まさか繁殖と言うことはないよね・・・「5月のミコアイサ」

今年は(2017年)は、4月初めから集中的に「カンムリカイツブリ」を見ているのだが・・・。

ついでにと言っては何なんですが、何気なく「毎年のようにカルガモが繁殖する場所」に行ってみたら、ミコアイサの観察に驚きました。個人的な観察記録では、11月から3月までの観察で、4月は見た事がなく、5月ですからね・・・。

昨年は5月中旬に「カンムリカイツブリの番(つがい)」を見て、瞬時に「きっと繁殖する」と思い、1ヵ月間観察を中止する事にした。(雛を連れてだすまで観察をしないと決断)

3093blog0

▲ 2017年5月5日  カルガモ  岩手県雫石町

3093blog01

3093blog02_3

▲ 2017年5月5日  ミコアイサ♂  岩手県雫石町

最初、肉眼で何気なく見ていたのだが「コガモ大のカモが潜水」したので、「あれ!コガモじゃなかったのか?なんだろう?」と思い双眼鏡で見たら「ミコアイサの♀」だった。写真を撮らなきゃと思い準備をしている間に、ミコアイサ♀はヨシの中に消えて行ったが、後から「白っぽいカモ」が現れ、直ぐ「ミコアイサの♂」とわかった。

直ぐに1ヵ月ほどほったらかして「観察を中止」する事にした。後は「雛を連れて泳いでくれる事を期待」するだけで~す。

いつものように、広角レンズで撮影。

橋や建物、残雪の山並み、桜を入れて撮影する癖があるので、岩手県雫石町である事。季節は5月である事が一目瞭然の写真は撮ってあります。望遠レンズより広角レンズが先が私の撮影スタイルで~す。

※昨年(2016年)の「岩手県初記録のカンムリカイツブリ繁殖成功」の例にならう事にした。最初の1年目が肝心で、観察圧、カメラ圧を加えると「営巣放棄」が考えられるので(ブラインド設置すれば、2年目以降、いくらでも観察できます。チョウゲンボウ、ササゴイで経験済)

3093blog06

▲ 2017年3月18日  ミコアイサ♂と♀  岩手県雫石町

この個体が残ったのかな~????

3093blog03

▲ 2017年3月25日 ミコアイサの小群  岩手県雫石町

3093blog04

3093blog05

▲ 2007年3月20日  図鑑写真的にでっかく撮ってみました~。

Img_6144silados720x480

Img_6368silados720x480

▲ 2017年5月3日  今年の「雫石の桜」は遅かったですね~。

※ 日本国内での「ミコアイサの繁殖記録」は1例だけです。

1961年に北海道豊富町のサロベツ原野の砂丘林内の湖沼で「雛を連れた雌の観察例」が1回あるだけです。その後の繁殖状況は不評。森林内の湖沼河川沿いの「草むら」か「樹洞」が考えられると図鑑に書いてありました。

環境は岩手県雫石町内とそっくりで~~す。

雛つれのミコアイサが見たいぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄撮りが「野鳥(ミコアイサ)」を撮る!

山田線の撮影に出かける時は、必ず「高松の池(盛岡市)」経由で行く事にしてます。ハクチョウを撮りたいと思っているわけではないが、なんか「珍カモ」でも紛れ込んでいればと・・・。そうそう、そんな事はないのですが、まあBWの習性と言うやつですか。

高松の池は氷がはるので、小さな開氷面にカモ類が集まってくるので、「簡単にミコアイサが撮影できるポイント」でもあるわけですが・・・、あまり楽に撮影できるので、拍子抜けしてしまいます。「図鑑写真」的には最高のポイントかも知れません。

1031blog01

1031blog02

▲ 前から後ろから撮影してみました。

1031blog03

1031blog04

▲ 右から左から撮影してみました。

1031blog05 

▲ ペアで撮影してみました。

1031blog07

▲ 後ろかた「換羽を逆だてたところ」をパチリと1枚です。

1031blog11

1031blog12

▲ 2010年2月に撮影した「絵コンテどおり」に撮影したミコアイサ♂です。

青い水面に浮いているミコアイサは、シーズンいつでも撮れるのですが・・・。氷上に上がった所を観察したので、ひたすら2時間位待って撮影した1枚です。後にも先にも、この時だけで、シャッター音に反応したのか、首を持ち上げたところを縦画像でも撮らせていただきました。(氷上で休憩する個体もいますが、直立不動になってくれることはまずないですね)

1031blog08

1031blog09

▲ 山田線の「キハ110系気動車」です。「野鳥」は撮らなくても、「鉄撮り」をしないと、なんか落ち着きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松の池(盛岡市)に立ち寄ったら・・・。

真直ぐ家に帰るのも芸がないので、夕方「高松の池(盛岡市)」に立ち寄ってみた。90%は結氷しているのだが、西側(盛岡女子高校側)の方に開氷面があり、オオハクチョウやオナガガモが群れをなしていた。「餌付け禁止の看板」があるのだが、一部の盛岡市民は、「字が読めないみたい」ですね~。大量に食パンを投げ与えてました。(昔は食パンの耳だけだったのに、いつの頃から、食パンそのままになりました。飽食の時代なんでしょうか)

