最近のトラックバック

カテゴリー

飽きもせず・・・、「オオマシコ」です。

あまりブログを更新してこなかったのですが、最近「You Tubeに動画を貼り付ける」ことをしてから、「動画 岩手の野鳥と自然」の宣伝のために、毎日のようにオオマシコの写真を貼り付けながら、動画も・・・。
5027blog06
5027blog07
5027blog08
オオマシコの写真は飽きた~と言われそうですね。
 
そんなもんで「動画」のコクガンを見てやって下さい。 ↓
 
 

雪景色でオシドリもいいが・・・、やっぱオオマシコでしょう。

5027blog05
雪国に住んでるものとしては、雪景色に「オシドリ」もいいが、やっぱ「オオマシコ」でしょう。と言うことで、深夜20センチの新雪があれば、いてもたってもいられなくなります。
でも、「行きの駄賃、帰りの駄賃」にオシドリも・・・。
 
「動画」でオシドリを撮ってみました~。
本気はスチール(野鳥写真)。動画は遊びで~~~~す。

HPのTOP画像を半年ぶりに「オオマシコ」に差し替えました~

開店休業状態のHP(イーハトーブ 岩手の野鳥通信)のTOPページを半年ぶりに「オオマシコ」に差し替えました~。

5027blog01

ついでに、「野鳥写真撮影」中に、遊びで撮ってた「野鳥動画」をYou Tubeに貼り付けてみました~。

ブログも「【動画】岩手の野鳥と自然」も作ってみました~。

いくら撮っても飽きがこないのがオオマシコで~す。

いくら撮っても飽きがこないのが「オオマシコ」です。

たぶん、このブログを見てる人は「いい加減オオマシコは飽きた~」とおもってるかも知れませんが・・・。極東(日本)に住むBWとして、欧米では見る事が出来ないオオマシコを「沢山撮影する」のが務めかな~と。

実際、雪上で見るオオマシコは、ベニマシコと違って、綺麗さ(赤さ)が全然違いますね。

5025blog02

5025blog03

5025blog04

5025blog05

5025blog07

5025blog09

5025blog10

5025blog11

5025blog12

5025blog13

5025blog14

5025blog15

5025blog16

5025blog17

5025blog18

5025blog19

5025blog19b

5025blog21

5025blog22

「写真は光のコントロール」ですよね。

光線の当たる雪上は、影ができて、とてもいい感じになりますね。

オオマシコはいくら撮っても飽きることはありません。

撮影はいつも一人なので、新雪に足跡がつなないように撮影できます。(多人数なら無理ですよね)

新雪のオオマシコは映えるよね~。

写真の腕は落ちる一方ですが、「新雪」と言うことで、少しは「腕の悪さをカバーしてくれる」と思い「新雪の中の萩にオオマシコ」を撮ってみました。自分の思いとしては、「萩にオオマシコ」はだれでも撮ってる「定番写真」なので、あまりブログには貼り付けたくないのですが・・・、「新雪のオオマシコ」なので、大目に見て下さい。
5024blog01
5024blog02
5024blog04
5024blog05
5024blog06
5024blog08
5024blog09
5024blog10
5024blog12
5024blog13
5024blog14
5024blog15

牧場に飛来するオオマシコ

「オオマシコと言えば萩の実」と相場は決まってますが、実は萩の実以外にも、「牧草地に落ちてる種子」なども食べてるので、「広い牧草地」もオオマシコの撮影に向いてます。(牧草地なら足音がでないので・・・、また邪魔な樹木も無いので記録写真にはうってつけです)

5023blog02

5023blog03

5023blog04

5023blog05

5023blog06

5023blog08

5023blog09

5023blog10

5023blog11

広い牧草地なので、記録写真的なオオマシコは撮りほうだいです。

ただ、雪がばければ映えないのが・・・、牧草地の欠点ですね。(牧草地では雪がなければ撮らない)

5023blog21

5023blog22

5023blog23

5023blog24

萩の実がない場所にもオオマシコは飛来、地上に落ちてる種子食べます。赤い樹木にパーチ(止まる)するのは、私の足音を警戒し、「隠れたつもり」なんでしょうね。

30分も待てば、また地上にもどって、「地面を歩きまわります」

私は「オオマシコハンター」だよね。

私は「オオマシコは直ぐ目に入る」し、「オオマシコの出会いの場所」はノートに書かなくても、何年たっても忘れる事はありません。と言うことで、いわゆる「オオマシコハンター」なんでしょうね。(情報無しで自分の足でオオマシコを探しだすので、いつも撮影は一人です)

