「BW燃え尽き症候群」半歩手前・・・

北三陸の絶景ビューポイント「北山崎」に急に行きたくなり、朝食後にゆっくり出かけた。撮影目的ではないので昼頃の到着ですが・・・、「北山崎」をみれれば気持ちがすっきりするので、それで十分なんです。

「北山崎」の撮影目的ならP泊が常識で、夜明けから2時間が撮影時間帯ですか。撮影ポイント(三脚設置場所)は一人分しかないので、P泊で、駐車場に車が進入したら、懐中電灯を持って、すばやくポイントに出かけなければなりません。私が「シノリガモ」を追いかけていた頃(20年前)、真冬の北三陸の海岸で、風景写真のプロカメラマンにたびたび会った事がありました。顔なじみになり、話を聞いたら、風景写真家は真冬でもP泊は常識なそうで~す。

そう言えば、高校時代はユースホステラーで、バイトで金が溜まれば「一人旅」と言うことを繰り返してました。ユースホステルで「山岳写真の若いプロカメラマン」と相部屋になり、いろんな話を聞かされたことがありました。(高校生なので、何処に行ってもかわいがってもらいました)「山岳写真は命がけ」とか「山岳写真はプロもアマも関係ない。登山技術がものを言う(ロッククライミング)」など・・・。そう言えば「登山家より山を知ってるのが山岳写真家」とも言ってましたね~。高校生当時は写真は全然やってなかったが、一眼レフのペンタクスSPを(親父のを勝手に持ち出し)持っていたのと、学校の図書館で「月刊アサヒカメラ」を読んでいたし、「ロバートキャパとか沢田教一の写真が好きです」と言ったので、話がはずんだと・・・。(写真の事を少しは知ってる変な高校生と思われたでしょう)

1232blog01aaa

1232blog02aaa 

1232blog03aaa

1232blog04aaa

▲ 2013年7月15日 北山崎(岩手県田野畑村)

撮影目的ではないので、変な時間(12時頃)に到着。三脚も使わず手持ちで撮影しました。「北山崎」は写真で見るより、現地で見ることをお進めします。今日は風もなく、ベタなぎなので、北三陸の荒々しい迫力にかけますが、曇りだったので「岩肌」がしっかり見えました。(晴天なら逆光で、岩肌は黒くつぶれてしまいます)

1232blog05aaa

▲ 2008年12月23日 「北山崎(岩手県田野畑村)」

晴天時の午前10時以降はこんな感じです。午後はまったく駄目でしょう。ベストは夜明けから2時間でしょうか。

1232blog06aaa

1232blog07aaa

▲ 2008年12月27日 「北山崎(岩手県田野畑村)」

夜明けから2時間後に撮影。ぎりぎりセーフかな?

1232blog08aaa 

1232blog09aaa

▲ 2009年2月1日 「北山崎(岩手県田野畑村)」

北山崎の雪化粧はめったに撮る事ができないと思われます。春のドカ雪なら除雪が間に合わないので、現地に行くことができない。(基本的に冬はオフシーズン)

この時は積雪20cmだったのですが、「生活道路優先の除雪」なので除雪車はきてませんでした。私の車は4WDなので、20cmなら除雪なしでも走行できました。外の車は1台もみませんでした。

遊歩道は柵があるので安全なのですが、写真的には柵が邪魔になるので「安全帯とロープ持参で」柵外から撮影しました。安全帯がなければ、足を踏みはずせば100M落下での即死でしょう。今風に言えば「自己責任」での撮影です。雪はすべるし、風があればバランスをくずしかねないし、外の人には絶対すすめません。まねをしないで下さい。

「滝の写真撮影」や「猛禽類の撮影」で、安全帯使用で撮影する事もたまにあります。「海のアオバト」ではライフジャケット使用での撮影した時もあります。(台風後の高波の時)基本的には「カメラ機材はお釈迦でも、命だけは失わない」との事ですね。「命あってのものだね」です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部