突然の電話に・・・、「一石3鳥で行こう」ぞ!

トリプル(3種)の「珍鳥情報」に朝が待ちきれず、午前5時起床、6時には家を出た。が・・・、仙岩トンネルを抜けたら、「突然、鉄(E6スーパーこまち)が撮りたくなり」、田沢湖を7時頃に通過する「E6こまち」の為に、30分寄り道してパチリと1枚。

今までのオラだったら、「S級珍鳥(スーパー珍鳥)」なら、真夜中に家を出て、現地で朝を迎えるパターンでした。しかし、「あまり気合が入っては空振りもある」ことも多々あったので、より道をして、「気合を薄める」事にしました。

個人的な珍鳥のカテゴリーは・・・

「S級珍鳥」→国内では二度と見る機会がない。(12時間以内に行動する)

「A級珍鳥」→5年に1回は見れるだろう。(3日以内に行動する)

「B急珍鳥」→見ようと思えば毎年何処かで見れる(7日以内に行動する)

よまあ、こんな感じですか。

今まで関東以北なら、「情報をいただいたら必ずフィールドには出かける事が最低限のマナー」として活動してます。いつもご馳走になってばかり(情報のもらいぱなし)は嫌なので、「S級珍鳥を自分でも出したい」とつねに頭の隅には入れてま~す。

1203blog01

▲ 2013年4月29日 「E6スーパーこまち」(仙北市田沢湖町)

自宅近郊以外では午前7時前に「E6スーパーこまち」 を撮影する機会がありません。そんなもんで、急に撮りたくなったので「30分のより道」をしました。

1203blog02

▲ 2013年4月29日 「シベリアオオハシシギ(煉瓦色の方)」(男鹿市)

だいたいの場所は聞いていたのだが・・・、車が一台もない。「あちゃ~空振りか」と一瞬頭をよぎったが、(てっとり早く珍鳥を見るには、大勢のカメラマンを捜す方が早い)仕方がないので自力で探し出す事にした。思惑がはずれたが、白いセイタカがちろちろ動きまわるので双眼鏡でのぞいたら・・・、「じぇ!(朝ドラあまちゃん風に)シベリアだ!」と。そうしたら、田んぼにトラクターが。「じぇじぇじぇ!飛ばれる!」と・・・。とりあえず「鉄のカメラで(35-350ズーム)記録写真」を撮りました。落ち着いてから、600ミリを取りだしたが・・・、「9時56分八郎潟駅を通過する臨時団体列車が気になり」気はそぞろでした。気がついたら私のまわりには5、6台の車が駐車してましたね~。

1203blog03

▲ 2013年4月29日 「583系(国鉄色)臨時団体列車」 (八郎潟町/奥羽本線)

シベリアオオハシシギを撮り始めたのが9時頃。八郎潟を横断するには40分は欲しい。タイムリミットは9時20分か~。と言うことで、少しオーバーしたが9時30分まで撮影し、「25分では八郎潟を横断できね~」と覚悟しつつ、チャレンジしました。通過30秒前に踏み切りを通過するのを手持ちで撮影できてラッキーでした。

1203blog04

▲ 2013年4月29日 「セイタカシギ」(男鹿市)

本来なら、「シベリアオオハシの後は、本命のコシャクシギ」と行きたい所だが、無謀にも八郎潟を横断し「鉄撮り」をしたので、撮影行動を大きく変え、「昔珍鳥、今は普通種のセイタカシギ」を撮る事にした。(1羽はだったら撮らないが、群れが入っていると言うことで)

1203blog05

▲ 2013年4月29日 「コシャクシギ」(男鹿市)

セイタカシギで2時間近くも遊んでいたので、「コシャクシギ」の教えてもらったポイントについたらが誰もいなかった。(情報の鮮度と質が高いので、ピンポイントで見ることができました)コシャクシギはフェンスに守られてたので、動物園での撮影気分だったが、「なんせコシャクですから」躊躇することなくパチリと1枚。

急に腹がなりだしたので(朝から何も食べてなかった)、「男鹿線の撮影ポイント探し」もかねて、コシャクポイントを離れました。まあ、「動物園での撮影」気分だったので、撮影意欲はゼロでした。

でも・・・「本命のコシャクシギと対抗のシベリアオオハシシギ」を見る事ができて、「いきなりライファー2種」をゲットできたので、「チョウ嬉しい一日」になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部