写真を見てもらえればわかると思いますが、(今日は50枚ばかり貼り付けます)同じような場所での撮影に見えるかもしれませんが、ほとんど別な場所です。

▼ 写真をクリックすると、大きなサイズ(720x480)で見ることができます。

5022blog01

5022blog02

5022blog03

5022blog04

5022blog05

5022blog06

5022blog07

5022blog08

5022blog09

5022blog10

5022blog11

5022blog12

5022blog13

5022blog14

5022blog15

5022blog16

5022blog17

5022blog18

5022blog19

5022blog20

5022blog21

5022blog22

5022blog23

5022blog24

5022blog25_2

5022blog26

5022blog27

5022blog28

5022blog29

5022blog30

5022blog31

5022blog32

5022blog33

5022blog34

5022blog35

5022blog36

5022blog37

5022blog38

5022blog39

5022blog40

5022blog41

5022blog42

5022blog43

5022blog44

5022blog45

5022blog46

5022blog47

5022blog48

5022blog49

5022blog50

5022blog51

5022blog52

5022blog53

5022blog54

5022blog55

5022blog56

5022blog57

5022blog58

5022blog59

5022blog60


ランダムにオオマシコの写真を張り付けてみました~。

「写真を使わせて下さい」とメールをいただきますが、すべてお断りしてます。

【無断転載禁止】です。

他のカメラマンと会った事は無いので(いつも一人で撮影してます)、このブログ以外で「似たような(構図が同じ)写真は無い」と言うことを宣言できま~す。

まだまだオオマシコの写真はありますが、面倒くさいので、また時間をみつけて貼り付けま~~す。

「オオマシコハンター」 (Photo Koji YOTSUYA)の写真を楽しんで下さいませ。

背中から撮るオオマシコはいいよね~。

私がバードウォッチングに魅了されるのは「羽根模様」なので、「背中から撮ったオオマシコ」が一番好きですね~。オオマシコの複雑な羽根模様がたまりません。

5021blog01

シャッターを切りながら、「たしかな手ごたえ」を感じて撮った1枚です。大きくもなく、小さくもなく、ほどよい大きさで背中からオオマシコを撮影できました。

いつも「背中からの撮影」を狙っているのですが・・・、なかなか思うようにいきません。

5021blog02

大きく撮るのは本意でないのですが、後退すれば足音に反応して飛び立たれるので(オオマシコは人間を怖がらないが、足音や上着のすれる音には敏感なので要注意です)
三脚をセットすれば移動する事ができません。音さえださなければ、餌をとりながらどんどん近寄ってきます。人間(カメラマン)を怖がりませんね~。

5021blog03

5021blog04

5021blog06

背中から撮るオオマシコの羽根模様はたまらんで~~す。

5021blog07

振り向いてくれました~。

5021blog08

腰も真っ赤で、尾羽根も短く(ベニマシコは長い)こぶりなオオマシコが赤い小鳥では文句なしに一番好きで~~す。

5021blog10

赤が濃いオオマシコは撮影してても気分がいいですね。

5021blog11

オオマシコは昼でも氷点下(マイナスの温度)を好むので、ふっくらと丸い個体での撮影になります。

5021blog12

♀タイプでも腰は赤いですね。

雪景色で見るオオマシコは最高に綺麗だな~

「オオマシコは雪景色で見るに限る」と言うことで、多種多様な雪のある風景での撮影を楽しんでいます。が・・・しっかり防寒対策と携帯電話が通じない奥山に入るので緊急連絡対策をしてます。(自己責任で行ってます)

それでも「山の主(熊さん)は冬眠してる」のがとてもありがたいのですが、「表層なだれ」が怖いので、一晩に40センチ以上の積雪があれば、山には入りませんね~。

一番怖いのは「ハンター」なのですが、顔見知りのハンターからは「赤い小鳥を見た」との新鮮野鳥情報が入るので、あまり毛嫌いもできません。ハンターと出会うことはあっても、野鳥カメラマンと出会った事は一度もありません。(10か所ほど撮影ポイントを持ってます)

