最近のトラックバック

カテゴリー

ミヤマガラスの北帰行始まる@2022年2月26日(盛岡市)

例年なら2月下旬の盛岡周辺の農耕地には積雪はないのですが、今年はまだ20センチはあります。(雫石町の水田は50センチの積雪)でも、ミヤマガラスは積雪に関係なく、北帰行を始めてる。

ミヤマガラスの群れ(300±)に出会うと・・・「黒マル、白マル(コクマルガラス)」が混じってないかと、車を止め、隅々まで双眼鏡で見てる自分がいるのですが・・・「カラスを見てる変な人」と思われているのでしょうね。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像で見る事ができます。

7029blog01

7029blog02

7029blog11

7029blog12

7029blog13

7029blog14

7029blog21

7029blog22

7029blog31

▲ 2022年2月26日  ミヤマガラス(300±)  飯岡水田(岩手県盛岡市)

20年前だったら、「ミヤマガラス」と言えば「わぉ!」と言う感覚(九州に出かけなければ見れないと思っていた)でした。今は、あまりにもありふれて「誰も見向きもしないカラスの群れ」になりましたね~。

例年だったら、ハクチョウ、ガン・カモの北帰行っがはじまっているのですが、今シーズン(2022)は2週間は遅れそうです。

▼▼▼▼▼▼▼▼【今聞かなければならない3曲】▼▼▼▼▼▼▼▼

▲ RCサクセション  「明日なき世界」

▲ C S N & Y   「Ohio」

▲ John Lennon   「 Power To The People 」

▲ ウクライナ国歌  「 ウクライナは滅びず」

ミヤマガラスは奥羽山脈横断ルートを利用してる~!

雁やハクチョウの移動(北帰行)も始まり、例年の事だが「ミヤマガラスの群れを探し、その中から白丸、黒丸(コクマルガラス)を見つけだす」『ミヤマガラス探鳥』に出かけて来た。

私のミヤマガラスフィールドは盛岡~花巻~雫石間なのですが、同じ日に「盛岡周辺から南昌山を越えて雫石水田に移動するミヤマガラスの群れ」をやっと撮影・観察する事が出来た。

カラスを撮影してると・・・、「変人扱いされる」ですよね~。(確かに変人で~~す)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6096blog01

6096blog02

▲ 2021年3月15日 ミヤマガラスの群れ。15時頃  広宮沢果樹園周辺(岩手県矢巾町)

ミヤマガラスの群れです。期待の「白丸、黒丸(コクマルガラス)」は混ざってませんでした。バックの建物は、盛岡駅周辺の高層マンションです。何処で撮影したか、後で思いだせるように「目印の環境を入れた写真」は必ず撮るように心がけてます。

6096blog03

6096blog05

6096blog07

6096blog11

6096blog12

6096blog13

6096blog14

6096blog15

▲ 2021年3月15日 ミヤマガラスの「カラス柱」  広宮沢果樹園周辺(岩手県矢巾町)

果樹編牧草地から飛び立った後、クルクル回転しながら「カラス柱」を作りました。高く舞い上がって、南昌山方向に飛び立ちました。八郎潟(秋田県大潟村)に向かってると確信できました。

6096blog21

6096blog22

6096blog23

6096blog24

6096blog25

6096blog26

6096blog27

6096blog28

▲ 2021年3月15日 ミヤマガラスの群れ 16時頃 下川原水田(岩手県雫石町)

バックの山は、「雫石町から見たみた南昌山」です。

広宮沢果樹園(岩手県矢巾町)15時頃に飛び立ったミヤマガラス300±の群れは、直接、八郎潟(秋田県大潟村)に行くもんだと思っていましたが、雫石町の水田で休憩してました。いろんな野鳥(ガン・カモ、ハクチョウ、猛禽類、シギなど)が南昌山を越えるルートを利用してる事は容易に想像できてましたが、「ミヤマガラス300±の群れ」が実証してくれました。

