じぇじぇじぇ~! 亜麻色の~♪ オオメダイチドリだ~!!

まったくの個人的な観察記録ですが・・・、岩手県内で初めて「オオメダイチドリ(夏羽)」を見る事ができた~。過去に三番瀬(千葉県)で冬羽を見た事があるが(2001年8月19日)、100M先の冬羽の個体だったので、ライファーだったが興奮する事はなかったな~。

今回は勝手知ったる「種市海岸」ですが・・・。

津波防潮堤があるので海岸砂浜に車が入る事はないが、一般市民が海草取りに砂浜を歩き、よく野鳥を飛ばしてしまいます。が・・・、満潮だった為に、海草採りの人が現れず、「誰もいない海」が幸いしましたね~。

私の「野鳥撮影」は、野鳥の動きをよく観察して、ここぞとポイントを決めたら動かず、野鳥が近寄ってくれるのを待つのを良しとしてま~す。

1635blog01

1635blog02

▲ 2015年5月17日 「オオメダイチドリ(夏羽)」 種市海岸(岩手県洋野町)

オオメダイが近寄ってくれるかと期待したのですが・・・、警戒心の強いキアシシギが飛んできて、冷や汗をかきました。ほんとキアシシギって警戒音を出したり、群れで飛び去ったりと・・・、(他のシギもつられて飛び去る)迷惑千万で~す。

日曜日なにの誰もいない種市海岸って、「運がいい」としか言いようがありません。

1635blog03

1635blog04_2

キアシシギを追い越して、私の方に近寄ってくれました。ラッキーとしか言いようがありません。

キアシシギの足は綺麗な黄色ですが、オオメダイの足は淡い緑色って感じでしたね~。頭部の亜麻色は、メダイの濃いオレンジと違い、綺麗と言うか上品な感じですよね~。

1635blog05_2

1635blog06_2

1635blog08_2

1635blog09_2

砂浜に座りこんで撮影してましたが、警戒心が薄いのか10M前後まで近寄ってくれました~。

芸術的な野鳥写真は撮れないと開き直っているので(腕が落ちる一方で~す)記録写真として、何も考えず「出たとこ勝負」で何も考えずでっかく撮るだけですか~。だから、よほどの事がない限り600ミリでの撮影はしません。ただ・・・、オオメダイなら、少々重い思いをしても撮影してしまいました~。

1635blog10

1635blog16

亜麻色の頭部はどうしても撮影したかったで~す。それと~、動きのある画像も1枚は撮っておきたかった。よかった、よかった。

1635blog11

1635blog12_2

1635blog14

1635blog15_2

内陸に住んでる私としては、そうそう海岸に出かけられないので、運がいいとしか言いようがないです。オオメダイは「0泊2時間」で抜けてしまいました~。(飛び去りました)

家の中にいては野鳥は見れないので、基本に忠実に「フィールドの出る」ことを続ければ、いい事がありますね~。だからバードウォッチングが止められないのかも知れません。「一に観察、二に観察、三、四がなくて五に観察」ですか~。「野鳥写真はどうでもいい」と思ってま~す。(芸術写真が撮れないいいわけ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《東北の桜》 三春滝桜 | 《東北の桜》 合戦場の桜 | 《東北の桜》 塩ノ崎の大桜 | 《東北の桜》 桧木内川堤防の桜並木 | 《東北の桜》 角館武家屋敷の桜 | 《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 《飛行機》 ブルーインパルス | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 二本松城 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『新幹線』 E7系  | 『新幹線検束車』 イーストアイ | 『滝・岩手』 逢滝(おうたき) | 『滝・岩手』 釜淵の滝 | 『滝・岩手』 鳥越の滝 | 『滝・茨城』 袋田の滝 | 『自転車・ポタリング』 岩手県 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 『SL』 SL銀河ナイトクルーズ | 【もういちど 野鳥観察】 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アカツクシガモ | 【野鳥】 アカハシハジロ | 【野鳥】 アカハジロ | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオメダイチドリ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キョウジョシギ | 【野鳥】 キリアイ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コキアシシギ | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サルハマシギ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シマアジ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズガモ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 ヒメウズラシギ | 【野鳥】 ヒメハジロ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ヘラシギ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マガン | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 ヨーロッパトウネン | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部