【復刻】 クロガモ観察記

普通に観察できる海ガモと言えば、クロガモ、シノリガモですが(北三陸での観察で)、時にはびっくりするほどの大群に遭遇する時もあります。

クロガモ目当てで探鳥に出かける事はないが・・・、1999年1月に「クロガモの群れにアラナミキンクロ♂1羽が混ざってる」との野鳥情報に、喜び勇んで出かけたのですが、あまりにもクロガモの大群に、アラキンはあきらめるしかなかったですね~。

3066blog01

3066blog02

3066blog03

▲ 1999年1月16日 クロガモ(3000±)  百石海岸(八戸市)

クロガモの群れのなかに「アラナミキンクロ♂」がいるとのことだったが、外洋なので、プロミナ60倍(望遠鏡)で丹念に探しだしたのだが・・・「鳥酔い」してしまい、あきらめるしかありませんでしたね~。

2年前、シロハヤブサで有名な砂崎岬(北海道函館市近郊)で、アラナミキンクロをプロミナ60倍で観察していたので、ライファーでないので、粘りが続きませんでした~。

クロガモは良く鳴く海ガモなので、「ピュ~ピュ~♪」の大合唱に、鳥友(4人で出かけました)との話も聞こえずらくなるほどでした。この数(3000羽)のクロガモに出会う事はないだろうと当時思いましたが、その通りでした。今シーズン(2017年)は、100羽のクロガモが最大ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年ぶりに再会した「変形嘴のクロガモ」

昨年(2016年3月13日)種市漁港(岩手県洋野町)で「上嘴(じょうし)が変形したクロガモ」を観察したが、今年も(2017年3月16日)同じ「上嘴が変形したクロガモ」を観察できました。たぶん、自然界では生き延びるのは厳しいものがると思っていたのですが、ほぼ同時期に、同じ種市漁港で見れるとは・・・・、野鳥の渡りの不思議を感じました~。

Img_4128silados720x480

Img_4074silados720x480

Img_4088silados720480

Img_4103silados720x480

▲ 2017年3月16日 クロガモ♂  種市漁港(岩手県洋野町)

1年ぶりに再会した「上嘴が変形したクロガモ」です。よくも無事に1年間生き延びたものと感心しました~。

北三陸は何処の港に出かけても「クロガモとシノリガモは普通に見れる」ので、クロガモ、シノリガモ目当てで探鳥するBWは、拍子抜けするかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貝をまる飲みするクロガモで~す。

北三陸に出かければ、何処にでもクロガモは普通に見ることができます。(10羽ほどの群れで、あちこちに浮いています)今では「普通種クロガモ」と言うか、見れない方がおかしいですね。

いつも簡単にクロガモを見る事ができるので、よほどの事がなければ撮影しないのですが、貝をまる飲みしてたので、撮影することにしました~。

3054blog01_2

3054blog02_2

3054blog03_2

3054blog04_3

3054blog05_3

3054blog06_3

3054blog07_2

3054blog08_2

3054blog09_2

3054blog10_2

3054blog11_2

3054blog12_2

▲ 2017年3月5日 クロガモ♂  種市海岸(岩手県洋野町)

クロガモは貝が大好きなんですよね。

絶対内陸の河川、湖には入る事がないので正真正銘の「海ガモ」ですね。北三陸にでかければ「ピュ~ピュ~♪」と鳴き声が良く聞こえてきます。

昔一度だけ、八戸港沖に現れた「1万羽のクロガモの大群」を見に出かけた事がありますが、それはそれは「ピュ~ピュ~♪」とうるさいくらいの鳴き声でしたね~。(アラキンが1羽混ざってるの情報で出かけました。結局見れたような見れなかったような消化不良を起こしました。ライファーには数えなかったです)

3054blog13_2

3054blog14_2

▲ 2017年3月5日 クロガモ♂ 種市漁港(岩手県洋野町)

3054blog15_3

3054blog16_2

▲ 2017年3月5日 クロガモの♂と♀  八木漁港(岩手県洋野町)

漁港内に入るクロガモは・・・、どうもこうも「いつも同じような構図」になってしますますね。観察距離が10M以内なので、でっかく撮れるのですが、広角レンズで撮れば、漁船や浮き玉、ロープといろんなものが入り、「海ガモのイメージのクロガモ」なので、撮らない事にしてます。

「クロガモは荒海で撮るのが一番だ~!」

 だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上嘴(じょうし)が変形したクロガモが・・・

普通の人は、漁港内にカモが浮かんでいても気にもしないでしょうが、BWの性(さが)として、ちょっとでも変わった事があると、直ぐ目に飛び込んできます。

2057blog01

2057blog02

2057blog03

2057blog04

2057blog05

▲ 201年3月13日と17日 クロガモAd♂ 種市漁港(洋野町)

