最近のトラックバック

カテゴリー

GWはじっくりオシドリの撮影予定だったが・・・・・

毎年の事だが、春は「黄砂」に悩まされ続けてるので、「青空の撮影日和(黄砂の影響が無い)」には「ここ一番の撮影場所で、一番美しいオシドリ(個人的にはカモ類では世界で一番美しいカモと思ってる)を撮影する事に決めていた。が・・・

ブラインドが完璧だったのだろうか、オラに気ずくことなく「山菜採りの老夫婦は(ご婦人はペットの犬を連れて、旦那様が道端のタラの芽探し)」は夢中になってる。

案の定オシドリは飛んで行きました~。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見ることができます。

7097blog30

▲ 2023年4月27日  鶯宿ダム(岩手県雫石町)

春は残雪の高下岳バックにオシドリ撮影(運が良ければ猛禽類のクマタカ、オオタカ、ミサゴ、ノスリ、サシバなど)と決めているのだが・・・、GW中は予想外事がおきます。

7097blog01

7097blog02

7097blog03

7097blog04

7097blog05

7097blog06

7097blog07

▲ 2023年4月27日  オシドリ♂   鶯宿ダム(岩手県雫石町)

警戒心の強いオシドリはブラインドに入ってなければ中々撮影は難しいですね~。撮影距離は15Mほどでしょうか。

雫石町は豪雪地なのに、真冬でもオシドリの撮影はできます。

広葉樹(ナラやシイの木)だらけなので、ドングリころころと奥山から流れてくるので、真冬でもオシドリが南に移動することなく「凍ることがない渓流の淵」で越冬してま~す。

7097blog21

7097blog22

7097blog23

7097blog24

7097blog25a

7097blog26a

7097blog26b

                       ↑(トリミング画像)

▲ 2023年4月27日 オシドリ♂  鶯宿ダム(岩手県雫石町)

中学生の頃の「炊飯遠足(飯ゴウでご飯を炊き、芋の子鍋とかカレーとか作る)」は鶯宿ダム上流の河原でしてました。お腹を壊さなかったので、川の水が綺麗だったのでしょうね。ダムの上流には家が一軒も無いので、生活排水が川に入る事が無い。

 

1対5のお見合い・・・

 桜の咲く頃、御所湖周辺では「オシドリのお見合い」を彼方此方で見る事ができます。今までは「カンムリカイツブリの観察」を第一にしてたので、オシドリには目もくれずにいました。が・・・昨年秋(2022年10月)30羽のオシドリに遭遇したので、ダメ元でブラインド設置してた場所に4月1日から入りびたりで~~す。

 オシドリは御所湖周辺(岩手県雫石町)では一番手強い相いてなので、必ずブラインドが必要になります。

 野鳥写真を断捨離中なのに・・・「頭可笑しい」よね。断捨離の倍は撮影してるので、減るどころか増える一方。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000X666)で見る事が出来ます。

7096blog01

7096blog02

7096blog03

▲ 2023年4月5日 オシドリ  御所湖周辺(岩手県雫石町)

 

 これくらいの枚数なら、毎日ブログ書けそう(笑)

 

 

 

 

BWはカモに始りカモに終わる?

歌をを忘れたカナリヤじゃないけど・・・、ブログを書く事まで時間が回らない状態でした。

3月2日に雫石水田の雪が溶けだし始めたのですが、300±のマガンや300+のハクチョウ類がどさっと飛来したので(春の北帰行)「カリガネがいね~が~!」と毎日飛び回ってました。結局3月31日まで、毎日同じ時間に同じルートで30日間の観察に明け暮れ、4月1日からは15日まで「毎日オシドリ観察」を・・・・。

カリガネは3月3日(29羽)、6日(28羽)、8日(24羽)、15日(16羽)、17日(8羽)、21日(5羽)に観察&撮影。

オシドリは4月1日~15日まで毎日観察&撮影をしたが・・・。

何故ブログの書き込みまで手が回らないのか?と考えたら、「撮影画像を毎日チェックする」のがダメと気が付きました~。そうでなくても、明日から(4月17日)は頭真っ黒のノビタキに始り、5月に入れば春の綺麗どころ(キビタキ、オオルリ)と。

