最近のトラックバック

カテゴリー

「貴婦人コアオアシシギ」見前水田に出現(2015年9月1日)

シギチ好きにも、それ以外のBWにも、人気の通称「貴婦人ことコアオアオシシギ2羽」が「見前水田」に入りました。珍シギと言うわけではないが、ほんとコアオアシシギは、「美しすぎるシギ」の代表選手ですよね~。

個人的な観察記録ですが、見前水田でのコアオアシシギの記録は

1998年 9月 7日 1羽 ※(ライファーでした。凄く興奮した)

2004年 8月24日 2羽

2008年 8月27日 1羽

2009年 8月29日 1羽

2012年 8月25日 1羽

2013年 9月 3日 4羽 ※(紫波町・長岡水田)

1649blof00

▲ 2015年9月1日 コアオシシギ 見前水田(盛岡市)北側

■ 2015年9月1日 見前水田(盛岡市) 曇り 12:00~13:00 ■

1 エリマキシギ     2羽

2 コアオシシギ     2羽

3 タカブシギ       7羽

4 ヒバリシギ       2羽

5 トウネン        4羽

1649blog01

1649blog02_2

1649blog03_2

1649blog06_2

1649blog05_2

1649blog08_2

▲ 2015年9月1日 コアオアシシギ  見前水田(盛岡市)

9月1日は曇りで、水の色がでませんでした。過去のコアオアシシギの観察日も「晴天」がなく、いまいちぱっとした写真を持っておりません。と言うことで、今日(9月2日)は雨でしたが、別名「晴れ男」と良く言われてるので、自分を信じて出かけてきました。

■ 2015年9月2日 見前水田(盛岡市) 雨→曇→雨→晴れ(3分)→雨 9:30~15:30 ■

1 エリマキシギ     2羽

2 アオアシシギ    1羽

3 コアオアシシギ   2羽

4 タカブシギ      7羽

5 ヒバリシギ      2羽

6 トウネン        4羽

7 クサシギ       1羽

8 タシギ         1羽

1650blog01

1650blog02_2

1650blog03_3

1650blog04_3

1650blog05_2

1650blog06

▲ 2015年9月2日 コアオアシシギ 見前水田(盛岡市)

朝から雨だったので、「抜けることはないだろう」と、コアオシシギ一本にしぼって出かけて来た。(シギチでは晴天なら夜の内に抜けることがよくある)期待通りコアオシシギはいたのだが・・・、午前中は雨で、車の窓の開けれず、ただただ一瞬の「青空」待ちになりました。

たぶん、他のシギなら頑張る事もないのだが、なにせ「貴婦人コアオアシシギ」なもんで、どうしても「綺麗に撮ってやりたい」と・・・。もう「野鳥写真」は卒業と思っていたのですが、美しすぎるコアオアシなので頑張ってみました。(晴れる保証がないのに、3時間も待った)

野鳥写真は腕が落ちる一方なので、明日から「観察中心」に戻りま~す。

「貴婦人コアオアシシギ」が紫波水田に現れる。

15年前だったら「コアオアシシギ」は、「盛岡近郊では珍鳥あつかいのシギ」でした。それが、毎年のように見れるようになり、段々ありがたみがなくなり、今では「普通種の仲間入り」でしょうか。

私のライファーの記録は「1998年9月7日・見前水田(盛岡市)」で、当時は携帯電話もなく、公衆電話に急いでいき、鳥友のOさんの職場に電話した事を、昨日の事のように思いだしました。普通種のシギだったら、夜に自宅に電話を入れるのですが、その日は「憬れのエリマキシギと貴婦人コアオアシシギ」ですから、「鮮度が一番」なんですよね。

1247blog01

1247blog02

▲ 2013年9月3日 コアオシシギ(幼羽)   紫波水田(紫波町)

3羽とタカブと行動する1羽の「4羽のコアオ」が紫波ポケットに入っていました。タカブだけだったら撮影はしないで、見るだけなんですが、「貴婦人コアオですから・・・」。やっぱ「昔珍重あつかいだった頃」の体験があるので・・・、つい撮影してしまいましたね~。

1247blog03

1247blog04

1247blog05

1247blog06

1247blog07 

▲ 2013年9月3日 コアオアシシギ(幼羽)  紫波水田(紫波町)

小雨模様の天気で、今一パッとしない画像ですが、「コアオ」と言うことでご勘弁を。

いつもカメラボデイに装着しているのは、広角ズームと35-350の10倍ズームなんですが(鉄道写真をメインにしているので)、久しぶりに600ミリを取りだしました。ライファーのシギチだったら、時間をたっぷり使い「真剣に撮影」するのですが、「昼休みの30分」の「やっつけ写真」になってしまいましたね~。

「タカブだったら撮らない」なんて生意気な事を言ってますが、小型オバシギの仲間は「どんなシギでも、どんな場所でも撮影」しますよ~。私のシギチのモチベーシンは「アメヒを見る事」が最終目標で~す。

はやく「足の黄色いトウネンが見たい。見るぞ!」。(笑)

貴婦人コアオアシシギが見前水田に。

ようやく「見前水田」にシギチが入りはじめました。ただ最近は数も種類数も激減しているので、消化不良になります。特に個人的に思い入れの強い「エリマキシギ」は見れなくなりましたね~。

