと記憶してます。(フィールドノートを見れば確かなのですが、ちょっと面倒くさいので)

2091blog01

2091blog02

2091blog03

2091blog04

▲ 2016年5月21日 ハチクマ♂  雫石町

昨年見つけた養蜂場ですが、実質今年(2016年)からの観察です。が・・・、勝手がぜんぜんわからなく、「まさか養蜂場にハチクマ」がいるとは思わず、10Mに車を停車したら、飛び立たれました。普通は空高く飛び去るのですが、森に隠れると言うことは「蜂の巣材の食事中」だったと思います。全身白い服なら、「養蜂場の人とハチクマが勘違い」して、遠くに逃げ出し事はありません。1時間でも2時間でも作業が終わるまで、林の中でパーチしてまってますね~。(望遠レンズを向けると直ぐ逃げます)

私は車から降りずに、ハチクマが養蜂場に再び侵入するのを待っていました。30分位すると、蜂箱の中に降り、10分位食事をして、飛び去っていきました。

最初の1年目を「ハチクマと上手に付き合う」と10年は連続して見れるでしょう。(自分の経験則からです)

2091blog21

2091blog23

2091blog24

2091blog25

2091blog26

2091blog27

2091blog28

▲ 2016年5月22日 ハチクマ♀ 雫石町

5月25日前に、ハチクマ♀を見た事がなかった(過去10年の個人的な観察記録)ので、♀を確認した時は「眼の錯覚」かと思いましたね~。何度見てもハチクマ♀でした。

この日は「一度に6羽飛来」したので、こちらもびっくりです。毎年6月10日前後に、「一度に10羽」と言う観察はありますが、5月22日ですからね~。10羽の時は、4羽位が養蜂場に入り、後は、樹にパーチして順番待ちです。蜂の巣材を1羽で食べつくす事はありません。それと争う事もありませんでした。

だいたい6月になると、♀が1羽2羽と増えだし、6月中旬過ぎは♀の方が多くなりますね。

2092blog01

2092blog03

2092blog04

2092blog05

2092blog06

2092blog07

2092blog08

2092blog09

2092blog10

2092blog11

2092blog14

2092blog15

2092blog17

2092blog18

2092blog19

▲ 2012年6月4日 ハチクマ♂ 雫石町

ハチクマが養蜂場に現れるのは・・・、養蜂業者が捨てる巣材です。中に幼虫が入ってるのを、一個ずつ丁寧に食べるハチクマもいれば、むしゃむしゃと一気に食べる個体もいて、中々面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月中旬は「ハチクマ」の按配が気になって、気になって、しょうがないよ~。

例年の事ながら、GWが終わると夏タカの「ハチクマの按配」が気になってしょうがなくなる。過去10年間では、5月17日が一番早く、遅い記録は5月26日です。この時期は、「春のシギチ」や「森のアオバト」と重なるので、体がいくつあっても足りませんね~。優先順位はその年によって変わるが、今年は「一番確率の悪いハチクマを優先」する事にした。

「風景のなかの野鳥」を意識し、ワンチャンスにかける事にしたのだが・・・。

2086blog00

▲ 2016年5月12日 黒岩の山桜(雫石町)

小さくてもいいから、この場所でハチクマを撮りたいとずっ~と思っていた。今年は開花が遅く、「ハチクマの飛来」に間に合うじゃないかと・・・、かすかな望みを。

桜は8分咲きです。

2086blog01

▲ 2016年5月13日 黒岩の山桜とタカSPの飛翔(雫石町)

大砲(600ミリ)なら「タカSP」じゃなく、撮影しながらでもタカの名前がわかるのだが・・・。どうしても桜を入れて撮りたいので、広角で待ってました。(望遠600なら、いつでも撮影できるので)

ゴミみたいなのが、画像を拡大してみたら「トビ」でした。(残念)

桜は9分咲きです。

2086blog02

▲ 2016年5月14日 黒岩の山桜(雫石町)

桜は満開になると踏んで、夜明け前からスタンバイの予定が・・・午前6時着。気合十分だったが、私より上手がいて、「大イワナ狙いの釣り人の車」が(関東ナンバー)がもう止まってました。

