今日はコミミズク探しを・・・

今冬シーズンの盛岡は1999年以来の「雪なし正月」です。17年ぶりでしょうか。その年は「盛岡南球技場の荒れ地」に20羽ほどのコミミズクが越冬してくれて、ゲップがでるほどコミミズクの撮影をしましたが(最後の1羽の終認は5月5日でした)いまだに「コミミの1999年」が忘れられないですね。土、日は沢山の県外ナンバーの車が「コミミ撮影」に来てました。(第一発見者の鳥友のOさんから連絡受けて、直ぐ二人で協議し、その日の夜に電話で情報公開しました。100人来ても公園なので大丈夫と判断したからです。Oさんは平日は忙しいので、私とFさんのどちらかが、毎日終認まではフィールド管理をさせていただきました)

今日はコミミズク探しに「盛岡南球技場」に出かけてきました。見た鳥は・・・出現順に、ハシボソガラス、トビ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、スズメとシメ10羽の小群だけで、期待のコミミズクは3時間待ったが気配はありませんでした。(14時~17時)

2002blog01

2002blog02_2

2002blog03_3

▲ 2016年1月3日  「盛岡南球技場」

岩合さんになった気分でパチリと1枚です。(2枚目と3枚目の写真)

この積雪量は1999年のような少なさです(これから降るかも知れませんが・・・、あの年は暖冬で、30センチの雪が降っても次の日は全部解けました)

1999年の冬は、Oさんと「シロハヤブサ目当てで北海道に行き、15日に盛岡に帰って来て、その後は「コミミズク祭り」になりました。

2002blog04

2002blog05_2

2002blog06_2

▲ 1999年1月17日 「コミミズク」 盛岡南球技場(盛岡市)

500M×500Mの球技場の荒れ地に20羽のコミミズクが越冬してくれました。どの個体も警戒心が薄く、午前9時頃から夕方まで、バンバン飛び回ってましたね~。春に「ペリット調査」をしましたが、拾い集めた「ネズミの頭蓋骨は1000個」はありましたね~。

実を言うとFさんと県立博物館から、ネズミ捕獲のトラップを100ヶ位借りて設置したけど、20羽のコミミズクに食べられ、ネズミトラップには1匹もかかりませんでした。コミミズクは10分に1回ほどネズミを捕まえてましたね~。夜は観察しなかったが、コミミズクは昼以上に活動してたんでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪とコミミズク

世の中には暇な人がいるもんで、直接私にメールしてくれればいいのに、ご丁寧に匿名で「大口ヤロウ!」とか「アマチアなのに生意気」などど、第三者を介して、ご意見をわざわざしてくれる人がいます。匿名(覆面ヤロウ)の人には「返事のしようがない」ので、そのままほおって置きま~す。

と言うことで、今日は「雪とコミミズク」を何枚か貼っときま~す。笑って見てやってください。後は、私の知らないところで、酒の肴に「思いっきりけなして下さい」

また「野鳥の会本部」にメールして、本部から私に「抗議のメール」を送るのかな?ホームページは「リンク解消」しているので、本部から何を言われようと、「写真は削除」しませんよ~。

821blog01sil

821blog02sil

821blog03sil

821blog04sil

821blog07sil

821blog08sil

821blog09sil

821blog10sil

821blog11sil

821blog12sil

▲ 私は猛禽屋さんではありませんが、「撮るときは撮る」(真面目に)と言うスタイルで、本気でコミミズクを撮影しました。今だったら「もっと上手く撮れる」ことはないです。心は「鉄」に行ってますもんで。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《東北の桜》 三春滝桜 | 《東北の桜》 合戦場の桜 | 《東北の桜》 塩ノ崎の大桜 | 《東北の桜》 桧木内川堤防の桜並木 | 《東北の桜》 角館武家屋敷の桜 | 《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 《飛行機》 ブルーインパルス | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 二本松城 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『ホタル』 | 『新幹線』 E7系  | 『新幹線検束車』 イーストアイ | 『滝・岩手』 逢滝(おうたき) | 『滝・岩手』 釜淵の滝 | 『滝・岩手』 鳥越の滝 | 『滝・茨城』 袋田の滝 | 『自転車・ポタリング』 岩手県 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 『SL』 SL銀河ナイトクルーズ | 【もういちど 野鳥観察】 | 【私家版・雫石十景】 鳥越の滝 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アカツクシガモ | 【野鳥】 アカハシハジロ | 【野鳥】 アカハジロ | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 アメリカヒドリ | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオメダイチドリ | 【野鳥】 オオモズ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キョウジョシギ | 【野鳥】 キリアイ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コキアシシギ | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サルハマシギ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シマアジ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズガモ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チュウサギ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 ヒメウズラシギ | 【野鳥】 ヒメハジロ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ヘラシギ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マガン | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 ヨーロッパトウネン | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ラグビー観戦 | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部