最近のトラックバック

カテゴリー

日本人の感覚では、「鶴と言えばタンチョウ」だよね。

初めてタンチョウを見たのは高2の時です。「北海道ひとり旅」に出かけた時に、釧路湿原を通る普通列車が急停車し、「天然記念物に昇格したタンチョウの巣が見えます」との車掌のアナンウンスがあったにです。事故でもないのに、列車が止まることにびっくりしつつも、線路下にいる「タンチョウ」をしっかり見ました。車掌さんの話では、湿原には道路がなく、列車に乗らなければ「タンチョウは見れない」と申しておりましたね。当時は「BWは興味なし」でしたが、今でも鮮明に覚えております。

1163blog01sil

1163blog02sil_2

1163blog03sil

▲ 2008年6月1日 秋田県男鹿市

秋田の鳥友のSさんから、「男鹿でタンチョウが見れます」とのこと。大型の野鳥は、まず空振りがないので、雨模様だったが出かけてきました。水田にタンチョウは、北海道では撮ることができない構図なので、ラッキーと言えばラッキーでした。

1163blog04sil

1163blog05sil

1163blog06sil 

1163blog07sil

▲ 2008年11月26日 秋田県男鹿市

タンチョウ目当てではなかったが、目の前にいたので(まったく人間をおそれないし、威嚇に近寄ってきました)広角レンズでパチリと1枚です。野鳥は数多く撮影してますが、バックしながらの撮影は始めてでした。(レンズをつつかれたら大変なので)

1163blog08sil2

▲ 2009年3月8日 秋田県大潟村

2008ー2009年のシーズンは3回ほど「八郎潟探鳥」に出かけたが、3回ともタンチョウに出会うことができました。

なぜか相性がいい「タンチョウ」

昨年の6月に、秋田県男鹿市の水田でタンチョウを見て(この時は情報をいただきました)、その後タンチョウ目的ではないが、ハクガン狙いで八郎潟に出かけ、2回とも「タンチョウ」を見ることができました。空振は1度ももありません。と言うか、全部で3回しか八郎潟に出かけてませんが、100%タンチョウを見れていますから、「相性がいい」としかいいようがないですね。

257blog01  ◆ 2009年3月8日 八郎潟

 湿原ではありませんが、八郎潟の大地は広いので、タンチョウには似合います。

257blog02  ◆ 2009年3月8日 八郎潟

 足を下りたんたんで、直接大地に座り、羽ずくろいをはじめました。沢山のギャラリー(10人ほど)がいるのに、この無警戒さは「生まれてから一度も人間を見たことがない」のではと思ってしまいます。

257blog03  ◆ 2009年3月8日 八郎潟

 正直、こう言う構図は撮り飽きましたね~。

257blog04  ◆ 2009年3月8日 八郎潟

 羽根を開いてくれたので、次列の黒がはっきり見えました。この黒を「尾羽」と勘違いしているBWが昨日の八郎潟にいましたね~。

秋田のタンチョウ(その4)

今日、出張から戻ってきました。が・・・、特段、鳥見をしてたわけではないので、「秋田のタンチョウ(その4)」をUPします。

「道東」や「九州」に出かけたことはないのですが、迷鳥として飛来してくれるので、東北にいながら、けっこうツルの仲間は見ることができますね~。私の個人的記録だけでも、「ソデグロツル(御所湖・岩手)」「カナダツル(一関遊水地・岩手)」「クロツル(奥松島・宮城)」「ナベツル(伊豆沼・宮城)」を見ているので、秋田のタンチョウをいれると5種ですから・・・。群での観察は「越冬地」に出かけなければ無理ですが、隣県で(日帰り)見れたのですから、凄いと言えば凄い話ですね。

他の野鳥に比べて、私の見たツルの仲間は「ほとんど警戒心が薄い個体」がほとんどでした。すべて単独(1羽)での観察だったのが良かったのかもしれません。

一生懸命自分で餌探しをしているタンチョウを見ると、思わず「頑張れ!」と言いたくなります。

182blog01 ◆2008年11月26日。

秋田のタンチョウ(その3)

「大きい鳥は小さく」「小さい鳥は大きく」撮るのが好きなんですが、秋田のタンチョウは「人間を恐れない」ので、かってが違い戸惑ってしまいます。野性味がなければ撮影してても面白くない(動物園ではないので)のですが、自分で「田んぼのツブ」とか「用水路のザリガニ?」とかを捕食していたので、まずは一安心しました。

「タンチョウは北海道のイメージ」なので、「雪原」「道東の湿地帯」「青い空」や「求愛行動」が頭に思い浮かびますよね~。でも「秋田(八郎潟)」なので、やっぱ「水田」での撮影が、北海道との違いを表現するのにぴったりです。

178blog01 ◆「水田にタンチョウ」です。

秋田のタンチョウ(その2)

