最近のトラックバック

カテゴリー

2019-20は「大暖冬の予感」が・・・。

気象学者でもない私が「2019-20が大暖冬の予感」と言っても、説得力がありません。が・・・12月中旬に降った初雪10センチが「水分を一杯含んだ重い雪」だったのが「大暖冬の根拠」です。(例年12月の初雪から、サラサラの粉雪しか降りません。重い雪は3月下旬だけ)

過去に盛岡が「大暖冬になった年(1998-99)」を思いだします。

雫石には20センチの積雪があっても、盛岡は積雪ゼロで、初雪が1月下旬で、積もっても2日以内に全部消えました。500M×500Mの狭い範囲に(盛岡南公園球技場)「コミミズク20±が越冬」しました。(最終越冬個体は5月上旬まで飛び回ってました)

当時岩手県内のコミミズク越冬地は「花巻空港東側芝生と滑走路」で、今と違ってターミナルビルと管制塔は4号線の西側だったので、東側はとても静かで、車もこない場所だったので、「コミミズク(最大3羽)」や「ノスリ(5羽)」の採餌場所でした。空港なので、どんなに雪が降っても除雪がしっかりしているので、滑走路のへりは緑の芝生が冬でも見れました。

「1998-99の盛岡南公園のコミミズク」は、1月中旬に初めて見たのですが、雪国の盛岡で越冬するとは思わず(大暖冬になるとは思わなかった)ただの通過個体くらいに考えてました~。

5107blog01a

▲ 1999年1月17日  コミミズク  盛岡南球技場(サッカー場)/盛岡市永井地区

16日の夜に、鳥友のOさんから電話があった。1月15日まで、Oさんと函館市近くの「砂崎岬のシロハヤブサ」と「アラナミキンクロ♂」に遠征探鳥に出かけていたので、てっきりシロハヤブサの話かと思っていたが・・・。

Oさん 「今日仕事で盛岡南球技場に出かけたら、昼だったがコミミ1羽飛んでいた」

ヨツヤ 「花巻空港じゃなくて、盛岡南公園ね。会社から5分だから明日確かめてくるね」

※当時は「携帯電話」を持ってなかったので、「野鳥情報交換は夜8時過ぎが暗黙のルールになってました」

1月17日の昼休みに「盛岡南球技場」に出かけたら、私の目に飛び込んだきたコミミズクが5羽で、ビックラポン!でした。早速夜に

ヨツヤ 「今日、午後から夕方まで南公園にいたが、コミミの楽園でしたよ~。」「車も1台も入ってこないし、コミミ撮り放題だったよ」

    「第一発見者のOさん次第だけど、コミミ情報はどうしょうかね。Oさんが決めて」

Oさん 「ヨツヤさんにまかせるよ~」

ヨツヤ 「盛岡でコミミは見れないから(Oさんとは花巻空港は別だが、コミミ狙いで八戸市や蕪栗沼に遠征してました)探鳥会でコミミ情報ながしたら、皆さん喜ぶかもしれない。とりあえずFさんには電話しておきます(ヨツヤ・Oさん・Fさんの3人はシギチ仲間)

ヨツヤ 「土・日・祝日はOさんとオラで、平日はFさんとでフィールド管理すれば、全国からBWや写真家が来ても大丈夫だよね」「冬は一般の人は誰も来ないから、(サッカー場は閉鎖)100人来てもOKだよね」

5107blog01d

5107blog02a

5107blog02b

5107blog02c

5107blog02e

5107blog02f

5107blog02g

5107blog02j

▲ 1999年1月中旬  コミミズク  盛岡南球技場(盛岡市永井地区)

5107blog04f 5107blog04g

▲ 1999年2月21日  コミミズク  盛岡南球技場(盛岡市永井地区)

2月下旬なのに、雪がぜんぜんありません。

ペリットを吐き出しているところをパチリと1枚です。

※「盛岡南公園のコミミズク情報」がどのように流れてるか知るよしもありませんが、県外ナンバーや関東ナンバーの「コミミ狙いの車」をみかけるようになりました。祝日はBWや写真家が50人は来てましたね~。

5107blog04h

5107blog04i

5107blog04c

5107blog04j

5107blog04l

5107blog04m

▲ 1999年2月下旬  コミミズク  盛岡南球技場(盛岡市永井地区)

