最近のトラックバック

カテゴリー

矢巾水田で「マガンの部分白化個体1羽」を観察、撮影したぞ~!

 2月29日は朝から「亜種アカウソ」の撮影してから、「ヨツヤコウジの黄金バードルートにGo!(自宅→雫石水田→御所湖→見前水田→矢巾水田→長岡水田)」と出かけた。自宅から直接なら南昌トンネルを抜ければ40分で長岡水田に到着する。春、秋のシギチ観察に35年前に「淡水系シギチ(エリマキシギの夏羽、オジロトウネンの冬羽を見たくて開拓した)の為にシギチの入る水田を探し続けました。

 2月26日と27日に「矢巾水田で見たコハクチョウ赤首環C85と赤足環29。それからトランペッターまがいのアメコ(ナキハクチョウがライファーでないBWなら95%の人がトラッペーター見っけ!と誤認するかも知れない個体が1羽混ざっていた)」が気になり、わざわざ雫石から矢巾水田に出て来た。が・・・期待のアメコも不在だったので家に帰ろうとしたのだが、「エリマキシギの夏羽を見た水田が気になり」寄り道することに。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7124blog01

▲ 2024年2月29日  マガン部分白化個体1羽 午前11:00 矢巾水田(岩手県矢巾町)

200羽あまりのマガンの群れに、車を止め双眼鏡で見たら「マガン部分白化個体1羽」が混ざっていた。勝手知ったる矢巾水田なので、ベスト撮影ポイントに車を移動する事にした。幸い他のBWの車もなく、思う存分観察撮影する事が出来た。(過去にマガンの完全白化個体を奥州市江刺区の水田で見た事がある)

7124blog02

7124blog03

7124blog04

▲ 2024年2月29日  マガン部分白化個体1羽とマガンの群れ 12:00頃  矢巾水田(岩手県矢巾町)

マガンの群れが次々と矢巾水田に降りだした。伊豆沼に出かけている気分なんですが、誰もいない(BWが)ので、やっぱし矢巾水田です。

7124blog10

▲ 2024年2月29日 マガン部分白化個体1羽   矢巾水田(岩手県矢巾町)

マガン部分白化個体1羽を写真をクリックして探し出して見て下さいませ。

7124blog21

7124blog22

7124blog23

▲ 2024年2月29日  マガン部分白化個体1羽  矢巾水田(岩手県矢巾町)

マガンの群れを見ると「カリガネを探し出す癖がある」ので、部分白化個体のマガンは簡単に目に入りました。

記録写真として撮影してみました。

 

 

雫石水田の2023-24年のガンカモ・ハクチョウは異変だらけ

御所湖で「ハクチョウの餌付け」した当時は普通に見れてたハクチョウも、鳥インフルの関係で餌付け禁止になってから、ハクチョウを見る事もなくなり寂しい思いをしていた。が・・・。今年は雫石水田には200羽ほどのハクチョウが滞在している。

ハクチョウを真面目に観察しているし、お陰でマガン4羽も混ざってるのを見れて嬉しいですね。伊豆沼や八郎潟に行けば「石を投げればマガンに当たる」ほどのマガンの羽数を見てる人は不思議に思うかも知れないが、「雫石水田ではカリガネよりマガンが珍鳥と言う逆転現象」なんです。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見ることができます。

7111blog01

▲ 2024年1月10日  マガン(1Ad+3Juv)  雫石水田(岩手県雫石町)

前日まで積雪ゼロ㎝でしたが、10㎝ほどの雪が降りました。これでも根雪になるかどうか分かりません。過去70年弱で一番遅い根雪は年越して1月5日だったので、根雪の遅い記録更新中ですね。

7111blog11

7111blog12

▲ 2024年1月10日  ハクチョウとマガン  雫石水田(岩手県雫石町)

雪が降ってしまうと、ハクチョウが見ずらくて仕方がないです。しかし、雫石水田のハクチョウは人なれしてない「野生のハクチョウ」なので、観察しても、写真撮影してても緊張感があるので楽しいですね。

7111blog21

7111blog22

▲ 2024年1月10日  マガン   雫石水田(岩手県雫石町)

