「SL秋田こまち号」の本運転最終日に出かけてきました。

「青空にSL(C61形20号機)」を撮りたくなって、横手市に出かけてきました。追っかけ撮影もせず、直接横手市に直行したのは、「大曲~横手間が単線」(電柱が邪魔にならない)なのと、「横手駅の転車台のC61号を見たい」と思ったからです。

正直、「昨日、今日始めたばかりの撮り鉄」なのですが、自分なりのSL撮影のこだわりとして、「黒煙は絶対入れる」(入らなければボツ写真にします)ことを心がけてます。

私が「黒煙が期待できる撮影場所」に選んだのは、後三年駅から横手方向に2キロほど南下した「りんご畑付近」にしました。駅に停車したSLは発車の時に必ず黒煙をだすし、ほんの少しですが登り坂があるので、その「登り坂にかける事」にしました。

SL通過90分前に撮影ポイントに到着したのですが、すでに三脚が5セットも置かれてました。ただ、私がベストポジションと思う所が「ぽっかり空白」になっていたので、左右の人に声をかけて、「最高の気分で三脚をセット」できました。(背景の処理と光線の按配を考えたらこの場所しかないと思いました)

※列車通過時は30人の撮り鉄と、地元の人5人ほどの35人前後の人が集まりました。

1269blog01

1269blog02

▲ 2013年10月14日 「SL秋田こまち」(C61形20号機) 後三年→横手(奥羽本線)

黒煙は「風と運」次第なので、自分ではコントロールする事ができません。と言うことで、必ず黒煙が期待できる場所を選び出すのも「SL撮影の楽しみ」でもあると・・・、私はそう思ってます。

1269blog03

▲ 2013年10月14日 「SL秋田こまち」(C61形20号機) 後三年→横手(奥羽本線)

私がベストポジションの三脚を置けたと思ったのは、この画像が想像できたからです。シャッターを切る前から「写真の仕上がりはわかる」(野鳥写真を20年も撮り続けているので)からの選択でした。

「写真は光のコントロール」なので、光線を有効に使い(あえて影を利用しつつ、線路には影を出さない)そしてローアングルで背景の処理をしました。(広角レンズなので、うるさい民家や自動車を入る事を嫌うので)30数人の「撮り鉄さん」がいましたが、地面すれすれのローアングルに三脚をセットしてたのは、私一人だけでした)

私はカメラ(中望遠と広角)を2台セットして、両手でシャッターを切ってます。ローとハイアングルなので、「構図を2倍楽しむ」事ができま~す。

1269blog041

1269blog042

1269blog143

1269blog144 

1269blog145

▲ 2013年10月14日 「SL秋田こまち」(C61形20号機) 横手駅転車台

今日のもうひとつの目的である「横手駅の転車台」です。ここは「撮り鉄さん」より、普通の市民が多く、入れ替わり立ち代り来るので、500人位は「転車風景」を見に来たのではないでしょうか?

以前、東北本線の小牛田駅での転車台に「SL撮影」に出かけた時があります。が・・・、その時は「運転手さんがサービス精神旺盛」で、「転車台に乗ったSL」なのですが、必ず黒煙を出してくれました。(風がない時なので30M位は真直ぐ黒煙が登りました)

1269blog151

1269blog152

▲ 2013年10月14日 「SL秋田こまち」(C61形20号機) 神宮駅構内(奥羽本線)

家に帰る途中、手持ちで「パチリと」撮影しました。三脚を使わないので、「遊び心での撮影」です。いつも構図を考えて撮影しているので、「必ず三脚は使用する」ように、心がけてます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SL秋田こまち号」の試運転を見てきました。

仕事を午前中にかたずけ、昼もたべずに「JR後三年駅(奥羽本線)」に出かけてきた。あわててもしょうがないので、安全運転で裏道の農道を走ったら、自宅から70分で着いたので、(90分はかかると思っていた)「SL秋田こまち号」通過時間1時間前には1回目の撮影場所に到着しました。

私は「SL撮影に限って」は「追っかけ」をしながら撮影するので、3~4回は撮影できます。

1266blog02

1266blog01

▲ 2013年10月10日 「SL秋田こまち号」  奥羽本線・後三年→飯詰

青空を期待して「国道46号・仙岩トンネル」をぬけたら(岩手はうす曇り)、期待通りの青空に胸がおどりました。(写欲がわいてきました)

1266blog03_2

1266blog04

▲2013年10月10日  「SL秋田こまち号」 奥羽本線・大曲→神宮寺

安全運転で大曲バイパスを走ってきたので、撮影ポイントについた時間は列車通過5分前でした。事前に撮る場所を決めているわけではないので、「鉄な人」のいない場所を運転しながら探しだし、車の走れる砂利のある農道に入っていき撮影できました。

1266blog05

▲ 2013年10月10日 「SL秋田こまち号」 奥羽本線・神宮寺→刈和野

黒い煙を上げながえら、私の前を通過してくれました。

1266blog06

▲ 2013年10月10日  「SL秋田こまち号」 奥羽本線・刈和野→峰吉川

これを撮って終了。真直ぐ自宅に帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「レッドサンダー510号機」の塗装はいいね~。

てっきり「野鳥写真」に没頭しているもんだと思っていたが、「鉄道写真」とは・・・。と、「ご意見」と言うか、私のことを心配して「ご忠告」してくれる人もいるが、今はやっぱり「鉄を撮りたい」と言う気持ちの方が強いですね~。「野鳥観察」は続けているが、「野鳥写真」を真剣に考えている分、中途半端な気持ちでは「シャッターを切る」ことはできません。少しの休養が「野鳥写真に必ず好影響」を与えてくれると信じてます。

私は東北6県を仕事のエリアとしているので、「神出鬼没」にあちこちの出かけてます。「鉄」は標準レンズ1本でOKなので、「昼休みに簡単(手持ち撮影でOK)」に撮影できるメリットが大ですね。この前も踏み切りの近くだったもんで、時刻表にない「貨物列車」でしたが、「パチリと1枚」撮ることができました。

1014blog01sil

1014blog02sil

岩手県内では見ることができない、富山機関区所属の「レッドサンダー510-18号機」を撮影することができました。雪煙をあげながら 「津軽平野(奥羽本線)」を爆走してました。でら真っ赤な塗装が雪原に映えてたし、横に「レッドサンダー」のロゴもかっこよかったです。東北本線を走っている「金太郎EH500」よりも美しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白マスクの「寝台特急/日本海」

今朝早起きして、「青森県津軽平野周辺で鉄撮りの予定」でしたが、あまりにもの「暴風雪」に、急遽予定変更せざるおえなくなりました。「行きの駄賃」に「寝台特急日本海」の撮影のはずが、2時間待ってもこない「日本海」に見切りをつけました。秋田道を使い「八郎潟に鳥見」に予定変更したのですが・・・、奥羽本線白沢駅に貨物列車が停車していたので、「とっさに、遅れた日本海が来る」と判断し、カメラを用意したら、3分後に、私の前を通過していきました。

1006blog01sil

1006blog02sil

▲ 2012年1月14日 奥羽本線(白沢~陣場)

碇ヶ関から白沢間に、「暴風雪」にもかかわらず、10人はいましたね~。相変わらず「ブルートレイン」の人気は健在です。奥羽本線随一の人気の大館市~大鰐町間では、平日、休日に限らず、必ず「同業者(鉄撮り)」はいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部