最近のトラックバック

カテゴリー

イヌワシをちょこっと動画で・・・・。

スチール写真専門ですが、ちょこっと遊びでイヌワシを動画で撮影してみました~。が・・・、やっぱり95%が写真で、動画は5%位の比重です。
まずは、同じ日に撮影した写真を・・・、最後に動画を(人にお見せできないレベルですが)
5037blog01
5037blog02
5037blog03
5037blog04
5037blog05_2
5037blog11
5037blog12
5037blog13
5037blog14
5037blog15
5037blog16
5037blog17
5037blog18
5037blog19
5037blog20
5037blog21
5037blog22
5037blog23
5037blog24
5037blog31
5037blog34
5037blog35
5037blog41
5037blog43
5037blog44
5037blog45
▲ 2010年2月17日 撮影 イヌワシ
猛禽類の営巣場所は「人に聞かない、教えない」をモットーにしてるので、撮影はいつも一人です。大勢でイヌワシを撮影する事はありませんね~。
動画でちょこっと撮ってみました~。
私はスチール写真専門なので、はっきり言って動画は遊びで撮ってます。

一年ぶりに、「田沢湖のイヌワシ営巣地」を見てきました。

私は猛禽屋ではないので、年に1回位イヌワシを見れれば満足なので・・・、そんなもんで、一番手っ取り早い(自宅から一番近い)イヌワシ観察ポイントは「田沢湖のイヌワシ」なんですが、ここ10年位はぜんぜん見れてません。

今日も「田沢湖のイヌワシは空振り」に終わりました~。見れなくても、「営巣確認に出かけた」と言うことだけで、今シーズンは終了で~す。

3094blog02

▲ 2017年5月9日  田沢湖のイヌワシ  (秋田県仙北市)

今年も空振り、営巣してませんでした~。

3094blog03

▲ 2016年4月26日 田沢湖のイヌワシ  (秋田県仙北市)

作年も空振り、営巣してませんでした~。

個人的な観察記録ですが、2006年6月3日に、この場所で見て以来、見てません。毎年のように出かけたわけではないですが、10年位、営巣してないんじゃないかな???

3094blog04

3094blog05

▲ 2006年6月3日 イヌワシ幼鳥   (秋田県仙北市)

撮影距離は500M以上あるので、望遠レンズでは「米つぶ大」にしか写らないので、「デジスコ撮影」をして見ました。

私は「田沢湖のイヌワシ」以外はデジスコはしません。と言うことで、10年以上は使ってないで~す。

※ 「営巣場所は人に聞かない、教えない」を実践しているので、自分の足で探しだしました~。だから自信もってブログにも写真を貼り付けてま~す。

3094blog06

3094blog07

▲ 2003年5月23日 イヌワシ幼鳥  (秋田県仙北市)

自宅から40分なので、毎日でも通えるのですが、「年に1回」しかでかけません。営巣地の写真って、構図は決まってるので「年1回で十分」で~す。これもデジスコ撮影でした~。

年に一度の「イヌワシ」詣で・・・。

なんとなく「イヌワシ」が気になって北上高地に出かけて来た。今日の雫石はマイナス13度だったが、北上高地はマイナス15度と、こちらも今シーズン一番の寒さだったと思う。そんなわけで、「2時間待つのがやっと」でしたね~。イヌワシの按配としては・・・、もう現れない(繁殖の兆候が見られない)と判断し、2016年の観察はジ・エンド(来年のお楽しみ)としま~す。

イヌワシに限って言えば、林道をあてもなく走行し、「偶然の出会い」と言うことはないですね。すべて繁殖地から半径1キロ以内です。(まったくの個人的記録。猛禽類の営巣場所は人に聞かない、教えないををモットーにしていま~す。自分の足で見つけたものなので、写真もブログ貼り付けてま~す)

