最近のトラックバック

カテゴリー

2019年の秋は・・・やっと紅葉してくれた。

例年より3週間おくれの「雫石の紅葉」に、びっくりと言うか、「地球が壊れはじめている」のではと危惧しています。今日現在、盆地特有の「雲海」も一度も見られず(放射冷却が無い)毎日がストーブのいらない生活です。

5102blog01

▲ 2019年11月13日    岩手県雫石町

私の車が左隅に小さく見えます。

かなりの巨木と言うことがわかってもらえたかと思います。やっと色ずいてくれました。

5102blog07

5102blog02

5102blog03

5102blog05

5102blog06

例年なら「岩手山に雪」が期待できるのですが・・・山頂付近に少しあるだけです。

アオバトも数羽ですが残ってると言う「異常事態」(例年ならとっくに南に移動してる)に、2019年は、ほんとに「異常気象(温暖)」ですね~。

5102blog04

ミサゴを期待したのですが、飛んでるのはトビだけでした~。

ミサゴは南下したみたいですね。来年の春の再会が楽しみです。

御所湖で繁殖したカンムリカイツブリは9月に忽然と姿を消すのですが、今日は冬羽のカンムリカイツブリ2羽を見ることができました。たぶんロシアから渡ってくる個体だと思います。

カンムリカイツブリは御所湖が凍結するまで見ることができます。

日本野鳥の会もりおか/40周年記念協賛「野鳥写真展」

2019年12月7日に「日本野鳥の会もりおか40周年記念講演会&野鳥写真展(100点)」が「岩手県教育会館(盛岡市)」で開催されるとの事です。支部幹事をしている鳥友Tさんから電話があり・・・・・・。

Tさん 「野鳥写真募集の事知ってますか?」

ヨツヤ 「知りませんでした。支部報を開封しないままに机にあります」

    「私は一度も個展を開催した事が無いので、今回は遠慮します。野鳥写真撮影している会員の皆さんが沢山いるので100枚は直ぐ集まると思いますよ~」

Tさん 「幹事会でもヨツヤさんのアオバトが見たいとのリクエストが多かったので・・・・。ヨツヤさんに電話して応募させるのが私の仕事」

ヨツヤ 「あちゃ~。Tさんにたのまれれば断れないよね~。」

    「100枚は無理だから3枚だけ応募します。厳正な審査をして、野鳥展に展示してもいい写真と判断したら連絡下さい」

とまあ、こんなやり取りがありまして・・・・。「選ばれるかどうかわからないが、数枚応募する事にした」

 

※ 写真をクリックすると大きなサイズ(1000x667)で見る事ができます。

5097blog01

「ブナの森のアオバト/Photo  Koji YOTSUYA」

※ブナの青葉、ブナの小枝を意識して、「絵コンテ」通りに撮影できました。

今年(2019年)は「ブナの凶作」なので、熊さんの徘徊が激しいのでブラインドを張れないでいるが、2007年も「ブナの凶作」でびくびくしながらのブラインド入りでの撮影でした。

昨年(2018年)は、「熊さんと遭遇」したので(10~15M前後)、固まってしまい身動きできなくなりました~。夜明け前一時間前後が一番「遭遇の確率が高い」ので、その時間帯を避けるように・・・。するとアオバトは撮れない・・・。痛しかゆしですね。

3261blog01

3261blog03

3261blog12

3261blog13

3261blog24

▲ 2018年8月15日  ツキノワグマ

熊さんが顔出した場所が「谷底の稜線」なので、アオバト撮影には必ず通らなければならないので・・・。(過去30年で2回目の遭遇)

この日は「なんとなく熊さんの気配を感じてた。早朝から小雨模様で濃霧だった」

カサッとした音に直ぐ反応したので、熊さんより先に私気が付き400ミリズームレンズを構える事が出来た。レンズを構えると恐怖心が半減します。「視線をそらさない。背中を見せない。走って逃げない」を肝に銘じてますが、「やっぱ熊さんを先にみつける」が写真を撮れる事になりますか~。