マガンの数は4羽と少ないので、成鳥か幼鳥かの記録もフールドノートに書くようにしてます。

このマガンは2日前に雫石水田に入りました。ハクチョウも7割がオオハクチョウ、3割がコハクチョウ、おまけとして亜種アメコ雑種3羽。

 

 

雫石水田にマガン幼鳥2羽飛来@2022年10月25日

 「えっ!マガンを撮るの?」と言われそうですが、雫石水田ではガン5種(マガン、ヒシクイ、シジュウカラガン、カリガネ、ハクガン)は特別な野鳥で、毎年必ず見れるもんではないから、「見たら必ず撮影する」と決めてま~す。特に、秋は見れる確率が少ないので、嬉しくなりますね。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7073blog01

▲ 2022年10月25日 マガン幼鳥2羽  雫石水田(岩手県雫石町)

バックの山は岩手山です。

写真をクリックして大きな画像でマガンを探し出して下さい。

秋田駒ヶ岳方向から飛んできて、座りこんで動かないのっで、「落鳥したかな?」と思いましたが、1時間後に首を上げてくれたので安心しました。マガン幼鳥2羽は、コハクチョウ20羽の群れと一緒に飛来したので、マガンの群れから外れたのでしょうね。八郎潟→雫石水田→伊豆沼と移動していくのでしょう。毎日ハクチョウの羽数が違う(100羽~300羽)ので、どこかのハクチョウの群れに紛れ込めば、伊豆沼までたどり着くのかな?

7073blog01b

▲ 2022年10月25日 マガン幼鳥2羽  雫石水田(岩手県雫石町)

左はマガン幼鳥とわかりますが、右は中々首を上げてくれないので「マガンだろうな」と推測できるが、待つ時間が(2時間も)長かった。

7073blog02

7073blog03

▲ 2022年10月25日 マガン幼鳥2羽  雫石水田(岩手県雫石町)

「八郎潟でも、伊豆沼でもないよ」と言うことで、必ず山(岩手山)か建物(動かない)を入れて撮るようにしてます。

正真正銘の「雫石水田のマガン」です。

7073blog11

7073blog12

7073blog13

▲ 2022年10月25日 マガン幼鳥2羽  雫石水田(岩手県雫石町)

大きくマガンを撮るのは恥ずかしいのですが・・・(風景の中の野鳥をライフワークにしてるので)、何となく撮ってる自分が嫌になります。

7073blog21

▲ 2022年10月25日 マガン幼鳥2羽  雫石水田(岩手県雫石町)

新幹線あきたこまち号をバックに入れて撮るのが「雫石水田のハクチョウ屋さんのお約束ごと」なので、マガンでチャレンジしてみました~。

おしょすな~。(恥ずかしいな~)

見前水田(盛岡市)にマガン1000羽@2022年3月5日

盛岡市内に用事があったので、午後から出かけてきたが、「マガンが北から南に群れで飛翔」していたので、「あれ、逆方向だろう」と思ったが、明日は天気が荒れる予報なので、「北帰行を諦めて南下してる(安全な場所に避難)」のでしょう。

マガンが盛岡近郊で休憩する場所はだいたい決まっているので、用事をすませてから「見前水田(盛岡市)」に行ってみたら、予想通り「マガン1000羽の群れ」が休憩してました。昨シーズン(2021年)は2月28日だったので、一週間ほど遅れてますね。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見ることができます。

7032blog01

7032blog02

7032blog03

7032blog04

7032blog05

▲ 2022年3月5日  マガン  見前水田(岩手県盛岡市)

7032blog20

7032blog21

7032blog22

7032blog23

▲ 2022年3月5日  マガン  見前水田(岩手県盛岡市)

今日は天気も悪かった(曇り→雨)ので、24-105ズームレンズだけにしました。

カリガネやシジュウカラガンが混ざってたら、話は別だけど・・・。

本気モードになるのは「ハイイロガン(見れればライファーになります)」かな?


