最近のトラックバック

カテゴリー

雫石水田で「タシギ冬羽」を観察&撮影したぞ~!@2022年3月19日

タシギと言えば、夏から秋にかけて「水田で普通に見れる」シギですが・・・、「タシギの冬羽」は30年一度も見た事がなかった。
雫石水田は春先に「タシギが立ち寄る水田」があるのだが、いつも「冬羽から夏羽に移行中の個体」しか見ることができなかった。

「日本の野鳥650(平凡社)/通称、真木図鑑」にも、タシギの冬羽の写真はなく、コリンズ図鑑(ヨーロッパ、アジアの野鳥図鑑)にもタシギの冬羽は載ってない。と言うことは、「世界中に生息してるタシギなのだが、冬羽はあまり見れてない」のかも知れない。

個人的なこだわりかも知れないが、「シギチは夏羽と冬羽、カモは雄と雌」を見て、初めて満足するので~~す。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7040blog01

7040blog02

7040blog03

▲ 2022年3月19日  タシギ(冬羽から夏羽に移行中)  雫石水田(岩手県雫石町)

雫石水田はガンカモ、ハクチョウ、シギチ、ミヤマガラスや黒マル、白マル(コクマルガラス)、冬の猛禽類(チュウヒ、ハイチュウ、コチョイゲンなど)、冬の小鳥(アトリ、シメ、カシラダカ、マヒワ、ハギマシコの群れ)などが奥羽山脈越えのルート上にあるので、「悪天候の翌日」は、色んな鳥が休憩に立ち寄ります。

晴天になれば「白鳥屋さん(ハクチョウ写真をこよなく愛するカメラマン)」が来ますが、ハクチョウ以外は興味が無いので、カリガネとかハクガンが手の届く距離にいてもレンズを向ける事なく「青空にハクチョウ飛翔」とか「雪の岩手山バックに飛ぶハクチョウ」に夢中になってます。私は距離を置いて待ってれば、「ハクガンとかカリガネとか、必ず飛ばしてくれる」ありがたい「白鳥屋さん」です。

7040blog10

7040blog21

7040blog22

7040blog23

7040blog25

7040blog26

7040blog27

7040blog28

▲ 2022年3月19日  タシギ冬羽  雫石水田(岩手県雫石町)

苦節30年、「初めてタシギの冬羽」を見る事が出来た。とても嬉しいで~す。(シギチ屋だけがわかる感覚カモね)

雪上のタシギだけでも嬉しいのだが、「冬羽のサプラシズ」の感謝、感謝ですね。

7040blog31

7040blog32

▲ 2022年3月19日  タシギ冬羽から夏羽に移行中  雫石水田(岩手県雫石町)

環境を入れて、「七ツ森バックでタシギ」を撮りました。雫石水田で撮った証拠(エビデンス)になります。

7040blog38

7040blog39

▲ 2022年3月19日  タシギ(手前が夏羽に移行中。奥が冬羽) 雫石水田(岩手県雫石町)

7040blog40

7040blog41

7040blog42

7040blog43

7040blog44

7040blog45

7040blog46

7040blog51

7040blog52

7040blog53

▲ 2022年3月19日  タシギ(冬羽から夏羽に移行中)  雫石水田(岩手県雫石町)

普通種のタシギですが・・・「雪上にタシギ」って、ほとんど見る事が出来ないから、撮れただけでもラッキー!でした。

もう「野鳥写真家は廃業」したので「野鳥写真愛好家」の実力は・・・、「粘りが出来ない」(ちゃっちゃと撮って終了)から、こんなもんでしょう。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【ウクライナの戦士を応援する三曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

▲ チェイス  「黒い炎」

▲ シカゴ   「長い夜」

▲ レッド・ツェッペリン

5回目の「野鳥写真燃え尽き症候群になりました~」

「5回目の野鳥写真燃え尽き症候群」になって、「歯を食いしばって2021年秋のシギチ写真整理」をしてる。

当分は・・・「600ミリの大砲は封印」する事にした~。(野鳥写真を撮りたいと思うまで)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができあます。