2022blog01

2022blog02

▲ 2007年1月3日 「イヌワシ」  北上高地

東北6県、仕事であちこち出かけていますが、「イヌワシ」だけは偶然の出会いはありません。「クマタカ」は偶然の出会いはけっこうありますね~。

狩猟期間も終わり・・・

2月15日の狩猟期間も終わり、安心して山に入る事が出来るようになりました。目当ては「大型猛禽類(イヌワシ、クマタカ)」なんですが・・・・、思うような展開にはならず、「空振りの連続」ですね~。

1593blog02

1593blog01

1593blog10

▲ 2015年2月21日  大型猛禽の狩場(北上高地)

ヤマドリが沢山見れるこの場所は、大型猛禽類とハンターと私が「ヤマドリ」を狙う場所なんですが・・・、「ハンターを信用していない」ので、猟期が終わるまでは中々山に入る事ができません。

例年2月15日が過ぎれば安心して山に入る事ができます。

1593blog06

▲ 2015年1月中旬 イヌワシのペア

イヌワシは2月中旬過ぎには「抱卵」してもいいのですが・・・、2015年2月20日現在、「抱卵している雰囲気」はありません。確かな事は言えないが、たぶん今年(2015年)も、繁殖は駄目なんでしょうね。

1593blog07

▲ 2015年1月中旬 イヌワシ(北上高地)

25年前の2月2日は・・・イヌワシ幼鳥2羽撮影

2月上旬になると・・・どうしても「イヌワシ見たい病」になる。

そもそも「野鳥」にまったく興味がない私が、1989年1月にふらっとたちよった本屋さんで、「アニマ/鷲と鷹・宮崎学(平凡社)」を立ち読みしたのが始まりなんですよ~。

速攻で「日本野鳥の会」に入会し(入会したら探鳥会とかでイヌワシ観察が出来るもんと思ってた)たが・・・。ド素人の私に「イヌワシ情報」が来るわけもなく、自力で営巣場所を探しだすしかないと悟りました。

直ぐに「岩手県内全域の5万分の1の地図を50枚購入」し、イヌワシが営巣しそうな場所をひとつひとつチェックして、やっと「イヌワシ」が見れたのが、「1990年2月2日」だったので~す。ド素人の私が「イヌワシ営巣探し」のおまけとして、「クマタカ」「オオタカ」「ミサゴ」「ノスリ」「サシバ」「ハヤブサ」「トビ」の営巣をみつけ、「ハイタカ」「チゴハヤ」「チョウゲンボウ」「オオワシ」「オジロワシ」「ハイチュウ」「チュウヒ」「コチョウゲン」「ケアシノスリ」を1年間で見たんです。(すべて自力で探しだして観察)

どう考えたって「猛禽屋さんまっしぐらの道」しか考えられない状態ですが・・・、「ハチクマを見るまでは猛禽屋宣言は出来ない」と思ってました。その後「ハチクマ」を岩手県内で見たのが2006年ですから(雫石町七つ森で営巣確認。現在は営巣してませんよ~。)16年の月日が「猛禽屋ではなくシギチ屋」になってました。

1590blog01

▲ 1990年2月2日 イヌワシ(北上高地)

当時は「野鳥写真」には興味がなく、ほんとうに「記録写真」と思っていたので、機材が「ミノルタα7700iとシグマ500ミリF8ミラーレンズ」での撮影でした。レンズが軽いので、簡単に手持ち撮影が出来るの重宝してましたが・・・、いつも「レンズが暗くて、晴天時でしか撮影できない」ことに不満があり、運よく「ここ一発で(イヌワシが現れ)撮ることが出来た」のに安堵しましたね~。

少しばかり野鳥を知ってる人なら、このイヌワシ写真が、「一生に一度あるかないかのシャッターチャンス」と言うことがおわかりでしょう。

「イヌワシ幼鳥2羽がフレームに収まってる奇跡」なんですよ~。(1羽なら営巣地付近に出かっければ、いつでも撮影できます)

野鳥も写真もド素人の私ですが、銀塩(ポジ)フィルムで撮影しました。(紙にプリントしなくて済むので経済的だった)合成写真ではないですよ~。

1590blog02

▲ 2007年2月2日 イヌワシ(北上高地)

