「チョウゲンボウの営巣」を気にしつつ、「485系ジパング」を撮る

2013年のチョウゲンボウは1月中旬に営巣場所に現れたので、今年は暖冬気味なので(2013年12月上旬までチョウゲンボウを見てた)早々と「営巣場所」を見て来た。まあ、予想通りまだチョウゲンボウを見ることが出来なかったが、「営巣する事を期待」して待つしかありませんね~。

いつものように、「ついでに鉄道も・・・」パチリと1枚撮ってきました。

1288blog02

▲ チョウゲンボウの巣の中には雪が吹き込んでました。

1288blog01

▲ 2012年に撮影した「チョウゲンボウの♂」です。

1288blog03

▲ 2012年に撮影した「チョウゲンボウのペア」です。営巣前には、必ず餌を♂が♀に運びます。♀は餌をもらわなければ「交尾」はしません。「交尾」の主導権は♀が持ってます。

1288blog04

▲ 2014年1月4日 「485系ジパング」です。 東北本線(仙北→盛岡)

雫石川合流点にかかる「雫石川橋梁」です。盛岡駅から200Mほどしか離れてませんが、野鳥の「鳥たまり」なので、私がよくバードウォッチングに来る場所でもあります。「鳥と鉄」の一石二鳥ができま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡で「485系 リゾートエクスプレスゆう」を撮りました。

今日はとてもとても忙しい一日だった。午前3時起床、真っ暗だったが3時30分に自宅を出て、「野鳥撮影の為に(アオバト撮影のブラインド入りと、シーズン最後のブラインド撤収)」山篭りし、なおかつ14時までに盛岡駅に来なくてはならないハードスケジュールでした。当然、昼飯を食べる時間もなく、昼食にありついたのは15時でした。

第一の目的は「野鳥撮影(アオバト)」、午後の部は「鉄の撮影(485系 リゾートエクスプレス ゆう」だったのですが、鉄道は空振りがないので、(確実に撮影できます)朝起きた時から、「半分は目的は達成できる予定」と・・・。ありがたい事です。

1273blog01

1273blog02

▲ 2013年10月19日 「485系 リゾートエクスプレス ゆう」 雫石川橋梁(東北本線)

盛岡に「ちょっと珍しい列車」が来れば、手っ取り早く撮れるので「鉄な人」は、「雫石川橋梁(東北本線)仙北町→盛岡」に集まります。今日も10人弱は集まってましたね~。

「リゾートエクスプレス ゆう」は、臨時・団体列車専用なので、今度はいつ盛岡に来てくれるかわからないので、「撮れる時に撮っておこう」と言う心理が働き、ほんとうは「一日野鳥撮影に没頭」したかったのですが、午後から山を降りて、盛岡駅に来てしまいました。

1273blog03

1273blog04

▲ 2013年10月19日 「485系 リゾートエクスプレス ゆう」 雫石川橋梁(東北本線)

中望遠ズームで撮影してみました。最近は三脚を2本立て、「広角は置きピンでレリーズ撮影。中望遠はファインダーを見ながらシャッターを切る(押す)」と言う撮り方ですね。

雫石川橋梁は、盛岡駅手前1キロほどなので、どの列車もスピードを落して通過します。そんなもんで、撮影は余裕でシャッターを切ることが出来るので、楽ですね。

1273blog05

▲ 2013年10月19日 「485系 リゾートエクスプレス ゆう」 雫石川橋梁(東北本線)

広角レンズを三脚から外して撮影しました。通過スピードは20キロ(自転車位のスピードでした)位でしょうか。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「カシオペアクルーズ 2013」を岩手路で撮りました

5日に「小砂川~上浜」間(羽越本線)で、日没寸前の「カシオペアクルーズforあきた」撮影したのだが・・・、画質的に満足できなかったので(ISO6400での撮影)再度チャレンジしました。午前6:15分「前沢駅」着→10:30「一ノ関駅」発の運行予定だったので、少なくても3回の撮影チャンスはあると踏んでの出撃です。

