地球規模で見れば、クロは50万羽、ソデグロは3500羽

秋田のクロヅル観察のついでと言うわけではないが、ツルの話題と言うかうん蓄を・・・。

地球規模で見れば「クロヅルは50万羽」で、「ソデグロヅルは3500羽」です。当然、IUCNレッドリストカテゴリー(地球規模のレッドデータ)は、「クロヅルはEN(軽度懸念)」で「ソデグロヅルはCR(絶滅危惧1A類)」でした。日本ではどちらも迷鳥としてあつかわれてます。

2005年10月30日に「御所湖(雫石町)にソデグロヅル」を見て、ネット上に写真を公開したのです。が・・・、直ぐ「日本野鳥の会本部」経由で、世界の野鳥ニュースを扱う通信社から「ソデグロヅル幼鳥の写真を提供して欲しい」との申し入れがありました。(インターネットは怖いと言うか、情報管理が凄いと認識しました)

「ソデグロヅルの幼鳥」が野生での撮影された事がビックニュースだったらしい。

1176blog04

1176blog05 

1176blog06

▲ 2005年11月 「ソデグロヅル幼鳥」  (岩手県雫石町)

例年、御所湖は冬季は満水になるのですが、ダム管理者と東北電力に「ソデグロヅルの滞在中は水位を上げないで欲しい」と要望しました。冬季は「一番電力が欲しい時期(暖房用)」なので、最初は断られました。が・・・、そこは「世界的珍鳥」「絶滅危惧1A類」と説得し、ご協力していただきました。

当初、「いわてレッドデータブックに記載ない」ので、ダム管理者は安心していました。その後、「世界の野鳥ニュースになってる」とメールを見せ、納得していただきました。

1176blog07_2

1176blog08

1176blog09

▲ 2007年12月 「ソデグロヅル」 (宮城県石巻市)

御所湖で見てから2年後、今度は北上川河口の石巻市の水田に現れました。頭部のバフ色は「鉄分の多い場所での採餌なのかな 」と思ってます。足輪もないので、御所湖で見た幼鳥が、2年後にまた日本に飛来したかどうかはわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

6年前の10月30日は・・・。

毎年10月30日になると、「御所湖(雫石町)のソデグロヅル」を思いだす。ちょうど6年前に(当時は月1回、御所湖の野鳥を定点観察」してました)、「200M先のサギがバフ色?に、「直ぐにタンチョウかソデグロに違いない。」とジズで考え、あわててプロミナを車に取りに戻りました。

プロミナの60倍で見たら「間違いなくソデグロの幼鳥」だったので、直ぐに携帯電話で「情報を発信」してました。御所湖は100人こようが1000人こようが、「遊歩道がしっかり整備」されているので、「大フィーバー」になっても、「野鳥に影響はない」と判断したからです。

最初の休日は、関東はもとより、関西から来た人もいて(100人~150人のバーダーやカメラマンが集まりました)かつてないほどの「御所湖のソデグロ祭り」になりましら。珍鳥が出れば、あちこち出かけた経験から言って、毎日の「ソデグロ情報」を自分のホームページに更新し、「雫石町役場」に出かけて、「ソデグロの場所の問い合わせがあったら教えてください」と地図を置いてきました。(役場には警察、駅、タクシーにも連絡を頼みました)

珍鳥を追いかけて、あちこち出かけている人はわかると思いますが、「一度は珍鳥の第一発見者になりたい」との思いを私は持ってました。情報公開した次の日だったか「野鳥の会本部」からメールが来てて「海外の通信社から写真提供と状況が知りたい」との内容だったので、快く写真と情報を提供しました。世界に数千羽しかいない「世界の珍鳥ソデグロヅル」の(完全な幼羽と言うことで、海外に通信社が興味を持ったみたいです。日本と大違いですね)

そう言えば「新聞社」や「テレビ取材チーム」も各社来ていましたね~。日本って、海外が動きだすと、マスコミ関係もフィーバーします。(笑)

Sura01sodeguro

▲ 2005年10月30日。御所湖(雫石町) ねぐらは遊歩道そばの溜り池でした。デジタルだったので、なんとか撮影できました。

Sura02sodeguro

Sura03sodeguro 

▲ 2005年11月3日。最初の飛来場所から500Mほど東に移動しました。遊歩道は入れ替わり立ち代り200人は来たと思う。新聞&テレビの影響か?中には「毎日、ームページの情報を更新してくれるので、安心して東京から来ました」と声をかけてくれた人もいましたね~。 

Sura04sodegurosil

Sura06sodegurosil

Sura07sodegurosil

Sura10sodegurosil

▲ 11月中旬。場所を大きく「白鳥の餌場付近」に移動し、一般のBWは誰も来なくなりました。(見るだけ見て、撮るだけ撮ったからか)

Sura22sodegurosil

Sura27sodegurosil

Sura40sodegurosil

▲ 12月上旬。朝起きたら雪が積っていたので、「御所湖の湧き水のある場所」で待っていたら(2時間位まったでしょうか)、どこからともなく(たぶん雫石川本流の白鳥のねぐら)飛んで来て、餌探しをはじめました。「雪上のソデグロ」は、想像通り(絵コンテ通り)の展開になりましたね~。12月になれば、BWもカメラマンも「誰も無関心」でした。

私が第一発見者だったので、「行政」「マスコミ」「国交省」「東北電力」や「BW&カメラマン」に「ご協力」をいただきました。(フィールド管理がしっかり出来ました。出来る自信がなければ情報公開はしません)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部