5097blog02

「ブナの森のハチクマ/Photo  Koji YOTSUYA」 ※日本野鳥の会もりおか40周年応募作品

※ブナの木肌はいいですよね。ブナの木肌を意識して「絵コンテ」通りに撮影できました。

ひと山こえれば「なめとこ山(花巻市)・宮沢賢治作品に登場する山」近くの雫石町側のブナ林帯にブラインドを張りました。ハチクマ、アオバト、アカショウビンを一度に見れる最高の場所ですが・・・「携帯電話が通じない」「7月なら山菜取りも入らない」ので、誰とも会わないので、入山する時は「友人に携帯メール連絡(入ります。出ました)をしなければならない」です。林道の落石はいつあってもおかしくない。熊さんの密度が最高に高い場所だから・・・。

2018年の「アオバトと紅葉」は・・・、最悪だった。

東北の秋は、「錦秋の森」と相場が決まっているのですが、2018年は過去10年では最悪の出来でした~。(あくまでも個人的な感覚です)

モミジも赤くなれない、ブナも黄色になれないで「茶色に枯れて落葉する」ので、写真的には最悪、アオバト観察は最高(葉っぱが枯れて、すごく見やすい)でした~。

3273blog09

3273blog10

3273blog10b

3273blog11

3273blog12

3273blog13

3273blog01_2

3273blog02

Img_0520_720x480

Img_0582_720x480

3273blog32

3273blog34

3273blog37

3273blog39

Img_0333_720x480

Img_0399_720x480

3273blog38

▲ 2018年10月下旬    アオバトと紅葉  

2018年は・・・熱い夏だったし、10月に入っても「ぜんぜん寒くならない」ので、広葉樹林の色付きは最悪でしたね~。岩手山にも雪が降らないし・・・(例年10月は山頂に2、3回の積雪がある)どうなってるのでしょうか。

アオバト屋が撮る「ブナの森のアオバト」

アオバトの写真と言えば「荒波にアオバト」とか「海水吸引のアオバト」がメジャーで、ほとんどのBWは「アオバトは海岸で見るもの」と相場が決まってますが・・・、自称アオバト屋が撮るアオバトは「ブナの森のアオバト」なんですよね~。

世間一般では関東の海岸で見るアオバトが「日本で一番の羽数」が集まると思われているかも知れませんが、北東北(青森・秋田・岩手)が一番羽数が多いと・・・。(あくまでも個人的な観察記録です)

白神山地(青森県)で見たアオバトは「3分ほど帯状の稜線を飛んだ2000±」が一度に見た最高の羽数があります。

3269blog21_2

▲ 2018年8月  アオバト♂(左)と♀(右)

ブナの実が茶色に変わりました。(春は薄い緑色)

2017年がブナの実の当たり年でしたが、今年は(2018年)は凶作ではないので「普通年」でしょうか。いすれにしても4~5年周期で「ブナの当たり年」がくるので、「ブナの実にアオバト」は4年周期になりますね。

3269blog01

3269blog02

3269blog04

3269blog05

3269blog06

3269blog07

3269blog08

3269blog10

3269blog11_2

3269blog12

3269blog12b

3269blog13

3269blog14

ブナの凶作の年はぜんぜん実が付きませんが、今年(2018年)はぺっこ(少し)だけ実がついてくれたので、「ブナの森にアオバト」をテーマにしている私としては満足です。

30年もアオバトを追い続けてる私ですが、「同じような構図にならないように」神経を使い、出来れば「初めての構図で撮りたい」と・・・欲深で~~す。(笑)

※ アオバトの写真を使わせて下さいとメールいただきますが、すべてお断りしてます。

※ 「撮影場所はどこですか?」のお尋ねもありますが、すべてお断りしてます。

   ↑ たぶん「ダメ元でメールを送信してくるのかな???」

「繁殖場所は人に聞かない。教えない」をモットーにしてま~す。過去30年間、いつも一人で撮影してます。

9月の雨の休日は・・・「アオバトの写真」でもするか~。

9月の雨の休日はフィールドに出ることも出来ず、溜まりに溜まっている「アオバト写真」の整理をする事にしました。10年も20年も前に撮影していた画像も「ハードデスクに放り込んだまま」で(大げさではなく10万枚はあると思う。3TB×5個と6TB×1個に入っている)どうしようもありません。はっきり言って「野鳥カメラマン失格」ですね。

