2週間の「酒田市出張」から解放されました。

2週間の「酒田市」出張からやっと開放されました。連日のホテル暮らしと強風の毎日にヘトヘトです。寒さには強いと自負(北上高地では日中でもマイナス10度は普通、最高はマイナス22度で仕事した経験があります)してましたが、酒田市は連日風速5~15M前後で、体感温度は「マイナス30度」にも感じました。1月下旬だと言うのに、雪ではなく「暴風雨」にはまいりました。

前半は「鳥海大橋(遊佐町)」、後半は「酒田高架橋(酒田市)」でしたが、どちらも「野鳥観察と鉄道」にはもってこいのビュウーポイントでした。仕事しながら「野鳥観察」はできるし、「鉄な人」にもなれるしで休憩や昼食時間を有意義に使いましたね~。

2週間で「鳥海山の山頂が見えた青空は1度だけ」でした。冬の日本海側の気候で「鳥海山の青空」は期待してなかったので、その1日は「仕事が手につかない」状態でした。(笑)

1297blog01aaa

▲ 2014年1月29日  国道7号酒田高架橋付近(酒田市)

私が双眼鏡で見た限りでは「コハクチョウ(500+)」と「亜種アメリカコハクチョウ5羽」だけでした。(違う日にはオオハクも混ざってました)

国道7号と日本海東北道の間の水田には、白鳥をはじめヒシクイの大群(500±)やミヤマガラスの大群(1000+)も3度位餌を求めて飛来してました。転作作物の大豆が収穫されないまま放置されてたので、その場所にガンや白鳥やカラスが大群で集まって来て、それを狙う「キツネ」も待機してました。

1297blog02aaa

1297blog03aaa

2014年1月31日 「寝台特急あけぼの」 酒田→本楯(羽越本線) AM8:47

この日は凄い強風(10~15M前後)だったので、安全を考えて「10M前後に風が弱まる」まで待機してました。ら・・・、「寝台特急あけぼの」らしき電車が徐行してトラス橋をわたったので、あわてて車を出ました。「後追い撮影」になりましたが、パチリと1枚です。本来ならAM5:02分酒田発なので「4時間弱の遅れ」ですね。

1297blog04aaa

▲ 2014年1月24日 「701系電車と鳥海山」です。 遊佐→吹浦(羽越本線)

鳥海山の山頂が見える事など期待していませんでした。が・・・、昼休憩は車で水田の中に移動して「おにぎりを食べながらパチリと1枚」です。地元の人の話では、「白一面の水田」は中々見れないそうです。降雪があっても、風や日中の温かさで直ぐ消えるそうですね。

1297blog05aa

▲ 2014年1月24日 「E653系特急いなほ」です。 女鹿→遊佐(羽越本線)

新型車両の「特急いなほ」です。一日1往復の編成なので、撮るチャンスは1回しかありません。何処で撮るか迷いましたが、現場から3分でこれるこの場所にしました。午前の休憩(30分)をこの車両通過時間に合わせて取ると言う気分になる「晴天の一日」でしたね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カシオペアクルーズforあきた」を撮りました。

週末は「カシオペア(寝台特急)」が秋田に来ると言うことで、「撮り鉄」に専念する事に・・・。

定期運行としては、上野~札幌間を走行しているのだが、上り、下りとも岩手県内区間は深夜に通過するので、撮影も見ることもできないでいたのですが、めったにない「よい撮影機会」と言うことで、10月5日は羽越本線の「にかほ市象潟」に出撃しました。

秋田県内の羽越本線区間で、撮り鉄には一番位に人気がある「小砂川~上浜のコ線橋」に列車通過2時間前に到着。一番乗りだろうと思っていたが、すでに3人の同業者(撮り鉄)がいて、私も横に三脚2台をセットさせていただきました。

1259blog011

1259blog012

▲ 2013年10月5日 「カシオペア」  羽越本線・小砂川→上浜

上→広角ズーム  下→35-35010倍ズーム

コ線橋の予想通過時間は16:35分頃。この日の日没時間は17:13分だったので、30分位の遅延があったとしても余裕で撮影できると・・・。が、当日は15:00現在の遅延が60分の情報が入り、「酒田市に南下するか、この場所に留まるか」の決断をしなければなりませんでした。

同業者(撮り鉄)4人は、「60分の遅延だと日没で撮影できないので酒田市まで南下する」決断を。私は、帰りの事があるので「30分位は挽回してくれるだろうね。JRさん。」と言うことで、「日没ならあきらめる決断」をしました。

一人残されはしましたが、通過60分前には同業者(撮り鉄)も再び集まりだしたので「60分の遅延で、もしかしたら撮影できないかも知れない」と申し送りを。(最終的には6人の「鉄な人」がこの場所に留まりました)

日没10分前で、撮影の限界だったのですが(風景とか止まってるものならバルブ開放で真っ暗でも撮影できるのだが、走行中の鉄道写真は限界があります)ISO6400とレンズをF2、8に開放して、ぎりぎり撮影する事ができました。ひと昔前のデジタルカメラだったらISO6400なら画像が荒れ放題でひどかったのですが、今は「画像は荒れているが、何とか見る事は出来る」状態までなりましたね~。

1259blog022

1259blog02

▲ 2013年10月5日 「485系1000番台(新潟色)」

1259blog03

▲ 2013年10月5日 「701系(秋田色)」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部