今日のNHKダァーウィンは「コウノトリ」だったので・・・。


初めてコウノトリを見たのは20数年前の砂沢溜池(青森県・弘前市)。岩手では10数年前の盛川(大船渡市)での観察だった。まだ2回しか観察できていないが、今日のダァーウインが来たの話では、日本中に「コウノトリの野生復帰」する計画があるらしい。(足にカラーリングが付いていると思うと・・・、なんか観察意欲は減退すると思うのは私だけだろうか)

いずれにしても「コウノトリの野生復帰」をすると言うことは、里山が守られ、「サシバ」とか「トキ」とか、普通に見れる夢のような時代が到来すると言うことですね。

2037blog00

▲ 1992年1月5日 「コウノトリ」  砂沢溜池(青森県・弘前市)

当時は「記録用としての野鳥写真」だったので、こんなもんですは。

今も・・・と言うか、今は・・・・

原点回帰して「記録用の野鳥写真」しか撮れなくなったので、恥ずかしくもなくブログに写真を貼り付け」ました。10年前だったら、絶対写真を貼り付ける事はしなかったで~す。

2037blog01

2037blog02_3

2037blog03_2

2037blog04_2

2037blog05_3

2037blog06_2

▲ 2004年12月10日 「コウノトリ」 盛川(岩手県・大船渡市)

やっぱカラーリングが付いていない、大陸から渡って来た「野生のコウノトリ」はいいですよね~。

私が撮影した12月10日は、新聞報道後だったので、200人位のカメラマンが右に左に、上に下にコウノトリを追いかけまわしてましたね~。私は200人の撮影ポイントから一人外れ、2キロ下流で待っていたら、予想通り「コウノトリが逃げてきて」私の目の前に降りてくれました。(コウノトリが川沿いに移動して海に出ると予想。飛翔写真を1枚でも撮れればいいやと決めてました。)

この場所での撮影は私一人だったので、ネット上にもこの構図のコウノトリは無いと思うのだけど・・・。いずれにしても、200人ものカメラマンがいればコウノトリだって嫌がりますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「コウノトリ」捕獲でストレス死 By 毎日新聞 2012/12/1

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は、国の特別天然記念物・コウノトリが捕獲作業中に死んだと発表した。3歳の雄で、今年5月、放鳥2世同士のペアとなって国内初のひな誕生させた貴重な親鳥だった。捕獲作業中にコウノトリが死んだのは初めて。

 同公園は野外で生息するコウノトリの性別やDNAを調べるため、個体を識別する足輪を付けている。職員7人が同日午前8時ごろ、同市森津地区で捕獲。足輪を付けて採血した後、血圧低下などの異常がみられ、心臓マッサージをしたが約30分後に死んだ。捕獲に伴うストレスでショック死したらしい。【毎日新聞/山田英之】

野鳥のニュースは、意識はしていないのだけれど直ぐ目に飛び込んできます。それが、「コウノトリ」、「兵庫県豊岡市」、「コウノトリ郷(さと)公園」と書いてあったのだからも知れません。

実を言うと、2004年12月に「盛川河川敷(大船渡市)に岩手県内初記録のコウノトリ飛来」があったので、その当時の記憶を瞬時に思いだしました。

「救えコウノトリ、大船渡振興局、著しく衰弱、保護へ」 岩手日報2004年12月8日のニュースがあり、ものすごく違和感を感じたので、まずは事実確認をしようと、10日に大船渡市に出かけた事がありました。新聞紙上に掲載されたので、10日は金曜日だったが、早朝7時前なのに、すでに20人位のカメラマンが集合してました。

何人かのカメラマンに「捕獲の時の状況」をたずねたら、「魚の網を持って追いかけていたが飛ばれてた~」との話が・・・。これは直ぐ「大船渡振興局」に事実確認をしなければと思い、午前9時になるのを待って状況を聞きに(紳士的に名刺交換をし、担当者に状況を聞きました。その時は、野鳥の会員とは言わないで、野鳥愛好家と言いました。

担当者の話では、野鳥の生態は素人なのでわからないから、地元の野鳥の会に電話して、兵庫県豊岡市のコウノトリ郷(さと)公園を紹介され、電話相談したらしい。その時の話では「弱っているなら捕獲してくれないですか。責任持ってお預かりします(引き取りにうかがいます)」とのアドバイスだったらしい。

私はすかさず、「衰弱しているなら、岩手県の鳥獣保護センターに連絡するのが本当です」。「今朝観察しましたが、到底衰弱しているようには見えないので、網で捕獲する行為はやめてください」「飛べる状況を確認したので、給餌は少なくし(理想は止めて欲しい)自然にまかせましょう。怪我をしていないのに、給餌を継続すれば野生(野鳥)に戻れなくなります」と言いました。