県堺の国見峠(岩手県、秋田県)で観察すれば「野鳥の渡り」を実証できるのですが、5月中旬まで道路が冬季閉鎖になってるのでどうしょうもありません。最終駐車場から徒歩で行けば2~3時間がかかるし、「雪崩が起きる場所が何か所もある」ので、とても無理な話です。BWは安全、安心でするのが私のモットーで~す。が・・・、カメラを持つと、かなり危険な行動もするか~。海岸なら救命胴衣、高所なら命綱を使う事もある。(笑)

6096blog31

6096blog32

6096blog33

6096blog34

6096blog35

6096blog36

▲ 2021年3月15日 ミヤマガラスの群れ 17時頃  下川原水田(岩手県雫石町)

秋田駒ケ岳・国見峠方向(岩手・秋田県境)に飛び立ちました。

きっと田沢湖周辺→川辺町周辺→八郎潟と、水田を転々としながら移動するのでしょうね。

2019年のミヤマガラス

ミヤマガラスの群れを探しているわけではないが・・・、カラスの群れがいれば「車を止め、白マル、黒マルが混ざっているのではと期待」しながら、つい双眼鏡で見る癖がついてます。10分もあれば十分なので、手間和かかりません。2000年以前はミヤマガラスを見る事はなかったが、それ以降は、秋と春に「普通にミヤマガラス、運がよければコクマルガラスの小群れが混ざってる」ことがありますね。5101blog01 

5101blog02

5101blog03

5101blog04

5101blog05

▲ 2019年11月4日 ミヤマガラス  盛岡市永井水田(盛岡市)

盛岡近郊では、ミヤマガラスの群れは「秋の風物詩」になりましたね。

ミヤマガラスの撮影は、「カラスを撮影してる変態」と思われると嫌なので、けっして車から降りて撮影する事はありません。対向車や人がくれば、双眼鏡もカメラも隠すようにしてます。

今年(2018年)も記録として「ミヤマガラス」を撮影して見た。

今年(2018年)も、10月中旬から雫石・盛岡・花巻近郊でミヤマガラスを見て来たが(10月は毎日6時頃出勤してたので、夜明け後に御所湖ダムを通過して盛岡方向に飛ぶガンやミヤマガラスを何度も見てた)・・・。

沢山撮影しているミヤマガラスなのだが、「岩手」と言う看板倉庫の建物近くの電柱にパーチ(止まる)してたので、撮影地名を入れて撮るいい機会と思い、「ミヤマガラスだが撮影してみました」

当然「白マル、黒マル(コクマルガラス)を探した」が、混ざってなかったですね~。

3280blog01

▲ 2018年11月15日  ミヤマガラス   花巻水田(岩手県花巻市)

2000年以降(2000年前は、岩手県ではミヤマガラスは珍鳥あつかいでした)盛岡市~花巻市間の水田にミヤマガラスの群(100羽~2000羽)が毎年入るようになりました。いつも電線に群れでパーチ(止まる)しているので、直ぐ見つかりますね。

3280blog02

3280blog03

3280blog04

3280blog05

3280blog06

▲ 2018年11月15日  ミヤマガラス   花巻水田(岩手県花巻市)

「岩手県」で撮影しているのが一目瞭然ですね。

3280blog11

3280blog12

3280blog13

3280blog14

3280blog16

3280blog21

3280blog22

3280blog23_2

3280blog24

3280blog25

3280blog26

3280blog27

▲ 2018年11月15日  ミヤマガラス  花巻水田(岩手県花巻市)

カラスは真っ黒なので、キャッチライト(眼に光)を入れて撮らなければならないので、少しばかり苦労します。

それと・・・、一般人(散歩人)が来た時はレンズを仕まわなければなりませんん。「カラスを撮ってる変人あつかい」されるのが嫌なので・・・。

まず、カラスを撮影する人っていないですよね。

3280blog31

3280blog32

3280blog33

3280blog34

▲ 2018年11月15日  ミヤマガラス  花巻水田(岩手県花巻市)