6168blog01

6168blog02

6168blog03

▲ 2021年9月3日  タシギ  見前水田(岩手県盛岡市)

シギチの写真にはこだわりがあって、「脚が見えないシギチの撮影はしない(カモ写真みたいになってしまうからね)」と決めていたが、なんとなく気になって、シャッターから指を離さないでスタンバイしていた。ら・・・、「タシギが飛出し」(至近距離だったので、目にピントがあい、あわてて飛び出したのでしょう)てくれた。

タシギじゃなければ「やったーね!」と喜ぶところだが、タシギなので、「画像確認もせずにハードデスクにぶっこんだまま」でした。

タシギは「飽きるほど撮影」しているが、「次列風切りの白帯がはっきり見える画像」は持っていなかったから、ラッキーと言えばラッキーだった。

6168blog10

「野鳥写真燃え尽き症候群」になった時は・・・

「蝶々」もあるし~、「お城」、「滝」、「桜」もあるが・・・

「マイブック」を作ってみようかと最近は思ってる。

6168blog11

6168blog12

6168blog13

数年前に「マイブックを5冊」試しに作ってみた。(写真枚数は100枚)

わりと、「発色はいいかんじ」だったので、「個人で楽しむのは十分」だと感じた。

6168blog21

6168blog22

6168blog31

「お城巡り」も好きだったりするので、仕事で出かけた時に近くに「お城」があれば立ち寄る事にしてる。(わざわざお城目当てで行く事はない。いつも仕事や鳥見についでに立ち寄ります)

6168blog32

6168blog33

6168blog34

6168blog35

6168blog36

▲ 2019年10月17日  松本城 (長野県松本市)

仕事で軽井沢(長野県)に出かけたので、寄り道して「松本城」と「上田城」に出かけた。軽井沢から松本城まで、高速で1時間ちょつとで行けるので、普段鳥見で沿岸に出かけてる身としては(2時間30分くらいかかる)、とても近く感じた。

2019年10月は、「まだコロナ禍」ではなく、「松本城内には1000人位の観光客がいたが、9割は海外の人(欧米3割、アジア7割)だらけで、ここは外国かと思った。いろんな国の言葉が聞こえてきました~)

「野鳥写真燃え尽き症候群」からの解決は・・・、別な趣味に没頭するしかないです。(過去の経験から)

今は「コロナ禍」なので、自宅で出来る「マイブック作り」にせいをだそうかと思ってます。

 

季節外れの大雪に・・・。

今朝、起きてびっくり。もう4月に入ろうかと言うのに、自宅は20センチの水分たっぷりの重い雪が・・・・。急いで除雪をし、いつものフィールドにGo!しました。除雪車が入ると草地が出るので、行き場を失った(積雪で餌が取れなくなり、除雪後の草地に小鳥が群がる)小鳥を沢山見ることができます。(ベニマシコ、シメ、アトリ、カシラダカ、ホオジロ、カワラヒワ、ツグミ、スズメと300羽のミヤマガラス)

雫石水田には「5羽のタシギ」が行き場を失って餌を探して歩きまわってましたね~。いつもは警戒心が強いタシギですが、積雪のおかげで無警戒なので(10M前後)写真は撮りほうだいでした~。

※「写真」をクリックすると、大きなサイズ(720x480)で見ることができます。

5066blog01

5066blog02

5066blog03

▲ 2019年3月31日 

御所湖が白一色になりました~。4月に雪が降る事はありましたが、(積ることはない。ちらつくだけ)20センチ積もったことは記憶にありません。

5066blog11

5066blog12

5066blog13

5066blog14

5066blog15

5066blog16

5066blog17

▲ 2019年3月31日  タシギ  雫石水田(岩手県雫石町)

農道を車で走っていたら、ジシギの小群が飛び出したので「田んぼは20センチの雪。水たまりに必ず戻る」と判断し、エンジンを切って待ってました~。予想とおり15分位でタシギ5羽が戻っってきました~。

タシギは8月、9月の秋シーズンなら普通に見る事ができますが、春の積雪時に見れてラッキーでした~。

 