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のお勧めの3曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

▲ 竹内まりあ   「 駅 」

▲ Billy Joel 「 Honesty 」

▲ 高橋真梨子   「 For you 」

見前水田(盛岡市)でマガン@2021年2月26日

毎年の事だが、2021年2月15日に「マガン北帰行の初認日」(伊豆沼→国見峠(雫石町・仙北市)→八郎潟)を自宅(雫石町)で確認した。これを合図に、盛岡・雫石水田の「ガン・ハクチョウの渡り」と三陸沿岸の「コクガン北帰行観察」とダブルで野鳥観察が超忙しくなります。今日も(3月2日)雨なのに、雫石水田には「マガン37羽」が滞在してました。(記録写真を1枚だけ撮影)

2月26日は、新幹線高架橋に「チョウゲンボウの営巣の案配」を見に、見前水田(盛岡市)に出かけたら、「マガン50+」が滞在してました。

6084blog01

6084blog02

▲ 2021年2月26日 マガン  見前水田(岩手県盛岡市)

バックの学校は「盛岡南高校」です。

伊豆沼や八郎潟と違って「マガンの警戒心が薄い」ので、望遠レンズは必要なく、24-105ミリズームでの撮影です。撮影距離は25Mほどです。(※雫石水田だったら10M前後で撮影できます)

6084blog03

▲ 2021年2月21日 マガン  見前水田(岩手県盛岡市)

見前水田には50+のマガンが家族単位でパラパラといました。みんな同じ方向(南昌山方向)に飛び立つので、いつものように「きっとあの辺の水田(ケリの繁殖)」と目星をつけて車を移動しました~。

6084blog31

▲ 2021年2月26日 マガン&オオハクチョウ  赤林水田(岩手県矢巾町)

赤林水田(岩手県矢巾町)周辺には大きなマガンの1000+の群れが二つ入ってました。

6084blog32

6084blog33

6084blog34

6084blog35

6084blog36

6084blog37

6084blog38

6084blog39

▲ 2021年2月26日 マガン  赤林水田(岩手県矢巾町)

高校生が自転車で来たのが見えたので、「マガンが飛び立つだろう?」と思い、カメラを構えていたが、予想通り警戒心が少しだけ強い個体だけが「飛び立ち」ました。半分以上は、まだ水田に残ってくれました。

6084blog11

6084blog22

6084blog23

6084blog24

6084blog25

6084blog26

6084blog27

6084blog28

6084blog29

6084blog30

▲ 2021年2月26日 マガン  赤林水田(岩手県矢巾町)

夕方に南昌山方向に飛び立ちました。

この日は(2月26日)「BWやカメラマンの車と遭遇しない私一人の至福の時間」を過ごす事ができました。

明日は(2月27日)は週末なので、「マガン祭り」になるだろうと・・・。

 

マガンが高圧電線で4羽落鳥する。@2021年2月28日

矢巾水田(岩手県矢巾町)に岩手医大付属病院が移転して来てから、「マガンの中継地&シギチの中継地」の役割は風前の灯です。が・・・、マガンは赤林水田(岩手県矢巾町)や煙山水田(岩手県矢巾町)に移動し、天候の回復を待ちながら(だいたい3日位)奥羽山脈越えをして八郎潟(秋田県大潟村)に飛び立ちます。昨日(2月28日)も午前10時過ぎに、2000±の内の500+のマガンが、南昌山、赤林山方向に飛び立ちました。90分後には八郎潟に到着でしょう。

岩手県内陸(北上川・馬淵川)を北上するマガンは、北上川東側を北上するルートを選び、矢巾水田に滞在するマガンは西に南昌山→御所湖→八郎潟に移動してると考えてます。自宅(岩手県雫石町)では、50~100+のマガンが国見峠を目指して竜川を西に飛ぶマガンをいつも観察してます。2021年は2月15日が「北帰行初認日(自宅からの観察)」でした。

昨日(2月28日)は赤林水田(岩手県矢巾町)では、「悲しい事故」が・・・。

カメラマンがマガンの大群(2000+)を撮影しようと、車から出てマガンに近寄って歩きだした瞬間、「マガンのパニック飛出し」があり、高圧電線に衝突、4羽が落鳥しました。(4台の車が右往左往してマガンを追いかけてました。その中の1台は私の車をマークしてました)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6013blog01

6013blog02

6013blog03

6013blog04

6013blog05

6013blog06

▲ 2021年2月28日 マガンがパニック飛出し  赤林水田(岩手県矢巾町)

