2012年、気仙川の「クビワキンクロ」は・・・。

昨日は気仙川河口(陸前高田市)の水鳥按配を見に出かけてきた。双眼鏡と手持ち広角レンズだけと言うのが、最近の私のスタイルになってるのだが、その事にはとても満足してますね~。年々「野鳥写真の腕が落ちてる」(絵コンテを描くことが出来ない。イメージが沸いてこない)のがわかっているのが悲しいです。それが・・・、隠しようがない事実なので受け止めるしかありません。

今年も(2012-13冬シーズン)クビワキンクロ♀が、気仙川河口に飛来してました。2011年3月11日の震災後から見る事が出来なかったので(個人的な観察記録です)、久しぶりの再会が嬉かったですね。なぜか不思議と、直ぐ目に入ると言うか、クビキンの方から近寄って来てくれるのでしょうね。

1156blog01

1156blog02

1156blog03

1156blog05

▲ 2012年11月28日 クビワキンクロ♀(陸前高田市)

気仙川(陸前高田市)も311大震災の影響か、野鳥が激減してましたね~。オオハクチョウは住田町の境付近に6羽の一家族だけ。例年200+は越冬するオオバンは30+以下。そして気仙川では普通種のオカヨシガモは4番(つがい)の8羽(例年50+)だけでした。カワセミ、ヤマセミは見れず、カモメ類も300-で、(例年2000+)散々たる結果でした。

1156blog06

1156blog07

1156blog08

1156blog09

▲ 311大震災前のクビワキンクロと気仙川河口の風景です。 「高田松原の復元」には、100~200年の時間が必要でしょうね。

1156blog10

1156blog11 

1156blog12

1156blog13

▲ まだ有名になる前の「奇跡の1本松」です。バードウォッチャーとして自分に出来る事として、プロミナで海岸を捜索してました。マズコミに声をかけられても「取材は一切お断り。記事にしたら自分のHPに、取材拒否の顛末を書きます」と言って記者を退散させました。震災をネタに、新聞、テレビに出る事はもっとも嫌うところです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8ヶ月ぶりに「気仙川河口(陸前高田市)」に出かけてきました。

先週5日に、陸前高田市在住の鳥友のAさんから「今年もクビワキンクロが来てます。6年連続ですね」の電話をいただいた。直ぐにでも駆けつけたかったが、個人的な用事が、なんだかんだとあって、今日になりました。

3月11日以降、「毎日テレビで見る震災後の映像」に、心がパンクしてしまいました。正直に言えば「あまりにも辛いので、沿岸には出かけたくない」と・・・。

今日の気仙川河口の姉歯橋(現在落橋してます)付近では、「ボランテアのビブレ(ちょっき)を来たグループ」が、記念写真を撮っていたのにも遭遇しました。なんか凄く「違和感」を感じましたね~。

私は震災直後に、「気仙川河口の野鳥の調査」に出かけました。マスコミの関係者はプロミナと双眼鏡で河口を見てるのが珍しいので、取材依頼されても、私は全て断りました。あまりにもの惨状に「取材なんか受けたくない。言葉も出ない。」のが、普通の人の感覚です。

809blog01sil

809blog02sil

809blog03sil

例年だったら「カモメ酔い」するほどの数(5000羽ほど)でおおいつくされているのですが、空っぽです。カモ類の合計でも300+でしょうか。(1000~3000羽はいるのに)

809blog04sil

▲ 「クビワキンクロ(♀)」が飛来していると教わったポイントに来てみましたが、今日は見ることができませんでした。2時間近くも粘って、隅々まで見たが、「弘法も筆のなんとか」と言うこともあるので「見落としている」かも知れません。

809blog05sil

▲ 2007年1月24日撮影 / 気仙川河口(陸前高田市)

岩手県初記録の個体です。私が第一発見者だったので、「岩手県沿岸はサケ漁が基幹産業」なので、「情報は非公開」にさせていただきました。中々見れない♀と言うことで、大勢の「珍鳥ウォッチャー」が押しかけると、大変なことになると考えたからです。(交通渋滞で、サケ漁の邪魔になる)

809blog06sil

▲ 20年前に、この近くの橋の仕事で来ていたので、「毎日の昼ごはんはBWをしながら」でしたね~。当時は冬だったので、釣り人も、一般人も、誰も来ない場所でした。地元のBWも河口付近(姉歯橋下流)だけだったので、BWと会うこともなかったです。200年以降からチラホラ見かけましたが、2007年以降から、「認知」された場所ですね~。それまでは「オラの独り占め状態」でした。

そう言えば、この場所は「禁魚区」なのに、「隠れて竿を出すやから」を何度かみました。野鳥に小魚を食われると言うので、「野鳥に石を投げた釣り人」に、車から飛び出して「釣り人の足元に石を投げた」こともあったかな。わすれた~。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部