5107blog03a

5107blog03b

▲ 1999年3月下旬 コミミズク  盛岡南球技場(盛岡市永井地区)

3月下旬になると、「コミミズクは飽きられたか?」誰も(BW&野鳥写真家)来なくなりました~。5107blog05a

▲ 岩手山を見ているコミミズクです。

5107blog05c

▲ バックの山は「高倉山(雫石スキー場)」です。

5107blog05b

5107blog05d

5107blog05

5107blog05f

▲ 「盛岡南公園のコミミズク」は日中10時~15時が一番飛び回って行動してました。

5107blog06a

5107blog06d

5107blog06f

5107blog06j

5107blog06k

▲ 「旬幕を閉じた」ところか?黄色い虹彩が・・・・

5107blog06m

5107blog06q

5107blog07a

▲ 盛岡南球技場(サッカー場)周辺を飛び回るコミミズクです。

サッカー場2面以外は荒地でした(野球場建設予定地だったが、工事は行われず。荒れ放題で野ネズミが大量発生したと思われる。トータルで20個体は越冬したと思われるが、「一度に10羽のコミミズク観察は毎日のように、普通の出来事」でした。もう3月下旬の「春のドカ雪なので、BWもカメラマンも誰も来ませんでした。朝から日没まで、私一人でした~。

5107blog06h

5107blog06i

5107blog07b

5107blog07c

▲ 1999年3月24日 コミミズク  盛岡南球技場(盛岡市永井地区)

1月、2月とほとんど雪が積もらなかったのに・・・・、3月下旬の「春のドカ雪」にみまわれました~。

道路(アスファルト道路)が完備してたので、撮影は全部「車内撮影」です。

「ねぐら」の場所もわかっていたので、苦労する事なく撮影する事ができました~。

今日はコミミズク探しを・・・

今冬シーズンの盛岡は1999年以来の「雪なし正月」です。17年ぶりでしょうか。その年は「盛岡南球技場の荒れ地」に20羽ほどのコミミズクが越冬してくれて、ゲップがでるほどコミミズクの撮影をしましたが(最後の1羽の終認は5月5日でした)いまだに「コミミの1999年」が忘れられないですね。土、日は沢山の県外ナンバーの車が「コミミ撮影」に来てました。(第一発見者の鳥友のOさんから連絡受けて、直ぐ二人で協議し、その日の夜に電話で情報公開しました。100人来ても公園なので大丈夫と判断したからです。Oさんは平日は忙しいので、私とFさんのどちらかが、毎日終認まではフィールド管理をさせていただきました)

今日はコミミズク探しに「盛岡南球技場」に出かけてきました。見た鳥は・・・出現順に、ハシボソガラス、トビ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、スズメとシメ10羽の小群だけで、期待のコミミズクは3時間待ったが気配はありませんでした。(14時~17時)

2002blog01

2002blog02_2

2002blog03_3

▲ 2016年1月3日  「盛岡南球技場」

岩合さんになった気分でパチリと1枚です。(2枚目と3枚目の写真)

この積雪量は1999年のような少なさです(これから降るかも知れませんが・・・、あの年は暖冬で、30センチの雪が降っても次の日は全部解けました)

1999年の冬は、Oさんと「シロハヤブサ目当てで北海道に行き、15日に盛岡に帰って来て、その後は「コミミズク祭り」になりました。

2002blog04

2002blog05_2

2002blog06_2

▲ 1999年1月17日 「コミミズク」 盛岡南球技場(盛岡市)

500M×500Mの球技場の荒れ地に20羽のコミミズクが越冬してくれました。どの個体も警戒心が薄く、午前9時頃から夕方まで、バンバン飛び回ってましたね~。春に「ペリット調査」をしましたが、拾い集めた「ネズミの頭蓋骨は1000個」はありましたね~。

実を言うとFさんと県立博物館から、ネズミ捕獲のトラップを100ヶ位借りて設置したけど、20羽のコミミズクに食べられ、ネズミトラップには1匹もかかりませんでした。コミミズクは10分に1回ほどネズミを捕まえてましたね~。夜は観察しなかったが、コミミズクは昼以上に活動してたんでしょうね。

その他のカテゴリー

『蔵出し・野鳥写真』 『野鳥・その他』 【動物】 ツキノワグマ 【野鳥】  タゲリ 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