伊豆沼でも八郎潟のハクガンでも、何処でも「カメラマン圧のパニック飛出し」を見るんですよね~。そんな経験を積んで「野鳥は車内撮影に限る」を学習するんでしょうね。

6013blog21

6013blog22

6013blog23

6013blog24

▲ 2021年2月28日 落鳥したマガン  赤林水田(岩手県矢巾町)

6013blog40

6013blog41

▲ 2021年2月28日 午前8時58分(カメラのデータから) 落鳥したマガン

高圧電線にはカラス30+が集まってきました。中に5羽のミヤマガラスも混ざってました。

6013blog42

▲ 2021年2月28日 午前10時頃

落鳥したマガンですが、頭から食べられると言うか、集団でつつくですよね~。

6013blog51

6013blog52

▲ 2021年2月28日 15時頃

夕方には、後かともなくなりました。

カラスではなく、キツネだったら、足も骨もすべて食べつくしますが、カラスなので、足は食べれなかったみたいです。

 

 

 

今日の雫石水田のガンたち@2020年12月15日

昼でも-4度の寒い一日だった。
自宅から3分で行ける「雫石水田」に、野鳥との出会いを求めて出かけて来た。
ただ、余りにも寒さに、車の窓が氷ついて動かず、仕方がなくドアを少しだけ開けての撮影に「我慢できない寒さ」に2時間で切上げざるおえなかった。三脚も使わないので、「写真のクオリテーはいまいち」ですが、「記録写真」と言うことで・・・。


 


野鳥は思いもよらない出会いがあり、ラッキーでしたが(ハイイロチュウヒとコチョウゲンボウ)、飛び回る猛禽を撮るには三脚無しでは無理があり、双眼鏡で見るだけ。


 


その代わり「ガン3種(マガン、シュウカラガン、ハクガン」は、「記録写真程度には撮影」できました~。


 


※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。


 


6051blog01


 


▲ 2020年12月15日 マガン  雫石水田(岩手県雫石町)


 


こころところ、毎日同じ田んぼにマガンが入りますね~。


 


6051blog21


 


6051blog22


 


6051blog23


 


6051blog24


 


6051blog25


 


▲ 2020年12月15日 シジュウカラガン  雫石水田(岩手県雫石町)


 


シジュウカラガンは3回目です。(過去の2回は、ゼロ泊6時間で飛び去る)


 


2020年11月27日  7羽
2020年12月12日  4羽
2020年12月15日  1羽


 


6051blog31


 


6051blog32


 


▲ 2020年12月15日 ハクガン(幼鳥)  雫石水田(岩手県雫石町)


 


2020年11月24日 2羽 ~今日まで21日連続「雫石水田」にいついています。が・・・雪の案配で、「餌が取れなくなれば」、ハクチョウとともに「越冬地(伊豆沼)?」に飛び去るでしょう。


 


 


雫石水田にマガン50羽@2020年12月13日

伊豆沼や八郎潟に出かければ「マガンは星の数ほど沢山いる」のですが、雫石水田には秋と春に「奥羽山脈を横断する群れが必ず立ち寄ってくてる」のが嬉しいですね。

マガンはあまり撮影する事はないのですが・・・「雫石水田のマガン」と言うことで、撮影してみました。

今シーズン(2020年の秋)の雫石水田は、ハクガン、シジュウカラガン、マガンと見れているので、「ガンの当たり年」になりました。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます。

6049blog01

6049blog02

6049blog03

6049blog04

6049blog05

6049blog21

6049blog22

6049blog23

6049blog24

▲ 2020年12月13日 マガン   雫石水田(岩手県雫石町)

マガンの群れは警戒心が強く、ちっとした「車の音」とか「犬の散歩人」に直ぐ反応して、飛び回ります。ただ、伊豆沼や八郎潟と違って、一分位飛び回り、「同じ場所」に舞い降ります。大きく飛び去る事はないので、撮影はしやすいですね。

6049blog31

6049blog32

6049blog33

6049blog41

6049blog51

6049blog52

▲ 2020年12月13日 マガン  雫石水田(岩手県雫石町)