昨年の6月~10月までは、毎日「亜種チュウダイサギイ観察&撮影」でしたが、2023年は腰を据えて「ライフワークのアオバト」を考えてま~す。

※ 写真クリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7095blog01

7095blog02

7095blog03

7095blog04

7095blog05

7095blog06

▲ 2023年4月15日  オシドリ  御所湖(岩手県雫石町)

BWは「カモに始り、カモに終わる?」の格言がありますが・・・(個人的には「イヌワシを見てみたい」がBWを始めたきっかけで~す)

オラもそんな年になりました~。

じっくりカモ類を観察してるのが楽しい。

オシドリはとても警戒心が強いので、「見ごたえ、撮りごたえ」がありますね~。

7094blog11

7094blog15

7094blog16

▲ イヌワシ

野鳥にまったく興味もなかかったのですが、1988年だったと記憶してるが、たまたま入った書店で「鷲と鷹・宮崎学」(平凡社)を手に取りペラペラとめくったら「イヌワシを見てみたい」の衝動が沸いてきて、雑誌に書いてあった東京の「日本野鳥の会に入りたい」と電話した。そうしたら「盛岡支部もありますがどうしますか?」と言われたので「日本野鳥の会盛岡支部」に入会を希望した。

超初心者だったが、初めての探鳥会に参加して「イヌワシを見たくて野鳥の会に入会しました」と言ったら「私もまだ見たことが無いですよ」との回答に・・・・、直ぐ「猛禽類は自分で探し出して見るしかない」と悟りましたね~。考えてみれば「超初心者に教えるわけがない」と納得。

探鳥会の翌日に、岩手県内の5万分の1の地図を全部そろえようと地図専門書店に出かけました~。(2万円ほどの出費)

地図を片手に、「上昇気流が発生しそうな岩礁のある場所」を1年間、日曜日ごとにイヌワシ探しをすることにした。

努力はかなうもの、「稜線を飛翔するイヌワシ」に遭遇しました~。

超初心者の頃から「猛禽類の営巣場所は人に聞かない、教えない」が染みつきました~。

こんな羽数のオシドリを見るのは30年ぶりだな~

 まだ「亜種チュウダイサギ」と「チュウサギ」の『終認宣言』が出来ずにいるが・・・、最近は20分位の観察で切り上げてる。それにしてもしぶといですね~。

御所湖とか雫石川とか、それに入り込む清流や大きな用水路には・・・、今度は毎日ダイサギが入るし・・・(サギの仲間は、毎日同じ時間に同じ場所に飛来して採餌してる)ここらで『サギ観察と決別』しないと、大変な事になると感じ、初心に返える事にした。

BWは「カモに始りカモに終わる」と言われてるので、初心者の頃は「ヨツヤさんはカモしか撮れない」と言われてたのを思いだし、2022年の冬は「カモ観察に燃えるぞ!」。今度は「ヨツヤさんはカモしか撮らない」と呼ばれるかな?

1990年~1995年頃は、10月下旬になると、御所湖の湖面には1万羽のホシハジロと300羽のオシドリが湖畔の崖下に騒然と並んでいたのだが・・・最近はほとんど見ることがない。

 今日は30年ぶりと言うか、数は300羽ではないが、「50羽のオシドリの出会い」に驚いた~。(きっとシベリアから越冬の為に日本に飛来する個体だと思ってる。ガンやハクチョウと同じように奥羽山脈越えをしてるのでしょう)真冬は数羽のオシドリ(1~5羽位)に感激してるのだが、50羽のオシドリは半端ないな~。あと何日滞在してくれるかわからないが、初雪が降るまでは期待したいで~す。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7072blog01