5020blog01

オオマシコは群れで移動してるので、普通に見る事ができます。が・・・、萩の枝被りでがっかりしますね~。

5020blog02

萩の実を食べた瞬間、枝に積もった雪が落ちる瞬間を撮影しました~。

5020blog03

萩の実をほとんど食べつきされてますが、その分「枝かぶり」が無いので、撮影にはとても助かりますね~。

5020blog04

赤い♂が出てくるのは、いつも最後の方です。幼鳥とか♀タイプが食べ終わるころ「赤いのが出てくる」のがいつものパターンですね。

5020blog05

オオマシコは4、5羽の群れ単位の群れが集まり、30羽前後数で移動してます。(過去には200羽の大群に遭遇した事があります。それが忘れられなくて・・・今でもオオマシコに夢中になってます)

5020blog06

なんとなく、小枝に積もった新雪が気に入り、パチリと1枚です。

5020blog07

どんどん降る雪の中、レンズにシートをかけて撮影しました。

5020blog08

斜面から雪玉が落ちるのですが・・・サッカーボールほどの「雪玉」になります。なだれが発生するんじゃないかとビクビクしながら撮影しました~。

5020blog09

成鳥♂でなくて・・・、がっかりしながらの撮影でした~。

5020blog10

日中でもマイナス5度以下なので、粉雪になります。

5020blog11

新雪に埋まりました~。地上すれすれの萩の実では、地上からの採餌になります。

5020blog12

「赤いオオマシコ」もいいですが、「ピンク色のオオマシコ」も雪景色では映えます。

5020blog13

萩の実が少なくなれば、枝被りもなく、気持ちよく撮影できます。

5020blog14

赤色が濃くなるほど、年とったオオマシコですよね。喉の白も広く見えます。

5020blog15

一晩に30センチの新雪が・・・、重い機材をかついで30分も歩くなんて・・・「頭がいかれてます」よね。

5020blog16

カラ松なので、少しの雪(10センチ)でも積もるので、ラッキーでした~。

5020blog17

5020blog18

「しも柱」と「つらら」が気に入り撮影しました~。地上のオオマシコでも積雪があれば「なんとか見れる写真」になりますね。雪が「レフ板」の役割をしてくれるので、曇りでも色がでます。

雪の中のオオマシコは、何度撮影しても飽きが来ませんね~。自然の中の雪景色なので(降る雪におまかせの環境になります)、ほとんどが「二度と撮れないオオマシコ」なのがいいですね。

オオマシコの撮影は「雪国に生まれて良かった」と思う瞬間です。

謹賀新年

5019blog00

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いします。

2019年は、ライフワークの野鳥中心のBWをしたいと思ってます。

冬は「オオマシコ」、夏は「アオバト」を集中的に「撮影活動」をします。

5019blog04


強風が吹き、雪上50センチの高さで粉雪がとばされてました。ちょうどオオマシコの顔だけが見えて、前ボケの雰囲気で撮影できました。二度と撮れない写真に(被写体全体にピントが来てるオオマシコはいつでも撮れるから)なりましたね~。

インターネットの世界(HPやブログ)には「星の数ほどオオマシコの写真」があると思いますが、「ヨツヤコウジのオオマシコ写真」を楽しんでくださいませ。

5019blog02

5019blog03

5019blog01

5019blog05

群れで行動する(20羽前後)オオマシコの成鳥雄は5羽位で、後は、雌か幼鳥です。ほとんどが雄成鳥はピンク色がなんです。でもなかには「でら真っ赤(深紅)な個体」も混ざってます。個人的には「深紅のオオマシコは老鳥」ではないかと考えてます。

2018年12月中旬は「羽鳥湖(福島県天栄村)」近くで仕事(本業)してましたが、50羽前後のオオマシコの群れを2回ほど見ました。標高は800M付近だったので、雪があり、とても寒く、「雫石のオオマシコの環境」とそっくりでしたね。昼でもマイナスの気温でなければオオマシコは現れないですから。「チィー、チィー」と高い鳴き声が聞こえてくれば・・・、どこからともなくオオマシコは現れます。

赤い鳥なので見間違う事はないのですが、「飛んでる群れ」で注意する事は「尾羽根の長さ」ですかね~。ベニマシコは尾羽根が長いで~す。

ほとんどのオオマシコは警戒心が薄く、「人間を怖がらない」ので撮影は簡単ですが、ベニマシコは警戒心が強く、「撮影は難儀」しますね~。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

【動物】 ツキノワグマ 【野鳥】  タゲリ 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