午後から雪が降り出しました~。

雪が降りだすと、赤い鳥(オオマシコやハギマシコなど)が見やすくなるので、「マガンを撮ってるばわいじゃない」だけど・・・。年々、「寒さに我慢できず(車から降りて雪上を歩かなければならないから)、何かと勝手に理由をつけて「足が遠のくばかり」ですね。

11月中旬には「ハギマシコ20±は確認」してます。

 

雫石水田にマガン18羽滞在

2019年3月19~20日にかけて、「雫石水田にマガン18羽」が滞在しました。「伊豆沼」や「八郎潟」に出かければ、万の羽数を見ることができるので、コンテスト狙いのカメラマン(朝焼けや夕日に乱舞するガン)以外は見向きもしないでしょうね。たた、雫石水田では「記録写真」としての価値があると思い、いつも撮影してます。
5061blog00a
5061blog01
5061blog06
▲ 2019年3月19日7:40分  マガン18羽  雫石水田(岩手県)
氷点下3度だったので、田んぼが霜で白くなってます。溜水は凍ってました。
5061blog21
5061blog22
5061blog24
▲ 時間のけいかとともに霜も解け出してきて、「春の雫石水田」になります。
5061blog35
5061blog41
5061blog42
5061blog43
5061blog44
5061blog44
▲ 「白鳥屋さん(カメラマン)」が二人来てましたが、マガンに気が付かずと言うか、ハクチョウ以外は興味がないのかマガンには見向きもしませんでした。私は車内撮影なので、マガンの行動を予測して(一に観察、二に観察、三、四が無くて五に観察)待っていたら15Mまで近寄って来てくれました。
5061blog53
5061blog61
5061blog62
▲ 警戒心が強いマガンですが、雫石水田(岩手県)では誰もマガンを撮る人がいないので、いつも自分だけのペースで撮影する事ができます。「伊豆沼」や「八郎潟」と違って、マガンとの距離が近いのが雫石水田の特徴ですす。
5062blog01
5062blog04
5062blog05
5062blog11
5062blog12
5062blog22
5062blog43
5062blog45
5062blog47
▲ 2019年3月19日15時30分頃 マガン  雫石水田(岩手県)
日没まじかなので、光線が赤くなりました。
1羽大きく撮るより、群れで撮るのが好きです。
5063blog01
5063blog03
▲ 2019年3月20日10時頃  マガン 雫石水田(岩手県)
写真の白い山脈は「秋田駒ケ岳」です。12時頃18羽の群れで、国見峠(雫石町・仙北市)目指して飛んで行きました。

雫石水田にマガン7羽が滞在

3日前位から雫石水田にマガンがいるのはわかっていたが、車を止める事なくやりすごしていたのだが・・・、たとえマガンといえども「観察記録として残そう」と思い撮影しました。
5058blog01
▲ 2019年3月16日  ハクチョウ類とマガン  雫石水田(岩手県雫石町)
マガンが保護色でわかりずらいですが、写真の左下のハクチョウの両となりのゴミみたいなのがマガンです。
「雫石水田でのマガン観察の記録写真」には、岩手山か秋田新幹線車両を入れるのが、定番写真になります。
5058blog02
5058blog03
5058blog04
5058blog05
5058blog06
5058blog07
5058blog08
5058blog09
▲ 2019年3月16日  マガン  雫石水田(岩手県雫石町)
やっぱりマガンなので「記録写真」とわりきり、何も考えず」撮りました。
そして・・・、いつものように「動画撮影」も。

その他のカテゴリー

「その他」 「新型コロナ禍後の新生活」 「映画」 ウッドストック 「音楽」クラシック 「音楽と映画」 のん(能年玲奈) 「麻雀」 『北京オリンピック2022』』 『天体写真』 『思い出の野鳥観察記』 『滝・岩手県』 『蔵出し・野鳥写真』 『野鳥・その他』 『雪と野鳥』 『風景・岩手山』 『Web 写真展』 【動物】 ツキノワグマ 【桜】 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシシギ 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アビ 【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 ウミウ 【野鳥】 ウミガラス 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオタカ 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コノハズク 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 ダイゼン 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロチュウヒ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハシビロガモ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハマシギ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 バン 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒドリガモ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 ホシハジロ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤコドリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ユリカモメ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災 野鳥】 アマサギ

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