最近のトラックバック

カテゴリー

2018年春の矢巾水田で・・・タカブシギ

GWも終わり「内陸の淡水系シギチ」の季節がやってきたので、「見前・矢巾水田」を回って来た。ここ数年、「盛岡近郊の春のシギチ」でいい思いをできないのが現実です。大きく環境の変化も・・・(岩手医科大学の移転工事)あるのかも知れませんね。

※ 写真をくりクリックすると大きなサイズ(720x480)で見る事が出来ます。

3233blog01a

3233blog01b

▲ 2018年5月7日  タカブシギ  矢巾水田(岩手県矢巾町)

水田にゴミみたいに見えるのがタカブシギです。奥にタワークレーンが林立してる所が岩手医科大学の移転工事の場所で、後数年すれば「大きな大学病院」が出来るでしょうね。

ただ矢巾水田は「圃場整備事業」で水田を大きくしたので、(補助金が使われていると思われる)水田以外に利用するとなると、補助金の全額返還をしなければいけなくなるので、後20年はこのままの状態(水田での稲作)でしょうから、「細々とシギチ観察」は続けられると思います。

農家の皆さんに感謝、感謝です。

3233blog02

3233blog03

3233blog04

3233blog05

3233blog06

3233blog07

▲ 2018年5月7日  タカブシギ  矢巾水田(岩手県矢巾町)

今日は太陽が出てなく光線の状態が期待できないので、「記録写真としてタカブシギ」を数枚撮りました。

2016年「見前水田」の口開けは・・・、例年通り「タカブシギ幼鳥」です。

リオ五輪も終わり、普通の生活時間に戻ったので(五輪中は20時睡眠3時起床の毎日)、「見前水田にシギチの按配」を見に出かけて来た。例年通り、第一陣は「タカブシギ幼鳥1羽」でした。これから、少しずつ数を増やし、20羽位にはなると思います。私の目当ては・・・「エリマキシギ」を見るまで、「見前水田通い」が続きま~~~す。

3003blog01
3003blog02
3003blog03
3003blog04
▲ 2016年8月22日 タカブシギ幼鳥 「見前水田」(盛岡市)
秋の内陸休耕田に入るシギチでは、もっとも普通に見れる代表選手です。
秋のシギチはエリマキもですが、幼羽が多いような気がします。
幼鳥だけで渡りをするのですから、「渡りの不思議」ですよね。

見前水田 de タカブシギ

今日も「見前水田」に出かけてきました。種類と数はキアシシギ5羽、 タカブシギ4羽、 タシギ7羽と満足できるもんではありませんが・・・、まあ、仕方がないですね。

見前水田に飽きもせず通い続けるのは・・・、「アメリカと言う名前のついたシギチやオオキアシなんかが見れればいいな~」と言う妄想が。

ほんと呆れてしまいますは。

1546blog06_2

1546blog07_3

1546blog02_3

1546blog03_11

1546blog04_18

1546blog05_3

▲ 2014年8月30日 タカブシギ 「見前水田(盛岡市)」

盛岡近郊では、毎年「もっとも普通に見れるシギ」です。そう言うわけで、一番撮影しているかも・・・。

ただ、いつも途中で撮影を切り上げてしまいますね~。

















今日の見前水田はタカブシギ2羽だけ・・・。

見前水田は会社から車で5分なので、ちょっと時間をみつけて観察できます。出張が無い限りは、ほぼ毎日観察できるので、まず見落とすことはないと思いますが・・・、今日は「タカブシギ(幼羽)2羽」だけと、寂しい「見前水田」でした。「コアオアオシシギ」も「オジロトウネン」も「ヒバリシギ」も抜けたみたいですね。ただ野鳥のことですから、また戻ってくるかも知れませんが・・・・。

見前水田では、毎年(1997年から連続観察中)タカブシギが見れるので、もっとも普通に見れるシギですね。

1119blog01sil

1119blog02sil

1119blog03sil 

1119blog04sil

1119blog05sil

1119blog06sil

1119blog07sil

1119blog08sil

▲ 2012年8月29日 タカブシギ(幼羽)  見前水田(盛岡市)

今日の個体は無神経で警戒心が薄く、5M~10Mまで近寄って来てくれました。10羽前後の小群の個体は、1羽がピッピッピッ~と直ぐ鳴き、飛び立ちます。10M以内での撮影は厳しいものがありますね~。

2011年の秋の「淡水系シギチ事情は」

今朝はいつもより2時間早く自宅を出発した。(午前5時)ほとんど鳥見をしていないのだが、どうしても「秋のシギチ」を1回位は見ておきたいと思ったからです。普段は県南に仕事に行く時は盛岡インターから進入するのだが、休耕田の調査をしながら花巻空港インターまで、下道(一般道)を走り、午前8時にやっと仕事先に出かける事ができました。

1 「見前水田」  タカブシギ 2羽

2 「矢巾水田」 (※水張り水田は無し。休耕田は乾いて雑草だらけ)

3 「紫波水田」 (※水張り水田は無し。休耕田には「蕎麦」と「豆類」が転作」

4 「石鳥谷水田」 (※水張り水田は無し。休耕田は乾いて雑草だらけ)

5 「笹間水田」 (※水張り水田は無し。休耕田は「豆類」が転作)

6 「花巻空港水田」 (※水張り水田は無し。休耕田は「豆類」が転作)

盛岡~花巻間の「シギチ飛来休耕田」は、ほとんどが「転作作物」が植えてあるので、「淡水系シギチ」は期待できません。今日は仕事前で時間がなかったので、双眼鏡で見ただけで、撮影はしておりません。過去に「ポジフィルムで撮影」したのと、デジカメ初期の頃撮影した「タカブシギ」を貼っときます。

779blog01sil

▲ 1998年9月 「見前水田(盛岡市)」で撮影しました。 フィルムはプロビアⅡ(RDPⅡ)です。

779blog02sil

▲ 2007年9月 「見前水田(盛岡市)」 デジタル撮影です。

□ 今日の「見前水田」のフィールドノート

2011年9月6日(火) 曇り  5:25~5:45  

1 タカブシギ  2羽

2 アオサギ   2羽

3 ダイサギ   3羽

4 チュウサギ 5羽

6 コサギ    4羽

7 カルガモ  100+

8 マガモ(エクリプス羽) 2羽

9 コガモ(エクリプス羽) 8羽

10ハクセキレイ      3羽

11 バン(幼鳥)      2羽

12 スズメ        30±

13 ハシブトガラス    5羽

その他のカテゴリー

【動物】 ツキノワグマ 【野鳥】  タゲリ 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