2006年6月にやっと「ハチクマ撮影」が出来たので、再び「イヌワシ」を見る気分になり、2月2日に出かけて「パチリと1枚」撮影しました。

岩手県内のイヌワシ営巣地(30ヶ所位と言われてる)は、すべてワシ研究者がフィールド管理してるので、ぽっと出かけて撮影しても、「車のナンバーとか誰から聞いてきたの?の職質」を受けるかもしれませんよ~。

私は一度も職質を受けた事はありませんが、秋田で一度受けた事があります。とても嫌な気分になりましたが(岩手ナンバーの知らない顔だからだと思う)野鳥の会話をしたら「この岩手ヤローはただもんじゃない」と思ったじゃないかな~。立場が逆転してました~。(笑)

私は「イヌワシを撮れるのをわかっていても出かけない(16年間)」とかっこいいことをいいたいですが、オオマシコとかコクガンとかに忙しく、イヌワシはパスしてました。やっぱ根っからの「猛禽屋さん」ではないんですよね~。

1590blog03_5

▲ 2010年2月1日 イヌワシ(北上高地)

成鳥と亜成鳥です。

誠に勝手ながら、「松に雪が着雪していればな~」と思いながらシャッターを切ってました。イヌワシ研究者でないことがバレバレですね。

撮影は500Mの距離をたもってま~す。(絶対警戒距離を保ってます。なぜわかると言われると、交尾、羽ずくろいをしてくれるからです)

他の猛禽なら、ブラインドに入るので50M以内で撮影できますが、イヌワシは「営巣放棄」も考えられるので(カメラマンが悪者にされる)かなり気を使ってます。

何となく「イヌワシ」が見たいと・・・。

今朝は朝飯前に「E6こまち」を撮り、朝食後「なんとなくイヌワシが見たい」衝動が・・・。イヌワシの営巣地付近は携帯電話が通じないので、そそくさと段取りをつけて(仕事の打ち合わせをすませ)出かけてきました。

1291blog01

▲ 2014年1月7日 「E6スーパーこまち」号です。

自宅の窓から「朝焼けの按配」を見て、朝食前に出かけてきました。絵コンテ通りの撮影ができたので満足です。鉄道写真は「誰が撮っても同じ」 ですが、1年を通してこの場所では他の「鉄な人」に会うことはなかったですね~。365日毎日でも通えるのだが・・・(自宅から5分以内)飽きがこないように何か考えなければなりません。

1291blog02_2

▲ 2014年1月7日 たぶん「イヌワシの営巣地」(北上高地)

猛禽類の営巣場所は「人に聞かない、教えない」をモットーにしている(親しい鳥友にも聞いた事は一度もないです)私です。この巣は自力で24年前に探し出しました。ただ私は「猛禽屋さん」ではないので、毎年継続して観察する事はないです。

正月が過ぎたので「きっとワシ研の道(足跡)」があるもんと期待して出かけたのですが、ま白な雪原には「ウサギの足跡」しかありませんでした。足跡が無いと言うことは、年末年始は誰も観察に来てない(営巣しないと判断したのでしょう)と言うことです。

自分自身の目で「今シーズンもこの場所でのイヌワシの営巣は無しか~」と判断しました。ら・・・。

1291blog04

1291blog04b

▲ 2014年1月7日 たぶん「イヌワシ」(北上高地) ※下の画像はトリミングしてみました。 

営巣場所から1000M離れて撮影しました。(もっと近くで撮ろうと思えば撮れるのですが、ブラインドを用意してないので止めました)巣材の運び込みも、ディスプレイフライトもなかったので、たぶん「繁殖」はしないでしょうね。

思いがけず、5年ぶりに「イヌワシ」を見た。

今日は、「大峠の氷瀑と山田線の雪景色」を見る事を第一に、余裕があったら、「冬の小鳥」(亜種アカウソ、オオマシコ、アオゲラ、シメ、シジュウカラ、カワガラス、ヤマセミを見ました)を見れれば・・・と決めて出かけた。

