出張のついでに「羽黒山神社に寄り道」

羽黒山神社近くに出張があったので、真っ直ぐ帰ってくるのも芸がないから「五重塔」と「石畳参道」を歩いて来た。「羽黒山神社」と言えば、アカショウビンの観察ポイントだが、今の自分は、600ミリを持って「石畳参道を登る体力(90分の登り)」はありません。双眼鏡とコンパクトデジカメひとつで十分満足ですね~。

2000年代初めの頃は、「アカショウビン目当てで羽黒山神社」を歩いても、「野鳥カメラマン」に出会う事はなかったが・・・、2010年代からは「アカショウビンカメラマン」を見かけるようになり、自然と足が遠のきました。(野鳥の話をしても、話があわなく、ホトトギスの声もわからない、小鳥もわからない、興味があるのはアカショウビンとカワセミだけ(カワセミ系)と言う人たちです。

1644blog01

1644blog02_2

1644blog03_2

1644blog06_2

1644blog05_2

1644blog07

Img_2877sil4_5

▲ 2015年6月30日 羽黒山神社(山形県)

今までだったら、「五重塔」とか「石畳参道」は撮る事がなかったが・・・、今は双眼鏡とコンパクトデジカメしか持ち歩かないので、「野鳥(アカショウビン)」は撮る事がありません。アカショウビンじたい、「キョロロロロ~♪」の声は聞いても、姿を見ることが中々出来ない、手ごわい野鳥ではある事は確かです。

マイフィールドでも、「アオバト」や「ハチクマ」を観察時に、しょちゅうアカショビンの声を聞いているのですが、姿は「矢のように飛び去る個体」しか見ることはできないです。

1644blog10

1644blog09_2

▲ 「アカショウビン」  十二湖(青森県)で撮影

アカショウビンはこんな鳥です。

私は熱くなる事はないのですが、昔、「奥胎内(新潟県)」でアカショウビンが見れるというので出かけたのですが、200人位のカメラマンが右往左往している姿を見て、30分もいないで、「羽黒山神社」に場所かえしたのを思いだしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨に似合う鳥は・・・、炎の赤い鳥(アカショウビン)だよね~。

ここのところの連日の雨模様に、信じられない事だが、午前4時すぎに「キョロロロロロ・・・♪」の鳴声におこされた。寝ぼけたわけではなく、寝苦しいので小窓をあけて眠っているのだが、こんな事もあるんだと・・・。どう考えても「繁殖する環境ではない」のに・・・。(ヤマセミが繁殖した崖があるのだが、そんな所を使っているのだろうか)

思えば6月上旬、早朝(午前6時過ぎ)に畑の草取りをしていた時に「キョロロロロ・・・♪」の鳴き声を30分ほど聞いたのだが、単なる通過個体と軽く考えていた。確かにここ5年は、アオバトの観察、ハチクマの観察、サシバの観察に山に入る時に、車の前を横切る「どす赤の野鳥」を見る機会が増えているが・・・。

今晩からは、福島県での夜間工事に出かけなければならないので、明日はなんともできないのが残念ですが・・・。

やっとチョウゲンボウの観察が終り、「やれやれ」と思った矢先に、今度は「アカショウビン」が待ってるなんて、「バードウォッチヤーには365日休みがない!」と言うことか~。

1230blog01aaa

1230blog02aaa

1230blog03aaa

▲ 2007年7月中旬  「アカショウビン」  青森県深浦町(十二湖)

アカショウビンの写真は、地元の雫石町、函館市大沼公園、新潟県奥胎内、山形県羽黒神社、山形県小国町で撮った事があるが、なんと言っても「青森県十二湖」が一番撮りやすいですね~。

十二湖でのアカショウビンの自分の描いた絵コンテは「青い水色とさざ波にアカショウビン」だったが、いとも簡単に通いつめて2シーズン目で適ったので、その後はモチベーションが上がらず、(アオバトの撮影になんども十二湖付近に出かけたが、アカショウビンを撮る事はしなかった)遠のいてしまいました。

雫石でアカショウビンが撮れなければ・・・、また「十二湖通いが復活」か~。でも・・・、たぶんしないな~。

776a11sil_2

776a12sil_2

▲ 絵コンテ通りに撮影できた「アカショウビン」です。

撮影したアカショウビンの写真は1000カットはあるが、何年たっても「飽きがこない」アカショウビンは、この写真だけです。(プリントして部屋に飾る事はしないが、いつも頭のなかに残ってる「二度と撮れないこの1枚」です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真整理@「十二湖のアカショウビン」

この前、海水吸引の「アオバト」の写真整理をしていたのだが・・・、「アオバトのいる環境では、必ずアカショウビン」が見れるんですよね~。あ行の野鳥は、沢山撮影しているのだが、「アオアシシギ」とか「アオサギ」とか「アオゲラ」を跳ばして、「アカショウビンの写真整理」をすることにした。