7072blog02

7072blog03

7072blog04

7072blog05

7072blog06

7072blog07

7072blog08

▲ 2022年10月23日  オシドリ  鶯宿川(岩手県雫石町)

オシドリは高松の池(盛岡市)に行けば、手の届く距離間で撮影できますが(200ミリ望遠でもはみ出す大きさでアップで撮れる)、ちっとも面白くありません。やっぱ、「野鳥の雰囲気は絶対」と個人的には思ってます。

「カモに始りカモに終わる」年齢になったので、2022年~2023年の冬は、「カモ中心の観察」をしようと思ってます。それもこれも「亜種チュウダイサギとチュウサギの終認宣言」をしてからですが・・・・。

 

雪と日曜日はオシドリ撮影だ~!1

例年の倍の積雪量に思うように鳥見ができないでストレスが溜まっていたが・・・、運のいいことに、オシドリが越冬してる沢ぞいの道を「林業関係者が除雪してる」ではないか。杉の木の伐採と搬出の為に、必要と言うことでした。

町道なので公道なのだが、生活道路ではない所は「役場では除雪しない」ので、積雪量の多い年は諦めざるおえないのだが、「木の伐採、搬出」があれば話が別で、通りかかった関係者に「日曜日に除雪道路に入って写真を撮りたいのですが・・・」と言ったら、「日曜日は休みなのでどうぞ」と言ってもらった。雪解けまで待たなくてすんだ。ラッキーです。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事が出来ます

7024blog01

7024blog02

7024blog03

7024blog04

7024blog05

7024blog06

7024blog07

7024blog08

7024blog09

7024blog10

7024blog11

7024blog12

7024blog13

7024blog14

7024blog15

7024blog16

7024blog17

7024blog18

7024blog19

7024blog20

7024blog21

7024blog23

7024blog24

7024blog25

7024blog26

7024blog27

7024blog28

▲ 2022年1月30日  オシドリ   大地沢  (岩手県雫石町)

野生のオシドリと言う言い方も変な話ですが(ハクチョウの餌つけ場所にに群がるカモやオシドリとは警戒心がぜんぜん違う)、そまつでも、氷点下の野外で簡易ブラインドに入らなければ撮影できない手ごわさがある。

そんなところが「野鳥写真の面白さ」でもあるのですが・・・、若いころのようにはいきませんね~。
寒さにたえかねて、途中で切り上げてしまいま~~~す。

「オオマシコ」だったら別だけどね。(笑)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日の思い出の一曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

▲ America  『A Horse With No Name』

新年最初の鳥見は赤い鳥期待だったが・・・「雪の中のオシドリ」でした。

赤い鳥(オオマシコ)はいるのはわかっているんだが、移動ルートのタイミングが悪く、車の前を群れで横断されるだけで悔しい思いをしてる。(採餌場所で待ってても出会う事ができない)

仕方がないので、「帰りの駄賃にオシドリ撮影」をしてみた。

シャッターを切る前から「画像の仕上がりはわかる」ので、「記録写真としてのオシドリ」にてっする事にした。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7016blog01

7016blog02

7016blog03

7016blog04

7016blog05

▲ 2022年1月4日  オシドリ   大地沢  (岩手県雫石町)

ハクチョウ給餌場のため池や河川ではないので、とても警戒心が強いオシドリなのですが、「野鳥撮影をしてる感じになれる」ので、そう言う意味では楽しいですね。

「写真は光のコントロール」なので、ベストの光線の時が来るまで、「オシドリにはゆっくり越冬してもらいます」

勝負は2月末頃まででしょうか。

7016blog11

7016blog12

7016blog13

7016blog22

7016blog31

7016blog32

7016blog33

ハクチョウの給餌場にはカルガモなどのカモ類に混ざって、オシドリが越冬する時もあるのっで、「とても警戒心が無い」ので、写真は好きなように「どアップ」でも撮る事ができます。むしろ大きく望遠で撮らなければ「他のカモ類が混ざる」ので、そこらへんに気をつかえば「誰でも撮れる、誰が撮っても同じような構図」になってしまいます。だから一回だけ給餌場に出かければ、二回は出かける事はしません。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のBGM3曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