3月13日に「上嘴(じょうし)が変形したクロガモAd♂」を見たが、17日も同じ個体?だと思うクロガモを見たので、ブログが写真を貼り付ける事にしました。

遺伝的に生まれつきなのか、事故なのかわかりませんが、なんか胸が痛くなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「クロガモ」を生態写真として撮って見ました

内陸の河川にはまず入る事がない「クロガモ」なのですが、北三陸に行けば普通に見ることができます。20年位前の話ですが、関東に探鳥にでかけた時に「クロガモ、シノリガモ、コクガンは、石を投げると当る位普通にいますね~」と言ったらびっくりされました。

小さな漁港が沢山ある北三陸では、必ずと言っていいほど「クロガモ、シノリガモ、コクガン」が漁港内に入って餌を捕ってます。と言うことで・・・、10M以内での撮影が出来るのも「北三陸の魅力」ですね~。

1295blog03

1295blog00

1295blog01

1295blog02 

▲ 2014年1月11日 「クロガモ♂」です。 種市海岸(洋野町)

「潜水→餌(貝類が多い)を捕食→移動→ 水面上で餌を強引に飲み込む」がクロガモの捕食行動です。観察派なので、「生態写真」を意識しての撮影になります。と言うか、もう「時間をたっぷり使う芸術写真は撮れない」だよね~。そもそも「野鳥写真」を撮るのも久ぶりでした。

1295blog06

1295blog04_2

1295blog05

▲ 2014年1月11日 「クロガモ♂」です。 種市海岸(洋野町)あえず

今の私は「何も考えず図鑑的な写真」を撮る事しかできないな~。考えるのが面倒くさいと言うか、「見る(観察)だけで満足」する「正統派バードウォッチヤー」に大変身しました~。

希望としては・・・「1年に1種は無理としても、4年に1種は増やしたいな~」と・・・。自宅からの日帰り探鳥では、カモメ類か海鳥を丹念に見て「ライファー」をゲットするしかないですよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎度おなじみの種市海岸に・・・。

「種市海岸のコクガン」と「雪の八戸線」狙いで、洋野町に出かけてきた。毎年、毎年飽きもせずコクガンを見ています。(早い年で2月25日、遅ければ3月15日が北帰行の飛び立ち日)25日前なら、「必ずコクガンの群れが見れる」のが種市海岸なんです。

もう飽きるほどコクガンの撮影はしているので、申し訳程度に「コクガンの記録写真」を撮り、最近の行動パターンとして、時刻表を見ながら「八戸線の撮り鉄」との掛け持ちです。

それと~、種市漁港内に「クロガモ」が入っていたので、「何も考えずにでっかく」撮ってみました。

1178blog01

1178blog02

▲ 2013年2月23日 「クロガモ♂」  洋野町

1178blog03

▲ 2013年2月23日 「クロガモ♀」  洋野町

「雄幼鳥は雌に似るが、上嘴に黄色い部分がある」(日本の鳥550/文一総合出版)との記載があるが・・・、気にはなっているが、この時期なら「第1回冬羽」と思うので(第1回冬羽♂は、頭が全部黒で白い部分がない)「クロガモ成鳥♀」にしました。

クロガモも飽きるほど撮影しているのだが、雌が近くに寄ってくる気配だったので「識別用に記録写真」として撮りました。構図とかも考える事もなく、「でっかく撮る(羽軸がわかるように)事に集中」するだけなので楽でいいです。

1178blog04

▲ 2013年2月23日 キハ40・48形(国鉄色) 八戸線(宿戸~陸中八木)

雪は降っても中々積ることがない(直ぐ解ける)洋野町ですが、この構図狙いで出かけてきました。昔懐かしい朱色の国鉄色なので、白い大地には似合います。そもそも2年前に、踏み切りで待っていたら、この気動車が通過し、「鉄道写真にスイッチが入り」ました。多趣味な私はNゲージ(鉄道模型)を30年位まえにやっていたので、「鉄道」は好きなんです。

1178blog05

▲ 2013年2月23日 キハ40・48形(盛岡色) 八戸線(宿戸~陸中八木)

1178blog06

▲ 2013年2月23日 リゾートうみねこ 八戸線(宿戸~陸中八木) 

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

種市海岸に・・・。

震災後、あまり海岸に出かけたくない気分だったのですが・・・、ほぼ1年ぶりに「種市海岸」に出かけてきました。今まで海岸に出れた「防潮堤の水門扉は閉切り」でだったので、堤防の上からの観察になりました。魚港には漁船があるのですが、市場も加工所も壊れたままで「以前の状態」になるには、もう少し時間が必要ですね。