高校時代に「サイクリング」で出かけて以来(40年も前の話)、何度も足を運んでいるのだが、ほとんど環境が変わらず(40年前に比べればかなり建物が増えたが・・・。当時は池に恋人達や家族連れのボートがたくさん浮いていた)野鳥にとっては「天国」だと思います。ただ、10数年前は、アオバトがたくさんいて、「普通に見れた」のが、今は「十二湖では声を聞く」のがやっとですね。

十二湖でのアカショウビンの撮影は、2006年、2007年と十数回は通ったが、2008年は「あまりにもアカショウビンカメラマンが多いので(平日の方が多いので、土、日だけ3回だけ通った)、「自分の絵コンテ通りのアカショウビン撮影は出来ない」雰囲気なので、2009年からは出かけていません。あと4、5年たてば、「アカショウビンカメラマンも激減」するでしょうから、その後にゆっくり出かけます。

□ 「十二湖を意識してアカショウビンを撮影」しました。

BWにも野鳥カメラマンにも「人気のアカショウビン」です。ネット上には「星の数ほどのアカショウビン画像」がありますよね。「十二湖のアカショウビン」は、撮影ポイントは誰が撮っても「ほとんど同じ構図」になるので、「見飽きた~ぜ!」と言われそうですが、ブログのカレゴリーに「アカショウビン」を加えたいので、「ヨツヤが撮ったアカショウビン」を見てやって下さいませ。

776a01sil

▲ 「十二湖を意識して」撮影しました。手前の樹木の若草色と湖面奥の山の緑とのコントラストがあり、自然に100ミリの中望遠で撮影する気になりました。ロバート・キャパ先生の教えを忠実に守りました。(シャッターを切るより、写真哲学の本を読むのが空きです)私の写真理論は「戦場カメラマンのキャパ先生」です。

776c03sil

▲ 上の写真と同じ場所で撮影しました。600ミリの望遠レンズで撮影すると、こんなにでかく撮れます。「ただでかく撮る」だけではつまらないので、昆虫を捕まえて、嘴で遊んでる瞬間をパチリと1枚です。これも「キャパ先生の教え」です。

776a02sil

▲ 24ミリで撮影しました。「アァショウビン」がいるので探してみてください。(リコーのコンデジです)

776a03sil

▲ 28ミリのデジ一眼で撮影しました。ほんのちょっとした光線の関係で、(雲から太陽が出た瞬間)湖面の色も樹木の緑も違ってきます。「写真は光のコントロール」と言うことですね。

776a07sil

▲ 24ミリで撮影しました(リコーのコンデジ)風がなく、「水鏡」になってました。十二湖は時間によって「微妙に湖面の色が違う」のも魅力ですよね。

776a08sil

▲ 100ミリの中望遠で撮影しました。これぞ「十二湖のアカショウビン」です。風が止まってくれてラッキーでした。

776a09sil

▲ 100ミリの中望遠です。太陽が雲に入ると、微妙に水面の色が変化します。「アカショウビンが飛び出した瞬間」です。

776a11sil

▲ 28ミリで撮影しました。ほどよい風が出てきたと思ったら、小波がたち、湖面の色も「青色」に変わりました。

776a12sil

▲ 100ミリの中望遠で撮影しました。青いのも「十二湖の色」です。

776b01sil

776b03sil

▲ 湖面に落ちた「昆虫」をキャッチし、飛び出した瞬間です。

776b02sil_2

▲ ほんとうに小さな昆虫でも、飛び込みます。本能なんでしょうね。

776b04sil

▲ あまりにも暑さに耐えかねて、「水あびをした瞬間」です。

□ 誰が撮っても似たり寄ったりの「十二湖のアカショウビン」です。が・・・、縦画像を意識して撮影しました。

776c01sil

776c02sil

776c05sil_2

776c04sil

776c06sil

776c07sil

776c08sil

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《東北の桜》 三春滝桜 | 《東北の桜》 合戦場の桜 | 《東北の桜》 塩ノ崎の大桜 | 《東北の桜》 桧木内川堤防の桜並木 | 《東北の桜》 角館武家屋敷の桜 | 《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 《飛行機》 ブルーインパルス | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 二本松城 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『ホタル』 | 『新幹線』 E7系  | 『新幹線検束車』 イーストアイ | 『滝・岩手』 逢滝(おうたき) | 『滝・岩手』 釜淵の滝 | 『滝・岩手』 鳥越の滝 | 『滝・茨城』 袋田の滝 | 『自転車・ポタリング』 岩手県 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 『SL』 SL銀河ナイトクルーズ | 【もういちど 野鳥観察】 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アカツクシガモ | 【野鳥】 アカハシハジロ | 【野鳥】 アカハジロ | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオメダイチドリ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キョウジョシギ | 【野鳥】 キリアイ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コキアシシギ | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サルハマシギ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シマアジ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズガモ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 ヒメウズラシギ | 【野鳥】 ヒメハジロ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ヘラシギ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マガン | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 ヨーロッパトウネン | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部