 

今日の見前水田は・・・(2015年9月7日)

今日の見前水田は、タシギとヒバリシギの2種だけでした。どうやらエリマキシギ、コアオアシシギ、アオアシシギは抜けたみたいですね。長いようで短い「10日間(秋のシギ)」でした~。

■ 2015年9月7日 見前水田(盛岡市) 曇   16:00~16:30 ■

1 ヒバリシギ   1羽

2 タシギ      2羽

1656blog01

1656blog02

今日は双眼鏡での観察だけにしたので、写真は過去に見前水田で撮影したタシギで~す。

「水張り休耕田」に補助金が出てた頃は、シギチのピークは2回ほどあったのですが、今は補助金がないので、大豆とか蕎麦を植えてるので、「水張り休耕田」は激減してますね。稲刈り前は田んぼの水を抜き、乾かさなければ農作業が出来ないですよね。(ぬかるんでると農業機械が入れないから)

今、「見前水田」「矢巾水田」があるのは、税金投入の補助整備をしているので、「30年は農地のまま使わなければならない(途中で住宅地などに変更する場合いは補助金を全額返還)」状態なので、シギチ好きとしては助かってます。「矢巾水田」は5年ほど前に、大きな補助整備をしてたので、後25年は確実に住宅地になりません。

見前水田 de タシギ

見前水田のタシギは、「わりと開けた場所に出てくる」ので観察&撮影しやすいのですが・・・、簡単に撮影できる分、ありがたみはなくなってしまいます。タシギじたいが、もっても普通に観察できると言うこともありますが・・・。

過去には、見前水田の1枚の田んぼに100±のタシギが入った事もありましたが、最近は多くても20羽前後でしょうか。

それと~、毎年お約束ごとで、「チュウジとかハリオが混ざっていないか。いても野外識別ができないだろうな~」と頭を悩ましますね。

1547blog01

1547blog02

1547blog03

1547blog04

1547blog05

1547blog06

▲ 2014年8月30日 「タシギ」 見前水田(盛岡市)

見前水田には、毎日のように「ハヤブサ亜成鳥」が飛来して来てますが、タシギだけは足を折り、田んぼに這いつくばって逃げる(飛び去る)事はありません。他のシギはクモの子をちらしたように逃げ回ります。

ハヤブサの亜成鳥は、私が観察中には「ハンティングは一度も成功しなかった」ですね。ほかには田んぼに「バンの幼鳥も沢山いる」ので、捕まえれるようなもんだけど・・・ね。

※「盛岡のチョウゲンボウ」が一度だけバンの幼鳥を巣に持ってきた事がありました。

















ジシギは・・・、未だに野外識別に頭を悩ましま~す。

ジシギの仲間は「尾羽」を見れば一目瞭然なのだが・・・。野外観察で、早々「尾羽」は見る事ができないのが現実です。冗談に「石を投げて飛ばしてみるか?」となるわけですが、できるわけもなく、「飛ぶまでまとうジシギ」と言うことです。

「肩羽の淡色羽縁の並び」とか「過眼線の太」とか「眉班の太さ」とか「三列、初列の関係」とか、並べればいくらでもあるのだが・・・、飛んでもうのが・・・「尾羽」と「風切の白線」を見るのが「タシギと外3種の識別」には一番手っ取り早いんですよね~。

毎年同じ事の繰り返しで「ジシギの野外識別」に頭を悩ましているので、進歩が全然ないです。

1254blog02

▲ 2013年9月14日 「タシギ」と思われる。 見前水田(盛岡市)

ジズ(ぱっと見)でタシギと思えば「写真を撮る事もない」のですが、これでは何年たっても進歩がないと気ずき、今年(2013年)は、タシギも積極的に撮るようにしました。

1254blog01

▲ 2013年9月14日 「タシギ」  見前水田(盛岡市)

識別派にとっては、「最高にありがたタシギの写真」になります。「尾羽」が見えるので、誤認の心配がないで~す。(笑)