「野鳥撮影」と違って、確実に3回の撮影が保障されている「鉄道撮影」は、ほんとありがたいです。昨日、今日始めた素人ながら、「野鳥撮影の20年分を1年で到達」できるますね~。(時刻表通りレールの上を走るので、確実に撮影できる事です。野鳥は空振りは当たり前ですから)

1265blog01

▲ 2013年10月8日 「カシオペアクルーズ」 金ヶ崎→水沢(東北本線) 6:05頃

天気予報は「雨の確率午前40%、午後60%」だったので、夜明け後の午前6時ではシャッター速度は稼げないな~と。結局、「ISO1250、シャッター1/250」での撮影になりました。

1265blog02

▲ 2013年10月8日 「EF81-133」号機 前沢駅(東北本線) 6:30頃

私の予想では「前沢6:15着→10:00頃一ノ関に向けて出発かな?」と思っていたのですが、ホームの端に10台ほどのカメラ&ビデオの三脚があり、「撮り鉄な人」が談笑していた。直感的に「出発はもう直ぐか?」と察知し、鉄な人に「何時頃の出発ですか?わかる人いませんか?」と聞いたら(鉄な人は、時刻表に載ってない臨時団体列車の正確な時間がわかっている人が、一人や二人はいます)、「7:30頃前沢発」とのことでした。

鉄な人のお礼を言って、次の撮影予定場所に(平泉のラーメン高架橋)出撃です。

1265blog03

1265blog04

1265blog05

▲ 2013年10月8日 「EF81+E26カシオペア」 前沢→平泉(東北本線) 7:40頃

午前7時頃に「平泉ラーメン高架橋」に到着。すでに5人の「鉄な人」が三脚をセットしていた。車のナンバーから東京、宮城、岩手の鉄な人が集まってましたね~。私がいつも三脚をセットしている場所が・・・「エアポケットの要に開いていた」ので、7:30頃の現地到着ながら、「いつもの場所」で撮影できました。一番遅い到着なのにラッキーでした。

私は600・標準・広角と三脚を3台セットしました。この撮影ポイントは100人こようが200人こようが、長い堤防なので、10人以下なら「自由自在に三脚がセット」できます。

1265blog06

▲ 2013年10月8日 E26カシオペア」 一ノ関駅構内 8:30頃

一ノ関駅に停車している「カシオペア」です。「有壁カーブ」に向かう途中に、「一ノ関駅でパチリと1枚」です。

1265blog07

1265blog08

▲ 2013年10月8日 「EF81+カシオペア」 有壁→清水原(東北本線)10:40頃

天気予報は「雨が40%の確率」でしたが、「晴れ男の念力」が通じ、太陽が顔を出してくれました。撮影時間的に「有壁での撮影」にかけていたので、とてもラッキーでした。

現地には9時過ぎに到着したのですが、すでに10人位の「鉄な人」が三脚を立ててました。この場所も「私が思うベストポジションがぽっかり開いていた」ので、車を空き地に止め、三脚を2台セットしました。その後、続々と「鉄な人」が集まり、最終的には30人は集まったでしょうか。通りがかりの農家の人が軽トラを止、私に「なんか珍しい電車がくるんですか?」とたずねてきて、「花泉から来たが、100人位は鉄道沿いにいましたよ~」と教えてくれました。私は「柔和な顔」をしているのと、「普通の服装(作業着姿と長靴)」だったので話かけやすいんでしょうかね~。

この場所は私一人だけで、半径30M以内には「鉄な人」はいませんでした。広角レンズでの撮影は、「バックの処理」をいつも考えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お花見」と・・・、485系国鉄色を撮りたくて、宮城県遠征を。

「桜はまだかいな?」と言うことで、宮城県遠征をしてきました。高速を南下中、空模様が悪くなり、高速の掲示板には「白石~福島雨スリップ注意」の内容にテンションが下がり気味になりました。「485系国鉄色」は、土、日の運行で、4月22日で終了なので、多少の悪天候でも出発しないわけにはいきません。