直ぐ近くが「花巻空港」なので、飛行機の音に反応して、「まれに飛び立つ」事もあります。

今シーズン(2018年)は、白マル、黒マルが混ざってない限り、ミヤマガラスは撮影しません。

「変人あつかい」されたくないもんで・・・(笑)

今日は「秋のミヤマガラスの初認日」になりました。

25年前の岩手では「ミヤマガラスは珍鳥扱い」でしたが、ここ十数年は「秋の風物詩」と言うか、普通に見る事ができます。最近は暖冬なら積雪もあまりなく、盛岡近郊で越冬します。

ミヤマガラスの写真は・・・、一般の人からみれば「カラスの撮影は異様」に見えると思うので、とても神経を使いますね。間違っても600ミリの大砲を見せるわけにはいきません。(そっと車内から隠れて撮影する。通行人が来たら、直ぐ隠す)

3127blog01

3127blog02

3127blog03

3127blog04

3127blog05

3127blog06

3127blog08

3127blog09

3127blog10

3127blog11

3127blog12

3127blog13

3127blog14

▲ 2017年10月19日  ミヤマガラス  「飯岡水田(盛岡市)」

初認日だったので撮影してみました。デジタル画像は、撮影日時がデータとして残るのでとてもありがたいですね。

盛岡近郊では、根雪になるまで、毎日のようにミヤマガラスを見る事ができますが、「撮影は今日一日だけで十分」で~す。あとは、双眼鏡で「白マル、黒マル(コクマルガラス)」が混っているかどうかだけに注意するだけですね。

ミヤマガラスと・・・白マル

今日も、通勤途中で200羽ほどのミヤマガラスに遭遇したので、15分ほど車を止め、双眼鏡で見る事にした。アバウトに200±とフィールドノートに記入してもいいのだが、今日はカンターを手に持ってカウントしてみました。数は192羽でした~。だいたいあってるもんですね~。

2035blog01

▲ 2016年2月5日 ミヤマガラス 大宮水田(盛岡市)

丁度光線のいい方向にいたミヤマガラスをパチリと1枚です。別な方向の群れには・・・

2035blog02

2035blog03_2

▲ 2016年2月5日 ミヤマガラスと・・・白マルです。 大宮水田(盛岡市)

3日前に、「大宮水田」から南に500mほどの「下飯岡水田」でコクマルガラスを観察しましたが、4羽のコクマルの群れ(ミヤマは300)と1羽のコクマル(ミヤマは200)の二つのミヤマガラスの群れだったので、その内の200の群れだと思います。

今シーズンは暖冬なので、もう少しずつ北に移動してるのでしょうか?

2035blog04

2035blog05_2

2035blog06_2

2035blog07_2

2035blog08_2

2035blog09_2

▲ 2016年2月5日 「ミヤマガラス」 大宮水田(盛岡市)

2000年以降、盛岡周辺ではミヤマガラスは普通に観察できますが、私のミヤマガラスを初めて見たのは「1996年5月6日の飛島(酒田市)の1羽」でした。当時は「冬の九州にツル観察のついでに見る、ミヤマガラスとカササギ」と言う感覚でしたね~。

雪上のミヤマガラスは九州では撮れないと思うので、「盛岡ならではのミヤマガラス」との思いで、今日は撮影してみました。毎年、ミヤマガラスは見てるのですが、写真を撮ったのは、ほんと久ぶりで~す。

