最近のトラックバック

カテゴリー

6年前の見前水田 de オオハシシギ

秋の見前水田で、一番の思い出は「初めて見たエリマキシギ」なんですが、その次の2番目は「8月夏羽のオオハシシギ」です。シギチを見て、めったに興奮しない私が、久しぶり興奮したのを昨日のように覚えてます。

「オオハシシギ」と言えば、冬のシギのイメージでしたが、「柿色のオオハシシギ」は、ほんと綺麗でしたね~。

1550blog01

1550blog02

1550blog03

1550blog04

▲ 2008年9月1日 「オオハシシギ(8月夏羽)」 見前水田(盛岡市)

冬にオオハシシギは何度か見ていたが、まさか盛岡(見前水田)で、夏羽のオオハシシギ見れるなんて、予想もしてませんでした。(直ぐに情報を流したので、10人位のBWは見れたと思います)

※ 個人的には、大勢のBWが来ても大丈夫と判断できる場所は、自分が第一発見者なら、情報は直ぐ出します。基本的に「野鳥はみんなのもの」と言うのが私のスタイルです。

1551blog01

「オオハシシギ(幼羽)」

冬に何度も見る機会がある「オオハシシギ」です。夏羽の柿色との違いを確かめて下さいませ。












4年前の9月1日の見前水田には・・・「8月夏羽のオオハシシギ」

「見前水田」に淡水系シギチが入るようになり、15年ほど(1997年以降)になりますが、私の個人的な観察記録では、一番の大物は「8月夏羽のオオハシシギ」ですね。全国的に、春のオオハシシギの夏羽は観察されているようですが、8月夏羽はまれではないでしょうか。

オオハシシギは、他県で(青森県、宮城県、東京都)3回見てますが、冬羽か幼羽だったので、夏羽を見た時は「久しぶりに興奮」しましたね~。

1124blog01sil

1124blog02sil

1124blog03sil

1124blog04sil 

1124blog05sil

▲ 2008年9月1日  オオハシシギ8月夏羽  見前水田(盛岡市)

オオハシシギは4回目の観察ですが、たぶん、岩手県初記録だと思います。胸の班が丸黒班なら「アメリカ」も考えられるので、「識別用にしっかり撮影」を心がけました。

仕切り直しで「オオハシシギ」

今秋に観察したシギチを全部写真UP!すると書いたのに、半分も公開してなかったことに気がつきました。ほんと「口先だけ」と言われそです。

と言うことで、仕切り直しで、「オオハシシギ」をUP!します。

個人的な観察記録ですが、「オオハシシギ」は岩手県内では初めて見ることができました。それも「8月後期夏羽」ですから、喜びも倍になりましたね~。シギチは「夏羽を見れると嬉しい」、「冬羽、幼羽は頭が混乱」と相場が決まっていますよね。ほんと「お得な気分」になりました。

まるきり個人的な話で恐縮ですが、「エリマキシギの夏羽」は別格として、「オグロシギの夏羽」を見た時も、凄く興奮したのを昨日のように覚えてますね~。やっぱシギは夏羽に限ります。

「オオハシシギ8月後期夏羽」を貼っときます。

133blog01

オオハシ様、1泊2日の滞在です。

「見前水田」の居心地が悪かったのか、1泊2日の滞在になりましたね~。雰囲気的には長く逗留してくれるのではと思ったのですが・・・・、残念です。昨日夕方までは滞在を確認していたのですが、今朝行ったら田んぼの環境が変わっていました。(カラス避けの工作物があった)農家あっての「休耕田」ですので、文句は言いません。南下したと思うので、何処かで観察されると思います。

108blog01 (左)エリマキシギ、(中)オオハシシギ、(右)タカブシギの御三名様です。

108blog03 エリマキ好きの私ですが、今回だけは「オオハシ中心」に観察、撮影しました。普段は「オオハシシギを見れる」ことなんて、考えも及ばない事だったので、最初見た時は「ラッキー!」と思いました。たぶん、盛岡近郊では初めての観察記録だと思うので、後20年は見れないかな?

108blog02 正面から見た画像です。このアングルで撮らなければ「アメリカと誤認」したかも・・・。「シギ・チドリ類ハンドブック/氏原巨雄・氏原道昭 著(文一総合出版」に夏羽8月頃の挿絵があり助かりました。

108blog04 鳥友の「T子ちゃん」のリクエスト画像をUP!しておきます。

自分の名誉の為に書いておきますが、「オオハシシギ情報」は観察当日に公開しました。いなくなってからの「情報公開」ではありません。それ以外のシギチ情報も「スピードが命」だと思っているので「あめて(腐って)からの情報公開」ではありません。

ジズで「オオハシ」期待で「アメリカ」

毎日休耕田をチェックしてから職場に行くようにしていましたが、「野鳥の神様」から大きなプレゼントをいただきました。「継続は力なり」と言うことでしょうか。

いつもの「ポケット」に到着、双眼鏡で丹念にチェックしていたら、田んぼのクロの草の中に「あっ!オオハシ!」と思われるシギが。これは真面目に観察せねばと、少しだけ気合がはいりましたね~。図鑑では何回も見ているので、違和感はなかったのですが、1992年4月5日に「田光沼(青森県)」で見て以来ですから、17年ぶりの再会ですか。(鳥友のOさんとアクティブに毎週のように、あちこちに出かけてた頃です)

今日は一人だったので「あっ!オオハシ」でいいのですが、鳥友と出かける時は、「あ~でもない、こうでもない」と言いながら見てましたね。「嘴は真っ直ぐだよね」「足は黄色」「タシギじゃね~」とか昨日のように思いだしました。

107blog01 胸に「丸班」があれば大騒ぎになってましたね~。

107blog02 水かさがあり、足の色が見えないので、かなりストレスがたまりました。「シベリアでもアラスカ(アメリカ)でもいいよ!」と声をかけましたが・・・。残念です。

107blog03 頭をかいたので、なんとか足の色がわかりました。その瞬間から「アメリカ」に見えてきてどうしょうもありませんでした。そう言う時は「疑わしくは普通種」と何度の自分に言い聞かせてます。

107blog04 「白い眉班」もあるし、目の後ろに黒い「過眼線」もあるし、ないのは胸の「丸班」だけです。シギチ屋さんだけがわかる「至福の時」ですね。

※個人的な記録ですが、オオハシシギは岩手県内では初めて見ました。(写真添付の記録なら初記録かも?)

その他のカテゴリー

【動物】 ツキノワグマ 【野鳥】  タゲリ 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