「一に観察、二に観察、三、四がなくて、五に観察」のたまもので撮影できました。トビが水面ぎりぎりに滑空してきたので、タシギにレンズを向け、「一瞬からだを沈めた瞬間」(驚いた時に尾羽を上げるのを知っていたので)にパチリと1枚(連写)しました。

ロバート・キャパ先生(戦場カメラマン)の教えを忠実に「ピントとか露出とか構図を気にする前に、シッターを切れ!コンマ1秒遅れれば誰でも撮れる普通の写真になる」。多少ピントが甘くても「決定的瞬間」に勝るものはないと言う教えです。

1254blog03

1254blog04

1254blog05

1254blog07

1254blog06

▲ 2013年9月14日 「タシギ」と思われる   見前水田(盛岡市)

「生態写真」を意識して撮影してみました。私の欠点は「飽きやすい事」なので、なんか変わった動きがなければ・・・撮影意欲がわかないんですよね。

1254blog08

▲ 2013年9月14日 「タシギ」と思もわれる。 見前水田(盛岡市)

今までだったら撮影しなかったが、大いに反省し、「タシギ」ですが、積極的に撮影するようにしました。

 

未だに頭を悩ますタシギ観察

理屈ではわかっていても・・・、未だに野外でのタシギとチュウジシギには頭を悩まします。結局の所、「尾羽を開いてくれる」までは「お手上げ」です。100%確証がない限り、「チュウジシギ」とは書けないし・・・、とどのつまりは「全部タシギに見える」か「ジシギSP(チュウジSP)」にしてしまうしけかないです。今の自分の実力からすれば「野外識別は困難(尾羽が開いた時は別ですよ~)」と言うことですか~。

昔、絶対水に入らない、乾いた草地しか歩かないジシギを見たが、1時間たっても、2時間たっても尾羽を見せてはくれませんでした。感覚的にはチュウジなのだが「ジシギSP」で落ち着いてしまいましたね~。

1133blog00sil

1133blog01sil

▲ 2012年9月6日 タシギ 見前水田(盛岡市)

水の中を我が物のように歩きまわるのは「タシギ」だと思ってます。そんな感覚的な表現では「ジシギSPと書け」とお叱りを受けますよね。

1133blog02sil

1133blog03sil

▲ 2012年9月6日 タシギ 見前水田(盛岡市)

バンの幼鳥が走ってきて、びっくりして尾羽を開いた瞬間を撮りました。普通は中々尾羽を開いてくれません。

1133blog04sil

1133blog05sil

1133blog06sil

2012年9月7日 タシギ 見前水田(盛岡市)

※ 尾羽を開いていないので識別用写真にはなりませんが、つい、でっかく撮ってしまいました。

1133blog07sil

1133blog08sil

1133blog09sil

1133blog10sil 

1133blog11sil

1133blog12sil

▲ 2012年9月6日 タシギ 見前水田(盛岡市)

なんとなく「タシギ」の写真を沢山撮影してしまいました。

数が激減しているタシギ

今日、見前水田でタシギ2羽を見ることができた。少し前までは、30~50羽は1枚の休耕田に入ったこともあったので、数が激減しているシギチのひとつです。

1117blog01

1117blog02

1117blog03

▲ 2012年8月27日 タシギ 見前水田(盛岡市)

とても警戒心が強いタシギですが、じっと待っていると、「環境に溶け込んでいる」との思いから、水際まで出てくれます。

その他のカテゴリー

「その他」 「新型コロナ禍後の新生活」 「映画」 ウッドストック 「音楽」クラシック 「音楽と映画」 のん(能年玲奈) 「麻雀」 『北京オリンピック2022』』 『天体写真』 『思い出の野鳥観察記』 『滝・岩手県』 『蔵出し・野鳥写真』 『野鳥・その他』 『雪と野鳥』 『風景・岩手山』 『Web 写真展』 【動物】 ツキノワグマ 【桜】 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシシギ 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アビ 【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 ウミウ 【野鳥】 ウミガラス 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオタカ 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コノハズク 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 ダイゼン 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハシビロガモ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハマシギ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 バン 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒドリガモ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤコドリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