「鉄は熱いうちに打て」と言う言葉もあります。自分の性格からして、どうせ2、3年過ぎれば「鉄道写真は飽きる」ことがわかっているので、「中途半端に終わってしまわない為」にも、東北6県位は全部撮影(全車両のコンプリート)したいですね。

1054blog01sil

1054blog02sil

1054blog03sil

1054blog04sil

▲ 宮城県で桜を見るなら「一目千本の桜」と決めてます。船岡城跡の展望台から撮影しました。「桜」と「お花見弁当」が目当てだったので、三脚もなく、手持ちで撮影しました。展望台には横一列に「鉄ちゃんの三脚が並んでいた」ので、同列に見られるのが嫌で離れてました。一般観光客が一杯いるなかで、3~4時間も場所を占有すると言う感覚は持ち合わせてません。お花見弁当を食べて、1時間ほど桜を見て、「485系国鉄色」を撮るために白石市に移動しました。

1054blog05sil_2

1054blog06sil

1054blog07sil

▲ なつかしい「485系国鉄色」の電車です。東京に行くには、7時間弱もこの電車に揺られるか、夜中に「寝台特急」に乗るかでしたね~。高校時代はお金がないので、学割と急行で10時間近くかかっての東京行きでした。(関東とか信州のお城めぐりが好きでしたね~。当然全部バイトで稼いだお金です。) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末は「485系ジパング」撮影三昧!

「かわいい」と言うイメージではないが、当地の言葉では「めぐされめんこ」、全国的には「ぶすかわい~」と言うのかな~?。デコボコ車体にダークグレイの暗い塗装。なんと表現すればぴったりなのかわかりません。でも・・・、なせか気になる電車です。

と言うことで、今度の週末は盛岡~一関間をいったりきたりで「485系ジパングの撮影三昧」となりました。おまけとしては「イーストiD」に遭遇したことですか。(なんのまえぶれもなく突然やってくるんですよね~イーストアイってやつは)

1053blog01sil

1053blog02sil

1053blog03sil

1053blog04sil

1053blog05sil

1053blog07sil

1053blog08sil_2

1053blog10sil 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「485系ジパング」の画像整理をしていたら・・・。

4月1日から、鳴物入りでデビュウした、新ジョイフルトレイン「485系ジパング」の画像を整理していました。が・・・、なんか「画像がゆがんで見える」ので、最初は「レンズが壊れたか?」と疑いました。しかし、大きく撮った画像を見ると・・・「車体ボデイがゆがんでいる」ように見えるんですよね。

1049blog01sil_2

▲ この距離での撮影では、なんら違和感はありません。いつもの「鉄道写真」です。ただ順光で撮っても「ボデイの塗色が暗い」ので、ぱっとしませんね~。「わびさびの判る風流人」でなければ理解できないでしょう。私は「一般人(風流人でないので)」なので、明るい塗色の電車が好きです。

1049blog02sil_2

▲ この画像では、「少し光線が変か?」と思いましたが、「自分の腕が悪い」と思ってました。

1049blog03

1049blog04sil_2 

▲ 「あれ~、車体に傷がついている」と・・・。4月1日にデビュウしたばかりで、ほんとうだろうかと思ってて・・・。

1049blog05sil_2

1049blog06sil_2

▲ 対面から撮影した画像も見てみましたが、車体のボデイがゆがんでました。

1049blog07sil_2 

▲ 中の2両は、あまり違和感は感じませんでした。黄色は「金ぱくのイメージ」だそうです。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大幅リニューアルの「485系ジパング編成」を見たくて・・・。