福島第一原発周辺の野鳥事情は・・・。

11月19日から2週間の予定で「福島出張」でしたが、やっと仕事が終了し開放されました。仕事は選ばないタイプなのですが(自分の出切る仕事は何でもOKのスタイル)、今回は・・・、なんせ「福島第一原発周辺の仕事」と言うことで、悩みに悩んだすえに「自己責任」でOKを出しました。仕事内容は個人のブログですので詳しくは書きませんが、一般人が入れない地域にも入る(立ち入り禁止区域から外に出る時に、体と車と使用道具にガイガーカンターを当てられ、OKが出てからの退出になります)ので、「一刻も早くこの場所からの仕事を終えたい」と言うのが本音でした。

◆南相馬市、飯舘村、葛尾村、浪江町、大熊町、楢葉町、川内村の「避難指示解除準備区域(電気は通っているが、生活している人はいません。関係者と除線作業の人だけです)を100ヶ所ほどを歩いて(車で移動)きました。

出張に出れば「ちゃらちゃらと鉄道写真を撮る」との予想に反して、今回は「仕事の合間にバードウォッチングに専念」しました。「本籍は野鳥観察」なので、「今の(2013年11月下旬)福島第一原発周辺の野鳥観察報告」で~す。

1284blog02sil

▲ 2013年11月下旬  福島県浪江町棚塩地内

奥に見えるのが「福島第一原発」です。直線距離にして10キロ県内ですので、「浪江町に許可申請」をいただかなければ入る事ができません。退出時には「スクーリング(線量検査)」を受けなければなりません。

事前に私が仕事する場所は「放射能の空間調査終了後」なので、「危険」とは思わないのですが、「いい気分での仕事ではない」ことは確かです。

この地域は「福島第一原発」から5キロほどの近さなのですが、予想に反して「放射能の空間線量は福島市より低い」ですよね~。近くは請戸川河口なので、「強い東風が吹いたの(飯舘村方向に)かな~と・・・。

野鳥観察記録

キジ♂ 5羽 / ダイサギ冬羽 1羽 / アオサギ 1羽 / マガモ 20± / ホシハジロ10± / カモSP100±(遠くて種がわからない) / ノスリ 1羽 / ハシボソガラス 2羽

1284blog06

▲ 2013年11月下旬  福島県飯舘村二枚橋地内

飯舘村には延べ3日間いましたが(8:00~17:00)、野鳥はノスリ1羽とハシボソガラス1羽の2羽だけでした。3日間とも同じ電柱にノスリが止まっていたので、同じ個体だと思います。車から降りて、写真を撮ろうとしたら、飛び立ったので「野鳥」である事を証明してくれました。

野鳥観察

ノスリ 1羽 / ハシボソガラス 1羽

1284blog09

1284blog10

1284blog11

▲ 2013年11月下旬 福島県楢葉町大木戸地内

楢葉町は予想に反して野鳥が多く、赤い実(まゆみ?)にヒヨドリ20+、ムクドリ5羽が群れでむらがったり、電線に200±のミヤマガラスが止まってました。写真を撮ろうとしたら、広野町方向(南南西)に飛んで行きました。

野鳥観察

ヒヨドリ 20+ / ムクドリ 5羽 / ミヤマガラス 200± / ノスリ 1羽 / スズメ10± / トビ 1羽 / ハシブトガラス 2羽 / ハシボソガラス 3羽 / キジバト 1羽 / ハイタカ 1羽

1284blog07

▲ 2013年11月下旬 福島県葛尾村

野鳥を1羽も見る事が出来ませんでした。   

   

2012年、ミヤマガラスの初認日になりました。

まったく個人的な観察記録ですが、今日、「ミヤマガラスの500±の群れ」を見ることができました。私の初認日と言うことです。もはやミヤマガラスは普通種で、毎年定期的に観察する事ができます。一応、双眼鏡で見渡しましたが、白マル、黒マルは混ざっておりませんでした。

1152blog01

1152blog02

1152blog03

1152blog04

1152blog05 

▲ 2012年10月26日 「ミヤマガラス」  湯本水田(花巻市)