25日は久しぶりに(1990年代は超人気もんでした)貴婦人コアオアシシギを見ることができました。昔は盛岡近郊では「珍鳥あつかいのシギ」でしたが、2000年代になると、毎年観察できるので、ありがたみがなくなりました。が・・・、2010年代からは見れてないので、ほんとうに久しぶりの観察になりました。

1116blog01

1116blog02

1116blog03 

1116blog04

▲ 2012年8月25日 コアオアシシギ 見前水田(盛岡市)

1990年代前半は、シギチ観察と言えば隣県の青森県三沢市周辺、宮城県蒲生干潟と鳥の海、秋田県八郎潟船越水道周辺と相場が決まっていました。毎週末のように出かけていましたね~。が・・・、他県で「休耕田でシギチを見る」ことを覚え、1995年以降は盛岡近郊の休耕田をチェックするようになり、「エリマキシギ」と「コアオアシシギ」を見た時の興奮は今でも忘れられません。(どちらも盛岡では珍鳥あつかいでした)

「コアオアシシギ」は、遠くから見ると「白っぽく見える」ので、「貴婦人」と言われるのもわかるような気がします。嘴も細く長いし、足も長いのでスタイルは抜群と言うことでしょうか。欲を言えば、アオアシシギのような「キョーキョーキョー♪」と通る声があれば「完璧。100点満点」ですよね。「ピッピッピッー♪」と鳴くシギは沢山いるので、個人的な見解ですが、いい声とは感じないです。

今年は「コアオアシの当り年か?」

09年秋シーズンのシギチは、どうやら「コアオアシシギの当り年」なのかも知れません。今日も2羽の幼羽が「見前水田」に入っておりました。24日に見た「コアオアシ」は第1回冬羽に移行途中だったので、別個体と言うことがわかります。

8月11日 3羽(O泊)、8月15~18日 1羽(3泊4日)、8月24日 2羽(0泊)だったので、今日のを入れると8個体目になりますね。

1995年から内陸休耕田「見前水田」を集中的に観察してますが、当時はシギチと言えば「海岸の干潟」に出かけるのが普通でした。私は「エリマキシギ」が見たくて、8月中旬から1ヶ月ほど、朝、夕にほぼ毎日のように「見前水田」に通って「淡水系シギチ」を追いかけてましたね~。1998年秋に初めて「エリマキシギとコアオアシシギ」を見た時の興奮は今でも忘れることができません。当時はどちらも「県内版珍鳥扱い」で、直ぐに公衆電話から鳥友のOさんの会社に電話したのですが、午後から休暇を取って直ぐに駆けつけましたね~。エリマキもコアオアシもそんな鳥だったのです。それが最近は普通種で、毎年見れますね。(※エリマキシギは1998年から、毎年連続して飛来してます。)

371blog01  ▲ 2009年8月27日 見前水田(盛岡市)

 一瞬「コキアシか?」と期待したのですが、残念ながら「コアオアシ」でした。まあ、コキアシの「光沢のある黄色い足」は、びんがびんが光輝いて、こんな黄色ではないですもんね。胸が真っ白だったので、ジズで「コアオアシ」とはわかっていたのですが、どうしても「岩手県初記録のコキアシを出したい」と言う願望がありますもんで。(個人的には宮城県蕪栗沼で見てま)

372blog02  ▲ 2009年8月27日 見前水田(盛岡市)

 時間がないので(腹が減ったので)、ちゃっと撮影して引き上げました。今シーズンは(たぶんこれからも)ゲップが出るほど、「コアオシシギ」を見てますね~。

田園の貴婦人「コアオアシシギ」

通称「貴婦人」と言う名前は、有名どころでは鉄道界ではC57(SL)の「貴婦人」があまりにも有名です。船では帆船の「海の貴婦人、海王丸」ですか。共通項は「スタイルがいい」ことと「大きすぎない」ことでしょうか。と言うことで、野鳥の世界では、シギチの「コアオアシシギ」がぴったりですよね。なかには「セイタカシギ」を推すBWもいるかもしれませんが、体がでかすぎるのと、足の色が濃いピンクで、スマート差がないような気がしてます。

A363blog01  ▲ 2009年8月15日 見前水田(盛岡市)

 体が小さいので、黄色の足の長さが際立ちます。嘴も細く、ほんとスタイルばつぐんですね。

A363blog03  ▲ 2009年8月16日 見前水田(盛岡市)

 いくら撮影しても、飽きが来ませんね。

A363blog06  ▲ 2009年8月17日 見前水田(盛岡市)

 足が長いので、ちょっと深い所でも平気で餌捕りをしてます。

A363blog05  ▲ 2009年8月18日 見前水田(盛岡市)

 直立不動の姿勢もいいですね。

貴婦人コアオアシシギ

エリマキ・ポケットに「コアオアシシギ(Juv)」が1羽入ってます。遠くからでも「白(ホワイト)」がとても目立つので、直ぐ目に入りますね~。フィールドノートをひっくり返さないと正確な日にちはわかりませんが、久ぶりであることは確かです。

105blog01 大きからず、小さからず、いいですね。「貴婦人」と言う言葉がぴったりだと思います。

105blog02 エリマキシギ(♀)と仲良く並ぶこともあります。

105blog03 休耕田には猛禽類(オオタカ、チゴハヤブサなど)が飛来するので飛ぶ(大きくではなく、草むらに隠れようとして)こともあります。

※「見前水田」は、今が1回目のシギチのピークですよ~。例年2回目は10~15日後なので9月10~15日かな?

その他のカテゴリー

【動物】 ツキノワグマ 【野鳥】  タゲリ 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