なんか大船渡振興局の担当者は「コウノトリの捕獲」をしなければならない脅迫観念が見受けられたので、コウノトリの郷公園の人や野鳥の会の人に、「私の携帯電話の番号を教えてもかまいませんよ。私の言った「怪我をしていないのに捕獲は可笑しい」と伝えてください。」と言って引き取りました。(その後、担当者には、ご丁寧な「転勤のご挨拶状」もいただきましたね~。)

1157blog03sil

▲ 2004年12月10日 コウノトリ(大船渡市)

「著しく衰弱、保護へ」と言われた、元気なコウノトリでした。ただ、人間を見たことがないのか、警戒心はゼロの個体でしたね~。普通、ノーブラで20Mの距離で撮影できることはありません。(1992年1月に青森県弘前市の砂沢ため池が、「コウノトリ」のライファーです)

1157blog04sil

1157blog05sil

▲ 2004年12月11日 コウノトリ(大船渡市)

土曜日だったので、一般見学者、野鳥カメラマンが200~300人はつめ掛けてました。私は「光線を考えて対岸に(私一人でした)」いました。大きく撮りたいためでしょうが、コウノトリが飛べば、近くに来ると確信してました。(一人なのでコウノトリも安心するだろうと・・・)

1157blog02sil

▲ 2004年 12月11日 コウノトリ(大船渡市)

コウノトリが飛びまわり、カメラマンが右往左往してました。私はそれには参加しないで、3キロ下流に移動したのですが・・・、30分後、私の目の前に下りてくれました。早朝の時間帯に、カメラマンが追いかけまわしていたので、飛ぶ方向を双眼鏡で確認、めぼしをつけてました。

1157blog01sil

▲ 2004年12月11日 コウノトリ(大船渡市)

早朝の時間帯ですが、コウノトリ給餌ポイントから2キロ下流で待っていたら、予想通り(カメラマンが追いかけまわすに違いない)私の座っていた場所に下りてくれました。お陰さまで、じっくり一人で撮影できました。(私はポイントを決めて、待って撮影する事が多いです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《東北の桜》 三春滝桜 | 《東北の桜》 合戦場の桜 | 《東北の桜》 塩ノ崎の大桜 | 《東北の桜》 桧木内川堤防の桜並木 | 《東北の桜》 角館武家屋敷の桜 | 《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 《飛行機》 ブルーインパルス | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 二本松城 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 白河小峰城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 「山野草」 ザゼンソウ | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『ホタル』 | 『新幹線』 E7系  | 『新幹線検束車』 イーストアイ | 『滝・岩手』 逢滝(おうたき) | 『滝・岩手』 釜淵の滝 | 『滝・岩手』 鳥越の滝 | 『滝・茨城』 袋田の滝 | 『自転車・ポタリング』 岩手県 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 『SL』 SL銀河ナイトクルーズ | 【もういちど 野鳥観察】 | 【番外】 ハリスホーク | 【私家版・雫石十景】 鳥越の滝 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカエリカイツブリ | 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アカツクシガモ | 【野鳥】 アカハシハジロ | 【野鳥】 アカハジロ | 【野鳥】 アトリ | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 アメリカヒドリ | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウソ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エゾムシクイ | 【野鳥】 エナガ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオジシギ | 【野鳥】 オオジュリン | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオハム | 【野鳥】 オオバン | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオメダイチドリ | 【野鳥】 オオモズ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オシドリ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オジロワシ | 【野鳥】 オナガガモ | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カシラダカ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カリガネ | 【野鳥】 カワアイサ | 【野鳥】 カワウ | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 カンムリカイツブリ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キセキレイ | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キョウジョシギ | 【野鳥】 キリアイ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クイナ | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロツラヘラサギ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コキアシシギ | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 コムクドリ | 【野鳥】 ゴイサギ | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サバクヒタキ | 【野鳥】 サルハマシギ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シマアジ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズガモ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 セグロセキレイ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 ダイサギ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チュウサギ | 【野鳥】 チュウシャクシギ | 【野鳥】 チュウヒ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラツグミ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナキハクチョウ | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノゴマ | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハクガン | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハジロカイツブリ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ハヤブサ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 ヒメウ | 【野鳥】 ヒメウズラシギ | 【野鳥】 ヒメハジロ | 【野鳥】 ビロードキンクロ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ヘラシギ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マガン | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マヒワ | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミサゴ | 【野鳥】 ミソサザイ | 【野鳥】 ミミカイツブリ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ムネアカタヒバリ | 【野鳥】 メジロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 ヨシガモ | 【野鳥】 ヨーロッパトウネン | 【野鳥】 ワシカモメ | 【野鳥】 未来に残したい岩手の鳥風景 | 【野鳥】 風景のなかの野鳥 | 【野鳥】 SP鳥 | 【野鳥】 コシジロウミツバメ | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ラグビー観戦 | リスペクト | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部