3268blog01a

3268blog01b

3268blog01c_2

▲ 2007年9月  アオバト♂

アオバトはどんぐりが大好きで、9月下旬過ぎに小数の群でコナラ(どんぐりの木)に集まってきます。

3268blog02a

3268blog02b

▲ 2007年9月  アオバト♂幼鳥

幼鳥は「嘴がピンク色」と言われてますが、私は観察している繁殖地のアオバトは「年2回の繁殖行動」があるので、早いのは7月中旬に「ピンク色の嘴の幼鳥」が現れ、2回目の幼鳥は10月下旬でも「ピンク色の嘴の幼鳥」を見る事ができます。

3268blog03a

▲ 2008年9月 アオバト♂と♀

アオバトはほんとにコナラの実(どんぐり)が好きですね。

3268blog04a

3268blog05a

3268blog05b

3268blog05c

3268blog05d

3268blog05e

▲ 2006年9月 アオバトの群

コナラの木(どんぐり)にむらがるアオバトです。

しかし、今は撮影する事が出来なくなりました~。この木にアオバトがよりつかなくなったからです。10年位前の話になりますが・・・。岩手県内何処のフィールドに出かけても、「私の姿をみると立ち去るカメラマンが一人・・・。

これ以上は書きません。

3268blog06a

3268blog06b

3268blog06c

▲ 2004年9月  アオバト♂

コナラの小枝にアオバト♂がパーチ(止まる)してくれました。

撮影はすべてブラインドの中からです。

森のアオバトはブラインド無では撮影できませんね。

今まで1000回は出掛けているが、すべてブラインドに一人入っての撮影です。

アオバト大好き~!!

岩礁(海)のアオバトはさえぎる物が無いので360度の視界で撮影できるし、ブラインドも必要ありません。三脚の足を伸ばし、大砲(600ミリ)をセットして複数のカメラマン(10人でも20人でも)がいても「必ず撮影出来る」が・・・、ブナ林(森)のアオバトは、障害物だらけで、人間の姿を見せたらまず撮影出来ない(ブラインドが必需品)ので、夜間のブラインド入りが絶対条件(熊さんの出没におびえながら)なので、「アオバトの撮影は半端ないって!」と言えます。「アオバトの撮影には飽きがこない」で~す。

最近は「ブナの木肌(太いブナ)を意識しての撮影」が多いで~す。誰も撮ってないと思われる構図で撮りたいといつも思ってるが、「太いブナにアオバト」が好きですね。

3263blog0000a

3263blog0000b

▲ アオバト成鳥♀

細いブナの小枝にアオバトは、海岸で撮るアオバト撮影地の反対側には森林(樹木帯が必ずある)があるので、この構図のアオバトは沢山あると思う。

と言うことで「太いブナの前ボケ」で撮ってみました。

ブナの木肌は他の樹木と違うので、「直ぐブナとわかる」のがいいですね。

3263blog0001

3263blog0002

3263blog0003

3263blog0004

3263blog0005

3263blog0006

3263blog0007

3263blog0008

3263blog0009

▲ アオバト成鳥♂

木肌の美しい太いブナにアオバトの写真を撮りたくて、「20年通いつめて撮影出来たカット」です。

特にアオバトの下尾筒(かびとう)が好きなので、見えた時はシャッターを押しぱなしですね。

1枚の構図を撮るのに20年の時間をかけれるのが「ハイアマチアの特権」ですか。

3263blog01

3263blog02

3263blog03

3263blog04

3263blog05

3263blog06

3263blog07

3263blog08

3263blog09

3263blog10

3263blog11

3263blog12

▲ 2018年8月13日  アオバト成鳥♂     ※繁殖地・情報非公開

とにかく「太いブナの木肌が大好き」です。(ブナの木肌だけはブナと直ぐわかるから)

近くに「ダケカンバ」の巨木もあるが、垂直に太く、横枝は細いのであまり魅力は感じません。(ダケカンバの木肌も好きです)