ツルの仲間では1、2を争う美しさですが、ありがたみから言えば「北海道ではいつでも見れる感覚」なので、あまり興奮はしません。昨日もBW以外にも「コンテスト狙いのカメラマン」や「一般の見物人」が沢山見えてました。(たぶん、お天気がよかったから)

コンテスト狙いのカメラマンは、「羽ばたき」とか「飛翔」が狙いみたいで、無理に追いかけまわそうとか、驚かして飛ばそうとか、何でもありの状態でした。(私は車の中から観察してました)そう言う時に威力を発揮するのが、私の撮影スタイルと言うか、撮影機材が「無言の圧力」になるみたいで、急におとなしくなったりします。事情を聞けば「ハクチョウ屋さん」みたいで、よくコンテストに応募しているみたいでした。ハクチョウ屋さんは、「撮影機材のウンチク」にうるさい人が多いのですが、暇だったので、キャノンの白玉の600f4L、500f4、5L、300f4L、200f1、8Lの虫ぼしをしたら、「かりてきた猫」状態になりましたね~。

私は「新聞、カメラ雑誌のコンテストには応募」はしませんが、以前、伊豆沼とかで、わざと車でガンを飛ばして撮影する「文一の日本の鳥」狙いのカメラマンに出会ってからは、「文一の日本の鳥」も止めました。とても公平に選ばれているとは思われなかったし、文一で落選した写真が、「野鳥の会のカレンダーに採用(1カット5万だったかな?)」されたり、「ワールドバードカレンダーに採用」されたりと、「選者」によるとこがありますよ~。

秋田のタンチョウは人がいると寄ってくる状態で(野生み薄れているので、キツネに襲われるのではと心配)、600の望遠レンズでは無理がありました。なんとか距離感を保って(田んぼ2枚分)羽根を広げたところを撮影してみました。写真的には「定番写真のたぐい」なので気にいりませんが、「へそ曲がり」ではないので、一応パチリと1枚シャッターを切りました。個人的には、野性味がある「餌を捕っている行動」が好きです。

174blog01 2008年11月26日

久しぶりの「探鳥(タンチョウ)」

22~24日の3連休は仕事だったので、急遽休暇を取り久しぶりに探鳥に(八郎潟)に出かけてきました。ハクガンとか猛禽狙いだったのですが、「空ぶり」でした。まあ、これもBWにはよくある事なので、どうってことはないです。

遠征探鳥に出かけるもうひとつの楽しみは、「県外の鳥友」との出会いがあります。今日はFさん、Tさん、Hさんとの出会いがあり、コーヒーを飲みながら「情報交換」をして別れました。夕方までに携帯がならなかったので、皆さん「ハクガンは空ぶり」のようですね~。

「タンチョウ」は春に1回と今日ですから、2回目の撮影になりますが、春と違って、あまりにも「人なれ」していて、望遠レンズからはみ出してしまうので、後ずさりしながら撮影しました。

173blog01 2008年11月26日。八郎潟(秋田県)

近所の人に「岩手から来ました」と言ったら、わざわざ家から引き立てのコーヒーをポットに入れて持ってきてくれました。

「一般人の人」とも、直ぐ仲良くなれるのも、私のとりえでもあります。何処に出かけてもコミニケーションは取るようにしてます。仕事でも「秋田県人の人」とは、うまが合う人が多いですね~。

津軽海峡を渡った「タンチョウ」

鳥友のSさんから、「津軽海峡を渡ったタンチョウが秋田に飛来している」との情報をいただいた。が・・・。明日は「秋田市八橋陸上競技場でラグビー(釜石シーウェイブス)の試合」だったので、昨今の燃料代の「バカ高さ」に嫌気がしているので、一日伸ばし、今日(6月1日)にしました。空振しても、「ラグビー観戦」が出来るので半分は元が取れます。

Web版の地元紙によれば、秋田で撮影された写真と5月上旬に北海道石狩市で撮影された個体が、写真を見比べたら同じ個体と判定(北海道阿寒ツルセンター館長の話)したそうです。と言うことで、「津軽海峡を渡ったタンチョウの初記録」とのことです。古書なんかには「江戸時代までは東京(江戸)まではタンチョウが見れていた」との記録があるので、100、十数年ぶりと言うことになりますね。

037blog01sil 現地に到着した時は雨降りでした。個人的には「晴れ男」なもんんで、「必ず太陽が出る」と信じて待ってみることにしました。

037blog02sil 餌を捕りながら、だんだん近寄ってきてくれました。

037blog03sil 願いがかなって、「一瞬太陽が顔を」出してくれました。その時に翼を開いたり、ジャンプ(ツルの仲間はよくしますよね)してくれたりと、大サービスしてくれましたね。

PS

Sさん、今日はありがとうございます。タンチョウは2回目の観察ですが、20数年も前の釧路湿原で「観光のついでに見た」きりですから、ライファーと同等の感激でした。

その他のカテゴリー

『野鳥・その他』 【動物】 ツキノワグマ 【野鳥】  タゲリ 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