1177blog02sil

▲ 100・110系 山田線(平津戸~川内)  宮古市(旧川井村)

本州でも1番寒い、(普通にマイナス20度の世界が体験できます)大峠のこの場所が大好きです。仕事でも、鳥見でも、鉄でも何度も訪れる最高のポイントです。実は・・・クマタカ、ハチクマをかなりの確率で見れるので、近くに巣があるはずです。飛び込む赤松は知ってるのですが、なにせ急斜面なので、「巣探しに山に入る」事はしません。

1177blog04sil

▲ 2013年2月9日 直感的に「イヌワシ」と同定。直ぐ車を止め、50ミリの標準レンズで撮影しました。(鉄なので、望遠レンズは用意していなかったのと、想定外の場所でした)5年ぶりの「イヌワシ撮影」となりました。

1177blog05sil

1177blog06sil 

▲ 2013年2月9日  「イヌワシ」  北上高地

5年ぶりに思いがけなく「イヌワシ」を見たので、「もしや営巣しているかも」と思って出かけてみたら、「残念ながら営巣している雰囲気」ではありませんでした。なぜわかるかと言うと、この時期なら「2時間まてば必ず見れる」のが見れなかったし、「産座は雪のおおわれ」て、「巣は空っぽ」でした。

個人的には「イヌワシの営巣場所」は4ヶ所ほど知ってるが(すべて自分ひとりの力で見つけた場所です。基本は「猛禽類の営巣場所は人に聞かない、教えない」です)、本気でやると大変な事を知ってるので、遠くから双眼鏡で見るに限りま~す。

「クマタカ」なら何処でも見る事ができますが、「イヌワシ」は、営巣場所か狩り場を押さえておかなかれば、そうそう見る事ができませんね。岩手には「全国区の大型猛禽研究者」が沢山いるので、私は「オオマシコ」とか「アオバト」の綺麗どころの方で頑張りま~す。

「イヌワシ」市民講座から

昨日の「市民講座」で聞いた話ですが、2011年の「岩手県内のイヌワシ繁殖は3番(つがい)」なそうです。岩手県内で把握しているイヌワシの営巣地は32番(つがい)あるとのことで、ほとんどが「繁殖できてない」と言うことになりますね。

個人的には、繁殖期(1月~6月)に岩手県内でイヌワシを見た場所は6ヶ所ほどなので、32番(つがい)とは「すげ~多い」と感じるのですが、繁殖できてるのが3ヶ所なら、「絶滅に一直線」なのでしょうね。100年後には「トキの二の舞」になってるのかも知れません。

そうそう、日本国内でのイヌワシの総数は「650羽」なそうです。

そう言われると、林道を走っていても「クマタカ」は見ることがあっても「イヌワシ」はまず見ることがありません。見る場所は「営巣地近く」か「狩り場」で、偶然に「イヌワシ」を見たと言うことは1回しかありませんね~。

768blog01sil

768blog02sil

▲ 2003年5月23日 まだ「デジスコ」が一般的でなかった頃、「自作でデジスコアタッチメントを作り」撮影しました。当時は「デジスコアタッチメント」はない時代だったので、大きく撮れることに喜びましたが、「飛翔」とか「動き」に弱く、まして、「どアップ写真は飽きる」ので他の野鳥には「自作デジスコ」を使うことはなかったですね。このイヌワシ撮影の為に作ったようなもんです。

768blog03sil

768blog04sil

▲ 「イヌワシ」と思えばこそ撮影しますが・・・、実際にはこの距離感だと「見た!」って言う感じがしないですね~。どんなに遠くても、「枝に止まってる」方が断然好きです。

768blog05sil

▲ たまに、びっくりするほど近くを飛んでくれることもあります。ヤマドリとかウサギを追いかけている時ではないでしょうか。でなければ、警戒心の強いイヌワシが近寄るわけがありません。

その他のカテゴリー

【動物】 ツキノワグマ 【野鳥】  タゲリ 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