朝から夕方で待ってましたが、トビが2羽とハシボソガラス1羽だけ。小鳥はミソサザイ、キビタキ2羽、コルリが出現。双眼鏡で確認できたが、望遠レンズではないので、撮影はあきらめました。

コルリが2回も笹薮から出てきて、私をからかうようにブナの小枝で囀り、悔しいかったですね。

例年5月7日頃に満開になる山桜が、1週間遅れの満開なんてめったにない事なので、「山桜とハチクマ」にかけました。が・・・、空振りでしたね~。

2086blog03

▲ 2013年5月17日 ハチクマ♂ (雫石町)

過去10年では一番早い観察記録です。

2086blog04

▲ 2010年5月18日 ハチクマ♂ (雫石町)

過去10年では2番目に早い観察記録です。

2086blog05

2086blog06

▲ 2007年6月10日 ハチクマの飛翔 (雫石町)

6月10日はハチクマの得意日です。仕事で行けない時もありましたが「空振り」した事がありませんね~。過去10年間では7回は見てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブナ林の中の野鳥 「ハチクマ」

今年は(2015年)は、ハチクマ観察がほとんど出来なかった。と言うか、ここ最近の環境の変化で、「ハチクマとの出会いの確率が低く」なっているので、つい時間があってもフィールドに出ない事ほ方が多かったで~す。

1665blog01

1665blog02

▲ 2007年6月8日 上ハチクマ♂ 下ハチクマ♀ 雫石町

「アカショウビン」と「アオバト」狙いで、ブラインドに入っていたのだが・・・、なんか「大型猛禽の気配が?」

「あっ!ハチクマだ!」と言うことで、息をころして様子をうかがってました。(急にレンズをふると、飛び立たれる可能性が大きいから)飛び立つ様子がないので、ゆっくり、ゆっくりレンズをふり、撮影しました。(飛び立たれなかった)

ほんとうは「アカショウビン」(前日アカショウビンの声と姿を見てたので)を撮りたかったが、めったに撮影出来ない「ハチクマ」だったので、大喜びでしたね~。

恥ずかしながら、「ハチクマ」、「アカショウビン」、「アオバト」の観察経験を述べますが・・・。(ブログに観察ポイント地図を貼りつけるのは簡単だが、出かけても見れない、撮影出来ないと苦情をもらうのも嫌なので、貼り付けません。体むき出し(ノーブラ)で撮影できる野鳥ではありません。警戒心はすこぶる高い野鳥です)

「ハチクマ」は飛翔している大型猛禽類を見たら、「尾羽に注意」です。♂は「ウミネコの尾羽みたいに、太い黒帯が直ぐ目に入ります。肉眼でも直ぐわかるので、道路とか林道を走行してて、上空を横切ったら、必ず付近に生息してます。

「アカショウビン」「アオバト」は、まずは特徴のある鳴き声(間違いようがない)を聞いたら、間違いなく付近に生息してます。ただ、繁殖場所を探しだすのは至難の業ですね。肉眼で野外で遭遇しても、写真のような綺麗な印象はないです。むしろ、あの綺麗な姿が「保護色」になってるんですよ~。(10M以内で見なければ、写真のような感じでは見れない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気柵に触れても感電しない「ハチクマ」

養蜂場にハチクマが飛来する事は、20年前(1995年頃から)に十和田湖周辺に本業の仕事で滞在していた頃から知っていた。地元の新聞に「蜂箱の上に止まってるハチクマ写真」が掲載され、東京の某プロカメラマンの「とても珍しい写真です」のコメントが・・・。私は「そんなもんかな~。餌付けと同じじゃないの~?十和田湖まで通うのは大変だし・・・」と。これが岩手県内なら、夢中になって「ハチクマを見れるまで通う」ところですが、他県(青森県)だとそこまでは行きません。