御所湖にも同じ「餌付け禁止の看板」があるのだが、雫石町民は根が純粋なもんで、「行政のお願い事」には100%従います。と言うことで、「御所湖のハクチョウ」は水田での採餌だけです。根雪になれば、「高松の池」に移動するのでしょう。

そもそも「餌付け禁止の看板」は、「鳥インフルエンザ」の関係です。農業県の岩手では「鳥インフルエンザが発生」すれば、「風評被害」で農業は大変な事になります。まして県南(一関市周辺)では「放射能被害」で、「乾燥シイタケ」は大変な事になってるみたいですね。そんなこんなな事を思えば、「鳥インフルの風評被害」を考えれば、リスクは軽減しておかなければなりません。そもそも「野鳥に餌付けする発想」が可笑しいのです。

今日は「久しぶりにミコアイサ」を撮影してみました。「高松の池」以外では、中々警戒心が強くて、撮影できないのですが、ハクチョウや他のカモも「人なれ」しているので、簡単に撮影する事ができます。

1026blog05

1026blog06sil

▲ 2012年2月15日 「ミコアイサ」です。高松の池(盛岡市)

頭の白いのが♂です(上の写真)。頭の茶色のが♀です(下の写真)」。バードウォッチヤーの間では「パンダガモ」と言う別名もありますね~。基本に忠実に「Web野鳥図鑑写真」用に撮影してみました。(今年の高松の池の水の色が、青い色だったので撮影する気分になりました。汚れた水の色の方が多かったですね~)

1026blog07sil

▲ 氷を入れて撮影してみました。例年だったら、「ハクチョウの糞」で、氷が汚れまくってます。羽なんかも落ちていて、とても撮影する気分にはらなかったですね。

1026blog01

1026blog02_2

1026blog03_2

▲ 2012年2月15日  高松の池(盛岡市)

「餌付け禁止の看板」が設置されているのにも関わらず、「我関せず」で大量に(米袋で2つほど)食パンを投げいれてました。とても個人では出来ないので、協力者(餌の持込)が沢山いるのでしょう。家族連れや恋人達は、スーパーで買ってきた1袋か2袋でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《東北の桜》 三春滝桜 | 《東北の桜》 合戦場の桜 | 《東北の桜》 塩ノ崎の大桜 | 《東北の桜》 桧木内川堤防の桜並木 | 《東北の桜》 角館武家屋敷の桜 | 《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 《飛行機》 ブルーインパルス | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 二本松城 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 白河小峰城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 「山野草」 ザゼンソウ | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『ホタル』 | 『新幹線』 E7系  | 『新幹線検束車』 イーストアイ | 『滝・岩手』 逢滝(おうたき) | 『滝・岩手』 釜淵の滝 | 『滝・岩手』 鳥越の滝 | 『滝・茨城』 袋田の滝 | 『自転車・ポタリング』 岩手県 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 『SL』 SL銀河ナイトクルーズ | 【もういちど 野鳥観察】 | 【番外】 ハリスホーク | 【私家版・雫石十景】 鳥越の滝 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカエリカイツブリ | 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アカツクシガモ | 【野鳥】 アカハシハジロ | 【野鳥】 アカハジロ | 【野鳥】 アトリ | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 アメリカヒドリ | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウソ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エゾムシクイ | 【野鳥】 エナガ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオジシギ | 【野鳥】 オオジュリン | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオハム | 【野鳥】 オオバン | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオメダイチドリ | 【野鳥】 オオモズ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オシドリ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オジロワシ | 【野鳥】 オナガガモ | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カシラダカ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カリガネ | 【野鳥】 カワアイサ | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 カンムリカイツブリ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キセキレイ | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キョウジョシギ | 【野鳥】 キリアイ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロツラヘラサギ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コキアシシギ | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 コムクドリ | 【野鳥】 ゴイサギ | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サバクヒタキ | 【野鳥】 サルハマシギ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シマアジ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズガモ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 セグロセキレイ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チュウサギ | 【野鳥】 チュウシャクシギ | 【野鳥】 チュウヒ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラツグミ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナキハクチョウ | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハクガン | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハジロカイツブリ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 ヒメウ | 【野鳥】 ヒメウズラシギ | 【野鳥】 ヒメハジロ | 【野鳥】 ビロードキンクロ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ヘラシギ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マガン | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マヒワ | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミサゴ | 【野鳥】 ミソサザイ | 【野鳥】 ミミカイツブリ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ムネアカタヒバリ | 【野鳥】 メジロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 ヨシガモ | 【野鳥】 ヨーロッパトウネン | 【野鳥】 ワシカモメ | 【野鳥】 風景のなかの野鳥 | 【野鳥】 SP鳥 | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ラグビー観戦 | リスペクト | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部