▲ 中島美嘉  「雪の華」

▲ 一青窈   「ハナミズキ」

▲ 夏川りみ  「涙そうそう」

4年ぶりに「真冬のオシドリ」確認。

今日は、午前中雪がふらなかったので、真冬でも絶対凍らない沢に沢があるので「オシドリの越冬確認」に出かけて来た。ら・・・
4年ぶりにオシドリが沢に現れてくれた。かなりの確率で「越冬」してくれるので、今シーズンの楽しみが増えました~。おまけに、「シメ30+の大群に遭遇」。ラッキーでした。

◆ 2021年12月26日(日) 曇り→晴れ→雪  9:00~12:30  大地沢(岩手県雫石町) ※出現順

 1 シメ     30+
 2 ベニマシコ   3羽
 3 シジュウカラ  2羽
  4 スズメ     20+
 5 エナガ     20+
 6 ヒヨドリ     2羽
 7 ムクドリ    20+
 8 カワガラス    1羽
 9 カルガモ     5羽
10 オシドリ     3羽
11 ノスリ      1羽
12 ツグミ     20+
13 ホオジロ     2羽

たまには、まじめにBWをします~。(笑)

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

7011blog00a

7011blog00b

7011blog01

7011blog02

▲ 2021年12月26日  オシドリ   大地沢  (岩手県雫石町)

7011blog11

7011blog12

7011blog13

7011blog14

7011blog21

7011blog22

7011blog23

▲ 2018年1月17日  オシドリ   大地沢(岩手県雫石町)

4年前に越冬してくれました。

渡ってきたオシドリではなく、雫石町で繁殖している個体でしょうか。ただ、御所湖をはじめ、オシドリが繁殖する場所は豪雪と全面結氷になるので、湧き水が入り込む小さな沢(真冬でも凍らない)に移動してくるのでしょう。当然、「アオシギ」はつねに頭に入れてますし、上空を飛ぶ猛禽類(クマタカ、オオタカ)も頭の隅に入れてます。

まあ、「オオマシコの大群(200羽)」が出れば、オオマシコ優先になります。
オオマシコは「萩の実」と言うイメージでしょうが、実は地上いろんな種子も好んで食べるので、ブッシュの中の小鳥の群れにも注意が必要ですね。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼【今日のお気に入りに三曲】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

女優として映画、テレビ、CMで大活躍ですが、歌手として大ホールでのステージ(ライブ活動)も必見です。歌が上手すぎる~。

▲ 薬師丸ひろ子  「セーラー服と機関銃」

▲ 薬師丸ひろ子  「探偵物語」

▲ 薬師丸ひろ子  「Woman~Wの悲劇より」

何となく「オシドリ」を撮ってる自分が恥ずかしいな~。

4月のカモ類の観察は「オシドリ」ではなく「シマアジ狙い」なんだけど・・・、中々観察機会に恵まれず、「何となくオシドリを撮ってる自分が恥ずかしい」で~~す。

私が超初心者だったこ頃は「カモしか撮れないヨツヤさんと言われてるよ」と呼ばれていたので、よりいっそう「カモばかり」狙っていました~。

※ 見るに値する「オシドリの写真」ではないので、軽く流してくださ~~い。個人的に「撮影記録としてブログに貼り付けました~。「写真」をクリックして大きなサイズ(720x480)で見てもOKですが、見るほどではないで~~す。 

3221blog01

3221blog02

3221blog03

3221blog04

3221blog05

3221blog06

3221blog07

3221blog08

3221blog09

3221blog10

3221blog11

3221blog12

3221blog13

3221blog14

3221blog15

3221blog16_2

3221blog17

3221blog18

3221blog19

3221blog21

3221blog22

▲ 2018年4月10日 オシドリ    雫石川(岩手県雫石町)