頭の隅には「養蜂場」はインプットしていおたので、仕事や滝の写真、蝶の写真、鉄道の写真などで、東北6県を飛び回っていると、あちこちで「養蜂場」は見つけ出す事はできました。すべてに共通しているのは「栃の花」ですね。特に山形県小国町、金山町周辺、秋田県では仙北市、北秋田市、小坂町周辺、青森県では十和田湖周辺、岩手は早池峰周辺や岩泉町、八幡平市、そして我が町で~す。どこも熊対策に「電気柵」が張り巡らせてました~。背景に電線が入るのですが、赤だったり、トラ模様だったり、白テープだったりとまちまちなので、「養蜂場のハチクマ撮影」のもうひとつの楽しみでもありま~す。私はシギチ屋なので、「変なもの」に興味がわいてくるんですよね~。(笑)

1641blog01

1641blog02

1641blog03

1641blog04

1641blog05

1641blog06_2

1641blog07_2

1641blog08_2

1641blog09_2

1641blog10_2

1641blog11_2

1641blog12_2

1641blog13_2

1641blog14_2

▲ 「ハチクマ♀成鳥」

電気柵の電線には1万Vの電気が、「2秒の1回の感覚」で通電されてますが、5秒ほどかかって電気柵をハチクマが通過しても、「感電」することはありません。養蜂業者の人から聞いた話では、熊も鼻なら感電するが、それ以外は厚い毛でおおわれているので、感電(通電しない)しないそうです。だから、たまに「蜂箱を壊される」こともあるとのことでした。

養蜂場でのハチクマ観察の面白い事は、鳥なんだから空から直接養蜂場に降りればいいのにと思うのですが、半分は直接で、あとの半分は地上から電線をまたいで入ります。

個体によって「入る場所」は決まってるのも大きな特徴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《東北の桜》 三春滝桜 | 《東北の桜》 合戦場の桜 | 《東北の桜》 塩ノ崎の大桜 | 《東北の桜》 桧木内川堤防の桜並木 | 《東北の桜》 角館武家屋敷の桜 | 《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 《飛行機》 ブルーインパルス | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 二本松城 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 白河小峰城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 「山野草」 ザゼンソウ | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『ホタル』 | 『新幹線』 E7系  | 『新幹線検束車』 イーストアイ | 『滝・岩手』 逢滝(おうたき) | 『滝・岩手』 釜淵の滝 | 『滝・岩手』 鳥越の滝 | 『滝・茨城』 袋田の滝 | 『自転車・ポタリング』 岩手県 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 『SL』 SL銀河ナイトクルーズ | 【もういちど 野鳥観察】 | 【番外】 ハリスホーク | 【私家版・雫石十景】 鳥越の滝 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカエリカイツブリ | 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アカツクシガモ | 【野鳥】 アカハシハジロ | 【野鳥】 アカハジロ | 【野鳥】 アトリ | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 アメリカヒドリ | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウソ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エゾムシクイ | 【野鳥】 エナガ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオジシギ | 【野鳥】 オオジュリン | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオハム | 【野鳥】 オオバン | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオメダイチドリ | 【野鳥】 オオモズ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オシドリ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オジロワシ | 【野鳥】 オナガガモ | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カシラダカ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カリガネ | 【野鳥】 カワアイサ | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 カンムリカイツブリ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キセキレイ | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キョウジョシギ | 【野鳥】 キリアイ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロツラヘラサギ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コキアシシギ | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 コムクドリ | 【野鳥】 ゴイサギ | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サバクヒタキ | 【野鳥】 サルハマシギ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シマアジ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズガモ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 セグロセキレイ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チュウサギ | 【野鳥】 チュウシャクシギ | 【野鳥】 チュウヒ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラツグミ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナキハクチョウ | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノゴマ | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハクガン | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハジロカイツブリ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ハヤブサ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 ヒメウ | 【野鳥】 ヒメウズラシギ | 【野鳥】 ヒメハジロ | 【野鳥】 ビロードキンクロ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ヘラシギ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マガン | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マヒワ | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミサゴ | 【野鳥】 ミソサザイ | 【野鳥】 ミミカイツブリ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ムネアカタヒバリ | 【野鳥】 メジロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 ヨシガモ | 【野鳥】 ヨーロッパトウネン | 【野鳥】 ワシカモメ | 【野鳥】 風景のなかの野鳥 | 【野鳥】 SP鳥 | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ラグビー観戦 | リスペクト | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部