最近のトラックバック

カテゴリー

16年ぶりに矢巾水田でチュウシャクシギ1羽観察する。

午後から「矢巾水田」をのぞいたら、チュウシャクシギ1羽とムナグロ100±が入っていた。チュウシャクシギは海岸に出かければシギチのシーズンなら普通に見る事ができるが・・・、直線距離で海岸から100キロ内陸に入った矢巾水田では、チュウシャクシギを中々見ることはできません。個人的な観察記録では、16年ぶりの「矢巾水田でチュウシャクシギ」になりました~。

▼ 「写真」をクリックすると、大きなサイズ(1000x776)で見る事ができます。

5079blog01

▲ 2019年5月7日 矢巾水田の風景  (岩手県矢巾町)

この1枚の田んぼの中に、チュウシャクシギ1羽とムナグロ100±が入ってます。

5079blog00

▲ 2003年5月19日 チュウシャクシギ  矢巾水田(岩手県矢巾町)

16年前に矢巾水田で撮影したチュウシャクシギです。

シギチシーズンに海岸に出かければ普通に見れるチュウシャクシギですが、内陸中央部にある矢巾水田では中々観察できませんでした。(個人的な観察記録です)

5079blog11

5079blog12

5079blog13

5079blog16

▲ 2019年5月7日  チュウシャクシギ  矢巾水田(岩手県矢巾町)

チュウシャクシギを撮影して喜んでいるなんて・・・、海岸部に住んでるBWには理解されないでしょうね。

矢巾水田では16年ぶりの再会なんです。ご理解くださいませ。

5079blog22

▲ 2019年5月7日 ムナグロ  矢巾水田(岩手県矢巾町)

今日は100±羽が入ってました。

飽きもせず「矢巾水田のシギチ観察」を続けるのは、かすかな望みとして、「エリマキシギ夏羽との再会」ができると信じてるからで~~す。

 

久ぶりに秋田県沿岸に・・・

盛岡近郊の内陸では見ることが出来ない「海岸のシギチ」を見る為に、自宅から一番近い「男鹿の海岸(車で2時間)」に出かけて来た。(春シーズン1回は海岸に出かけたくなります)

当初は昨年「オオメダイチドリを見た種市海岸」に行こうか、それとも宮城県の「石巻埋立地か蒲生海岸」か・・・と悩んだが、歩かなくてすむ(車内観察できる)「船越海岸と塩口水田(男鹿市と潟上市)にする事にした。

春のシギチには、3年前に「シベリアオオハシシギ情報」の時に出かけたが、ぶらっと情報もなく男鹿の海岸に出かけるのは10年ぶりでした。秋は何回か出かけているのだが、ほんと春は久ぶりで~す。ようやく県外にシギチ観察に出かける気持ちになりました~。淡水系のシギチばかり見てると、海岸のシギチを忘れちゃいそうで~~~す。

2089blog01a

2089blog01b

2089blog01c

▲ 2016年5月19日 「チュウシャクシギ」 (秋田県潟上市)

休耕田を横切って、水田のクロの上に止まり、何を思ったかまた近くを横切って戻りました~。

盛岡近郊の内陸に住んでると、「チュウシャクシギ」はまず入る事がありません。20数年内陸休耕田でシギチを見てるが、たった1回だけ入りました~。

2089blog05a

▲ 2003年5月19日 「チュウシャクシギ」  矢巾水田(矢巾町)

春のシギチは連休後から5月31日まで、出張の仕事以外は、ほぼ毎日の「休耕田巡り」をしてますが、2003年のチュウシャクシギは、矢巾水田に「0泊2時間」の滞在でした。羽数はこの個体1羽だけで、行動も他のシギとは遠く離れた矢巾水田のはじにいましたね~。

2089blog02a

▲ 2007年5月16日 「チュウシャクシギ」  (秋田県潟上市)

2089blog02b

▲  2007年5月16日 「チュウシャクシギ」  船越海岸(男鹿市)

2089blog03a

2089blog03b

▲ 2006年5月18日 「チュウシャクシギ」  (秋田県潟上市)

2089blog04a

▲ 2004年5月8日 「チュウシャクシギ」  (秋田県潟上市)

チュウシャクシギは、ほとんど秋田県での撮影が多いですね。宮城県鳥の海でも沢山見たけど、個体が遠いので見るだけでした~。私にとっては、海岸のシギチは歩く事がない(車内撮影できる)男鹿の海岸が大好きで~す。

その他のカテゴリー

『野鳥・その他』 【動物】 ツキノワグマ 【野鳥】  タゲリ 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