「八戸線」はかなり復旧していて、信号ケーブルの工事中だったので、3月17日の「前面復旧」には間に合うでしょう。たぶんですが、3月にはいれば「試運転車両」も見れると思います。八戸線が気になって、種市海岸に出かけたと思われてますね。やっぱ「鉄」は気になりますもん。

震災前と後の「野鳥の変化」が気になる所ですが、コクガンは50±でした。シノリガモは、例年の半分ほど。逆にクロガモは30±の群れがいたので、例年の2倍ですか。あとは・・・、カイツブリ4種とウミアイサは見ることが出来ず、ワシカモメも激減してました。(30±)多い年は200+は越冬してたのに。

久ぶりに「600ミリの望遠レンズ」を取り出して「野鳥」を撮りました。最近、「鉄」ばかりだったので、ロクヨンが重いこと、重いこと。こんなひんどい思いをして「野鳥写真」を撮っていたんですね~。(笑)

1021blog01

1021blog02

1021blog03 

▲ 2012年2月8日 「種市漁港」です。

漁港内には、クロガモ、シノリガモ、スズガモ、カルガモが入ってましたが、カイツブリの仲間は全然入ってませんでした。撮影時間中は「曇天」だったので、自分のイメージの色が(水面)が出ませんでした。2時間近くも「天候の回復」をまっていたんですけど・・・。

1021blog10001sil

▲ 2006年2月6日?だったと思う。 「種市漁港」です。

せめて、こんな色(水面)で撮りたかったで~す。

クロガモは「飽きるほど撮っている」ので、なんか、あまり「気乗り」しないんですよね。頭の中は「ビロキンやアラナミ」のことばかり思いえがいて、出て来い、出て来いと「念力」をだしているんだけど・・・。

1021blog10002sil 1021blog10003sil

▲ 2006年2月 「種市漁港」です。

漁港内は野鳥が近いので、いとも簡単に撮影できます。と言うことで、撮影者としては面白くない(たいくつ)で~す。

1021blog04

1021blog05

▲ 2012年2月8日 「種市海岸」です。

種市は「サーフィンのメッカ」なんですが、海ガモも負けずに「サーフィン」をします。海面に浮かんでるのではなく、あきらかに「波に乗って」ますもんね。クロガモに脱帽です。(シノリガモもよく波に乗って、遊んでますね)

1021blog06_2

1021blog08 

1021blog07_7

▲ 2012年2月8日 「種市海岸」です。

やっぱ、漁港内で撮影するより、海岸の方が寒くて大変ですけど、自分では好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《東北の桜》 三春滝桜 | 《東北の桜》 合戦場の桜 | 《東北の桜》 塩ノ崎の大桜 | 《東北の桜》 桧木内川堤防の桜並木 | 《東北の桜》 角館武家屋敷の桜 | 《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 《飛行機》 ブルーインパルス | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 二本松城 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 白河小峰城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『ホタル』 | 『新幹線』 E7系  | 『新幹線検束車』 イーストアイ | 『滝・岩手』 逢滝(おうたき) | 『滝・岩手』 釜淵の滝 | 『滝・岩手』 鳥越の滝 | 『滝・茨城』 袋田の滝 | 『自転車・ポタリング』 岩手県 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 『SL』 SL銀河ナイトクルーズ | 【もういちど 野鳥観察】 | 【番外】 ハリスホーク | 【私家版・雫石十景】 鳥越の滝 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカエリカイツブリ | 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アカツクシガモ | 【野鳥】 アカハシハジロ | 【野鳥】 アカハジロ | 【野鳥】 アトリ | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 アメリカヒドリ | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウソ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エナガ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオハム | 【野鳥】 オオバン | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオメダイチドリ | 【野鳥】 オオモズ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オシドリ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オジロワシ | 【野鳥】 オナガガモ | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カリガネ | 【野鳥】 カワアイサ | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 カンムリカイツブリ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キセキレイ | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キョウジョシギ | 【野鳥】 キリアイ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロツラヘラサギ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コキアシシギ | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ゴイサギ | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サバクヒタキ | 【野鳥】 サルハマシギ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シマアジ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズガモ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チュウサギ | 【野鳥】 チュウシャクシギ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナキハクチョウ | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハクガン | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハジロカイツブリ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 ヒメウ | 【野鳥】 ヒメウズラシギ | 【野鳥】 ヒメハジロ | 【野鳥】 ビロードキンクロ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ヘラシギ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マガン | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミサゴ | 【野鳥】 ミソサザイ | 【野鳥】 ミミカイツブリ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 メジロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 ヨシガモ | 【野鳥】 ヨーロッパトウネン | 【野鳥】 ワシカモメ | 【野鳥】 風景のなかの野鳥 | 【野鳥】 SP鳥 | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ラグビー観戦 | リスペクト | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部