今日から運行開始の「485系ジパング編成」を見たくて、平泉町まで出かけてきました。塗色は濃い緑色と灰色の屋根模様で、周りの景色に吸収されて、地味で、全然目立たなかったですね。撮ってみてわかった事なのですが、撮影場所を選らばなければなりません。そう言うことで、写真を貼るかどうか迷いましたが、「今日からデビューの車両」と言うことで、恥ずかしながら貼っときます。(ほんとに、全然納得していないと言うか、標準以下の画像です)

1046blog01sil

1046blog02sil

1046blog03sil

▲ 2012年4月1日 「485系ジパング編成」 岩手県平泉町

「世界遺産・平泉」を意識してデザインされた車両なので、初撮りは「平泉町」と前から決め手ました。ただ・・・、周りの景色に吸収されて、ぜんぜん目立たなかったですね。今後の撮影ポイントのロケハンをかねて、東北本線沿いを帰って来るはめに・・・。今日から高速は料金が発生するので、「一石二鳥」と言うことですね。

※ 東北本線の反対側(日本海側)に5人の家族連れが来てたことはわかっていたのですが・・・、撮影してびっくり。子供が線路を横断して、私の方(太平洋側)に来てました。最近の親は、何を考えているのでしょうね。左右確認しても、横断は危険です。列車通過5分前の横断ですから、信じられません。時刻表にのってない「貨物列車」が、この昼の時間帯に20分間隔で走ってます。 

1046blog04sil

▲ 2012年4月1日 「485系ジパング編成」 岩手県矢巾町

貨物ターミナル近くで、「ただチョウゲンを観察しながら」、時間つぶしをしてました。東北本線は複線なので、どうしても架線の支柱が邪魔になるので、頭を悩ましてしまいます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《東北の桜》 三春滝桜 | 《東北の桜》 合戦場の桜 | 《東北の桜》 塩ノ崎の大桜 | 《東北の桜》 桧木内川堤防の桜並木 | 《東北の桜》 角館武家屋敷の桜 | 《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 《飛行機》 ブルーインパルス | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 二本松城 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 白河小峰城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 「山野草」 ザゼンソウ | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『ホタル』 | 『新幹線』 E7系  | 『新幹線検束車』 イーストアイ | 『滝・岩手』 逢滝(おうたき) | 『滝・岩手』 釜淵の滝 | 『滝・岩手』 鳥越の滝 | 『滝・茨城』 袋田の滝 | 『自転車・ポタリング』 岩手県 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 『SL』 SL銀河ナイトクルーズ | 【もういちど 野鳥観察】 | 【番外】 ハリスホーク | 【私家版・雫石十景】 鳥越の滝 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカエリカイツブリ | 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アカツクシガモ | 【野鳥】 アカハシハジロ | 【野鳥】 アカハジロ | 【野鳥】 アトリ | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 アメリカヒドリ | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウソ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エナガ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオジシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオハム | 【野鳥】 オオバン | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオメダイチドリ | 【野鳥】 オオモズ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オシドリ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オジロワシ | 【野鳥】 オナガガモ | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カリガネ | 【野鳥】 カワアイサ | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 カンムリカイツブリ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キセキレイ | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キョウジョシギ | 【野鳥】 キリアイ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロツラヘラサギ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コキアシシギ | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ゴイサギ | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サバクヒタキ | 【野鳥】 サルハマシギ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シマアジ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズガモ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 セグロセキレイ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チュウサギ | 【野鳥】 チュウシャクシギ | 【野鳥】 チュウヒ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナキハクチョウ | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハクガン | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハジロカイツブリ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 ヒメウ | 【野鳥】 ヒメウズラシギ | 【野鳥】 ヒメハジロ | 【野鳥】 ビロードキンクロ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ヘラシギ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マガン | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マヒワ | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミサゴ | 【野鳥】 ミソサザイ | 【野鳥】 ミミカイツブリ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 メジロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 ヨシガモ | 【野鳥】 ヨーロッパトウネン | 【野鳥】 ワシカモメ | 【野鳥】 風景のなかの野鳥 | 【野鳥】 SP鳥 | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ラグビー観戦 | リスペクト | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部