2017年、秋の「見前水田」のシギチは?

今年(2017年)は、秋の休耕田通いができない状態が続いているのですが、やっと出張帰りの夕方に「見前水田(盛岡市)」に寄る事ができた。結果は・・・「オグロシギ(幼羽)2羽を見れただけ」と言う寂しい限りでしたね~。

3121blog01

3121blog02

3121blog03

3121blog04

3121blog05

3121blog06

3121blog07

▲ 2017年9月1日 オグロシギ幼羽   「見前水田(盛岡市)」

8月27日に立ち寄った時は「シギチの気配」が全然見られなかったが、なんとかオグロシギが立ち寄ってくれましたね~。これから続々と他のシギも立ち寄ってくれるのでしょうが、今年に限っては出張が多いので、1週間待たなければなりませんね~。

「オグロシギ」と言えば・・・、10年前に見た夏羽が忘れられません。

3121blog21

3121blog22

3121blog23

3121blog24

3121blog25

3121blog26

3121blog27

▲ 2007年5月8日 オグロシギ夏羽   「見前水田(盛岡市)」

夏羽のシギはでれも綺麗ですが、淡水(水田)系のシギでは「オグロシギ」は大きい方なので迫力はあります。

春にオグロシギを見る事が少なかったので「えらく興奮した」ことを、昨日のように覚えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年秋・盛岡近郊のシギチは・・・。

例年8月末頃に「シギチ類のピーク(2回ほどある)」があるので、出張帰りに紫波インターで降りて「ポケット(個人的にシギチが入る水田をポケットと言ってます)」を見ながら北上した。ここ数年、花巻と石鳥谷のポケットは休耕田に転作作物の豆類が植えてあるので「全滅」なので(矢巾のポケットも全滅)、盛岡と紫波しか残っておりません。

1242blog03

▲ 2013年8月24日 見前水田(盛岡ポケット)

1998年から連続して「エリマキシギ」が入っているポケットです。個人的には、「エリマキシギを見ると秋のシギチ観察は終了」する事にしてます。ただ、今年は出張が多く、朝夕、毎日ポケットを見に行けないので、「今年はエリマキシギを見落とす」かも知れません。

1243blog02

▲ 2013年8月29日 紫波水田(紫波ポケット)

昨年までは転作作物を植えていたのですが、今年は春から「水張り休耕田」にしていたので、秋はシギチが入ると予想していました。1週間前は「ポケットは空」でしたが、予想通り入ってくれました。直ぐ隣でトラクターが入って土お越しをしていたので、(秋の麦植えか?)2回目のピーク(例年9月10日前後)は駄目かも知れませんね。

1243blog01

▲ 2013年8月29日 紫波水田(紫波ポケット)

バックの山は「南昌山」です。「紫波ポケットの場所がわかる」ように、南昌山の環境を入れて撮影してみました。

1243blog03

1243blog05

1243blog06

1243blog07

▲ 2013年8月29日 「オグロシギ」  紫波水田(紫波町)

9種のシギチが入ってました。(「岩手の野鳥通信」のフィールドノートを見て下さい)例年通り、この日が「秋のシギチの1回目のピーク」だと思います。その後、7~14日後に2回目のピークが来ます。

野鳥カレンダー的には、「秋のシギチ」が終われば、「タカの渡り」→「紅葉のアオバト」→「海ガモ(シノリとコクガン)」→「赤い小鳥(オオマシコなど)」と流れて行くのですが・・・、今年は「鉄な人(鉄道写真撮影)」にも力を入れているので、野鳥は「ライファーとの出会い中心の行動」になるかも・・・。

今年は「コシャクシギ」、「シベリアオオハシ」、「マナヅル」などライファーの当り年なので、もう1種増やしたいな~。(今度は自分で珍鳥の第一発見者になりたい)私の携帯電話を鳴らしてくれた鳥友の皆さんには、心より感謝しておりま~す。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

飛ぶまでまとうオグロシギ

今なら休耕田で「オグロシギ」を見ても、99%の確率で同定できますが、私が超初心者だった頃(20数年前)、御所湖(雫石町)の中洲にオオソリハシ大のシギが5羽ほど入った事がありました。シギを見るには海岸に出かけるのが常識だったので、「まさか御所湖にシギが」と自分の目を疑いました。当時は今と違って図鑑は充実しておらず(シギチ図鑑は2004年発売でした)「オオソリかオグロか」で悩んだことを思いだしましたね~。ただひたすら、飛んでくれるのを願ってましたが、200M先の中洲から動く気配がまったくなく、同定するのをあきらめました。(フィールドノートには大型シギSPと書きました)