ブナの太枝にアオバトのパーチ(止まる)は簡単に撮れるが、飛出しは「30年で初めての撮影」で~す。飛び出してくれてありがとう。ラッキーでした。

3263blog21

3263blog22

3263blog23

3263blog24

3263blog25

▲ 2018年8月15日 アオバト成鳥♂      ※繁殖地・情報非公開

「野鳥写真の不思議」で、30年で初めて撮った「飛出し撮影」が、一度撮ってしまうと「いとも簡単に撮れます」ね。ほんと不思議ですね。

(中々見れなっかった「ライファーの鳥」が、次から簡単に出会うのと同じですね)

3263blog31

3263blog32

3263blog33

3263blog34

3263blog35

3263blog36

3263blog37

3263blog38

3263blog39

3263blog40

3263blog41

3263blog42

3263blog43

3263blog44

3263blog45

3263blog46

3263blog47

3263blog49

3263blog51

▲ アオバト成鳥♀

ブラインド撮影しているので(気配を消している)アオバトが「羽ずくろい」をしてくれました。

アオバトは私のライフワークの鳥で~~す。

「日本で一番アオバトを撮ってる男」と自負してま~~~す。

井の中の蛙と言う声が・・・聞こえてきました~。

アオバトは森の中で番(つがい)で見たいよね。

毎年、8月中旬直ぎから、ペアでの行動が多くみられるようになるので「アオバトのペア撮影」がもって来いの季節になります。おそらく、「シーズン2回目の繁殖行動」に入るじゃないかなと・・・。

いずれにしても「アオバトは羽模様」で雌雄がわかるのがいいですね。

3262blog01_3

3262blog02

3262blog03

3262blog04

▲ 2018年8月15日  アオバト♂(右)と♀(左)  ※繁殖地・情報非公開

時間の経過とともに、濃い霧が晴れてきて「アオバトの綺麗な羽模様」が見えてきます。

ブナの独特な木肌と茶色の実(2018年は不作か)が、よりいっそうアオバトを引き立ててくれますね。30年も同じような「アオバトの風景」をみているが、まだ飽きる事はありません。(海のアオバトは3年位で飽きました)

が・・・。

アオバトをブラインドの中から見てるが、ブナ林の主(熊さん)が突然現れて・・・。(30年見てるが初めての事です。確実に熊さんは増えていると思う。個人的な感覚です)

3262blog11

3262blog12

3262blog14

▲ 2018年8月15日    ツキノワグマ        ※情報非公開

行政(役場)や警察には通報しません。

広葉樹林帯にツキノワグマが生息しているのは「あたりまえ」ですから・・・。

事故があっても、熊さんの生息域に出かけてアオバトをみている私の自己責任です。

アオバト幼鳥♂に遭遇する

毎年の事だが・・・「8月はアオバトの幼鳥を見る」ことにしている。私が見ているアオバトの繁殖地は、一番早くて7月中旬頃で遅いのは10月中旬に見た(観察・写真有り)こともあるが、10月のは「2回目の繁殖個体じゃないか」と考えてます。

5年位前の話だが、ブナ林内で「小枝を敷き詰めた鳥の巣」をみつけて、「小躍りする位喜んだ」が、数時間後に巣に入ったのは「ハシブトガラス」で、「赤い口を開けたヒナ」を見て、がっかりしました。(ハシボソガラスの巣だった)g

その後、「アオバトがカラスをモビング(攻撃)するのを毎年のように観察してる」ので、今は「カラスにアオバトの営巣場所を見つけてもらいましょう」と考えを変えた。自分の足では、「熊さんも怖いし、不可能に近いし、遭難したら大変」なんです。

奥山でのハシボソガラスの繁殖は「アオバトのヒナを餌に・・・」もあるかなと・・・。

3260blog00

▲ 2018年8月13日   アオバト幼鳥♂     ※繁殖地・情報非公開

野鳥写真は、ほとんどが「開放で撮影(F4)」しているのだが、「F8まで絞り込んで」撮影してみました。

アオバト幼鳥は、嘴と羽模様から「巣立ち1ヵ月ほど」たってると思われます。まったくの個人的な話ですが、「30年アオバトを見てる」と言うことで・・・・。

井の中の蛙と言われそうですが、「日本で一番アオバトを撮ってる男」と自負してま~~す。(笑)