根雪になるまでは、この周辺に滞在してくれるでしょう。花巻インターと花巻温泉間の水田地帯ですが、電線に群れでパーチ(止まる)していたら、カラスの嘴を見てください。逆光でも、「頭が台形で嘴がペンシルのように」見えれば、ミヤマガラスと疑ってください。順光なら、嘴が白く見えます。

皆さんが目当ての「白マル、黒マル」は、11月中旬以降の第二陣のミヤマガラスの群れが、見れる確率が高いと思います。200羽に1羽位の確率で混ざっているでしょうか。いずれにしても、ハト大の大きさなので、「小さいカラス」には注意で~す。私は「西マル」を追いかけま~す。(笑)

シギの後はミヤマガラス

休耕田のシギチも終り、盛岡近郊の鳥見は「シギの後はミヤマガラス」になります。一般の人のはカラスにレンズを向けているなんて、とても理解されないので、ミヤマガラスの観察は一目を忍んで(車から絶対降りない、人が来たら双眼鏡をしまう)になりますね~。

私がBWを始めてた頃は「ミヤマガラスは九州に出かけなければ見れない」代物でした。始め見たのは1996年5月の飛島(山形県酒田市)での1羽でした。珍鳥ではないが、けっこう「ミヤマガラス」を撮る人も沢山いましたね~。それが・・・、2000年以降は、盛岡近郊では、秋と春(暖冬の年は1月でも見れた)に普通に見ることがで

きます。

たまに地元紙に「珍鳥ミヤマガラス」の写真と記事が載ることもありますが、「もやは普通種ミヤマガラス」ですよね。(私のHP岩手の野鳥通信は見ていないのでしょう)

1140blog01sil

1140blog02sil

1140blog03sil

1140blog04sil

1140blog06sil

▲ 「ミヤマガラス」です。

よく見れるポイントは、盛岡南インター付近、盛岡南公園サッカー場、見前水田、矢巾水田です。早い年は10月中旬にはみれます。例年は11月上旬でしょうか。

運がよければ、「コクマルガラス」も混じってる事があります。鳴き声が独特なので、(「キュン、コン、キュン♪」と個人的には聞こえます)聞こえたなら、本気でミヤマガラスの群れを集中して見ることにしてま~す。

昔、珍鳥。今はただの鳥「ミヤマガラス」

初めて「ミヤマガラス」を見たのは、1996年5月に飛島(酒田市)で1羽みたのが最初だった。当時はライフアーであったので、それなりに喜びました。が・・・、「冬に九州に行けばいつでも見れる」鳥だったので、興奮はしなかったですね。

今日、用事があって盛岡市に出かけたが、「飯岡水田」の電線に「ミヤマガラスの大群」が止まっていた。ミヤマガラスを見る時は、「必ず白マル、黒マルを探す事」にしているのだが、残念ながら、今日の群れには混ざってはいませんでした。

盛岡近郊で、普通にミヤマガラスの群れが見れるようになったのは2005年以降ですが、「ハシボソガラス」も「ハジブトガラス」も群れを作るし、夕方に塒入りする時は大群になるので、一般人には「カラスの群れ」は珍しくもないでしょう。むしろ「嫌われ者」の代表選手ですね。

805blog01sil

805blog02sil

805blog03sil

805blog04sil

805blog05sil

805blog06sil

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「その他」 「新型コロナ禍後の新生活」 「映画」 ウッドストック 「音楽」クラシック 「音楽と映画」 のん(能年玲奈) 「麻雀」 『北京オリンピック2022』』 『天体写真』 『思い出の野鳥観察記』 『滝・岩手県』 『蔵出し・野鳥写真』 『野鳥・その他』 『雪と野鳥』 『風景・岩手山』 『Web 写真展』 【動物】 ツキノワグマ 【桜】 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシシギ 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アビ 【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 ウミウ 【野鳥】 ウミガラス 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオタカ 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コノハズク 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 ダイゼン 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハシビロガモ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハマシギ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 バン 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒドリガモ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤコドリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