当時は「野鳥写真」じゃなく、1年間はブロミナ(望遠鏡)での「観察専門」だったので、「嘴はピンク色か~。そっているようにも、真直ぐにも見えるし~。飛んでくれれば一発でわかるんだけど~・・・・」とぶつぶつ言いながら見てましたね~。

シギは独学で覚えましたが(まあ、他の野鳥も独学です)、最初、シャクシギ、大、中、小の4グループわけして、シルエットを覚え、そこから「足の色は~、嘴は~、羽色は、眉班は~・・・」と覚えていきました。好きこそ何とかで、野鳥に関しては「直ぐ頭に入ってしまう」ですよね~。

1127blog01sil

▲ 2012年9月6日 一番大きいのが「オグロシギ(幼羽)」 見前水田(盛岡市)

淡水系シギチはそろいました。秋の見前水田のシギチはほとんどが幼羽ですね~。水田は大きくないので、どんなに遠くても50M以内なので(平均20M前後での撮影)、識別用写真派の私としては嬉しい限りです。

1127blog02sil

▲ 2012年9月6日 オグロシギ(幼羽) 見前水田(盛岡市)

オグロとツルシギは一緒の行動でした。

1127blog04sil

1127blog03sil 

▲ 2012年9月6日 「オグロシギ(幼羽)」  見前水田(盛岡市)

識別用にでっかく撮ってみました。

1127blog05sil

1127blog06sil

1127blog07sil

1127blog08sil 

▲ 2007年5月8日 「オグロシギ(夏羽)」 見前水田(盛岡市)

レンガ色の夏羽が入ってくれました。見前水田で、春と秋に15年ほどシギチを見ているが、後にも先にもこの時だけで、今後も・・・見れないだろうな~。

シギチ観察は、毎年何が入るかわからないのが「魅力」です。だから飽きがこないと言うか、どっぷりはまってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《東北の桜》 三春滝桜 | 《東北の桜》 合戦場の桜 | 《東北の桜》 塩ノ崎の大桜 | 《東北の桜》 桧木内川堤防の桜並木 | 《東北の桜》 角館武家屋敷の桜 | 《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 《飛行機》 ブルーインパルス | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 二本松城 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 白河小峰城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 「山野草」 ザゼンソウ | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『ホタル』 | 『新幹線』 E7系  | 『新幹線検束車』 イーストアイ | 『滝・岩手』 逢滝(おうたき) | 『滝・岩手』 釜淵の滝 | 『滝・岩手』 鳥越の滝 | 『滝・茨城』 袋田の滝 | 『自転車・ポタリング』 岩手県 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 『SL』 SL銀河ナイトクルーズ | 【もういちど 野鳥観察】 | 【番外】 ハリスホーク | 【私家版・雫石十景】 鳥越の滝 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカエリカイツブリ | 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アカツクシガモ | 【野鳥】 アカハシハジロ | 【野鳥】 アカハジロ | 【野鳥】 アトリ | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 アメリカヒドリ | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウソ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エゾムシクイ | 【野鳥】 エナガ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオジシギ | 【野鳥】 オオジュリン | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオハム | 【野鳥】 オオバン | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオメダイチドリ | 【野鳥】 オオモズ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オシドリ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オジロワシ | 【野鳥】 オナガガモ | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カシラダカ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カリガネ | 【野鳥】 カワアイサ | 【野鳥】 カワウ | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 カンムリカイツブリ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キセキレイ | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キョウジョシギ | 【野鳥】 キリアイ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クイナ | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロツラヘラサギ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コキアシシギ | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 コムクドリ | 【野鳥】 ゴイサギ | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サバクヒタキ | 【野鳥】 サルハマシギ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シマアジ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズガモ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 セグロセキレイ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 ダイサギ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チュウサギ | 【野鳥】 チュウシャクシギ | 【野鳥】 チュウヒ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラツグミ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナキハクチョウ | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノゴマ | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハクガン | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハジロカイツブリ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ハヤブサ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 ヒメウ | 【野鳥】 ヒメウズラシギ | 【野鳥】 ヒメハジロ | 【野鳥】 ビロードキンクロ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ヘラシギ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マガン | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マヒワ | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミサゴ | 【野鳥】 ミソサザイ | 【野鳥】 ミミカイツブリ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ムネアカタヒバリ | 【野鳥】 メジロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 ヨシガモ | 【野鳥】 ヨーロッパトウネン | 【野鳥】 ワシカモメ | 【野鳥】 風景のなかの野鳥 | 【野鳥】 SP鳥 | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ラグビー観戦 | リスペクト | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部