光線の状態が良かったので撮影してみました。

頭部の「光沢のある緑色」が、光線によって色々変化するのが一番の魅力ですか~。

「オシドリ♂」か「ヒメハジロ♂」か・・・、どちらも「美しすぎるカモ」ですね。

オシドリ狙いで紅葉真っ盛りの渓流へ・・・

雫石郷の紅葉も、やっと平地まで下がってきました。そんなもんで「紅葉の渓流にオシドリ」狙いで出かけてきたのですが・・・・、オシドリは見れても「紅葉風景」には中々でてきてくれません。警戒心の強いオシドリなので、路上駐車しながらの撮影になりま~す。

3129bkog00a

3129blog00b

3129blog01

3129blog02

3129blog03

3129blog04

3129blog05

3129blog06

▲ 2017年10月28日 「やびつ岩のカエデ」  (岩手県雫石町)

地図にも観光パンフにもネットにも「やびつ岩のカエデ」と言う名前はありません。私が勝手に呼んでま~す。いつ出かけでも、他のカメラマンに遭遇する事はないので、まったくの無名と言うか、誰にも知られていない場所かも・・・・。

この場所は「オシドリ」「ヤマセミ」「カワガラス」の(運が良ければ大、中、小型猛禽類)撮影に良く使いますが、過去30年、誰とも遭遇した事はないので、「自分の庭」みたいなもんですね。(自宅から車で10分です。平日なら他の車ともあわない)

昼休みに・・・ちょこっと「オソドリ」撮影に。

昨日、HPのTOP画像を「オシドリ」に差し替えたのですが・・・、無性にオシドリを撮りたくなって、自宅から一番近い撮影ポイントに出かけて見た。(雫石町内に10か所ほどオシドリ撮影ポイントを持ってます)

いつも空振り覚悟で出かけるのですが・・・、まだ空振りはありません。

多分・・・「オシドリの写真は飽きたね~」と言う声が聞こえてきそうですが、(撮影している自分も正直飽きてます)自宅から5分で行ける場所が「オシドリ撮影」ポイントなもんで、仕方がないか~。

3039blog01

3039blog02

3039blog03

3039blog04

3039blog05

3039blog06

3039blog07

▲ 2017年2月8日  オシドリ   雫石町

林の隙間からパチリと1枚ですが・・・、大きく隙間がある場所に出てきたのでレンズを横に振った途端に飛び立たれました~。ほんとオシドリは警戒心が強いです。

御所湖周辺の河川に入ってる、警戒心の強いマガモ、カルガモでも、レンズを振っただけで飛び立つと言うことはないので、雫石のオシドリは手ごわい相手で~す。

仕方がないので別な場所に移動し、迷彩シート+迷彩ネット+冬季迷彩服(雪景色に溶け込む白タイプ)の万全な恰好をして・・・

3039blog11

3039blog12

3039blog13

3039blog09

3039blog14

3039blog15

3039blog16

▲ 2017年2月8日 オシドリ  雫石町

なんで寒い思いして「オシドリ」を撮ってるだろうと疑問を感じつつ、羽ずくろいしてくれたオソドリを撮れたので満足です。やっぱ迷彩シートはオシドリには必需品ですね。

その他のカテゴリー

「その他」 「新型コロナ禍後の新生活」 「映画」 ウッドストック 「音楽」クラシック 「音楽と映画」 のん(能年玲奈) 「麻雀」 『北京オリンピック2022』』 『天体写真』 『思い出の野鳥観察記』 『滝・岩手県』 『蔵出し・野鳥写真』 『野鳥・その他』 『雪と野鳥』 『風景・岩手山』 『Web 写真展』 【動物】 ツキノワグマ 【桜】 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシシギ 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アビ 【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 ウミウ 【野鳥】 ウミガラス 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオタカ 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コノハズク 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 ダイゼン 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロチュウヒ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハシビロガモ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハマシギ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 バン 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒドリガモ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 ホシハジロ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤコドリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ユリカモメ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災 野鳥】 アマサギ

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