3260blog01

3260blog02

3260blog03

3260blog04

3260blog05

3260blog06

3260blog07

3260blog08

▲ 2018年8月13日 アオバト幼鳥♂

3260blog21

3260blog25

3260blog26

▲ 2018年8月13日   アオバト成鳥の♂と♀

個人的な好みですが・・・・

アオバトは大きく撮るより、小さく撮る事の方が好きです。

3250blog0001

3250blog0004

3250blog0006

3250blog07

▲ アオバト成鳥♂

アオバトを大きく撮ると、インパクトはありますが・・・「3日も見ると飽きる」のが私です。が・・・、現実は、「大きく撮るほど支持される」ですよね~。

だから、私の野鳥写真は支持されません。

「写真コンテストの応募」しないようにしてま~~~す。

無性にアオバトを撮りたいな

自宅の部屋で4日連続アオバトの鳴き声を聞いたら、「無性にアオバトを撮りたい衝動」にかられ、深夜2時に家を出た。(朝4時には夜が明けるので、3時30分前にはブラインド入りしなければならない)ブラインドに入る所をアオバトに見られれば警戒心をあたえ、撮影が困難になるのと「熊さんの行動時間帯」なのでとても神経を使います。イヌワシとかハチクマの撮影でも夜明け前に出かける事はないので、個人的には「アオバトの撮影」が一番大変ですね。

3258blog00_2

3258blog01_5


3258blog02_2

3258blog03

3258blog05

3258blog06

▲ 2018年8月3日    アオバト♂           ※繁殖地/非公開

アオバトの顔に枝の影が・・・・。

突然強風が吹き、影が取れた瞬間は思わず「ラッキー!」と声が出てしまいました。

大きく撮る事は自分の本位ではないが、ブナ林の隙間から撮るのでどうしようもないです。

※ 新しいブログも初めて見ました  

【岩手の野鳥と自然】 ↓

http://yotsuya.cocolog-nifty.com/iwate2/

【雫石フォトマタギ・四ッ家孝司のギャラリー部屋】  ↓

http://yotsuya.cocolog-nifty.com/iwate3/

4日連続、早朝に自宅の部屋から「アオバトの鳴き声」を聞く

バードウォッチングを初めて30年、一度も「自宅でアオバトの鳴き声」を聴くことは無かった・・・、2018年7月は異常気象なのか、早朝6時ごろに「4日連続アオバトの鳴き声」を聞いてます。

7月29日は夕方5時過ぎにも「アオバトの声」を聴いているので、間違いなく自宅周辺にアオバトが飛来していると言うことですね。

3255blog01

▲ 1990年8月23日  アオバト

28年前に、私が生まれて初めて撮影した「アオバトの写真」です。

■■■ お知らせ ■■■

2018年8月1日より、私のブログを二つ追加します。

盆明けから仕事が忙しくなる予定なので、フィールドに出る時間が少なくなると思われるので、「自分のフィールドノートと野鳥写真の整理」するいい機会かな~と思いました。

■『岩手の野鳥と自然』 ↓

http://yotsuya.cocolog-nifty.com/iwate2/

撮影年月日や撮影位置(緯度と経度)と撮影状況を公開します。

コンプセットは「未来のBWに情報をつなぎたい」と・・・

■『雫石フォトマタギ・四ッ家孝司のギャラリー部屋』 ↓

http://yotsuya.cocolog-nifty.com/iwate3/

「写真展」を一度も開いた事がない私が

「Web写真展」を開催します。

コンプセットは「二度と撮れない野鳥&風景写真」です。

私の野鳥写真はあまり評価されてないですが・・・、

「わかる人にはわかる」と信じて、「野鳥写真」を公開する予定です。

3255blog02

3255blog03

▲ 1991年9月1日  アオバト

超初心者の頃の「アオバト写真」です。

今は、もうすこし上手に撮ってるつもりだけど~・・・

でも、超初心者の頃から「大きく野鳥を撮るのは好きではなかった」ですね

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

『野鳥・その他』 【動物】 ツキノワグマ 【野鳥】  タゲリ 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